気象

翁長知事普天間なんか気にしない

移設阻止へ別手法も視野 翁長沖縄県知事、埋め立て承認取り消し1年 「新基地造らせない」
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に伴う同県名護市辺野古の新基地建設計画を巡り、沖縄県の翁長雄志知事は13日、前知事による埋め立て承認を取り消して1年を迎えて県庁で記者団の質問に応じ、「新辺野古基地は造らせない固い決意の中で、一つ一つ処理し、対峙(たいじ)していきたい」と述べた。
 裁判闘争と和解による工事中断を振り返り、「県民や国民の理解を得るべく頑張ってきた一年だった。頑張ってこれたのは、県民の支えによるものである」と語った。
 承認取り消しを巡る不作為の違法確認訴訟で、福岡高裁那覇支部の判決を不服として県が上告したことに翁長知事は「政府は辺野古唯一にこだわらず、物事を共有する形で早期解決に向けて進んでいってもらいたい」と要望した。
 最高裁判決後の対応として埋め立て承認そのものを撤回するかについては「選択の可能性として十二分に残っている」と述べた。
 埋め立て工事に知事の承認が必要な設計概要の変更申請を県が認めないことや、県漁業調整規則に基づく岩礁破砕許可に関する許可権限を出さないことなどの手法も挙げた。
 また知事選から衆院選、県議選、参院選などで辺野古新基地に反対する民意が示されたほか、これまでにワシントンや国連、日本記者クラブなどで情報を発信をしてきたとした。
 一方、本土にはまだ無関心や無理解が多いとして「どう真剣に考えてもらうかは、これからの課題でもある」と指摘した。(以上(琉球新報2016年10月14日06:30)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-374978.html

 翁長雄志が記者団の質問に応じて辺野古移設はやらせないという固い意志を示したが、普天間基地の安全には一言も触れない。
 辺野古移転が済まない限り、普天間基地は返還されず、普天間基地の危険な状態が続くのだが、翁長雄志の言い分では、普天間基地があるのは国の問題だと言うことだろう。北部練習場にしても、ヘリパッドさえ完成すれば、年内に半分の敷地が返還されることを翁長雄志は歓迎しながら、沖縄の偏向新聞に抑えられて撤回した。結局は沖縄が沖縄の首を絞めているのだ。
 沖縄の首を絞めているのは、翁長雄志とその仲間たちと偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報だ。(No.4969-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕しないから仕事が終わらない

機動隊が車両で県道封鎖 北部ヘリパッド建設
 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、工事に反対する約100人は10日午前7時半ごろから、国頭村安波と東村の高江橋などで抗議行動を展開した。機動隊はこれから安波に向かおうとした抗議行動の市民らの車両を止めようと、大型車両で県道70号をふさいだ。このため約10分間、県道70号は全面通行止めとなった。
 高江橋での抗議行動は両端に車両約30台を止めて工事車両の通行を阻止する行動を展開した。その間、一般車両は通行できるようにしていた。
 午前9時半現在、工事車両の搬入やヘリによる機材つり上げは確認されていない。(以上(【琉球新報電子版】2016年9月10日10:06)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-354342.html

 機動隊が自称市民の妨害防止のために道路を塞いだと偏向新聞・琉球新報がほざいた。
 機動隊がそれなりの行動を起こすと言うことは、法的手続きをちゃんと取った上でやっているのだが、朝鮮人が先導する自称市民の味方の偏向新聞・琉球新報は気に入らないのだ。それゆえに、あたかも機動隊が悪いことをしているかのような捏造記事を書いているのだ。ちゃんと一般車両は通行出来るようにしているのだから、何の問題があると偏向新聞・琉球新報が言いたいのか全く意味不明だ。機動隊も自称市民を公務執行妨害で逮捕しないからいつまで経っても仕事が終わらないのだ。
 機動隊は、サッサと自称市民を逮捕して、邪魔ができないように身柄を拘束すれば良いのだ。否認すれば勾留延長すれば済むことだ。(No.4935-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局は何にもならぬ気象庁

余震見通し1週間後発表、「確率」表記は倍率に
 気象庁は8月中にも、大きな地震直後に発表していた余震の見通しについて発表方式を大幅に変える。
 従来は余震発生確率を地震発生から1日ほど後に計算し公表していたが、今後は1週間後をめどに変更。具体的な確率の表記は控え、「普段よりも地震活動が50倍活発な状態」などと当面の見通しを倍率で示すにとどめる。見直しを検討してきた政府の地震調査委員会が8月中旬にもまとめる報告書を受けて切り替える。
 今回の変更は、4月の熊本地震で余震の発生確率を「3日以内に震度6弱以上の余震が発生する確率は20%」などと発表し、「逆に安心材料と受け取られた可能性がある」という指摘を踏まえた。
 これまで同庁は、大地震の発生からおおむね1日後に余震発生確率を計算。確率の具体的な数値を示していた。(以上(読売新聞2016年08月08日08時55分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160807-OYT1T50126.html

 気象庁が、余震見通しが当たらないので「確率」を「倍率」と称して誤魔化すことにした。
 表記がどうであろうと気象庁の予測は当たらないのだから、どのような表記にしても無意味だ。結局、気象庁は観測組織であって予測など出来ないのだ。地震を「普段よりも地震活動が50倍活発」と表現されて、どれだけの人がこの数字を理解できるだろうか?とにかく気象庁は、熊本地震で前震を見抜けなかったことを誤魔化すための方法でしかないのだ。最近気象予報にしても、サッサと注意報や警報を連発して、もし、災害が発生した時に警報を出していないという自分たちの瑕疵が無いようにやっているのだから、正確さといえば、未だに気象予報にしても「下駄」のレベルなのだ。そいつらにまさか地震の予測など絶対不可能だ。
 しかし、気象庁は自分たちが存在するために姑息なことを考えつけるのだ。(No.4905)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外れても倒産しない気象庁

気象情報会社が倒産=花粉飛散予測で注目
 東京商工リサーチによると、気象情報提供会社ウェザー・サービス(千葉県成田市)は27日、事業を停止し、弁護士に破産手続きを一任した。負債総額は約1億9600万円。花粉飛散の予測で注目を集めたが、直近は2期連続で赤字となり、資金繰りが悪化していた。
 NTTドコモは同日、ウェザー社の情報を使ったスマートフォン用アプリ「あなたの街の熱中症予防」などのサービス終了を発表した。(以上(時事ドットコム2016/07/27-22:34)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072700987&g=eco

 気象情報提供会社ウェザー・サービスが破産した。
 気象予報会社は、その予報が当たるか当たらないかで、その会社の運命まで決める。その一方で、気象庁は、どんなに予報を外しても、平気でいられるのだ。なんてったって、お役所仕事だから、「責任」という二文字がないのだ。だから、当たらないと言っても良かろう。台風進路にしても、気象予報会社が上陸した模様と発表すれば、その場所を避けたコースを通ったとバカなことをやっても許されるのが気象庁だ。
 気象庁も国交省から切り離して、民営化したらどうだろうか?少しは天気予報が当たるようになるのではないか?(No.4890)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖冬をまだ改めぬ気象庁

年末年始、日本海側大雪か=冷え込む可能性も-気象庁
 気象庁は25日発表した異常天候早期警戒情報で、30日から約1週間は東北の日本海側と北陸、近畿の日本海側、群馬、長野両県の北部、岐阜県山間部で大雪になる恐れがあるとして注意を呼び掛けた。
 25日発表の1カ月予報によると、年末年始の27日から1月2日にかけては東・西日本と沖縄・奄美で平均気温が平年より低い見込み。北日本(北海道と東北)は平年並みという。(以上(時事ドットコム2014/12/25-22:15)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014122500832

 気象庁は、1ヶ月予報でも東・西日本と沖縄・奄美で平均気温が平年より低め、北日本は平年並みと予考を出しながら、未だに、今年の冬は「暖冬」という予報を改めようとしない。
 その理由として、エルニーニョの影響が出てくることを期待しているらしいが、大体、気象庁が「暖冬」と予考を出せば「厳冬」になるというのが毎年の結果だと思う。それでも、暖冬に拘っている気象庁長官、気象予報課長などを血税で養っている必要など皆無だ。気象庁は、気象観測だけの機能を残して、気象予報の分野は民間に任せるべきだと思う。何しろ、桜の開花予報すら当たらずに民間に委託する位だから、気象庁に天気を当てるなどという高等な技はできるはずがない。
 財務省も、気象庁を気象観測機能だけにすれば、大好きな予算削減も可能だ。当たらない気象庁にこれ以上、気象予報に従事させることは血税の垂れ流し以外の何物でもない。(No.4323)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風で徘徊してる年の功

1人死亡、負傷者80人以上に 強風で転倒事故相次ぐ
 大型の台風19号が日本列島を縦断した13日、鳥取県で男性1人が死亡し、強風で転倒するなどして17府県の46人がけがをした。12日までの被害と合わせ、これまでに死者1人、重軽傷者は82人に上り、1人が行方不明。
 鳥取県災害警戒本部などによると、13日午後10時50分ごろ、鳥取県八頭町で柿畑を見に行った90代の男性が用水路で倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認された。
 福岡県大川市でも同日午前、強風にあおられた90歳の男性が転倒し、右脚の骨を折る重傷を負った。男性は風の状態を見るため屋外に出ていた。
 台風が接近していた12日までに、沖縄県糸満市の9歳の女児が強風で閉まったドアに指を挟まれて切断するなど36人が重軽傷。静岡県吉田町では漁港で釣りをしていた男性3人が高波にさらわれ、うち1人が行方不明になっている。(以上(産経ニュース2014.10.14 02:17更新)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/141014/afr1410140002-n1.html

 台風19号が日本列島を縦断することで、多くの死傷者を出した。
 しかし、その中に年寄りが外に出回って徘徊とも言える行為によって、死傷するというのは、どこに年の功というのがあるのかと思う。柿畑を見に行った90代の爺さんも、この爺さんが柿畑を見ていれば被害が起きないのであれば、見ていれば良いが、糞の役にも立たないのだから、家にいれば死ぬこともなかったことだ。また、風の状態を見るために屋外に出て強風で転倒した爺さんにしても、家の中で風がどうかというのは、窓から見れば分かるはずだ。さらに、80代の婆さんがスーパーの駐車場で転んで骨折したというのも、台風が来るのは事前に分かっていることなのに、わざわざ、台風が来ている時に買い物に行くという感覚が信じられない。
 台風は、事前にある程度分かっていることであるし、老人が何かしようとして対処できるものではない。怪我をしたくなければ、台風が来ている間、徘徊しなければ良いのだ。自分は痛いだけだろうが、無駄な健康保険、介護保険など若者にしわ寄せが来ることを考えるのが年の功だろう。余りにもワガママな年寄りが増えていると感じる。(No.4250)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパコンも当てにはならぬエルニーニョ

今秋のエルニーニョ、発生の可能性が低下 気象庁発表
 今秋に発生するとみられていた「エルニーニョ現象」について、気象庁は11日、発生の可能性が低くなったとの予測を発表した。
 エルニーニョは東太平洋の赤道付近の海面水温が高くなる現象で、秋から冬に発生すると日本では暖冬傾向になるとされる。気象庁は先月、「秋から冬にかけて発生の可能性が高い」としていたが、修正した。(以上(朝日新聞2014年8月11日19時58分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG8C63N5G8CUTIL033.html

 嘘吐きの常連、気象庁がこの秋のエルニーニョは起こらないと訂正したそうだ。
 気象庁は、コンピュータの能力が上がれば、気象予報の精度が上がるとスパコンばかり欲しがっているが、結局、地球規模の大きな変動すら予測できないということを自ら示したのと同じだ。なぜ、このような発想になるのかと言えば、金を掛ければという逃げ道を作るためだ。結局は、今の気象庁も下駄とレベルは変わらないと思えば良いのだ。スパコンを使って精度が上がるというのは、まやかしに過ぎない。あくまでも、コンピュータシミュレーションは、モデルが大切なのであって、コンピュータの能力は、現実に起こる事象より先に事象を捕まえられるかだけなのだ。それゆえに、気象庁がコンピュータ能力が上がればと言うのであれば、現在のスパコンで、後付けでも良いから、シミュレーションを行い、実際に起こった現実と比較して、モデルが正しいことを示すのが先だ。そうすれば、スパコンの能力がこれだけあれば、実際の現象を事前に予知できるということが言えるはずだ。それもしないで、パソコン画面だけで気象予報をしようとするから、下駄程度の予報しか出せないのだ。大阪の気象予報士に今出さんという方がおられるが、この人は、テレビの気象予報の直前まで、テレビ局の屋上で雲の動き等を観測されている。それで、気象庁の予報では、雨が降る予報だが、それほどの雨は実際降らないでしょうという予報ができるのだ。
 気象庁は、今出さんの爪の垢でも煎じて飲んだ方が、予報が当たるのではないかと私は思う。それと、気象庁は気象観測だけの機能を残して、気象予報会社に予報は任せれば良いのではないだろうか。外れても頭すら下げない気象庁と違って、気象予報会社は予報が外れれば、会社の存続にも関わるという危機感を持って予報しているという気構えが根本的に違うのだ。(No.4187)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肝心な時に使えぬ気象庁

障害発生の「ナウキャスト」復旧…原因は不明
 気象庁の降水予測システム「高解像度降水ナウキャスト」の画像が9日午前に更新されなくなったトラブルで、同庁は同日午後、障害が発生したサーバーが約4時間15分後に復旧したと発表した。
 同庁によると、原因は不明だが、再起動後に正常に動き始めたという。(以上(読売新聞2014年08月09日23時46分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140809-OYT1T50117.html

 台風11号が日本に接近して、台風による雨に警戒が必要な時に、気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」が使い物で無くなった。
 鳴り物入りで、狭い範囲の雨の予測も出来るようになったとほざいていたが、本当に必要な時に使えないものなど無い方がマシでは無いだろうか。昔、気象庁からの予報以外を出せなかった時代、ある気象台の台長は天気が崩れると自分では考えたが、中央の指示通り予報を出して、多くの漁船が漁に出て台風の被害によって多数の死者を出したことがあった。その際、責任を感じた台長は自殺し、それ以来、各気象台で独自に気象予報が出せるようになった。
 今回の故障についても、担当者、管理責任者の懲戒処分は当然のこと、気象庁長官の辞任によって、この事故の責任を取るべきだと考える。また、原因を徹底的に調査して、再起動したら大丈夫だったで終わらせてはならない。また、同様のことが起こるのは自明なことだ。(No.4185)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反日を掲げ客には来いという

韓国、日本人客3割減に危機感…誘致イベントも
 韓国の観光業界が、日本人観光客の減少歯止めに懸命だ。
 日韓関係の悪化、円安・ウォン高、4月のセウォル号の沈没事故と悪材料が重なり、2014年に訪韓する日本人は250万人程度と、ピークだった12年から3割近くも減る見込みだ。一方で、中国からの観光客は、両国の外交上の蜜月を象徴するように、右肩上がりで増えている。
 韓国観光公社は14日、都内で日本人観光客誘致イベント「韓国観光の夕べ」を開き、両国の旅行業界関係者ら約200人が参加した。訪韓日本人は、李明博イミョンバク前大統領の竹島上陸(12年8月)をきっかけに減少に転じた。同公社は「歴史問題を巡る対韓感情の悪化が最大の原因」としており、卞秋錫ビョンチュソク社長は、「文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展させていくべきだ」とあいさつした。(以上(読売新聞2014年07月15日07時07分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140714-OYT1T50141.html

 朝鮮民国では、李明博、朴槿恵と国のトップが「反日」を掲げて、嘘八百の言い掛かりを付けていながら、「文化や観光の交流は、政治外交と区別して発展」などと都合の良いことを並べて、日本からの旅行客を呼びこもうと涙ぐましい努力をしているそうだ。
 しかし、これまでやっていた、大使館の行事すら前日にロッテホテルがキャンセルするなど、日本に対して嫌がらせばかりやっている国になぜ好きこのんで行く人間がいるだろうか。朝鮮民国に行けば、強姦、政府認定のぼったくりなど何が良いというのだ。犯罪に巻き込まれないで生きて帰れば御の字という国にわざわざ自腹で行くバカもいないだろう。政治外交とは別と言っても、修学旅行に行けば、嘘八百の洗脳教育を受けた上で、土下座させられるのだから、教育的観点から見ても、朝鮮などを修学旅行先と考えること自体浅はかだ。
 歴史問題と言うが、河野談話は、朝鮮との談合によってできた朝鮮をなだめるための河野談合であったことは、検証結果で明らかだ。大好きな宗主国・中国から旅行客を集めれば良い話だ。日本は朝鮮に関わるべきではない。(No.4159)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い血が流れてるよう菅直人

満3年
東日本大震災と福島原発事故発生から満3年を迎えた。あの日3月11日から数日間の事は鮮明に覚えている。
大地震と津波、それだけでも未曾有の大災害だが、それに加えて過去最悪の原発事故が発生。地震発生からわずか4時間後の11日18時50分には1号機でメルトダウンが始まり、深夜には溶けた核燃料が圧力容器を貫通して格納容器の底に落ちるメルトスルーに進む。そして翌日12日昼過ぎにはその1号機が水素爆発。13日には3号機が水素爆発。15日早朝2号機の格納容器が損傷し、4号機が水素爆発。 誰も経験したことのない複数の原発が連鎖する大事故で、原子力事故に対応する原子力安全保安院や原子力安全委員会のトップからもこれからどうなるのかの見通しについて何も説明はなかった。
私はどこまで原発事故が拡大するのかを必死に考えた。東京を含む避難の必要性を考えた時、恐怖を感じた。そこまでは原発事故が拡大しなかったことに、当時の関係者の命懸け努力に感謝したい。(以上(菅直人Offical Blog2014-03-11)より引用)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/

 歩く国賊・菅直人が、自分の悪行三昧は棚に上げて、いつの間にか悲劇のヒーロー気分に浸っていることが、歩く国賊・菅直人のブログを読むと良く分かる。
 如何に、自己中心的で、他人の話を聞かずにいい加減な対応と官邸で官僚を怒鳴りつけて情報が来ないなどとほざいた輩に、このようなことを言われる筋合いの話ではない。自分のイエスマンだけで好き勝手やった罪を未だに問われていない。司法当局は、例えば東京電力に怒鳴り込んだことに対しても、歩く国賊・菅直人は「夫婦喧嘩よりも小さな声」だと言い訳したが、当時の録音を入手して、恐喝罪に当たらないか、他の言動についても、刑法犯罪として立証できないか、全ての歩く国賊・菅直人について調査して、何でも良いから、国会議員から引きずり下ろして、刑務所に入れるのが法治国家というものだろう。何時までも、歩く国賊・菅直人を放し飼いにすることなく、然るべき罪を負って貰うことが一番大切だ。とても、歩く国賊・菅直人に人間としての赤い血が流れているとは思えない。解剖すると青い血が吹き出るかも知れないと思えるぐらい、歩く国賊・菅直人は、人間離れしているのだ。
 本当は、東京も避難しなければならなかったのを実際は「パニックを起こす」として避難指示を出さなかったというのが真相のように思える。(No.4044-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評