知財権

音楽の首を絞めてる著作権

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
 ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。
 著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。
 音楽教室では、1人または数人の生徒と教師が練習や指導のために楽曲を演奏する。JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。作曲家の死後50年が過ぎて著作権が切れたクラシック曲も使われる一方、歌謡曲や映画音楽などJASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。7月に文化庁に使用料規定を提出し、来年1月から徴収を始めたい考えだ。
 音楽教室は大手のヤマハ系列が約3300カ所で生徒数約39万人、河合楽器製作所は直営約4400カ所で生徒数約10万人。JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、合計約1万1千カ所の教室があるという。そのうちウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、個人運営の教室は当面除外する方針だ。(以上(朝日デジタル2017年2月2日05時04分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK213QYXK21UCVL00P.html

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室でも著作権料を取る方針を固めた。
 確かに、著作権は重要だと思うが、音楽教室にまでと言うのは取れる所から取れという狭小な了見としか思えない。音楽好きを養成する音楽教室から、それもネットなどで広く生徒を募集している所に限ると言うのも取れる所から取れという思想としか感じられない。昔なら雑誌にも付いていた歌本もいつの間にか駆逐をされたし、歌を広めることをJASRAC自身で首を絞めているとしか思えない。
 日本から音楽という文化を著作権という名の下にJASRACは潰そうと画策しているとしか思えない。(No.5079-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKに喧嘩を売っている朝日

朝ドラと企業家、蜜月なぜ NHKが宣伝に加担してる?
 「朝ドラ」の愛称で親しまれるNHKの連続テレビ小説で、企業の創業者をモデルにした作品が続いている。放送後には、出演した俳優らがドラマでのイメージそのままのCMに出演するケースも。なぜ、実在の企業人にスポットを当てるのか。理由を探ってみると――。
 「竹鶴さん、あなたがウイスキーづくりに注いだ情熱は、今もこのグラスに息づいています」。ニッカウヰスキーのテレビCMでグラスを傾けるのは、俳優の玉山鉄二。朝ドラ「マッサン」(2014年9月~15年3月)で同社の創業者、竹鶴政孝がモデルの主人公を演じた。
 玉山は朝ドラ終了の3カ月後、同社の「アンバサダー(大使)」に就任。CMはドラマのロケ地、北海道の余市蒸溜(じょうりゅう)所で撮影された。広報担当者は起用の理由を「朝ドラ効果で視聴者がウイスキーを想起しやすい」と説明する。
 「マッサン」では、サントリーの創業者鳥井信治郎をモデルにした人物も登場。演じた堤真一も昨年4月から、同社の「ウイスキーアンバサダー」を務めホームページや航空会社の機内誌などに露出する。サントリーは「ウイスキーへの知識が深く品質などを丁寧に伝えてもらえる。朝ドラとは関係ない」とするが「ドラマでウイスキーになじみのなかった人も関心を持ってくれた。市場が拡大しているのは確かだ」と、効果の大きさを認める。
 今年4月に終了した「あさが来た」で波瑠が演じたヒロインは、大同生命などの創業者・広岡浅子がモデル。現在放送中の「とと姉ちゃん」では、高畑充希が雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎮子(しずこ)がモデルの人物を演じている。そして今秋からの「べっぴんさん」は、子ども服メーカー「ファミリア」創業者の坂野惇子(ばんのあつこ)がモデルの物語だ。
 大同生命広報部は「当社の創業者の一人、広岡浅子が広く知られ、営業担当から『営業活動がしやすくなった』との声もある」と話す。ファミリアは「問い合わせや取材依頼が増えた。より多くの方に知ってもらえる機会になれば」。NHKの看板番組だけに、企業側には「宣伝効果」への期待も大きい。(以上(朝日デジタル2016年6月6日19時16分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJ636KS5J63UCLV013.html?

 新聞記事で朝鮮中国に加担する朝日新聞が、NHKの朝ドラに噛みついた。
 確かに、NHKが放送法83条「他人の営業に関する広告の放送をしてはならない」を疎かにしているというのは良く分かる。昔は著作権法違反行為をしても放送法83条をNHKは守っていた。その典型が、紅白歌合戦で山口百恵の歌「プレイバックPart2」の歌詞「緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ」を「真っ赤な車」と歌詞のイメージをぶっ壊しても、放送法83条に固執していた。また、NHKの広島のローカル番組では、先月のマツダの生産台数を堂々と放送している。NHKがおかしいと言うのは良く分かるが、朝日新聞には言われたくないとNHKも思っているのではないだろうか?
 朝ドラのこの一件も、朝鮮がらみで電通が裏で糸を引いていると考えたら、簡単に理解できると思う。(No.4839-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国に言われたくないけどパクリ

東京都の五輪関連ロゴにまたパクリ疑惑=韓国ネット「盗作が日常化している」「こんなロゴに1億3000万円?」
 2015年10月11日、韓国・国民日報によると、2020年の東京五輪を控えてデザインされた東京都発表のロゴに盗作疑惑が浮上している。
 東京都の舛添要一知事は9日に開かれた定例会見で、東京オリンピック・パラリンピックを控え、新たにデザインした「&TOKYO」ロゴを発表した。日本メディアによると、ロゴデザインにかかった費用は約1億3000万円。このロゴは「FOOD&TOKYO」や「FASHION&TOKYO」のように複数の単語と組み合わせて東京都の広報に利用する予定で、東京都は16日からこのロゴを活用したアイデアを募集すると発表した。
 ところが、このロゴが公開されるや、日本のネットユーザーは類似のロゴを突きつけて盗作疑惑を提起した。インターネットショッピングモールの楽天や自動車メーカーのトヨタなどが挙げられたが、最も似ていると指摘されたのは、フランスのメガネブランド「Plug&See」だ。
 東京五輪の公式エンブレムがベルギー・リエージュ劇場のロゴ盗作疑惑を受けたことに続き、東京都のロゴまで同じ疑惑に包まれ、日本のネットユーザーは激しい非難を浴びせた。また、約1億3000万円をかけたデザインに見えないとの意見も相次いでいる。
 この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。
「日本は以前から盗作が得意な国だからな」
「盗作が日常化している」
「日本は、韓国が盗作の国と言っているが、これが日本の姿だ」
「盗作というより、『同じ』と言いたい」
「似ていると言う方がおかしい。これは全く問題にならないだろう」
「盗作でないにしても、楽天、トヨタ、フランスメーカーのロゴにまで似ているということは、それほどありふれた発想ということだろう。どこに1億3000万円も使ったんだ?」
「このロゴを描いたら、日本人は1億3000万円も払ってくれるのか」
「こんなロゴに1億3000万円も払って、揚げ句の果てに盗作疑惑か」
「日本も韓国も似たようなものだな」(翻訳・編集/三田) (以上(Record China2015年10月12日(月) 11時44分)より引用)
http://www.recordchina.co.jp/a120981.html

 舛添要一が、1.3億円出して喜々として発表した「&TOKYO」ロゴが、フランスのメガネブランド「Plug&See」のパクリとの報道がなされているが、パクリの本家本元の南朝鮮にまで揶揄されている。
 朝鮮人にとやかく言われたくないが、何故このようなパクリも分からない輩がデザインを選ぶのか分からない。まして、今回は2ヶ月掛けて先行例を調べたらしいが、何を調べたのか第三者委員会でも立ち上げて検証するべきだ。何と言っても、ネットで簡単に?調べられることが、調査の専門家?が2ヶ月掛けても分からないなど、ズブのど素人を調査の専門家に仕立てていると思われても仕方ない。
 とにかく、東京五輪は、五輪誘致で散々足を引っ張った南朝鮮にはとやかく言われない大会にするべきだ。(No.4604)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織委も佐野と同じというパクリ

佐野氏だけじゃない 大会組織委もブログ画像を無断使用 意識の低さ浮き彫り
 2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが白紙撤回された問題で、大会組織委員会は11日、撤回前の8月28日に佐野研二郎氏のデザイン盗用を否定した記者会見で、個人ブログなどの画像3点を無断使用していたことを明らかにした。組織委のスタッフが、インターネット上で見つけた画像を無許可で転用したという。
 本来は商標権などを厳しく管理する立場の組織委が、画像を無断使用したことは信頼低下を招きかねず、組織委は「ご迷惑をおかけして申し訳ない。二度と起きないよう徹底する」と謝罪。詳しい経緯を調べ、近く公表するという。
 問題の画像は28日の会見で、組織委が示した画像8点のうち3点。「佐野氏のエンブレムが展開例に優れていた」という主張を補強するためにマーケティング局で作成した。このうちロンドン五輪の競技会場が写った1点について、海外在住の権利者から10日、「私の写真が使われている」とメールで指摘があり、無断使用が発覚。組織委は11日夕、「ミスだった」と謝罪し、使用料を払うことで事後承諾を受けたという。他の2点についても権利者に謝罪し、事後承諾を得る方針。(以上(産経ニュース2015.9.11 22:40)より引用)
http://www.sankei.com/life/news/150911/lif1509110035-n1.html

 五輪組織委が、佐野のエンブレムがパクリではないと会見を開いた時に、ネット上の画像を無断で使ったそうだ。
 組織委の重要な仕事の一つが、エンブレムを決めるのであれば、予め組織委に知財権の専門家を入れておくべきだった。そのようなことにも気づかないサメの脳みそ・森喜朗が会長なのだから仕方ないと言うか、組織委員にも森喜朗のサメの脳みその感染が広がっているのではないかとさえ思う。また、商標の調査をやったようだが、どうせ、外部に丸投げしただけだろう。
 これだけ、不祥事が続いても、森喜朗を筆頭に誰も責任を取らない組織委の体質自体が問題だ。(No.4573)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカな都知事だと日替わりで変わる

エンブレム入り紙袋など、一転「使用中止」に
 白紙撤回された2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムが印刷された紙袋や名刺を「もったいないから使う」と話していた東京都の舛添要一知事は、4日の定例記者会見で一転、「使用中止にする」と述べた。
 大会エンブレムを巡っては、ベルギーのデザイナーが国際オリンピック委員会(IOC)に使用差し止めを求めて提訴している。舛添知事は「大会組織委員会と協議したところ、『IOCの訴訟に影響を与える可能性は少しでも排除した方がよい』との見解になった」「イメージが悪化したエンブレムは、使わない方がいいとの考えが支配的になっている」などと使用中止の理由を説明した。
 都には、大会エンブレムが印刷された紙袋計4000個(約37万円)がすでに納品され、多くの職員は名刺にエンブレムを印刷。一方、ベルギーのデザイナーは3日の読売新聞の取材に、「(都に)使ってほしくない」と話していた。(以上(読売新聞2015年09月04日20時48分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150904-OYT1T50126.html

 舛添要一が、佐野のエンブレムを巡って、印刷した名刺や袋はそのまま使うと宣ったが、急転直下使用禁止と宣ったそうだ。これは、舛添が知財権というものに無知なるゆえの産物だ。
 舛添の理屈が通るのであれば、特許権を侵害した製品でも、作ってもったいないから売るというのと同じ発想だ。もう少し、舛添が賢ければこのようなことは宣わなかっただろう。もし、舛添が都知事のままで五輪が成功すれば、それは、東京都の官僚が優秀だからと考えるべきだ。
 舛添には、朝鮮の服をパクったボランティアのユニフォームを撤回して貰う必要がある。(No.4567)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうがないで決まった佐野のエンブレム

佐野氏エンブレム、永井氏「しょうがなく了承」
 2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムが白紙撤回された問題で、審査委員代表を務めた永井一正・日本グラフィックデザイナー協会特別顧問(86)が3日、読売新聞の取材に応じ、コンペで選ばれたアートディレクター・佐野研二郎氏(43)の原案が2度修正されて最終案になった過程を、大会組織委員会から伝えられていなかったことを明らかにした。
 今回のエンブレムが完成する過程では、佐野氏の原案に似た商標が見つかったため、大会組織委員会などの要請によりデザインが修正された。この過程は8月28日の記者会見で公表されたが、永井氏は1回目の修正案をその直前まで知らされておらず、最終案についても「(発表の)1週間くらい前に知らされ、国際商標を取ったというので、いまさら何を言ってもしょうがないと思って了承した」という。(以上(読売新聞2015年09月04日07時55分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150904-OYT1T50016.html

 撤回された佐野研二郎の五輪エンブレムの選考について、審査委員代表の永井一正が、自分の知らないところで修正されて、最終案を見せられたのが1週間前で国際商標を取ったと言うので了承したそうだ。
 それならば、誰が佐野のエンブレムに修正を指示して、誰が国際商標を取ったと言ったのかを明らかにしなければならない。
 「しょうがない」だろうが何だろうが、審査委員代表である以上、永野一正は責任を負うべきだ。歳も歳だし引退すれば良いのだ。(No.4566-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題は誰が責任取るかです

五輪組織委「劇場ロゴとは別物」 デザイン原案公表し説明
 2020年東京五輪の公式エンブレムが劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、大会組織委員会は28日、記者説明会を開き、作者の佐野研二郎氏のデザイン原案を示した上で、「劇場ロゴとは全くの別物」として、盗用疑惑をあらためて否定した。
 公表されたのは、コンペで選ばれたデザイン原案。東京の「T」を図案化したもので、日の丸の赤はエンブレム右下にあり、ベルギーの劇場名の頭文字「L」を想起させる形になっていない。
 組織委の武藤敏郎事務総長は「原案には劇場ロゴとは異なる特徴がいくつもあり、オリジナルであると確信している」と述べ、デザインの独自性を強調した。(以上(2015/08/28 16:26【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082801001581.html

 佐野研二郎がデザインしたという五輪エンブレムで、組織委の武藤敏郎は、デザイン原案を示してパクリではないと説明したが、五輪エンブレムは佐野研二郎ありきで、組織委内の談合で決まったことが明らかになったと思う。
 コンペに出されたデザインを修正させたのは、佐野研二郎だけだろうか?普通コンペは出された物で優劣を付けるものであり、主催者側が修正を求めることなど、公平なコンペでなくなることであり、今回、武藤敏郎が公にしたことは、組織委内で談合が行われていたと考えるのが普通だ。武藤敏郎は、今回言い訳を並べたが、裁判で負けた場合、誰が責任を取るのか、どのような責任を取るのか、裁判結果が出る前に明らかにするべきだ。また、その人間が組織委から離れたとしても、責任だけは全うさせるべきだ。
 とにかく、パクリ疑惑は横に置いておいても、圧倒的に国民から喪章などとこき下ろされて愛されていないエンブレムを組織委はこのまま押しつけるのだろうか?(No.4560)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

提訴する権利相手は持っている

東京五輪エンブレム提訴、組織委がベルギー側を非難
  2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ているとして、劇場やデザイナーが提訴を起こした問題で、大会組織委員会は2015年8月17日、「我々の詳細な説明に耳を傾けようともせず、提訴する道を選んだ態度は受け入れがたい」などと非難する声明を発表した。複数メディアが報じた。
   劇場ロゴをデザインしたオリビエ・ドビ氏らは14日、大会エンブレムが著作権を侵害しているとして、国際オリンピック委員会(IOC)に対しエンブレムの使用差し止めなどを求める訴訟を起こしたと発表した。
   組織委は17日、公式エンブレムは「独自の創作行為に基づく完全にオリジナルな作品」だとした上で、「東京大会の価値やメッセージを包含し、1964年の東京大会のエンブレムとの結びつきも示した作品である」などとコメント。これまでどおり、権利侵害はないとの立場を示した。
   なお、エンブレムをデザインした佐野研二郎氏は14日、自身の事務所が手がけたキャンペーン商品に他の作品を模倣したものがあったとして謝罪。エンブレムについては「模倣は一切ない」と断言しているが、インターネット上を中心に波紋が広がっている。(以上(J-CASTニュース2015/8/18 13:02)より引用)
http://www.j-cast.com/2015/08/18242888.html

 東京五輪の大会組織委員会が、公式エンブレムについて、ベルギーの劇場やデザイナーの提訴に対して非難の声明を発表した。
 その理由として、「我々の詳細な説明に耳を傾けようともせず、提訴する道を選んだ態度は受け入れがたい」という上から目線らしいが、相手にも訴訟を起こす権利があるのだから、そのような非難の声明を出しても、解決にはならないだろう。新国立競技場にしても組織委員会は、どうしようもなくなるまで事態を放置した。そして、今回のエンブレム事件だ。本日の朝日新聞天声人語に『大切なのは、今後エンブレムに「国民の愛着」という生命が吹き込まれるかどうかだろう』とあるが、パクリ疑惑のあるエンブレムに誰が愛着を持つというのだろうか?
 とにかく、東京五輪はケチの付きっぱなしであり、会長のサメの脳みそ・森喜朗以下役員を総取っ替えする以外に道はないと思う。(No.4549)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取らなけりゃ良かった五輪エンブレム

佐野氏デザイン賞品、発送中止…「類似」指摘で
 サントリービール(東京)は13日、ビール風味飲料「オールフリー」の販売促進キャンペーンの賞品で、アートディレクター佐野研二郎氏がデザインしたというトートバッグ30種類のうち、8種類の発送を取りやめると発表した。
 佐野氏は、デザインを手がけた2020年東京五輪の大会エンブレムについて、海外に類似の作品があるとして問題になっていた。
 発送中止になった8種類はいずれも、類似のデザインがあるとインターネット上で指摘された。このうち、矢印状のデザインは、米ネット企業のサイトに掲載されたものと似ているとされ、パンのデザインも、無関係なブログの写真と類似しているとされた。
 サントリーの広報担当者によると、佐野氏から12日、「迷惑をかけたくないので8種類を取り下げたい」と連絡があり、発送中止を決めたという。同社は既にウェブサイトからも削除した。担当者は「詳しい理由は聞いていない」としている。8種類のバッグの一部は既に発送済みという。(以上(読売新聞2015年08月14日07時13分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150813-OYT1T50139.html

 東京五輪のエンブレムのパクリ疑惑の渦中にある佐野研二郎氏がデザインをしたサントリービールのトートバック8種類の発送を止めることになった。
 その理由も、類似のデザインがあるとのインターネット上の指摘があったことから、佐野研二郎氏が理由も明らかにせずに取り下げたということらしい。商標も知財権である以上、先行例があれば、例えそれが登録されていなくても、商標登録は無効になるはずだ。サントリービールの他にも、ネット上では佐野研二郎氏のデザインが他のデザインと酷似しているという書き込みが多数ある。
 サントリービールでは責任者が判断したのだろうが、東京五輪では、新国立競技場と同じく責任者が不在なのではないだろうか?(No.4544-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザインで五輪にケチが付きまくる

五輪マーク「そっくり」IOCに差し止め請求へ
 【ブリュッセル=三好益史】2020年東京五輪の大会エンブレムのデザインが、ベルギーにある劇場のロゴマークに似ているとの指摘が挙がっている問題で、劇場のマークを手掛けたデザイナーの弁護士は30日、東京五輪のエンブレムが著作権を侵害している疑いがあるとして、国際オリンピック委員会(IOC)に使用差し止めを求める申立書を送付する方針を明らかにした。
 申し立ては、ベルギーのリエージュ劇場のロゴマークをデザインしたオリビエ・ドビさん(52)と同劇場の連名で行う。
 ドビさんの代理人のフィリップ・モタ弁護士は30日、読売新聞の取材に対し「東京五輪のエンブレムはドビさんの作品を基にしていると考えられる」と説明。IOCに31日までに申立書を送り、東京五輪のエンブレムの決定過程などの説明も求める。ベルギーのオリンピック委員会とも協議した上で方針を決めたという。(以上(読売新聞2015年07月31日07時07分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150731-OYT1T50008.html

 東京五輪で、新国立競技場、1着25万円のボランティアのユニフォームに続いてエンブレムでもデザインの問題が吹き出している。
 エンブレムなど、東京五輪招致の時に使ったエンブレムから「Candidate City」を取ったものにすれば済むはずなのに、どうやら、舛添要一は、猪瀬直樹氏のものは全て金を使ってでも打ち消したいという考え方のようだ。ベルギーのロゴマークは商標登録していないらしいが、これと東日本大震災のマークを組み合わせば、簡単にデザインできるとして、東京五輪のエンブレムが商標として登録されるのは無理ではないかと思う。エンブレムが商標登録されなければ、誰でも自由に使えるから、協賛企業が、わざわざカネを払ってまで、このエンブレムを使うこともないだろう。
 ケチが付いたデザインはサッサと捨てて、金の掛からない道を考えるべきだ。(No.4530)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評