音楽

音楽の首を絞めてる著作権

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
 ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。
 著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。
 音楽教室では、1人または数人の生徒と教師が練習や指導のために楽曲を演奏する。JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。作曲家の死後50年が過ぎて著作権が切れたクラシック曲も使われる一方、歌謡曲や映画音楽などJASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。7月に文化庁に使用料規定を提出し、来年1月から徴収を始めたい考えだ。
 音楽教室は大手のヤマハ系列が約3300カ所で生徒数約39万人、河合楽器製作所は直営約4400カ所で生徒数約10万人。JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、合計約1万1千カ所の教室があるという。そのうちウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、個人運営の教室は当面除外する方針だ。(以上(朝日デジタル2017年2月2日05時04分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK213QYXK21UCVL00P.html

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室でも著作権料を取る方針を固めた。
 確かに、著作権は重要だと思うが、音楽教室にまでと言うのは取れる所から取れという狭小な了見としか思えない。音楽好きを養成する音楽教室から、それもネットなどで広く生徒を募集している所に限ると言うのも取れる所から取れという思想としか感じられない。昔なら雑誌にも付いていた歌本もいつの間にか駆逐をされたし、歌を広めることをJASRAC自身で首を絞めているとしか思えない。
 日本から音楽という文化を著作権という名の下にJASRACは潰そうと画策しているとしか思えない。(No.5079-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白もNHKも終わってる

視聴率39・2% 第2部は過去最低 裏番組の民放首位は…?
 2015年の大みそかに放送された第66回NHK紅白歌合戦の平均視聴率(総合テレビ)は、関東地区で第1部(午後7時15分から1時間40分)が34・8%、第2部(午後9時から2時間45分)が39・2%だった。ビデオリサーチが2日発表した。前年比で第1部は0・3ポイント減、第2部は3・0ポイント減で、第2部は2部制となった1989年以降で最低となり、2部制になる前で、記録の残る62年以降でも最も低かった。関西地区は第1部が36・8%(前年比同)、第2部は43・0%(同0・3ポイント減)。
 同時間帯の民放番組は関東地区で、日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP」の第1部(午後6時半から2時間半)が17・6%、同第2部(午後9時から3時間半)が15・3%、TBSの「史上最大の限界バトルKYOKUGEN2015」が午後6時からの放送分(1時間45分)で8・8%だった。(以上(産経ニュース2016.1.2 12:14)より引用)
http://www.sankei.com/entertainments/news/160102/ent1601020008-n1.html

 かつては国民的行事だった紅白歌合戦も、史上最低の視聴率をマークした。
 要するに、世の中が変わったということだ。視聴率もまだ地上波だけだが、BSも含めて、視聴者が選ぶことのできるコンテンツが増えて、視聴者がコンテンツを選ぶ時代に変わったのだ。そして、自分の価値観に合うコンテンツにはお金を払ってでも見るのだ。それが、地方にまで電波が届かないことを解消するための過去の産物の放送法によって、NHKが温々とぬるま湯に浸かって好き勝手をしているだけなのだ。専売公社、国鉄、郵便事業を民営化して効率を上げたように、NHKも民営化して、見たい人だけから受信料を徴収し、見たくもない人にはスクランブルを掛ければ済むことなのだ。その位のことをしないと、国立競技場の倍以上の受信料収入を使って、放送会館を建て替えるなどという発想を抑えることなど無理だ。
 紅白もNHKも既に存在意義を失っているのだ。それを自覚すれば自ずと新しい道が開けるはずだ。(No.4684-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪いのは全部他人というコリア

K-POP女性グループ、売春女性と疑われ米空港で15時間足止め
8人組「OH MY GIRL」、衣装見て米税関職員が誤解
 8人組女性アイドルグループのOH MY GIRL(オーマイガール)=写真=が米国の空港で「売春女性」と誤解され15時間足止めされた後、帰国した。
 所属事務所WMエンターテインメントによると、メンバーたちは公演を行うため9日、米ロサンゼルス空港に到着したという。同空港の税関職員がメンバーと所属事務所スタッフの関係を質問したところ、スタッフが「sister(姉妹)」と答えたため問題になった。本当の家族でないのに「姉妹」と答えたのを怪しいと思った税関職員が荷物検査をしたところ、公演用の衣装や小道具がさらに大きな誤解を招いたとのことだ。15時間以上も足止めされて疲れたメンバーたちは韓国に戻ることを決め、翌日午前0時20分発の飛行機で帰国した。所属事務所関係者は「若い女性ばかりだったので、最近米国で大きな問題となっている売春女性と誤解されたようだ。ロサンゼルスで行われる公演に出演するため米国に向かったが、単独公演ではないので公演ビザは取っていない」と説明した。
 OH MY GIRL は今年4月にデビュー。16歳から21歳までの8人が所属している。キム・スンジェ記者(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2015/12/12 08:26)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/12/2015121200514.html

 南朝鮮の売春ユニットOH MY GIRLが、公演ビザも取らずに売春婦と米税関職員が認識し、南朝鮮に追い返されたそうだ。
 朝鮮日報では、アメリカの税関職員が誤解したと妄想を書き並べているが、誤解されるようなことを自分たちがやったという罪の意識は、南朝鮮の国を挙げてないのだから、どうしようもない国だ。公演ビザさえ取っていればこのようなことはなかっただろうが、公演用の衣装や小道具がさらに大きな誤解を招いたとあるが、何が入っていたのか、特に小道具に妖しい物が入っていたと勘ぐられても仕方がない。
 とにかく、南朝鮮は自分たちの悪行三昧を棚に上げて、他人に責任転嫁をしている限り世界と付き合う権利など無い。(No.4665-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-POP売り上げ減も安倍の所為

K-POP著作権収入、最大市場の日本で激減
韓日関係の悪化を背景に、日本国内で韓国の大衆文化の影響力が急速に低下していることが明らかになった。
 テレビ、ラジオ、コンサートで韓国の大衆音楽が放送、公演される時などに発生する原作使用料。韓国音楽著作権協会が、昨年日本音楽著作権協会(JASRAC)を通じて受け取った韓国音楽の著作権使用料を集計した結果、67億586万ウォン(約6億2000万円)で、わずか1年の間に40%減少した。韓国にとって、日本市場は海外収入の70-80%を占めるほど、その依存度は絶大だ。
 著作権収入が激減した最も大きな要因は、テレビ放送向けの韓国番組が冷遇されている点だ。韓国音楽著作権協会のチェ・ジョンチョル氏は「ドラマなどのテレビ番組で使われる主題歌やBGMへの使用料が、日本での韓国音楽著作権収入の70%を占めている。しかし、嫌韓・反韓ムードの影響でNHKなど地上波テレビで韓国番組の編成回数が大きく減り、単価が安い衛星、ケーブルテレビにシフトした」と説明した。また、韓国音楽著作権協会はこの1年で進んだウォン高円安の影響で、10億ウォン台の為替差損が発生したとみている。
 日本での韓国音楽著作権収入は、韓流ブームに乗って2010年に35億ウォン、2011年に94億ウォン、2012年に110億ウォンと急速な伸びを見せていたが、安倍政権の発足による日本社会の急速な右傾化が足かせになり、急減している。今年の展望も明るくない。韓国音楽著作権協会は「日本社会の雰囲気と為替の動きなどを総合して考慮すると、推計値は55億ウォンほどで、これよりもさらに落ち込む可能性もある」と見ている。チョン・ジソブ記者(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2014/02/17 20:31)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/17/2014021703804.html

 朴槿恵の糞ババアの「反日」政策に対する日本の「反韓」「嫌韓」で、K-POPの著作権収入が激減したそうだ。
 仲良くする気などない国のドラマなど見たくもなくなるのは、当然のことだ。嫌がらせされてなおかつ好かれるなどと考えている方が、思考回路がおかしいのだ。それをさらに安倍政権の右傾化にまで責任転嫁しているが、安倍死ん三はKーPOPの「K」も触れていないのだ。それでも、政治が悪いから、韓ドラが売れなくて、著作権料が減ったというのだから、南朝鮮(韓国)は国を挙げて、アホの集まりだ。
 最近、AKBと少女時代の海外での比較で、圧倒的に少女時代が有名だという調査結果を出していたが、大嫌いな日本から稼がなくても、日本以外の海外に買って貰えば済む話だ。(No.4023)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSY(サイ)の分際で日本を舐めている

歌手PSY、日本でも通じるか…『江南スタイル』初登場
  歌手PSY(サイ)が日本で初めて『江南(カンナム)スタイル』のステージを披露する。
  3日、PSYの所属事務所YGエンターテインメントは「PSYが4月に大阪で開かれる『YGファミリーコンサート』で、日本では初めてとなる『江南スタイル』を歌う予定だ」と伝えた。PSYは2012年初めに日本で開かれたYGファミリーコンサートに参加して独特のキャラクターで関心を集めた。
  今回のYGファミリーコンサートは4月12、13日の大阪京セラドームと5月3、4日の東京ドーム公演をはじめ、韓国や中国など各国で行われる予定だ。特に日本だけで21万人を動員する予定と伝えられ、相当な規模になるものと見られている。
  YGファミリーコンサートにはBIGBANG、2NE1、Epik High(エピックハイ)、イ・ハイをはじめ悪童ミュージシャン、WINNER(ウィナー)らがステージに上がる予定だ。(以上(2014年02月04日15時17分[(c) 中央日報日本語版] )より引用)
http://japanese.joins.com/article/359/181359.html

 日本では全く相手にされていないSouth Koreaの豚ダンスを踊るPSYが、日本を舐めきって、京セラドームと東京ドームにやって来るそうだ。
 もう、韓流ブームなど、李明博と朴槿恵の糞ババアによって、根絶やしにされたも同然だ。世界でもてはやされようが、PSYの豚ダンスなど日本では受け入れられる訳がない。日本を舐めきっているのだ。
 South Koreaとしては、外貨獲得が目当てだろうが、大赤字を出して外貨流出となれば良いのだ。良識ある日本人ならPSYなど無視して、ドームを閑古鳥の巣にしてやれば二度と、豚ダンスなどやりに来なくなるだろう。(No.4012-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKBに私物化される受信料

大島優子さん、AKB卒業を発表…紅白で突然
 第64回NHK紅白歌合戦が31日夜、東京・渋谷のNHKホールで行われ、AKB48の出演中、人気メンバーの大島優子さん(25)が「私、大島優子はAKB48を卒業します」と、同グループを離れることを突然発表した。
 大島さんはステージ終了後、「ひとりで活動していくことにわくわくしています」と話した。「卒業」時期は未定という。
 また、通算50回目の今回を最後の紅白出場と表明している演歌歌手の北島三郎さん(77)が、大トリで代表曲の「まつり」を歌った。巨大な竜のセットに乗って熱唱した北島さんは「北島はこれで紅白を卒業させてもらいます」と話した。
 2013年に大きな話題となったNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演した能年玲奈さん(20)らも登場し、劇中歌を披露した。結果は白組の勝利となった。(以上(2014年1月1日00時25分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131231-OYT1T00930.htm

 AKB48の大島優子が、公共放送の電波を使って卒業宣言をしたそうだ。
 わざわざ、受信料を搾取している糞あっち行け~でそのような個人的なことを出すこと自体、常識を疑う。まあ、糞あっち行け~自体、自分たちの好き勝手に放送法違反行為でもシャアシャアとやっているのだから、その位サプライズで儲けた位だろう。卒業など大島優子の個人的事情であって、公共放送の電波を使ってまで、表明することだろうか?
 NHKは、放送法を遵守して、一切の広告を出さないようにするべきだ。マラソンなど屋外の放送では、全ての看板にモザイクを掛けて、一部の企業の利にならないようにするべきだ。ラグビーの試合だったか、主催者の朝日新聞といざこざを起こして、審判や朝日新聞の看板を映さずに試合中継をNHKはやったことがある。NHKが了解すれば、映しても良いなどという手前勝手な放送法解釈が今は許されているのだ。安倍死ん三政権では、NHKの委員にも安倍死ん三のお友だちがなるそうだが、二度とNHKから大本営発表をさせてはならないのだ。そのためには、政治からの独立性が問われるが、予算・決算を国会に握られているので、中立性が本当に保たれているか甚だ疑問だ。(No.3875-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳食った少女時代が脱ぎそうだ

少女時代のユリ、目のやり場に困る胸の谷間露出
  少女時代のユリが魅力あふれるセルフショットを公開した。
  29日に自身のインスタグラムのアカウントに「またあとで~」という短い文とともに写真を掲載した。
  公開された写真のユリは、SBS歌謡大祭典の舞台衣装を着てカメラを見つめている。胸に切り込みが入った衣装で見えそうで見えなさそうな胸の谷間が多くの男性たちの心を揺さぶる。
  少女時代は韓国国際展示場(KINTEX)で生放送で行われた「2013SBS歌謡大祭典」に出演し、『Express999』と『I Got A BOY』を歌い節制されたセクシー美を披露した。(以上(2013年12月31日11時36分[(c) ISPLUS/中央日報日本語版] )より引用)
http://japanese.joins.com/article/056/180056.html

 婆さんになっても『少女時代』のユリが、胸の谷間を披露したそうだ。
 最近、嫌韓ムードもあって、ほとんど日本の放送では出なくなったようだが、25歳にもなろうかというのに、日本語ともつかない日本語で、歌詞にほとんど意味のない歌をラインダンスのように歌っていては、日本でも愛想が尽きるというものだ。いくら綺麗だと言っても25歳はお肌の曲がり角だ。若い子には勝てまい。露出がさらに増えたと言うことは、そろそろ、脱ぐしか取り柄のない時期になったとも思われる。まあ、キーセンになっても上玉として稼ぐことができるだろう。
 少女時代も、そろそろ解散して、第二の人生を歩んだ方が良いのではないだろうか?テヨンはソロでも通じるだろうが、ソ・ヨンウンの歌を歌っても、まだまだ、青いのだ。恋愛経験をしないと想像で歌っているだけでは限度があろう。(No.3875-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女時代(ソニョシデ)が太らぬようにマネージャー

少女時代「太らない理由はマネジャーが…」暴露
「少女時代のメンバーは太らないが…その理由は?」
  少女時代は5日午後、ソウル江南Mステージで、4集アルバムの発売を記念して「少女時代Vコンサート」を開催した。
  この日、少女時代はトーク風景をインターネットで生中継する“見えるラジオ”方式で進められ、SNSを通じてファンの質問を受けてそれに答えた。「少女時代はなぜ太らないのか」という質問を受けると、少女時代は「マネジャーがスケジュールをそのように入れてくれるようだ」とし「太らない、非常にファイティングなスケジュールを準備しているからだ」と話し、マネジャーをにらんだ。続いて「よく動いて、よくおしゃべりをして、よく笑う。一緒にいれば大笑いする。たくさん笑えば本当にやせる」と答えた。
  少女時代は1日発売した4集アルバム『I Got a Boy』で音盤・音源チャート1位を占めている。 (以上(2013年01月07日10時17分[(c)ISPLUS/中央日報日本語版])より引用)
http://japanese.joins.com/article/156/166156.html

 少女時代のプロポーションは、マネージャーが仕事を太る暇が無いように入れているからということがネット番組上で公開された。
 少女時代のスタイルを見ると、上手く調整されていると私は感じる。日本でかつてピンクレディーが流行ったが、彼女らは、曲が売れれば売れるほど段々やせ細り、鶏ガラのようになって行ったことを思い出す。それに比べれば、少女時代が売れ出してからかなりの期間が経つが、彼女らがやせ細っていくという感じは無い。
 そういう意味では、マネージャーのマネージメントが上手く作用していると考えるべきなのだろう。(No.3517-2)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どちらにしてもPSY(サイ)のパクリは変わらない

PSYの馬ダンス、日本のCMのパクリ?
  PSYの「江南スタイル」が世界的な人気を集める中、日本のネットユーザーが意地の悪い指摘をしている。
  最近日本のポータルサイト掲示板にはPSYの「江南スタイル」のプロモーションビデオと、昨年から放映されている日本のカー用品会社のイエローハットのCMが上げられた。イエローハットのCM映像でカウボーイハットをかぶった女性と男性ダンサーはさまざまな場所に現れ頭の上でロープを回すように踊っている。
  これに対し日本のネットユーザーらは、「『江南スタイル』の馬ダンスはCMに出てくる動作をまねたもの。イーガー・ラッシュが歌ったCMソングまで盗作した」との意見を出した。これに対し韓国のネットユーザーらは、「日本のCMは1999年に作られたコヨーテの『純情』をまねたものなのか」と、でたらめな主張に反論した。
  論議に包まれた馬ダンスは1980年代にユーロダンスミュージックが世界的な人気を得て生まれた踊りだ。当時ドイツの男性デュオのモダントーキングと英国のロンドンボーイズなどが軽快なユーロダンスミュージックを披露した。このリズムに合わせ軽快な足の動作をするのが馬の走る姿と似ており馬ダンスと名付けられた。(以上(2012年09月16日12時42分 [(c)ISPLUS/中央日報日本語版])より引用)
http://japanese.joins.com/article/615/159615.html?servcode=700&sectcode=720

 朝鮮半島南部で流行っているというデブの馬踊りについて、日本のネットユーザーが日本のパクリと指摘したことに対して、朝鮮半島南部では面白い反論をしている。
 朝鮮半島南部の言い分では、デブの馬踊りは、日本のイエローハットのCMのパクリではなく、1980年代のユーロダンスミュージックのパクリであり、日本のパクリではないとのことだ。まあ、朝鮮人には独創性という才能が欠如しているから、どっかのパクリであることは確かだが、日本のパクリにはしたくないようだ。
 朝鮮人の言い分が正しいとしても、どちらにしろデブの馬踊りは、他人のパクリであることを素直に認めているのだ。それにしても、堂々とヨーロッパのパクリだと何のためらいもなく自慢しているのが朝鮮人らしい発想だ。(No.3463-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓流のブタ(SPY)には用のない日本

世界的ヒットの韓国人歌手PSY 新大久保で不人気のなぜ…
 「江南スタイル」が米ビルボードチャートで2位になるなど、世界的に大ヒットしている韓国人男性歌手PSY(サイ)。ところが、韓国人スターのグッズなどを売る「韓流ショップ」が集まる東京都新宿区のJR新大久保駅周辺での人気はさっぱりだ。PSYが受けない理由を調べると、韓流をめぐるシビアな世界が浮かび上がる。
 「この辺でPSYのグッズを探しているお客さんはいません」。新大久保の韓流ショップの男性定員は、こう断言する。
 東方神起、チャン・グンソク、ペ・ヨンジュン…。この店には、テレビなどで見かける韓国人スターのポスターやカレンダー、ボールペンなどが所狭しと並ぶ。しかし、PSYのグッズはない。
 PSYのグッズが存在していないわけではない。インターネットでは販売されている。しかし、別の店の女性店長も「CDはあるけれど、それだけ。グッズは入荷しても売れないだろう」ときっぱり。
 竹島問題など日韓関係の緊張は不人気とはまったく関係ないという。では売れない理由はというと、「かっこよくないから」という身もふたもない答えだ。
 PSYは確かに見た目小太り。ただ、そのダンスや楽曲のエンターテインメント性は高い。人気は動画投稿サイトユーチューブのプロモーションビデオで火が付いた。
 かっこいいスターのグッズの方が需要はあるだろうが、世界的ヒットを飛ばしているにしてはPSYの注目度が低すぎる。エンターテインメント性は人気のバロメーターにならないのか。
 この点について、別の店の男性店員は「やっぱり、お客さんは見た目を求めていますね」と取り付く島もない。
 客の声もこの意見を裏付けている。韓流グッズを買いに来ていた品川区の主婦(50)は「PSYはかっこよくないから興味はない」。福生市の主婦(59)も「単なる太ったおじさん」と手厳しい。
 韓流ブームの聖地、新大久保は、見た目を極めて重視する場所のようだ。(以上(MSN産経ニュース2012.10.24 18:00)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121025/ent12102506220003-n1.htm

 WOW Koreaにや韓流歌手ブタ(PSY)の踊りのどれがよいかというアンケートや中央日報に韓流歌手ブタ(PSY)の記事が載っているが、アメリカでは相手にされているかも知れないが、日本では相手にされていない。
 朝鮮としたらアメリカで通用しているのに、なぜ日本では、と言うより日本が理解しないのはけしからんという反応だろうが、日本人の好き嫌いまで朝鮮にどうこう言われる筋合いの話ではない。日本の歌手にブタがいないことを見れば分かるはずだ。朝鮮ブタの動物踊りなど見る気もしないのが日本人だ。Youtubeのアクセス数がどうのこうのとあるが、これは朝鮮民族によるアクセスを増やしただけのことで、Youtubeのアクセスカウントのやり方が変わっただけで、論外になっているのだから話にならない。
 竹島問題に関わらず、PSY(サイ:日本名:ブタ)まで、日本に朝鮮が押しつけようとしたら、それは無理なことを早く悟るべきだ。(No.3459-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評