恋愛

身内にはとっても甘い民進ぞ

民進・蓮舫代表が激怒 「ラブホに女性連れ込み未遂」報道の初鹿明博氏が青年局長辞任
 民進党の蓮舫代表は22日の記者会見で、「週刊新潮」に女性をラブホテルに強引に連れ込もうとしたなどと報じられた初鹿明博氏が21日付で青年局長を辞任したと発表した。野田佳彦幹事長が初鹿氏に対し、口頭で厳重注意したことも明らかにした。
 蓮舫氏は「非常に遺憾だ。特に(週刊新潮の記事の)インタビューを受けたとされる記述があり、事実関係を確認しているが、内容は女性に対する言動(として適切)ではない」と不快感を示し、「われわれの監督不行届かもしれないが、2度とこういうことがないようにしていきたい」と述べた。
 蓮舫氏の説明によると、初鹿氏は21日に青年局長の辞表を党に提出し、同日中に青年局長の役職から外れた。
 今週発売の週刊新潮によると、初鹿氏は今月、東京都新宿区内のラブホテルに20代の女性と一緒に入ろうとしたが、拒否された。「女性の腕をつかみ、強引にホテルの入り口に連れ込んだ」と写真入りで報じられているほか、初鹿氏は同誌の直撃取材に「ホテル行こうって、相手もいいって言ったからね」「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」などと答えたという。
 初鹿氏は比例東京ブロック選出で当選2回。ホームページによると、妻と3人の子供がいる。(以上(産経ニュース2016.12.22 17:50)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/161222/plt1612220028-n1.html

 民進党の初鹿明博の週刊新潮の「ラブホに女性連れ込み未遂」報道で蓮舫が激怒して、とっても甘い厳重注意で済ませたそうだ。
 これが、与党議員だったら蓮舫がどのような暴言を吐くか、誰もが周知のことだ。与党議員なら、間違いなく議員辞職するまで、通常国会をボイコットして大騒ぎするだろう。そういう意味では、民進党議員は放し飼いなのだ。そもそも、民進党の青年局長など、糞にもならない役職を辞任しても、何の意味も無い。やはり国会議員辞職こそが取るべき手段だと思うが、何と言っても、民進党は傷を舐め合う甘い政党なのだ。というより、民進党の輩には、誰もが脛に傷を持っているから、人を追求すると自分の立場が危うくなるのだ。代表の蓮舫にしても、ネット情報では、台湾籍の除籍が済んだのは、12月半ばになってからであり、先の臨時国会まで、蓮舫は二重国籍のままで国会に出ていたのだ。
 民進党は、決して自分たちの責任を認めない無責任政党だから、日本の政界から即刻、削除するべきだ。(No.5040-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単に違憲違憲という学者

「高市氏言及の停波は違憲」 憲法学者ら見解表明
 高市早苗総務相が放送法違反を理由に放送局へ「停波」を命じる可能性に言及したことについて、憲法学者らが2日、東京都内で記者会見し、「政治的公平」などを定めた放送法4条を根拠に処分を行うことは憲法違反にあたるとする見解を発表した。
 会見したのは樋口陽一・東大名誉教授(憲法)ら5人で、法学や政治学などの専門家でつくる「立憲デモクラシーの会」の会員。見解は「総務大臣に指揮命令される形で放送内容への介入が行われれば、放送事業者の表現活動が過度に萎縮しかねず、権限乱用のリスクも大きい」とし、漠然とした放送法4条の文言だけを根拠に処分することは「違憲との判断は免れがたい」と指摘している。
 樋口氏は「何人も自分自身がかかわっている事柄について裁判官になってはならないという、自由民主主義社会の基本原則が肝心な点だ」と述べ、政治的公平を政治家自身が判断することの問題点を指摘した。
 西谷修・立教大特任教授(哲学)は、「政府を批判することは偏向であり、政治的だとされる風潮が広がるなかでの大臣の発言。言論に携わる者は深刻に考えてほしい」と語った。(編集委員・豊秀一)(以上(朝日新聞2016年3月3日01時15分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ32569KJ32UTIL02X.html

 高市総務相の「停波」発言に対して、憲法学者が連れ添って憲法違反だと宣ったそうだ。
 しかし、憲法違反を認定するのは最高裁の判決であり、勝手に憲法学者が宣えば憲法違反になると思っている憲法学者の思い上がりというものだ。それならば、民主三バカ政権時代に同様の発言が政府関係者からあった時に、なぜ、騒がなかったのかと聞きたい。集団的自衛権にしても、糞学者は、民主党の時には騒がなかった。これこそ、偏向学者と言っても過言ではない。また、西岡修など門外漢の「哲学」だろ?どの面下げて憲法違反だとほざいているのか?このような偏向学者の存在も放送局と同じ問題だ。
 放送局の偏向放送は、キャスター一人の意見を大多数の意見の如く放送する堕落した放送局に問題がある。(No.4744-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被曝者は結婚するなと講演す

内部被曝の人々、極力結婚するな…生態系協会長
 公益財団法人日本生態系協会(東京都豊島区)が都内で開いた政策塾で、池谷奉文会長(70)が行った発言について、福島市議会の佐藤一好市議らが29日、訂正を求めて記者会見した。
 池谷会長は7月9日、佐藤市議ら地方議員約70人が参加した「第12回日本をリードする議員のための政策塾」で講演。市議らの指摘を受け、29日に同協会が発表した講演要旨によると、「内部被曝、これがどうしようもないんでございまして、放射能雲が通った、だから福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろう」と発言したとされる。
 佐藤市議は「我が耳を疑った。到底容認できない」と強く批判した。一方、池谷会長は読売新聞の取材に、「放射線に注意した上で結婚や出産してほしいという助言で、間違ったことは言っていない。現段階では訂正することは考えていない」と話している。(以上(2012年8月30日10時37分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120830-OYT1T00269.htm

 公益財団法人日本生態系協会の池谷奉文という輩が、都内の政策塾で「被曝者はけっこんするな」という趣旨の発言を行った。
 それならば、ヒロシマ・ナガサキの被爆二世はどうなるというのか。また、「直ちに」問題はないと大本営発表を行った枝野幸男、それを放置した歩く国賊・菅直人の罪はどうするつもりなのだろうか。さらに、池谷奉文という輩は、「訂正することはかんがえていない」ともほざいている。それならば、生態学から言ってこの度の福島原発菅災による被曝被害をどう捉えるのか、きっちり説明するべきだ。
 また、国は、池谷奉文がまともな説明ができない場合、日本生態系協会の財団法人格を剥奪するべきだ。根拠のない話で、国民を惑わす人間には、まず、根拠を示させるべきだ。(No.3401-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸能人は噂を立てて名を上げる

 タレントの若槻千夏(22)が12日、東京・渋谷で行われた映画「叫(さけび)」(監督黒沢清、24日公開)のイベントに参加した。昨年11月に神経性胃炎などのため活動を休止。翌12月に復帰して以降、初めての公の場で「体は全然大丈夫。今年は年中無休です」と復調をアピール。休養の原因については「整形したとか、事務所ともめたとか、お金の問題だとか報道されましたけど、誤解です」。14日のバレンタインデーに話が及ぶと「3日前に好きな人ができました」とビックリ発言。相手は、仕事先のブルガリアから帰国する飛行機内で出会った韓国人男性(28)で「一目惚れです。連絡先は交換できました」と笑顔。(以上(スポーツニッポン 2007年2月13日)より引用)

 まあ、楽しい時期をエンジョイして下さい。としか申し上げることはないが、芸能レポータにとっては、おいしいの一言で表せることだと思う。入籍しました、とか言うのならまだしも、つきあい始めたぐらいで大騒ぎしていては、先が思いやられるが、そういうことで、人気稼ぎをしようとしているに過ぎないと私は思う。恋愛は自由であるが、もっと熟してから発表すれば良いのにと思う。たった三日前など相手のどこが分かっているのかと言いたい。幸せになるのかならないのかは、私がどうこう言うことではないが、ゆっくり恋愛をエンジョイして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評