ペット

勝手に噛んだでは通らない放し飼い

「犬が勝手にかんだだけ」放し飼いの男、再逮捕
 放し飼いにしていた柴犬が通行人にかみついてけがを負わせたとして、神奈川県警戸塚署は10日、飼い主の横浜市戸塚区小雀町、無職代田久雄被告(71)(公務執行妨害罪で起訴)を重過失傷害の疑いで再逮捕した。
 発表によると、代田被告は1月18日午前8時25分頃、柴犬(体長約60センチ、体重約9キロ)を放し飼いにして、自宅前を散歩していた女性(65)の太ももに柴犬が数回かみつき、全治6週間の重傷を負わせた疑い。代田被告は「犬が勝手にかんだだけ」と供述しているという。
 近くの住民から「犬にかまれた」などの苦情が相次ぎ、同署と同区役所が2011年から計4回にわたって代田被告に注意したが、聞き入れなかったという。代田被告は2月25日、行政指導に訪れた同区役所の男性職員(47)の足を蹴ったとして、公務執行妨害の疑いで逮捕、起訴されている。(以上(2013年4月10日19時44分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130410-OYT1T01049.htm

 柴犬を放し飼いにして、人を噛んでも犬が勝手に噛んだとほざいた性格の悪い爺が、重過失傷害で再逮捕されたそうだ。
 この糞爺は、犬の放し飼いの常習犯であり、行政指導に来た区役所の職員を足蹴にして公務執行妨害で逮捕・起訴されているというのだから、筋金入りの糞爺のようだ。犬を放し飼いにしなければ、被害者が犬に近づいて噛まれることぐらいしかないが、この糞爺は、常習犯とのことである以上、公務執行妨害と重過失傷害の合わせ技で、懲役何年かの実刑を受けて、反省するまで刑務所に入れておくべきだ。また、無責任な発言をしている以上、重過失傷害罪の上限である懲役5年×1.5(複合罪)=懲役7.5年の刑に処して反省させるべきである。
 このような事件でも、悪徳弁護士が付くと屁理屈を並べた上、今回のように被告が「犬が勝手にかんだだけ」という証言も無かったことにされるのが怖い。良識ある弁護士が付いて、適切な刑罰を被告に与えて欲しいものだと思う。(No.3609)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境省人より犬を可愛がり

犬猫の夜間展示販売を禁止、午後8時~午前8時
 環境省は21日、犬と猫について午後8時以降の夜間展示販売を禁止することを決めた。
 動物愛護法の施行規則などを改正し、来年6月の施行を目指す。
 新規則では、午後8時~翌午前8時は、不特定多数の客が見るところに、業者が犬や猫を置くことを禁止する。また、長時間の展示を続ける場合は、ストレス軽減のため人目に触れない時間を設けるように求めている。また、業者が違反を繰り返した場合は、営業停止などの行政処分も可能になる。
 同省によると、生まれて間もない犬や猫が健康に育つためには1日12時間以上の睡眠が必要で、睡眠時間が足りないと病気がちになったり、落ち着かない性格になったりするなどの問題点が指摘されているという。(以上(2011年12月22日01時24分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111222-OYT1T00105.htm

 細野豪志が、原発の片手間にやっている環境省が、ペットショップの夜間展示販売の禁止を決めたそうだ。
 環境省の今やらなければならないことは、原発菅災によって放射性物質で汚染された地域の除染作業ではないだろうか。HPで除染のやり方を示しただけで、除染作業はボランティア任せというのだから、環境省など仕事をしていないに等しい。細野豪志は、国が責任を持ってとほざいたが、実際にやったことは、国がボランティアに除染を押しつけた以外の何物もない。
 また、ペットで言うなら、被災地で飼い主と離れたペットがごまんと居るのは頬被りして、ペットショップの規制とは、何を考えているのだろうか。簡単なことで、権力を振りかざすことしか考えていないとしか思えない。
 さらに、ペットの睡眠時間を考える余裕があるのならば、被災地で仮設住宅に住む被災者の生活を真っ先に考えるべきではないだろうか。中途半端な仮設住宅で、結露が酷く暖房器具も満足に使えない状態を良い環境だとでも言う気なのだろうか。
 今、必要なことには背を向けて、どうでも良さそうなことには、あれこれ口を出す環境省自体の存在意義とは何なのだろうか。(No.3149-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬の責任は飼い主が負うもの

人にかみついたシバ犬の女性飼い主逮捕…芦屋
 飼い犬が散歩中の男性にかみつき、けがをさせたなどとして、兵庫県警芦屋署は6日、芦屋市潮見町の無職朝田寿満子容疑者(76)を過失傷害と県動物愛護条例違反(係留義務違反)の疑いで逮捕した。
 朝田容疑者は「うちの犬は人をかんだりしない」と容疑を否認している。
 発表では、朝田容疑者は、4月24日、飼い犬のシバ犬が近所の男性(67)の右足首にかみつき、男性に2週間のけがを負わせるなどした疑い。
 同署は朝田容疑者から事情を聞こうと、10回以上出頭を求めたが、朝田容疑者は応じなかったという。(以上(2011年9月7日10時39分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110907-OYT1T00287.htm

 飼い犬が他人に噛みつき、警察からの出頭要請を無視し続けた朝田寿満子容疑者が芦屋署に逮捕された。
 このオバはんは、「うちの犬は人をかんだりしない」と容疑を否認しているが、噛んだ噛まないに関係なく、犬の放し飼いをしただけでも県動物愛護条例違反(係留義務違反)の犯罪を犯している。当然、噛んだか噛まないかは、被害者に付いた歯形と犬の歯形を検証すれば、明らかになることだ。また、近所の方が被害者なので、当然、何処の犬かは分かっていることだ。
 後は、故意に犬を放していたか否かで、傷害罪か過失傷害かが決まるだろうが、このような無責任な犬の飼い主については、徹底的に取り調べて、法律に基づいて厳罰を処すべきだ。どんな犬でも、犬嫌いには襲いかかってくるのが犬の性だ。(No.3045)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何事も無駄ではないという金魚

透明な金魚…生殖力も旺盛です
 うろこが透明で、体内を生きたまま観察できる金魚を、三重大と名古屋大の共同研究チームが開発した。
 金魚は最大で約1キロ・グラムまで成長、血液の成分や、内臓の変化の観察に適するという。9日、横浜市で開かれる日本分子生物学会で発表する。
 研究チームは、色が薄い金魚を選んで約3年がかりで交配実験を繰り返し、うろこが透明な系統を作り出した。一度に数千個の卵を産み、内臓や血管が透けて見えるため解剖せずに観察できる。
 これまで研究には、産卵数が多い、ゼブラフィッシュという透明な魚がよく使われていたが、重さ3グラム程度と小さいため、血液の成分や内臓の変化を調べる研究には不向きだった。研究チームの田丸浩・三重大准教授は「色が薄い金魚は商品価値が低かったが、逆転の発想」と話している。(以上(2009年12月9日14時50分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091209-OYT1T00790.htm

 透明鱗性(鱗の内側に銀色の反射膜の無い鱗)の金魚の使い道に、対象動物の生命を奪わなくても、生体を観察できる道があるとは知らなかった。
 普通に売られている金魚では、キャリコ、三色出目金、東錦などが、透明鱗性の遺伝子を持っており、不透明鱗性(普通の鱗)が一部に混ざっている。しかし、透明鱗性と不透明鱗性とは、遺伝に優劣がないので、メンデルの法則に従って子孫に受け継がれていく。透明鱗性の遺伝子を持った親を掛け合わせれば、子の1/4は体全体が透明鱗性の金魚ができる。例えば、真っ白の金魚と透明鱗性を持った金魚を掛け合わせた子供同士を掛け合わせれば、1/8の確率でこのような金魚ができる計算だ。開発に3年掛かったとのことなので、もう一度、真っ白な透明鱗性の孫同士を掛け合わせているのだろう。
 金魚の知識を持った金魚養殖業者に頼めば、研究という大げさなレベルで吹聴しなくてもできたはずだ。大したことはなくても、大げさに発表することで、研究資金を得ようとする裏の顔が見え隠れしている。(No.2456)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

許されぬ大型犬の放し飼い

 愛知県稲沢市増田東町で10日夜、歩行者らを襲い、警察官に射殺された大型犬の飼い主は、同県海部郡の建築業男性(58)と11日、わかった。
 県警稲沢署の事情聴取に対し、男性は「自宅の囲いから逃げた」と説明しているという。
 同署の発表によると、グレートデンと見られていた大型犬は、3歳のオスの土佐犬だった。男性は犬を自宅敷地内の鉄筋やワイヤで作った囲い(縦3・5メートル、横2・8メートル、高さ約1・5メートル)で放し飼いにしていたが、10日午後6時ごろ、いなくなったことに気付いた。11日朝、自宅近くの交番に届け出た。土佐犬は囲いの低い部分を乗り越えて逃げたとみられる。
 同署は、県動物愛護条例(係留義務)違反の疑いもあるとみて、男性から事情を聞いている。(以上(2009年1月11日11時59分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090111-OYT1T00313.htm

 歩行者を襲い、警官に射殺された犬の持ち主が明らかになった。土佐犬なら1.5メートルぐらいの高さなら飛び越せるだろう。
 飼い主は、前日の午後6時頃には逃げ出していたことに気付いていたにもかかわらず、翌日の朝まで警察に届け出もせずに、凶器と言っても過言ではない狂犬を放置した。警察は、県動物愛護条例(係留義務)違反で調べているようだが、この狂犬が怪我はしなかったにしても人を襲っているのだから、殺人未遂事件として処理するべきだ。
 大型犬を飼うには、小型犬とは別に登録制度を設けて、定期的に警察か保健所が飼育状況を検査し、少しでも危険な状況下であった場合には、即時、その犬を処置するべきだ。大型犬は、銃や日本刀と同じように、人を殺傷する能力がある。銃刀法で危険行為を行えば、銃刀の没収と共に刑事罰に処される。それと同じ扱いにすべきであり、過失によってでもその犬が人に危害を加えれば、飼い主には殺人未遂を適用すべきだ。また、それだけの管理義務があると私は考える。(No2137)

|

逆ギレで犬を放した愚か者

 散歩中の犬同士のけんかが原因で、自分の飼い犬に相手の犬の飼い主をかませてけがを負わせたとして、福岡県警宮若署は10日、同県宮若市原田、農業大峯進容疑者(76)を傷害の疑いで逮捕した。
 大峯容疑者は「犬が勝手にやったこと」と容疑を否認しているという。
 発表によると、同日午後5時40分ごろ、大峯容疑者が自宅近くの堤防で雄の雑種犬(3歳、体長約70センチ)を散歩させていたところ、この犬が同県福津市の会社員男性(53)が連れていたビーグル犬にかみついた。
 大峯容疑者は、男性から「危ないやないか」と注意されたことに激高。雑種犬の首輪につないだロープを放し、「かみ殺せ」などと言いながらけしかけて男性の右手にかみつかせ、7日間のけがを負わせた疑い。(以上(2008年9月11日13時22分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080911-OYT1T00585.htm

 犬好きと言えども、他人の犬は怖いものだ。この容疑者は、散歩中の被害者の犬に噛みつかせたこと自体、動物愛護法違反だ。さらに、飼い犬のロープを放して「かみ殺せ」と言ってけしかけたとなれば、明らかな殺意があり傷害ではなくて殺人未遂を適用するべきではないだろうか。自分の行為で逆ギレをするという社会性の乏しい人間には、懲役5年以上(殺人未遂)×1.5(複合犯罪)の刑罰に処しても良いのではないか。
 しかし、このような人間には懲役刑よりも、例えば、警察犬の刑などの方が良いかも知れない。警察犬の刑は、警察犬訓練所に犯罪者を連れて行き、シェパードかドーベルマンの警察犬を放して、犯罪者を追い回し、犬による死の恐怖を与えるのだ。そして、逃げ回って足腰が立たなくなるまで、刑を続けるのはどうだろうか。(No.2028)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チワワでも犬嫌いには怖いもの

 散歩中の他人の愛犬をけり殺したとして、愛知県警は15日、名古屋市千種区清住町、会社員田中善行容疑者(44)を器物損壊の疑いで現行犯逮捕し、名古屋地検に送検したと発表した。
 発表によると、田中容疑者は今月13日午後4時45分ごろ、同区覚王山通の歩道で、男性会社員(40)が連れていた飼い犬を右足でけり、死亡させた疑い。犬は生後4か月の雄のチワワで、動物病院に運ばれたが、内臓破裂のため間もなく死亡が確認された。
 田中容疑者は右足で思い切りけった後、歩いて立ち去ろうとしたが、目撃していた男性会社員(47)に取り押さえられた。調べに対し、「犬が怖かった」などと話しているという。(以上(2008年7月15日10時55分読売新聞)より引用)

 どんな状況で容疑者がチワワを蹴ったのか分からないが、犬嫌いの人間にとって例え子犬や室内犬であろうとも怖いのだ。私も、幼少の頃、近所の犬のほとんどに咬まれたことがあるので容疑者の気持ちがよく分かる。
 もし、チワワが鎖でつながれておらず、自分の足元に近寄ってきたとすれば、私でも蹴っているだろう。犬は鎖でつなぐと法律で決められているので、犬の大小を問わず、過失は飼い主にあると私は考える。また、鎖につながれていても、私の足元に寄ってくることを飼い主が防がなかったとすれば、同じく蹴っているだろう。
 飼い主にとっては、目に入れても痛くないペットの犬でも、他人、特に、犬嫌いの人間にとっては、これほど怖ろしいものはないと言う認識を飼い主は持つべきだと、私は考える。

|

犬の本性は噛むもの繋ぐもの

 和歌山市の米穀店の“アイドル”として利用者にかわいがられていた雌の紀州犬に、顔をかまれけがをした女児(4)が経営者に110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、和歌山地裁は30日、60万円の支払いを命じた。
 判決理由で安達玄裁判官は「犬は店のアイドル的存在だった」とした上で「不特定多数の客が来る店内で飼育し、客が近づいたり、触ったりすることは十分予想できた」と指摘。
 「ひもでつないでいたほかは事故防止措置をとっていなかった」と経営者の注意義務違反を認定した。
 判決によると、女児は2004年8月、両親と来店し、店内で体長約50センチで1歳2カ月だった紀州犬に顔をかまれ、耳の下などにあとが残るけがをした。(以上(ZAKZAK 2007/05/31)より引用)

 私は、本質的に犬が嫌いである。唯一、自宅で飼っていた犬たちにも少なくとも1回は噛まれていた。他家の犬に関しては、私を噛まなかった犬はいなかった。だから、室内犬を放して散歩している奴に対しても、憎悪をむき出しにして、「警察呼んでやろうか」と飼い主に対して、毒づいてやる。それでも繋がなかったことがないので、警察は呼んでいない。要するに、飼い主は自分の所の犬であるから、他人にも大丈夫だという甘い考えがあるのだ。「店のアイドル」かも知れないが、犬が嫌いな者、犬がバカにする程小さな子供などに取っては、離された犬は凶器に他ならない。繋がれた犬に手を出して噛まれたというのならば、手を出した人間の方にも責任があろう。しかし、犬を放している以上「アイドル」であろうが、飼い主の責任である。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評