心と体

即戦力健常者でも皆同じ

市職員を解雇された障害者男性、撤回求め訴訟
 千葉県習志野市の職員だった身体障害者の男性(28)が、民間企業の試用期間にあたる条件付き採用期間中、勤務成績不良を理由に解雇された問題で、男性が11日、市に解雇の取り消しを求める訴訟を千葉地裁に起こした。
 訴状によると、男性は障害者枠の試験を受けて昨年6月1日付で採用され、介護保険課でデータ入力や窓口対応を担当。12月からは総務課に配置替えとなり、会議録の作成などを任されたが、能力不足を理由に今年2月29日付で解雇された。
 その際、市は「会議録の発言者が不明」「仕事が遅い」などと能力不足の理由を説明したというが、男性は「(能力判定は)新人であるという特殊性を加味すべきで、(市の説明は)解雇判断の理由にはなり得ない。上司からの適切な指導も行われておらず、勤務成績不良という事実はない」などと主張している。
 条件付き採用期間は、市職員としての適格性を見極めるために設けられ、一般的に解雇の裁量権が通常より広く認められるとされる。市は「男性の勤務評価は(正規採用の)基準に達せず、解雇できる」としているが、男性は「採用されたばかりの職員が成果を出せないのは通常で、条件付き採用期間は(指導を受けるなど)養成的期間の意味合いが濃く、安易な地位剥奪は慎むべきだ」と反論している。(以上(読売新聞2016年10月12日08時09分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161011-OYT1T50106.html

 千葉県習志野市で、勤務成績不良で解雇された身体障害者が解雇を不当として訴訟を起こした。
 男性の言い分を聞くと「新人であるという特殊性を加味すべき」、「上司からの適切な指導も行われておらず」と自分の都合だけを並べているに過ぎない。今の雇用情勢は、健常者でも即戦力が求められている時代であり、時代錯誤も甚だしいし、障害者の特権のような態度さえ感じられる。まして、事なかれ主義のお役所で解雇されたと言うことは、とてつもなく仕事の能力が足らないと考える方が普通だろう。とても一般企業で勤まるとは思えない。
 障害者の特権を利用したような訴訟の起こし方は、障害者の立場を悪くするだけだと思う。(No.4967)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大麻でも措置入院で保釈され

「大麻吸引のせいだった」=措置入院で容疑者話す-市、退院伝えず・障害者殺害
 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件で、元職員植松聖容疑者(26)=殺人容疑などで送検=が今年2月に措置入院した前後の時期を「あのときはおかしかった。大麻吸引が原因だった」と話していたことが29日、市への取材で分かった。
 医師は「内省が進み他害の恐れはなくなった」と判断。10日後に措置入院が解除された。
 一方、市は同容疑者が退院したことを園や家族、県警を含めどこにも知らせていなかった。「他害の恐れがなく、人権上の問題もあった」と説明している。
 市によると、植松容疑者は園の入所者を含む重度障害者を殺害するなどと発言し、連絡を受けた市が2月19日、医師の診察の下、緊急措置入院を決定。22日、2人の医師による再診察で「大麻精神病」「妄想性障害」と診断され、尿検査で大麻の陽性反応も出たため、措置入院が決まった。(以上(時事ドットコム2016/07/29-20:47)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072901012&g=soc

 相模原市の障害者施設を襲った容疑者は、措置入院時に大麻吸引が原因だったが、そのまま措置入院を解除されていた。
 大麻を吸引していたのだから、当然、その後、大麻取締法によって逮捕されるべきものだったのに、藪医者が「他害の恐れはなくなった」と無罪放免していることが、事件の発端なのだ。また、相模原市は、「何が人権上の問題なのか」を明確に説明していない。大麻を使用したのだから、厳罰に処すのが筋であり、措置入院後の相模原市の対応がおかしいから、このような事件が発生したのだ。
 また、大麻取締法の罰則が懲役5年以下というのも問題だから、最低でも無期懲役に引き上げるべきだ。(No.4892-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「笑点」を不倫事実で吹き飛ばす

「今後はアモーレ円楽と呼んで」 フライデー報道を認め陳謝 「時代錯誤だった」
 日本テレビ系「笑点」の大喜利コーナーなどで人気の落語家、三遊亭円楽さん(66)が40代の一般女性と不倫していると、10日発売の写真誌「FRIDAY」が報じた問題で、円楽さんは同日午後、東京都内のホテルで記者会見し、「報道の通り女性とお付き合いさせていただいていた」と不倫の事実を認めた。その上で「昔から芸人はもてるぐらいでないといけないという風潮があったが時代錯誤だった」と陳謝した。
 円楽さんは交際のきっかけについて、「ゴルフ仲間で独演会などの手伝いをしてくれているうちに好きになり自分からくどいた」と説明。女性について「私がくどいたんだから彼女に否はない。その点は斟酌してほしい」と理解を求めた。
 会見に際し、円楽さんの事務所側が「本人がドロドロと重い感じにしたくないので明るい会見にしてください」と報道陣に求める場面も。円楽さんは「アモーレ円楽、円楽改め“老いらく”と呼んでほしい」などと語り、会見場が笑いに包まれるなど終始和やかな会見となった。
 同誌は、今月3日に円楽さんが一般女性と東京・錦糸町のラブホテルに入る様子などを報じている。(以上(産経ニュース2016.6.10 15:22更新)より引用)
http://www.sankei.com/entertainments/news/160610/ent1606100023-n1.html

 「笑点」の50年記念で歌丸師匠が引退したばかりだが、出演者の円楽が一般女性と不倫していることを週刊誌にすっぱ抜かれた。
 せっかく、落語に衆目が集まっているこの時に、円楽は不倫をして落語界を貶めようとは情けない話だ。「○○も芸の肥やし」というのは時代錯誤も甚だしい。(No.4842-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道の権利を主張する朝日

被害女性が手記「まさか発砲するとは」 チュニジア襲撃
『■結城法子さんの手記全文(原文ママ)
 部屋をうつった後、部屋の前で「取材をさせて下さい。あなたに断る権利はない」と日本語でどなっている声が聞こえ、ショックでしたが、それは私にではなく、大使館の方に言っているようでした。大使館の方は、「朝日新聞の記者の方がインタビューをさせて欲しいと言っているが、受ける必要はない。体調も良くないし、インタビューがどう使われるかわからないし、あなたには断る権利があります」と言われました。今まで、義務だと思いインタビューを受けていたので、涙がでるほどうれしかったです。』
『■取材の経緯、説明します 朝日新聞国際報道部長・石合力
 病室の前までは、病棟の警備担当者の先導を受けました。病室前にいた日本人男性が「大使館です」と答えたため、記者だと名乗った上で「取材をさせてほしい」と伝えましたが、「できない」「だめだ」と断られました。
 「医師からの了解はもらった」と説明しても対応は変わらず、「結城さんご本人やご家族が断るならわかるが、あなたが決める権利はないですよね」と聞いたところ、「私は邦人を保護するのが仕事です」との返答でした。』(以上(朝日新聞2015年3月22日22時55分)より部分引用)
http://www.asahi.com./articles/ASH3Q5TKDH3QUHBI014.html

 チュニジアの襲撃事件で、朝日新聞の取材が問題になっている。
 完全に朝日新聞は「報道の権利」があるが如く動いており、言い訳を見ると、「聞いたところ」としているが、それを聞いていた結城法子さんからすれば「日本語でどなっている声が聞こえ」と言うのが真実でしょう。これは、歩く国賊・菅直人が原発菅災後に東京電力本社に乗り込んで恫喝したことを「夫婦喧嘩よりも小さな声だった」と宣ったのと同じだろう。結城さんは、ケガは軽傷だったかも知れないが、馴染みの無い海外でのお母さんの手術の結果等心配事が山とあったはずだ。要するに、被害者の心の傷も考えずに、報道の権利を主張するのは如何な物かと思う。それに対して、大使館職員の対応は素晴らしいものだったと思う。
 朝日新聞は、言い訳を並べ立てるよりも、まず、まともな人権教育から始めるべきではないだろうか?また、記事を都合良く脚色して自社を擁護することも止めるべきだ。それは、自称慰安婦問題の捏造記事以来、朝日新聞が取った態度そのものだと言える。(No.4410)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調不良でも元気な下半身

体調不良で欠勤中、下半身露出のテレビ局員逮捕
 長崎県警時津とぎつ署は26日、長崎県時津町西時津郷、テレビ長崎社員坂本隆文容疑者(55)を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。
 発表によると、坂本容疑者は同日午後3時20分頃、同町浜田郷の大型商業施設で、レジ付近にいたパートの女性の前で下半身を露出した疑い。容疑を認めているという。
 同社によると、坂本容疑者は2012~13年に東京支社長を務め、現在は内勤の記者として勤務。23日から体調不良を訴え、欠勤していた。同社は「視聴者の皆様の信用を傷つけたことをおわび申し上げ、事実関係が判明次第、厳正に対処します」とのコメントを出した。(以上(読売新聞2015年02月27日07時52分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150226-OYT1T50196.html

 体調不良を理由に欠勤していたテレビ長崎社員が公然わいせつの現行犯で逮捕された。
 どうも、放送局、新聞社の関係者の犯罪が後を絶たないような気がする。何か、職場にストレスを与える何かがあるのかも知れないが、それは、それを生業としている限り、自制しなければならない問題であり、言語道断の行為だ。
 このような不祥事が起こる度に、当該機関は「視聴者の皆様の信用を傷つけたことをお詫び」と定番の言葉を表明するのだが、事実の真相に迫るものだろうか?と疑問に思う。(No.4386)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心神耗弱で死刑を逃れたい

弁護側、死刑破棄求める=秋葉原殺傷で弁論-最高裁
 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で7人を殺害し、10人を負傷させたとして殺人罪などに問われ、一、二審で死刑とされた元派遣社員加藤智大被告(32)の上告審弁論が18日、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)で開かれた。弁護側が死刑判決の破棄を、検察側は上告棄却をそれぞれ求めて結審した。判決期日は後日指定される。
 弁護側は、加藤被告がインターネット掲示板での嫌がらせで強いストレスにさらされていたと主張。急性ストレス障害による心神耗弱などの状態だった疑いがあると訴えた。検察側は、責任能力を認め死刑とした二審の判断は正当と指摘した。(以上(時事ドットコム2014/12/18-15:47)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014121800632

 秋葉原の無差別殺傷事件で、7人もの尊い命を奪った加藤智大被告の上告弁論が最高裁で行われ、弁護士が、急性ストレス障害による心神耗弱を訴えたそうだ。
 心神耗弱ならば、一審、二審で必要ならば精神鑑定が行われているはずだ。それが、弁護士が心神耗弱の疑いがあると言っても、医者ではないのだからこのような言い分は通るまい。これが人権派弁護士の姿であろうか。7名もの殺人を犯したのだから、死刑判決は妥当だと思う。
 最高裁になって、心神耗弱などを出しても無駄だろう。7名もの殺人を行ったのだから、量刑としても死刑だと思う。それでなければ、何でも心神耗弱で訴えれば、刑が軽くなると言う判例にもなりかねない。死刑判決を望む。(No.4316)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喫煙で逮捕もされぬ未成年

「風立ちぬの喫煙シーンは条約違反だ!」 日本禁煙学会の苦言に批判殺到
   禁煙運動を推進するNPO法人「日本禁煙学会」が、宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」に提出した要望書がにわかに注目を集めている。
   アニメ中に出てくる喫煙シーンが「条約違反だ」と主張しているが、インターネット上では逆に、「ひどい」「おかしい」と禁煙学会への批判の声が多数上がっている。
「未成年者の喫煙助長し、国内の法に抵触のおそれも」
   禁煙学会の要望書は2013年8月12日付で、内容は以下の通りだ。
「映画『風立ちぬ』なかでのタバコの描写について苦言があります。現在、我が国を含む177か国以上が批准している『タバコ規制枠組み条約』の13条であらゆるメディアによるタバコ広告・宣伝を禁止しています。この条項を順守すると、この作品は条約違反ということになります」
   要望書では喫煙シーンを挙げ、とりわけ「肺結核で伏している妻の手を握りながらの喫煙描写は問題です。夫婦間の、それも特に妻の心理を描写する目的があるとはいえ、なぜこの場面でタバコが使われなくてはならなかったのでしょうか。他の方法でも十分表現できたはず」と指摘している。
   また、学生が友人にタバコをもらうシーンが未成年者の喫煙を助長し、国内の「未成年者喫煙禁止法」にも抵触するおそれがあるとも書かれている。
   要望書は「企業の社会的責任がいろいろな場面で取りざたされている昨今、貴社におきましてもぜひ法令遵守をした映画制作をお願いいたします」「映画制作にあたってはタバコの扱いについて、特段の留意をされますことを心より要望いたします」とのお願いで締められている。
茂木健一郎「禁煙ファシズムと言われても仕方ない」
   これに対し、脳科学者の茂木健一郎さんがツイッターで
「禁煙を推進したい人は、自身で広報活動、Public Relationsに精を出せばよい。誰もそれを止めない。しかし、他人が作った映画の表現、違う時代の場面の描写にまで口を出す権利があると思うのは、勘違い。禁煙ファシズムだと言われても仕方がない」
と糾弾。
   他のネットユーザーからも、「表現活動の中でタバコを取り上げることを、タバコ規制枠組条約で禁止されている『宣伝・販売促進活動』とするのは無理があると思う」「私も煙草は嫌いだが、この要望は自ら頭の悪さを広言するようなものだから、撤回した方が良い」「こんなのがまかり通ったら、白黒映画時代からの名作映画は全く見れなくなってしまう」「この理屈だと時代劇で切腹はアカンとかそんな話になるのでは」など禁煙学会に対する批判の声が多数上がっている。(以上(J-CASTニュース2013/8/14 18:06)より引用)
http://www.j-cast.com/2013/08/14181507.html

 South Koreaでいちゃもんの付けられた「風立ちぬ」だが、日本でも嫌煙団体が、芸術作品の表現方法にいちゃもんを付けた上で、未成年者の喫煙を助長し国内法に抵触の恐れなどと身勝手な要望書を出したそうだ。
 学会と名前は付いているが、学問的な会ではなくてあくまでもNPO法人に過ぎない「禁煙学会」の横暴さにも腹が立つ。禁煙学会は、「未成年者喫煙禁止法」にも抵触するとほざいているが、現在の法律では、未成年にたばこを売った者、吸う場所を与えた者、たばこを勧めた者を取り締まる法律であって、喫煙をしている未成年を取り締まる法律ではない。例え、警察官が未成年の喫煙に遭遇しても、喫煙具を取り上げる位しかできないのだ。それを映画に対してとやかく言う問題ではなく、「未成年者喫煙禁止法」の改正について「禁煙学会」は言及するべきだろう。未成年にたばこを吸わせたくないのであれば、法律で吸えなくすれば良い話だ。それを実現するのは簡単なことだ。要するに、喫煙をしている未成年本人を逮捕して、少なくともニコチン中毒の禁断症状がなくなるまで身柄を拘束して、毎日、未成年の喫煙がどれだけ悪いかという教育(調教)を行えば良いのだ。場所は少年院でも構うまい。喫煙と同じく未成年の飲酒も同じようにして、強制的に止めさせる法律を作れば済む話だ。
 そのようなことには頭が回らないのだから、学会と称していても、某政党のバックボーンの組織程度のことだろう。(No.3738-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことなかれ主義で収める教育委

調布市女教師、日常的に異常な暴言 児童に「どういう脳みそ?」「ダメな人生…」
「Aさん、(給食を)1人前もらうのやめてくれるぅ? Aさんの少なくしてくれるぅ? いつも迷惑だから……ねえ、みんな!」
「はい!」(児童たち)
「迷惑だよねえ……」
   東京・調布市の市立小学校の50代女性教諭が、受け持っていた児童への「暴言」を理由に担任を外された問題で、「とくダネ!」(フジテレビ系)が2013年4月19日、教師の「肉声」を放映した。
暴言で児童をなぶり、甲高い声で怒鳴る…
   教諭は2012年4月から、小学校2年生のクラスの担任についていたが、クラスの数人の児童に、日常的に厳しい暴言を浴びせていたことが明らかになった。保護者からの知らせを受けた学校、市教委などは女性教諭を担任、そして学校勤務から外した。その後都教委が「懲戒処分に当たらない」との判断を下したことを受けて13年4月から学校に復帰させようとしたが、保護者の強い反発があり、現在は市教委内で「研修」を受けているという。
   「とくダネ!」が放映したのは、保護者がこの問題を学校に通報するため、児童に持たせていたボイスレコーダーの音声だ。音声は加工されていたものの、そこからは女性教諭の「異常」ぶりがうかがえるものだった。
   教師の「暴言」は常にクラスの中の数名の児童に浴びせられていたものとされ、
「やっぱりね、勉強ができない人ってのは字を書くのも遅いんだね。おまけにねえ、遅いくせに下手だわ」
「どういう脳みそ? 不思議な脳みそねえ」
「持ってきてない人、手挙げて。ああ、いつものダメな人たちね。ダメな人生いいかげんやめようと思いません?」
   聞く範囲では、その口ぶりは「愛のムチ」、あるいは「冗談」というような類のものとは感じさせない、児童の心を削るような残酷なものだ。猫なで声から発せられる冷たい言葉と、甲高い怒声のオンパレードで、児童ならずとも恐ろしさを感じる。
ほかの児童をコントロールして集中攻撃
   さらに教諭は、暴言を浴びせられる数人以外の児童にはこうした発言があったことを口止めし、自らの暴言に加担させていた。教諭がいじめを誘発しているとも受け止められかねない。象徴的なのは、以下のようなやりとりだ。
   教諭「謝ってください。よそ見していたことを、みんな知ってるよね? みんなに謝りなさい。ムダな時間を使ってしまってごめんなさい」
   児童A「……ムダな時間を使ってしまってごめんなさい……」
   教諭「何度も言ってるから、ごめんなさいって。そういっても次からまたやるからね、だからみんな嫌なんだよ。ねえ、みんな」
   児童全員「はい」
   ほかにも児童を使って、「早く答えないと授業始まらないよ」などと対象児童を追い詰めるような振る舞いも。
   ツイッター上などでも、こうした断片的な情報では判断できないとの声もあるが、改めて音声で明らかになった「異常さ」に、怒りをにじます人が相次いだ。
「今ニュースで暴言教師の肉声が流れてたのですがなんでこんな人間が居るのかよく分からぬ( ・´ω`・ ) 子供達の味方であるべき先生が言葉の暴力で子供達を追い詰める…とても考えられません」
「調布市の暴言教師の報道すごい…~_~;思い出すと涙が出そう。あんな教師が2年生を持つなんて…子供達の人格形成に影響大だよね?」
「とくだねでやってる暴言教師、見てたらマジで涙出てきたよ。教育委員会も甘いわ。こういう教師がいるからモンスターが増えたのかその逆なのか‥とにかく酷すぎる」(以上(J-CASTニュース2013/4/19 12:20)より引用)
http://www.j-cast.com/2013/04/19173492.html

 調布市の女子教諭の暴言が、親が児童に持たせたボイスレコーダーの録音によって暴かれた。
 これまで、教師側に立ったモンスターペラレント(モンペ)の問題ばかりがクローズアップされてきたが、教師の資質と教育委員会のいい加減さがマスメディアによって世の中に暴かれたようだ。この録音からして、経常的に教師による暴言が行われていたと推測されるし、教育委員会は、事を収める方策として何をさせたのか分からない「研修」をしたと称して、学校現場に戻そうとしたことは許されないことだが、公務員というのは、この位では首にも出来ないと言うのだから、公務員制度自体大きな問題を抱えていると言っても良かろう。当該教師は、50代と言うのだから、30年近くこのようなことをやり続けていたかも知れないのだ。そして、50代と言えば、私と同世代だが、この世代の先生が大学時代に何をやっていたかを知れば、納得いくような気がする。私が、浪人後工学部に入学した時に、現役で教育学部に行った奴に「何で工学部なんかに行ったんだ。工学部なんかに行けば遊べないじゃないか」という言葉であり、教育学部では、日々コンパに明け暮れているとのことだった。このような輩が先生をしているのだから、自分の思うようにならなければ、ヒステリーにもなるだろうし、モンペにも突き上げられるのだとさえ思う。
 このような教師を公務員として血税で養う義務は納税者にはないはずだが、今の公務員制度では本人が辞めない限り、どのような職種に変わろうとも公務員で定年まで過ごせることになっている。それこそが諸悪の根源ではないだろうか?また、教育委員会の管理責任とはこれほど軽いものなのだろうか?(No.3618)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検察が覚醒剤を黙認す

起訴相当議決の中学生刺傷、被告に懲役8年判決
 茨城県土浦市のホームセンターで2011年1月、当時中学3年の男子生徒が刺されて重傷を負った事件で、殺人未遂罪に問われた堤剛被告(36)の裁判員裁判の判決が13日、水戸地裁であり、根本渉裁判長は懲役8年(求刑・懲役10年)を言い渡した。
 堤被告は殺人未遂容疑で逮捕された後、覚醒剤使用による心神喪失状態を理由に不起訴となったが、水戸検察審査会の「起訴相当」議決を受けて、水戸地検が昨年6月、殺人未遂罪で起訴していた。最高検によると、検察審査会の議決を経て裁判員裁判で審理されたのは今回で3件目。(以上(2013年3月13日15時20分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130313-OYT1T00822.htm

 中学3年生を刺傷させて、一度は覚醒剤使用による心神喪失を理由に不起訴となった事件の判決が言い渡された。
 この事件は、検察審査会の「起訴相当」の議決を受けて行われたものだが、病気による心神喪失ならば理解できるが、覚醒剤使用の心神喪失を認めた水戸地検は、どのような思考回路を持っているのだろうか。検察としても、覚醒剤犯罪が増えれば良いと考えているのだろうか。心神喪失といえども覚醒剤は別格として扱い、覚醒剤を使った者の犯罪には、覚醒剤使用という加算刑を与えるべきであっても、不起訴処分など以ての外だ。検察の不起訴処分がまかり通るならば、心神喪失するまで覚醒剤を使った上で、殺人を犯しても罪を問えないことになる。
 日本から覚醒剤を撲滅する上でも、覚醒剤の売買、覚醒剤による犯罪は、最低でも仮出所なしの無期刑か、死刑かに処するべきだ。(No.3580-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜宮未だ処分も決まらない

「対応がグダグダ」 橋下氏、柔道連盟を酷評 「桜宮高はそうはしない」
 ロンドン五輪代表ら柔道の国内女子トップ15選手が園田隆二代表監督らの暴力行為を告発した問題で、大阪市立桜宮高校の体罰を調査している同市の橋下徹市長は31日、園田氏を戒告処分にした全日本柔道連盟について「対応がグダグダ。こんなことでは何も変わらない」と酷評した。
 橋下市長は園田氏らの暴力行為について「勝つために厳しい指導を受け入れてきた日本社会の象徴」と表現し、「スポーツの現場でなければ完全な暴行であり、許されない。柔道連盟は、ことの重大性を認識していない」と批判した。
 その上で「多少の混乱はあるかもしれないが、桜宮高校は柔道界のようなグダグダな状態にはしない」と述べた。
 同校では昨年12月、男子バスケットボール部主将だった2年の男子生徒=当時(17)=が体罰後に自殺。橋下市長は「体罰を黙認した学校の伝統を断ち切る」として、市教委に要請して同校の体育系2科の入試募集を中止させた。(以上(MSN産経ニュース2013.1.31 19:40)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130131/crm13013119410032-n1.htm

 大阪市長の橋下徹が、女子柔道の暴力行為を取り上げて、「桜宮高はそうしない」とほざいたそうだ。
 しかし、柔道連盟は、既に監督の戒告処分を発表したが、桜宮高の場合は、体罰を行った教諭の処分も決まらないし、事実関係も橋下が吠えているだけで何も明らかにされていない。さらに、橋下は、桜宮高の体育系の入試募集を中止させたことを自分の成果とほら吹いているが、それこそ、問題の先送りであって、根本的な対策にはなっていない。
 目くそ鼻くそを笑うではないが、ナルシスト・橋下徹にとっては、重要なことかも知れないが、よく現実を見て発言して欲しいものだと思う。(No.3539-2)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評