公務員

自治体はまだ分からないのかコリア

福岡・那珂川町が韓国自治体と友好協定へ 「反日行動」進む中「なぜ今なの?」町関係者から疑問の声
 福岡県那珂川町が韓国・任実(イムシル)郡との友好都市協定に動いている。来年度当初予算案に関係費用242万円を計上し、武末茂喜町長は15日の町議会で「これから行政間で内容や時期などを協議する」と述べた。慰安婦像問題など韓国の政府・自治体が「反日行動」を進める中の協定に、町の関係者から「なぜ今なのか」と疑問の声が上がる。
 任実郡は韓国南部の全羅北道にあり、人口は約3万人と那珂川町(約5万人)と同規模の自治体だ。
 両者の交流は、「那珂川町国際文化交流サークル」が中心となり2001年ごろに始まった。サークルには町職員も参加する。
 その後、町は任実郡庁から行政訪問を受け入れ、前町長が私的旅行で郡庁を訪れることもあった。同サークルの事務局長で、町職員でもある羽根正俊氏は「国同士の関係とは別次元で、良い関係を築けている」と語った。
 日韓関係は悪化している。
 昨年12月、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された。日本政府は、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」するとした日韓合意(2015年12月)に反すると批判。長嶺安政駐韓大使らを一時帰国させている。
 森田俊文町議は15日の町議会代表質問で「韓国は慰安婦像や、対馬の仏像問題など国際常識と法治を疑わせる事例がある。今この時期に友好都市提携を進めるのは、町民の理解を得られない」と追及した。
 町長の武末氏は産経新聞の取材に「交流は文化やスポーツ面で進める。歴史問題などが話題になるとは想定していない。協議前から『何か言ってくるかもしれない』と想定するのは相手に失礼な話だ」と語った。(以上(産経ニュース2017.2.16 11:01更新)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170216/wor1702160032-n1.html

 福岡・那珂川町が血迷って南朝鮮の韓国・任実(イムシル)郡との友好都市協定に動いているそうだ。
 ここまで、日本と南朝鮮との関係が悪化しているのにである。町長は余程か頭の中が汚鮮されているようだが、国対国で揉めている時に、一地方自治体が日本の国策に逆らうということが、日本の国益にどう影響するかも考えられない大たわけと言うべきだろう。森田俊文町議の方が常識もあって当然のことを言っているが、町長というたわけがこのような事をほざくなど身の程知らずにも程がある。
 血迷った町長は、文化・スポーツ面で進めるから大丈夫だとほざいているが、南朝鮮はスポーツでも政治を絡めてくることを知らないアホのようだ。(No.5069)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚職から「オール沖縄」内輪揉め

刑事告訴に「由々しいこと」 翁長沖縄知事、副知事の教員採用口利きで
 沖縄県の安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入疑惑を巡り、安慶田氏が諸見里明前教育長を名誉毀損(きそん)で刑事告訴したことについて、翁長雄志知事は26日午後、「由々しいことだと思っている。トップの知事としては、このこと自体を重大に考えており、県民の不安や心配を取り除いて県政に期待を持てるよう説明を含めてしっかりやれるのかどうかが大変重要だろうと思っている」と述べた。都内で記者団の取材に応じた。
 翁長知事によると、安慶田氏から25日午前に電話で刑事告訴する意向が伝えられた。県として安慶田氏に改めて聞き取り調査をするのかについては「(東京から)帰ってから、改めてどのように対応していくのかを考えていきたい」と述べるにとどめた。(以上(【琉球新報電子版】2017年1月26日18:31)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-433968.html

 沖縄県前副知事の安慶田光男の教員試験口利き疑惑で、安慶田が前教育長を名誉毀損で刑事告訴したことに翁長雄志は由々しいことだとほざいた。
 どうやら、沖縄県外では絶滅危惧党の社民党、共産党の「オール沖縄」も辺野古移転の最高裁判決で、綻びが見え始めてきたようだ。裏で悪いことをするというのは、社民党、共産党の得意技だ。両党ともに沖縄の左巻き反対派に活動資金を供給しているし、特に、社民党福島瑞穂個人から多額の資金が流れていることは明確だ。共謀罪が成立すれば、何よりも早く、沖縄の左巻き反対派に適用して、社民党、共産党まで遡って、厳罰を加えた上で、国政から追放するべきだ。
 沖縄県もおかしなオール沖縄の呪縛から解き放される時が来たと考えるべきだ。(No.5076-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交渉は翁長と直にやればよし

国、沖縄との調整役失う…辺野古移設の影響注視
 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、政府との交渉役を務めていた安慶田あげだ光男・沖縄県副知事が23日に辞職したことを受け、政府は、県との移設交渉にどう影響が出るのかを注視している。
 安慶田氏は、辺野古移設阻止を掲げる翁長雄志おながたけし・沖縄県知事側近で、移設計画を巡って県と対立する政府側との調整を一手に担ってきた。特に菅官房長官とは直接電話できる間柄で、移設先の埋め立て承認取り消しなどの重要な局面では水面下で調整を重ねていた。政府関係者は「安慶田氏は政府とのパイプ役として一定の機能を果たしていた」と評する。
 野上官房副長官は23日の記者会見で、安慶田氏の辞職について、「基地問題への影響は特にない」と強調した。ただ、政府内には「菅氏と密接な関係だった調整役が不在になるのは痛い」(防衛省関係者)など、今後の移設計画への影響を危惧する声も出ている。(以上(読売新聞2017年01月24日07時33分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170124-OYT1T50004.html

 沖縄県副知事だった安慶田光男が辞職したことで、政府とのパイプが切れるという事態になった。
 菅官房長官とも直に話のできる副知事だったらしいが、政府は堂々と翁長雄志に直接、あれこれ指示をすれば済む話だ。嫌だと言えば、損害賠償請求訴訟を起こして、翁長雄志の身動きが取れないようにしてやれば良いのだ。アカヒ新聞では、翁長雄志が困るような真逆の記事を書いていたが、さすが、角度を付けた記事を書くだけのことはある。
 政府は、翁長雄志に損害賠償請求をちらつかせて、翁長雄志本人を動かせば良いのだ。遠慮は要らぬ。(No.5070)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮内庁バカが皇室お世話する

政府、天皇誕生日の退位案検討
翌19年から新元号

 政府は、天皇陛下の退位の時期について2018(平成30)年12月23日の天皇誕生日とする案の検討に入った。皇太子さまの即位は即日か翌日が想定される。改元は越年し、19年1月1日からの新元号適用を軸に調整を続ける。政府関係者が17日明らかにした。
 宮内庁の西村泰彦次長は同日の記者会見で、政府内で一時浮上した19年元日の即位案に関し、宮中祭祀と国事行為である新年祝賀の儀が重なることを理由に「譲位(退位)や即位に関する行事を設定するのは難しい」との見解を示した。(以上(共同通信2017/1/18 05:061/18 05:07updated)より引用)
https://this.kiji.is/194134464157713913?c=39546741839462401

元日即位「難しい」 祭祀、新年祝賀と重複指摘 宮内庁
 宮内庁の西村泰彦次長は17日の定例会見で、平成31(2019)年元日に皇太子さまが新天皇に即位し、同日から新元号とする方向で政府が検討を始めたとする報道について、宮中祭祀(さいし)と国事行為の「新年祝賀の儀」が重なることを理由に「元日に譲位や即位に関する行事を設定するのは難しい」との認識を示した。「宮内庁としての見解」として、今後、官邸側に伝えるという。
 西村次長は「一般論」と前置きした上で「元日は皇室にとって極めて重要な日。もう1つの大きな行事を設定するのは困難ではないか」と話した。見解は「両陛下のご意向ではない」という。一方、新元号を元日から適用することは「どういう形で儀式をやるかも検討していないので、答えるのは差し控えたい」と述べるにとどめた。
 元日は午前5時半から、陛下が五穀豊穣(ほうじょう)と国の安寧を祈願する宮中祭祀「四方拝」が行われる。続いて掌典長による「歳旦祭」、午前9時すぎからは三権の長や国会議員、外交団らとの「新年祝賀の儀」が午後まで続く。一方、元日に即位する場合、三種の神器などを引き継ぐ「剣璽(けんじ)等承継の儀」を行う必要がある。(以上(産経ニュース2017.1.17 20:19)より引用)
http://www.sankei.com/life/news/170117/lif1701170041-n1.html

 宮内庁の西村泰彦のバカが元旦に新天皇の即位をするのは難しいとほざいたが、やり方さえ考えれば済む話だ。
 何と言っても宮内庁にはバカな役人が鎮座しているから、こういう柔軟な考え方ができないのだ。それには、皇室を貶めようと画策している創価学会員が宮内庁の中に紛れ込んでいるということもあるだろう。そもそも、宮内庁は先の天皇陛下になられる秋篠宮家の悠仁親王の警護を疎かにして、ケガは幸いなかったが事故が起こっても悠仁親王の警護を変える気が無いという不貞の輩が采配しているのだ。将来、天皇になる可能性の無い愛子の警護よりも、悠仁親王の警護を優先するのが筋ではないだろうか?
 今回の譲位は、予定では特措法で決める予定なのだから、即位式と元号とがずれても問題あるまい。(No.5065)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慰安婦像撤去するまで帰任なし

駐韓大使帰任に慎重 官邸、韓国側の対応見極め 安倍首相「早く帰す必要はない。国民も納得しない」
 政府は17日に安倍晋三首相が東南アジア諸国とオーストラリア歴訪から帰国するのを受け、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像への対抗措置として一時帰国させている長嶺安政駐韓大使の帰任時期について本格検討に入る。外務省は早期帰任を模索しているが、首相官邸には慰安婦像撤去などの動きがない限り帰任させるべきではないとの意向があり、韓国側の出方を見極めて判断する見通しだ。
 政府・与党内では、外務省幹部や自民党の二階俊博幹事長らが早期帰任に前向きな姿勢を示している。
 一方、安倍首相は周辺に「外務省は大使たちを早く韓国に帰したがっているが、早く帰す必要はない。国民も納得しないし、それはさせない」と語っており、慎重な構えを崩していない。
 日本の対抗措置を受け、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は「外交公館前に造形物を設置することは望ましくない」と発言したが、慰安婦像が撤去される見通しは立っていない。外務省内でも「大事なのは、あの像が撤去されるかどうかだ」(幹部)との声が上がっており、長嶺氏らの一時帰国は長引く可能性がある。(以上(産経ニュース2017.1.17 08:50)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170117/plt1701170011-n1.html

 政府は安倍総理の帰国を受けて駐南朝鮮大使の帰任時期を決めようとしている。
 害務省の中には早期に大使の帰任を主張する外務審議官の杉山晋輔がいるが、このような日本の国益を損する審議官など懲戒免職にするべきだ。そもそも害務省の対応がお粗末だからこのようなことになるのだ。安倍総理は、早期帰任は「国民も納得しないし、それはさせない」と力強い言葉を出されているが、もし、安倍総理が害務省の意向に沿って早期帰任とした場合、安倍総理の内閣支持率も自民党の政党支持率もどうなるか考えてみたら分かることだ。
 岸田外相は杉山晋輔外務審議官を罷免して、南朝鮮が高級売春婦像を撤去するまで、絶対に大使を帰任させてはならない。(No.5064-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外務省の腑抜け電話で抗議とは

釜山の少女像「極めて遺憾」…外務次官が抗議
 杉山晋輔外務次官は30日、韓国の李俊揆イジュンギュ駐日大使に電話し、韓国南部・釜山プサンの日本総領事館前の公道に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことについて、「極めて遺憾だ」などと抗議した。
 政府は早急に撤去するよう韓国側に要求している。
 昨年12月末の慰安婦問題を巡る日韓合意では、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認し、ソウルの日本大使館前の少女像について、韓国政府が「適切に解決されるよう努力する」とされた。杉山氏は、釜山での新たな少女像設置は「日韓合意の精神に反する」と批判し、「日韓関係に好ましくない影響を与える」と伝えた。
 杉山氏はまた、少女像設置は外交関係に関するウィーン条約で規定した「領事機関の安寧を妨害し、威厳を侵害するもの」にあたるとし、「問題だ」と指摘した。
 長嶺安政駐韓大使も30日、韓国外交省の林聖男イムソンナム第1次官に電話で抗議した。(以上(読売新聞2016年12月30日19時48分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161230-OYT1T50101.html

 日本の害務省が、釜山の総領事館前に立てられた高級売春婦像に対し、電話で駐日大使に抗議したそうだ。
 本当に使えないのが日本の害務省だ。杉山晋輔外務次官は、正月休みだから電話で済ませたのか知らないが、少なくとも、南朝鮮大使を害務省に呼びつけて、即刻撤去を求めるぐらいのことはするべきだ。この程度のことしか害務省がやらないから、朝鮮人にバカにされるのだ。南朝鮮も国家の体をなしていないが、日本の害務省も外務省として全く機能していないのだ。朝鮮人には高圧的な態度で臨むべきだということは先人の教えにもあるのだ。朝鮮人には、調教する位の気持ちで接しなければ、どのような合意がなされたとしても反古にされるだけだ。
 害務省が糞の役にも立たないのだから、政府は南朝鮮の大使館と総領事館を閉館し、大使以下全館員を南朝鮮から引き上げるのだ。(No.5047-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩崎よ嫌煙よりも仕事しろ

後期高齢者医療、保険料徴収ミス…数万人か
 厚生労働省は27日、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度で、自営業者ら一部の加入者から保険料を誤徴収していたと発表した。
 国の保険料計算システムの設定ミスが原因で、過少や過大に徴収した。同省は5年前にミスに気付いたが、システム改修などの是正策を怠っていた。誤徴収の対象者は全国で数万人、金額で数億円に上る可能性があるという。
 同省によると、誤徴収が起きたのは、「青色申告」を行った高齢の自営業者らの一部。各都道府県にある後期高齢者医療広域連合が所得に応じて保険料を軽減するかどうか判定する際、本来の計算法ではなく、税法上の計算法を誤って適用する設定になっていた。(以上(読売新聞2016年12月28日07時50分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161227-OYT1T50089.html

 厚労省が、後期高齢者医療制度で5年前にシステムの設定ミスに気付きながら、放置し続けていた。内2年半は塩崎恭久が大臣だ。
 厚生労働省は本当に仕事をしない役所だ。年金問題にしても社保庁の管理を怠り3000億円もの税金を垂れ流しにしたが、厚労省キャリアとしたら当然のことぐらいに考えているのだろう。今回の事件は明らかに人為的でかつ、システムの設定ミスに気付いてから5年間放置したのだから、これは明らかな犯罪だ。厚労省の誰がこれを放置したかまで含めて第三者によって調査し、それらに加担した厚労省職員は全員懲戒処分に処すべきだ。また、厚労相の塩崎恭久は、5年の内の2年半は大臣をやっていたのだから、その責任は逃れられない。塩崎恭久が気付かなかったのは、自分の趣味の嫌煙を推進するためだったと言えるだろう。嗜好品で売っているタバコを塩崎の好き嫌いで、吸える場所を無くすから、喫煙所の撤去された渋谷駅でも植え込みにタバコの投げ捨てが行われているのだ。愛煙家とすれば、あそこまで行けば一服できるというので、覚えている喫煙所に行くのだ。それを嫌煙家の意向だけで、喫煙所を撤去するからこのようなことになるのだ。政府もタバコ税収を考えれば、分煙を推進して、愛煙家が一服できる場所を提供するのが筋だ。
 塩崎恭久が嫌煙にばかり気が向いているから、このよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副知事は英語できないから怒る

「県民は感謝すべきだ」 四軍調整官、沖縄県抗議に反論
 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ墜落事故を受け、安慶田光男副知事が14日、北中城村のキャンプ瑞慶覧で在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官に抗議した。安慶田副知事は面談後、報道陣に対しニコルソン氏が「住宅や県民に被害を与えなかったことは感謝されるべきだ」と抗議に不快感を示したことを明かした上で「植民地意識丸出しで、とんでもない感覚だ。配備すら反対しているのに、事故を起こすなんてとんでもない」と強く反発した。
 安慶田副知事によると、ニコルソン氏からは「抗議書の中にパイロットに対する気遣いがあってもいい」「政治問題化するのか」などの発言も聞かれ、怒りを示す場面もあったという。抗議に加え、オスプレイの飛行中止と配備撤回を要請した安慶田副知事は「謝罪も全くなかった。抗議文を渡す時も顔色を変えて怒っていた。人間性を疑う」と憤った。面談は約30分、非公開で行われた。
 ニコルソン氏はその後の会見で一転、「今回のことは誠に遺憾。申し訳ないという思いだ」と謝罪の意を示した。一方で「訓練にはリスクを伴い、危険も伴うことはある。ただそのリスクは、お互いの国の防衛を守る意味で必要だ」と訓練における事故を前提としたような発言もあった。
 墜落場所については「沖縄の人を守るために、近くの海に降りたことは良い判断だった」とパイロットを賞賛。今後の運用については「私自身が問題ないと確信するまで飛行しない」と明言した。切断されたホースがプロペラを損傷させた墜落原因については「オスプレイのシステムによる問題ではない」と強調した。
 翁長雄志知事は同日夕、県庁で会見し、「感謝されるべき」との発言について「(これまでも)高圧的な発言が多かった。今回もそういう態度で発言があったと聞いている。米軍と県民の考え方に大きな違いがあり、県民や日本政府の考え方も伝わっていないのではないか」と不快感を示した。(以上(琉球新報2016年12月15日07:30)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-411961.html

 偏向新聞・琉球新報が、英語を知らない安慶田光男がニコルソン氏に会って怒ったそうだが、単に安慶田光男の頭が悪いだけだ。
 偏向報道では、いつの間にか「We」が県民に据え替えて「県民は感謝すべきだ」と誤訳をして、嘘をばらまいているようだが、ニコルソン氏は「我々は神に感謝をすべきだ」と言っているに過ぎない。沖縄県の副知事も偏向新聞もそうとう頭が悪いようだ。ニコルソン氏は記者会見でちゃんと遺憾の意を表明しているが、偏向新聞では「一転」とまるでニコルソン氏が豹変したが如くニセ記事を書き連ねているが、全て頭の悪い輩の誤訳による誤解に過ぎない。また、安慶田光男が、乗務員の無事など関係なく、これ幸いとオスプレイを沖縄から外せとほざいたからであり、沖縄県と在日米軍の間の信頼関係すら翁長雄志によって無くなったと言えるだろう。
 「我々は」を「県民は」と誤訳による嘘の報道をする偏向新聞・琉球タイムスなど廃刊させるべきだ。(No.5032)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君が代の斉唱しろよ日教組

日教組委員長辞任 進む組織離れ、「存亡にかかわる問題」とOB
 不祥事による岡本氏の辞任は、組織率低下に歯止めがかからない日教組にさらなるダメージを与えそうだ。
 「全国の教職員や教育関係者、子供、保護者、連合に結集する仲間に不信感を抱かせたことを深くおわび申し上げる」
 日教組は30日、岡本氏の辞任に伴うコメントを発表したが、日教組OBは「組織の存亡にかかわる問題だ」と憤りを隠さない。
 教育の民主化などを目的に先の大戦後の昭和22年に結成された日教組の組織率は、長期低落傾向にある。33年には全教員の86%に当たる約57万6千人が加入したマンモス組織だったが、国との政治闘争や反日教育などを強める中で教員の組織離れは進み、平成27年10月1日時点の組織率は24・2%、加入者も約24万7千人まで減少している。
 都内の高校教師は「女性問題とカネにまつわる不祥事は、子供たちに手本を示すべき教育の世界では特にタブー視される。今回の不祥事でさらに組織離れが進むだろう」と話した。(以上(産経ニュース2016.12.1 10:24)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/161201/afr1612010012-n1.html

 金の使い込みで日教組委員長が辞任したが、OBから日教組の存亡に関わる問題だと憤っている。
 戦後教育を左に曲げてきた日教組の存在自体、日本には不要なのだ。未だに陰で日教組を操り続けているのは輿石東だろ。そもそも、どこの国でも、国旗国歌は大切にするのに、日教組所属教員は、国旗掲揚で起立せず、国歌斉唱でも君が代を歌わないという、教員としてあるまじき行為を堂々とやり続けているのだ。ネットでも、国歌を歌わなかったから減給されたとバアサン教師が学校の門の所で訴えているという記事を見るが、教員で国歌を歌わなければ、減給処分ではなく懲戒免職にするべきだ。別に全体主義ではないが、決められたことを教師がしないという方がおかしいのだ。
 教育界から日教組教員を排除して、教員試験には「君が代」の独唱を義務付けるべきだ。そして、思想のおかしい教員を排除すべきだ。(No.5018-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝罪して済めば警察など要らぬ

山城氏「大衆運動への弾圧」  勾留理由開示で捜査を批判
 米軍北部訓練場周辺の工事用道路で、沖縄防衛局の職員に揺さぶるなどの暴行を加えてけがを負わせ、公務を妨害したとして、傷害と公務執行妨害の容疑で逮捕された沖縄平和運動センターの山城博治議長の勾留理由開示手続きが9日、那覇簡裁(上原宏光裁判官)で開かれた。
 山城議長は「もし傷害があったとしたなら、私たちの望むところではない。心からおわびしたい」とした。
 一方、「7月22日に多数の機動隊が私たちに襲いかかった事態を明らかにせず、私たちを毎日捜査するのは沖縄の抵抗、大衆運動に対する弾圧だ」と批判した。(以上(琉球新報2016年11月10日11:32)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-391773.html

 ヘリパッド工事現場で、沖縄防衛局職員に暴行を働いた山城博治の勾留理由開示手続きが行われ、山城は傷害があったらお詫びするとほざいた。
 山城博治の悪行三昧は、ヘリパッド工事現場の米軍の北部演習場内に入り込んで有刺鉄線を切ったという器物損壊の現行犯であるだけではなく、沖縄防衛局職員に暴行を加えたのだから、お詫びで済むはずがない。お詫びで済めば殺人でも釈放されることになる。
 山城博治は、継続して犯行を行う可能性が強いのだから、絶対に釈放などせずに、裁判の判決まで留置しておくべきだ。(No.4998-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評