文化・芸術

音楽の首を絞めてる著作権

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
 ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。
 著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。
 音楽教室では、1人または数人の生徒と教師が練習や指導のために楽曲を演奏する。JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。作曲家の死後50年が過ぎて著作権が切れたクラシック曲も使われる一方、歌謡曲や映画音楽などJASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。7月に文化庁に使用料規定を提出し、来年1月から徴収を始めたい考えだ。
 音楽教室は大手のヤマハ系列が約3300カ所で生徒数約39万人、河合楽器製作所は直営約4400カ所で生徒数約10万人。JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、合計約1万1千カ所の教室があるという。そのうちウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、個人運営の教室は当面除外する方針だ。(以上(朝日デジタル2017年2月2日05時04分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK213QYXK21UCVL00P.html

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室でも著作権料を取る方針を固めた。
 確かに、著作権は重要だと思うが、音楽教室にまでと言うのは取れる所から取れという狭小な了見としか思えない。音楽好きを養成する音楽教室から、それもネットなどで広く生徒を募集している所に限ると言うのも取れる所から取れという思想としか感じられない。昔なら雑誌にも付いていた歌本もいつの間にか駆逐をされたし、歌を広めることをJASRAC自身で首を絞めているとしか思えない。
 日本から音楽という文化を著作権という名の下にJASRACは潰そうと画策しているとしか思えない。(No.5079-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俳句まで知ったかぶりをする蓮舫

蓮舫氏、ケネディ大使に俳句「太平洋 蓮の懸け橋 つむぐ女性」 訪米意向も伝達
 民進党の蓮舫代表は12日、ケネディ駐日米大使と在日米大使館で会談し「11月の米大統領選が終わったら訪米したい」との意向を伝達した。ケネディ氏は協力する姿勢を示した。
 会談後、蓮舫氏は記者団に「大統領選の結果次第で、いろいろ意見交換する必要性が出てくる」と理由を説明した。
 ケネディ氏が俳句に関心があることから「太平洋 蓮の懸け橋 つむぐ女性」との俳句を贈ったことも明らかにした。(以上(ZAKZAK2016.10.12)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161012/plt1610121826008-n1.htm

 蓮舫が俳句も知らないくせにケネディ氏に俳句を送ったというから、へそが茶を沸かしそうだ。
 何と言っても、中国人に俳句など理解出来るはずがない。俳句は今の時期を読むのだから、季語で「蓮」で蓮舫と掛詞に使っていい気になっているようだが、夏の季語だ。そのようなことを知らない輩に、日本の短詩型文芸を汚されたくない。
 民進党が外交を担うことは皆無だから、蓮舫は安倍総理の揚げ足取りをやっていれば良いのだ。俳句など千年早い!(No.4968-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「笑点」を不倫事実で吹き飛ばす

「今後はアモーレ円楽と呼んで」 フライデー報道を認め陳謝 「時代錯誤だった」
 日本テレビ系「笑点」の大喜利コーナーなどで人気の落語家、三遊亭円楽さん(66)が40代の一般女性と不倫していると、10日発売の写真誌「FRIDAY」が報じた問題で、円楽さんは同日午後、東京都内のホテルで記者会見し、「報道の通り女性とお付き合いさせていただいていた」と不倫の事実を認めた。その上で「昔から芸人はもてるぐらいでないといけないという風潮があったが時代錯誤だった」と陳謝した。
 円楽さんは交際のきっかけについて、「ゴルフ仲間で独演会などの手伝いをしてくれているうちに好きになり自分からくどいた」と説明。女性について「私がくどいたんだから彼女に否はない。その点は斟酌してほしい」と理解を求めた。
 会見に際し、円楽さんの事務所側が「本人がドロドロと重い感じにしたくないので明るい会見にしてください」と報道陣に求める場面も。円楽さんは「アモーレ円楽、円楽改め“老いらく”と呼んでほしい」などと語り、会見場が笑いに包まれるなど終始和やかな会見となった。
 同誌は、今月3日に円楽さんが一般女性と東京・錦糸町のラブホテルに入る様子などを報じている。(以上(産経ニュース2016.6.10 15:22更新)より引用)
http://www.sankei.com/entertainments/news/160610/ent1606100023-n1.html

 「笑点」の50年記念で歌丸師匠が引退したばかりだが、出演者の円楽が一般女性と不倫していることを週刊誌にすっぱ抜かれた。
 せっかく、落語に衆目が集まっているこの時に、円楽は不倫をして落語界を貶めようとは情けない話だ。「○○も芸の肥やし」というのは時代錯誤も甚だしい。(No.4842-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランプのヌード誰も見たいと思うまい

トランプ氏のヌード絵画が物議 殺害予告も ロンドンの画廊で展示
 【ロンドン=岡部伸】米大統領選の共和党候補指名争いで首位を走るドナルド・トランプ氏の全裸を描いた絵画が、ロンドンの画廊で展示され、賛否両論の論議を呼んでいる。
 米ロサンゼルスが拠点の女性画家イルマ・ゴアさん(24)の作品で、8日から展示された絵は、トランプ氏の選挙運動のスローガン「米国を再び偉大に」を借用。全裸のトランプ氏がポーズを取る姿が描かれている。価格は100万ポンド(約1億5200万円)。ネットでも公開され、ゴアさんにはトランプ氏支持者から多くの殺害予告が寄せられた。このため米国での公開が禁じられ、著作権上の問題からソーシャルメディアからも削除された。(以上(産経ニュース2016.4.11 15:30)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/160410/wor1604100043-n1.html

 トランプ氏のフルヌードの絵画がロンドンの画廊で展示され物議を醸している。
 その絵を描いたイルマ・ゴアさんに、トランプ氏の支持者から多くの殺害予告がされたとして、アメリカでのネット公開が禁止され、SNSからも削除されたそうだ。この時期にわざわざこのようなことを表に出すと言うことは、イルマ・ゴアさんの売名行為かも知れない。
 しかし、トランプの爺さんのヌードを誰が見たいと思うのか、その方が気になる。選挙が済んだらトランプ氏に買い取って貰えば良いのだ。(No.4783-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入管がやっと動いたオバリー氏

反イルカ漁の大物活動家、米国へ強制送還 入管が上陸拒否「日本政府訴える」
 和歌山県太地町のイルカ漁に反対する米国籍の活動家、リチャード・オバリー氏(76)が東京入国管理局の上陸拒否決定に抗議し、異議申し立てを行っていた問題で、法務省は申し立てを認めず、5日、入管難民法に基づき退去強制令書を発付した。オバリー氏は千葉県内の入管の施設にとどまっていたが、この措置を受け、米国へ強制送還される見込み。
 オバリー氏は日本のイルカ漁を批判的に描き、2010年に米アカデミー賞を受賞した「ザ・コーヴ」に出演。世界的に著名なイルカ保護活動家で、毎年、イルカ漁への反対活動を行うため来日を続けていた。先月18日、成田空港から「観光目的」で入国しようとしたところ、訪日理由に疑義があるなどとして入国審査官が上陸を拒否していた。
 オバリー氏は5日、産経新聞の取材に応じ「今後、日本政府を相手に訴えを起こす」と語った。(以上(産経ニュース2016.2.6 05:00)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/160206/afr1602060003-n1.html

 日本のイルカ漁を不当に貶める映画に出演したオバリー氏が、日本の入管で上陸を拒否され、強制送還されることになった。
 当然の措置だが、余りに遅すぎる対応だと思う。日本のイルカ漁は、日本の伝統であり、イルカの全てを無駄にせず頂いている文化だ。アメリカでも、エスキモーの文化を守るために、保護動物である北極クジラの捕鯨を認めていると同じことだ。さらに言えば、エスキモーは、昔ながらのクジラ漁ではなく銃による捕鯨を行っており、そういう意味では、文化をまともに継承していない。また、南朝鮮では、勝手にクジラが漁網に掛かったとして、日本の十倍もの実質捕鯨をやっていることには、一切触れないで、日本を貶めるために活動している輩だ。
 入管は、オバリー氏だけでなく、シーシェパードのメンバーの入国は全て拒否するべきだ。(No.4718-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKの意向通らぬ著作権

NHKの訴え棄却 原作のドラマ化契約解除巡り東京地裁
『小説をドラマ化するための許諾契約を一方的に解除され、制作中止に追い込まれたとして、NHKが、原作者から著作権の管理委託を受けていた講談社に約6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長は「(原作者側から)脚本の承認がされていない以上、許諾契約が成立したとは言えない。(NHKは)小説の主題に関する理解が十分でなかったきらいがある」などとして、NHKの訴えを棄却した。(中略)
 NHKは、訴状で「脚本家が最初に考えた原作の変更点のうち、半分程度は脚色の必要性を説明することで原作者に納得してもらい、残りの半分程度は原作者の意向を優先して脚本家が脚本を書き直すというのがテレビ業界では一般的」と説明。NHKの担当者は「放送局として我々が作る編集内容に関して第三者が口を出せることを認めてしまうこと自体がほとんど検閲にあたる」と証人尋問で訴えた。』(以上(朝日新聞2015年4月28日20時27分)より部分引用)
http://www.asahi.com/articles/ASH4X4JQJH4XUCLV009.html

 NHKが、小説の内容を改ざんしてドラマ化する許諾契約の一方的解除について、講談社を訴えた裁判で、ものの見事にNHKの言い分が粉砕した。
 NHKが裁判の証人尋問で「放送局として我々が作る編集内容に関して第三者が口を出せることを認めてしまうこと自体がほとんど検閲にあたる」と原作者を「第三者」と呼び、原作者がNHKの改ざんを指摘することが「検閲」に当たるとまで言い放っている。それなら、何のための著作権か分からないのだから、原作など当てにせずに、NHKが脚本家にオリジナルで書いて貰えば良い話ではないだろうか?
 NHKほどの放送局が、著作権をないがしろにするだけでなく、それを当然の権利と思って放送を作っていること自体、NHKの存在意義などはなくなっている。NHKを解体した上で、その施設と一部の職員を再雇用して、国営放送にした方が良いのではないだろうか?(No.4437-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「粛々」も禁止用語か言葉狩り

「粛々」首相もやめます…上から目線と批判され
 安倍首相は9日の参院予算委員会で、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設作業について、「粛々と進める」という表現を使わないと明言した。
 政界では、「粛々」は「予定通り着実に進める」という趣旨で使われることが多いため、沖縄県の翁長雄志知事は「上から目線」だと批判している。首相は「今まで政府として粛々という言葉を使ってきたが、その言葉が上から目線的な雰囲気でやめてもらいたいというのであれば、私もあえて使う必要がない」と述べた。
 「粛々」という表現をめぐっては、翁長氏から批判された菅官房長官が6日の記者会見で封印する意向を示した。しかし、首相は8日の参院予算委で「粛々」という言葉を使って答弁していた。(以上(読売新聞2015年04月10日07時05分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150410-OYT1T50020.html

 翁長沖縄県知事の上から目線という私見によって、「粛々」が禁止用語になりそうな雰囲気だ。
 8日の予算委員会で安倍総理は「粛々」という言葉を使ったが、今後は使わないとのことだが、たった、沖縄県知事の私見で、このように言葉を使わなくなることが良いことなのだろうか?最近、左翼の言葉狩りによって、本来の言葉の意味を曲解して使わなくしてしまう風潮があるようだ。「ばかでも、ちょんでも」は広辞苑によれば、仮名垣魯文の西洋道中膝栗毛(明治初期)に使われた言葉だが、左翼によれば「ちょん」が朝鮮人を蔑視する言葉にされてしまった。ばかちょんカメラも同様だ。「誰でも(ちょんと)押せば撮れる」という意味も、朝鮮人蔑視とこじつけられて放送禁止用語にされてしまっている。
 日本語の本来の意味から外れた所で、言葉狩りをされている日本の現状を憂いたい。(No.4428)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政活費よりも政党助成金

漫画やクイズ本購入「正当な政治活動」 舛添都知事
 舛添要一・東京都知事は21日、参議院議員時代の2011~12年に、代表だった二つの政治団体が美術品や漫画、クイズ本を購入していたことについて、自ら買ったと認め、「正当な政治活動の範囲」であり、問題ないとの認識を示した。
 都庁での定例会見で答えた。美術品については「色々な意味で日仏文化交流の時の材料になっている」などと説明。後藤新平の掛け軸についても、関東大震災からの復興を立案し、東京市長も務めた人物についての資料代だと主張した。
 一方、漫画「クレヨンしんちゃん」の購入理由は「(主人公の)言葉遣いが悪く、子どもがまねをするので政治の力でどうにかならないか」と母親たちから陳情を受けたからと説明。クイズ本も「子どもがクイズばかりやっていて学習しないので、何とか政治の力で抑えられないか」と有権者から言われ、確認するために購入したと述べた。(以上(朝日新聞2014年11月21日19時34分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASGCP5W4LGCPUTIL05P.html

 政党助成金で借金を返済されたとされる舛添要一が、美術品やマンガ、クイズ本の購入が正当な政治活動の範囲だとほざいたそうだ。
 美術品にしても、日仏文化交流の時の材料とほざいているが、別に購入しなくても美術館で見れば済むことだし、本人の言う数万、何千円という価格ならば贋作と考えるのが普通だ。クイズ本にしても、実際は自分が民放のクイズ番組に出るために買った物だと言えば納得いくが、これらは全て国費で購入し、後は自分の懐に入れるのだから、本当に政治に必要なものか非常に疑問だ。マンガしか能のない麻生太郎元首相がマンガを公費で買ったという話はないし、この程度の物は自腹で買うべき内容ではないだろうか。
 しかし、このようなチマチマしたカネの動きよりも、舛添要一は、政党助成金で借金を返したという疑惑について、ちゃんと答えるべきだ。(No.4289)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コピペで済ます外遊の報告書

視察報告書、ネット事典と酷似…でも公開せず
 昨年度に海外視察を行った埼玉県内の5市議会が、視察報告書を市議会のホームページでは公開しないため、閲覧するには情報公開請求や議会事務局での手続きが必要となっている。
 公費での海外視察に市民から厳しい目が向けられる中、専門家からは「積極的に説明責任を果たすべきだ」という指摘が出ている。
 視察報告書を閲覧するには、5市議会のうち熊谷市議会、狭山市議会は情報公開請求が必要で、さいたま市議会は議会図書室での閲覧、川越市議会は議会事務局窓口で手続きをする必要がある。戸田市議会は視察を報告した本会議の録画映像や会議録をホームページで公開しているが、報告書の閲覧は情報公開請求が必要だ。
 ホームページで公開しない理由について、各議会事務局は「これまで検討されてこなかった」(さいたま市)、「隠しているわけではなく通常の公文書の公開という認識」(熊谷市)と回答。狭山市議会は昨年度から公開方法を協議しているが、結論は出ていないという。
 政治倫理などに詳しい神戸学院大の上脇博之教授(憲法学)は「条例の制定や予算の審議のため、地方議員が海外に行く必要があるのかが疑問だ。公金を使った視察であれば、目的や成果を説明し、情報を積極的に公開するべきだ」と話している。
 さいたま市議会が昨秋行った米国とカナダへの海外視察で、帰国後に市議が書き、議会に提出した報告書の一部がインターネットの百科事典の記述と酷似していることがわかった。市議は「結果的に似たようなものになった」と説明している。
 さいたま市議会の市議7人は昨年10月28日~11月4日、米ピッツバーグ市、カナダ・ナナイモ市、バンクーバー市を訪れた。5人が分担し報告書を書き、都市の概要や大学、科学関係施設などの訪問先についてまとめた。
 このうちの1人は、ピッツバーグ市について説明。地形や街の歴史、大学が集まる教育都市としての性格などについて書いたが、いずれもインターネットの百科事典と表現がほぼ同じだった。
 読売新聞の取材に対し、この議員は「(文章を複写して貼りつける)コピー・アンド・ペーストをしたわけではない。インターネットを参考にして書き、結果的に似たようなものになった。市の概要はどの資料を見ても同じで、現地では概要の説明を受けなかった」と話した。
 上脇教授は「視察先の概要であっても、インターネットの百科事典でわかる程度の情報を報告書に書くのは、行く必要性や議員の資質が疑われる」と話す。(以上(読売新聞2014年08月14日12時53分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140814-OYT1T50053.html

 地方議員の海外視察で、報告書がHPに掲載されない、中身を見るとネットで調べれば分かる程度の内容のない報告書だったそうだ。
 それならば、高い血税を使って、海外に遊びに行かなくても、ネットの百科事典を読んでいれば済む話だ。そもそも、地方議員が、海外に視察に行って、何かメリットがあるのだろうか。ある都市に、ユニークな制度があると言うのならば、それをまともに視察するというのならば意味があるだろう。しかし、海外旅行の付録に視察が付いているというような視察など不要だ。地方議員では、政務調査費の使い方が問題になっているが、国内で使う公金ですらこのレベルだ。海外視察であれば、有権者が報告書を読んで、なるほどちゃんと視察していると認識できない海外視察については、全額掛かったカネを自治体に返還させる制度を作るしかあるまい。
 また、議員の外遊には、公的な場所での報告会を義務づけて、そこでの質疑応答に対してまともな返答のできなかった議員には、やはり旅費の返還をさせるべきだろう。(No.4190)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モナリザが見たくて外遊をセットする

首相、パリで「花の都」満喫 ルーブル訪問や会食
 【パリ共同】安倍晋三首相は4日から5日にかけ、フランス・パリのルーブル美術館を訪れたほか、ファッションデザイナーらパリで活躍する日本人と会食するなど「花の都」を満喫した。
 首相は4日午後(日本時間5日未明)にスペインから空路でフランス入りすると、ルーブル美術館へ直行。イタリアの画家レオナルド・ダビンチの「モナリザ」や、ギリシャを象徴する「ミロのビーナス」、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」などを鑑賞した。
 その後、ファッションデザイナー高田賢三氏や建築家坂茂氏らパリで活躍する日本の文化人らと夕食を囲み、フランスでの日本文化の普及について意見交換した。(以上(2014/05/05 23:02【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050501001827.html

 安倍死ん三が、外遊先のフランスでルーブル美術館を訪問するという個人的な趣味で時間を潰したそうだ。
 国民の血税で政府専用機を飛ばして、随行員を引き連れて、いい気なものだと言いたい。安倍死ん三がモナリザを見ることが外交の何に役立つのか、いや、個人的な趣味を国民の血税でやっているとしか言いようがない。税金を使っているのだから、一銭たりとも無駄遣いをしてはいけないのだ。公私混同も甚だしいとしか言えない。
 安倍死ん三は、ルーブル美術館を見たければ、総理の椅子を放り出して、一個人として自分のカネで行くべきだ。また、ルーブル美術館訪問に掛かった費用を算出して、国庫に返還するべきだ。(No.4099)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評