スポーツ

仮設費も森喜朗の尻ぬぐい

「負担割合これから詰める」小池百合子都知事が見解 都外仮設整備費の分担割合…「大部分」負担論を牽制
 2020年東京五輪・パラリンピックの仮設費用の負担をめぐり、東京都の小池百合子知事は24日の定例会見で、都の負担割合について「これから詰めていく」と述べた。22日に都外会場も含め負担する意向を表明して以降、大会関係者の一部から出ている「都が大部分を負担すべきだ」との見方を牽制(けんせい)した格好だ。
 大会組織委員会はこれまでに仮設整備費のうち、2千億円の負担を都、国、開催地の自治体に要請。小池氏は「2千億円を丸抱えするのか」という質問に、負担割合は今後決めていくという姿勢を示した。
 小池氏は「仮設は本来は組織委負担」と繰り返した上で、「現時点で組織委の財布は5千億円で、プラスアルファは聞いていない。ここも伸ばしていただきたい」と注文を付けた。
 小池氏は都外会場の負担の狙いについて「『誰が負担するのか』とすくみ合うのではなく、都として主導的な役割を担う責任から今回の表現につながった」と説明。「(関係者間で)『一つ前へ進んだ』という感覚が共有できたのは効果があった」と語った。
 一方で「都民からお預かりしている税金を他の道府県で使うことには地方財政法上などの縛りがある。都外に出すのは例外で、法令や条例の整理が必要。都民にも納得してもらえるよう工夫したい」と述べた。
 組織委は東京都外の会場のうち11会場について仮設整備費や警備費などの開催総経費が計約1600億円に上ると試算している。(以上(産経ニュース2017.2.24 21:20更新 )より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170224/plt1702240029-n1.html

 小池都知事が、東京五輪の東京都以外の仮設整備費の負担を表明した。
 本来、仮設整備費は五輪組織委が負担することだが、調子の良い時にはしゃしゃり出てくる森喜朗が、頬被りして黙りを決めているのだ。これを許して良いのだろうか?あくまでも、仮設整備費は五輪組織委の範疇であり、東京都が仕方ないから負担すると表明したことで済ませることは出来ない。少なくとも、糞の役にも立たないサメの脳みそ・森喜朗の詰め腹を切らせて、組織委会長を辞任させるべきだ。(No.5078)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五輪相批判するのが遅すぎる

平昌五輪HPに「独島」記載、丸川五輪相が批判
 韓国・平昌ピョンチャンで来年開催される冬季五輪・パラリンピックの組織委員会のホームページ(HP)に島根県・竹島が韓国領の独島トクトと記載されている問題で、丸川五輪相は14日の閣議後記者会見で「平和の祭典である五輪を政治利用しないことは、全ての国が共有すべきことだ」と批判した。
 竹島の記載問題を巡っては、日本オリンピック委員会(JOC)が修正を求めたが、今月上旬、韓国の大韓体育会から「応じられない」という内容の回答があったという。(以上(読売新聞2017年02月14日11時49分より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/topic/20170214-OYT1T50094.html

 ピント外れの五輪相・丸川珠代が平昌五輪のHPに竹島が南朝鮮領だと記載されていることにやっと反応した。
 さらに、のんきなことにJOCが南朝鮮に修正を求めたが蹴られたのだから、サッサと次の手を打つべきだ。何と言っても、南朝鮮はスポーツの世界の政治を持ち込むことは得意技なのだから、南朝鮮が土下座をするまで、あらゆる手段を使って叩きまくるべきだ。断られたからそれでお仕舞いではなく、まずIOCに提訴して、削除しなければ日本はボイコット、放送権料も日本国内では放映しないから支払わないぐらいのことならすぐできるはずだ。それでもダメなら、一時帰国させている日本大使の処遇を召還に変えるなどいくらでも手があるだろう。南朝鮮の言いなりになったらダメなのだ。また、南朝鮮が「少女像」とほざいている高給売春婦像は、実は米軍の交通事故でくたばった少女の像だと世界に流布すること、竹島を南朝鮮がどのようなあくどい手で盗んだかをアメリカの新聞に一面広告を出すなど、南朝鮮との国交を断絶する覚悟さえ決めればいくらでも手段はあるのだ。
 丸川は、南朝鮮が修正に応じないのならば、IOCに提訴すると共に日本が平昌五輪をボイコットすることを表明するべきだ。(No.5067-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりね利権まみれた森喜朗

小池百合子 百条委員会設置でついに「森喜朗追放」に動き出した(2)森氏の関連団体に献金の実態が…
 また、14年と15年にパーティ券200万円分を購入しているのは、森氏のお膝元・石川県の金属加工メーカー、東和である。
「これは五輪開催の恩恵で需要増が見込まれる建築機械メーカー、コマツの下請け会社。パー券購入はコマツから森氏への間接的な献金と取ることもできます」(政治部記者)
 他にも、バドミントン会場となる「武蔵の森総合スポーツ施設」の空調工事を受注した菱機工業から計286万円、各種競技の日本代表選手が練習に使用する「味の素ナショナルトレーニングセンター」に商品を納入したパーティションメーカーのコマニーから計80万円、春風会など森氏の関連団体に献金の実態があった。この状況に、山口氏は怒りを隠さない。
「私が許せないのは、森氏をはじめゼネコン、広告代理店らによる東京五輪の開催動機が、国立競技場のある神宮外苑の再開発計画とその利権に端を発していることです」
 競技場の建て替えを主とした都心の何十万坪という土地の再開発には、天文学的な額のカネが動く。五輪はその「ダシ」にされたというのだ。
「自然の景観を維持する風致地区として新規建築物に大きな規制がかけられていた神宮外苑は、建物の高さが15メートルまでとなっていた。ハタと困った森氏が、そこで考えたのが東京五輪開催で、これにかこつけて全ての規制を緩和させようとした。結果、建物の高さは80メートルまでと大幅に緩和されたのです。森氏は19年ラグビーW杯の招致も進めてきましたが、これも根っこは一緒。仮に五輪招致に失敗すれば、ラグビーW杯をタテに、緩和を迫るつもりだったのでしょう」(前出・山口氏)
 都庁関係者は、
「小池氏は機を見て、百条委員会設置を後押しし始めますよ」
 五輪には当然、都の税金が投入される。「都民ファースト」を掲げる小池氏にとって、利権にまみれた予算ほど許しがたいものはないだろう。再び山口氏が言う。
「一刻も早く、森氏を更迭すべき。でも、森氏は百条委員会のせいで辞めたとは認めたくないから、病気を理由に入院という形で逃げ込んで“引退”ということになるんじゃないかな」
 黒ネズミの駆除なるか。(以上(2017年02月12日17時55分アサ芸プラス)より引用)
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12104-75131/

 サメの脳みそ・森喜朗が、五輪に絡んだ業者から献金という名の賄賂を受け取っていたが、誰もが当然のことだと思うだろう。
 そもそも、サメの脳みそ・森喜朗が、五輪組織委会長を無償でやっているなんて何かあると思っていたが、やはり裏では利権まみれの森喜朗の姿が浮かび上がった。ケチ臭い森喜朗が動くモチベーションには必ず金が絡んでいるのだ。老い先短い癖に金への執着だけは尽きることも無いのだ。東京都もサッサと森喜朗を百条委員会に引っ張り出してボロを余さず暴くべきだ。芸能雑誌に暴かれる位だから、東京ではさぞかし有名な話だろう。小池都知事は、森喜朗を追放するのならば、五輪組織会長だけではなく、地球から追放して欲しい。
 安倍総理は、任命責任者としてサッサとサメの脳みそ・森喜朗の頭を刎ねるべきだ。生きていることが罪悪だ。(No.5066)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国はボイコットすりゃ良い話

中国選手団、宿泊ホテルをアパから変更へ 札幌、アジア大会
 札幌市などで2月に開かれる冬季アジア大会の組織委員会が、中国の選手団が宿泊するホテルを、南京大虐殺を否定する書籍が置かれた同市南区のアパホテルから、市内の別のホテルに変更する方向で調整に入ったことが31日、分かった。
 組織委によると、市内ではアパホテルの他、札幌プリンスホテルが選手村となる予定だが、他のホテルも候補になる可能性が浮上しているという。大会を主催するアジア・オリンピック評議会(OCA)と中国オリンピック委員会から、アパホテルに宿泊させないよう求める要請があった。
 冬季アジア大会には中国を含む31の国・地域がエントリーを表明。アパホテルに最も多くの選手が滞在することになっていた。アパ側は、選手村になるホテルから当該書籍を含む客室内の全ての「情報物」を撤去する意向を、組織委側に伝えていた。(以上(産経ニュース2017.1.31 11:41更新)より引用)
http://www.sankei.com/life/news/170131/lif1701310029-n1.html

 中国からの言い掛かりで冬期アジア大会の組織委が、中国選手のホテルをアパホテル以外にするらしい。
 そのような中国の政治的な言い掛かりをまともに受ける方がおかしい。アジア・オリンピック評議会もバカの集まりだろうか?中国の捏造歴史を真に受ける方がおかしいのだ。それならば、ホテルに聖書が置いてあるのはどうなのか?
 アジアがこのような中国の横暴を許すから中国が暴走するのだ。中国は嫌ならばボイコットすれば良いのだ。(No.5077-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国は前科者でもまだ懲りぬ

サイトに「独島」、ロンドン五輪で処分受けたのに…懲りない面々
 来年、韓国・平昌で開催される冬季五輪の組織委員会が公式サイトでわざわざ竹島(島根県隠岐の島町)のことを取り上げ「韓国人は独島(韓国での竹島の呼称)を守ることに自負心を持っている」(韓国紙)などと記載していることが問題になっている。領土問題など政治的宣伝は五輪憲章に違反するからだ。
 韓国は2012年のロンドン五輪ですでに“前科”がある。男子サッカーで銅メダルを争った日韓戦で韓国が勝った際、韓国選手が観衆から手渡された「独島」をPRする紙を掲げ競技場を駆け回った。これが五輪憲章違反になり本人はメダル保留や試合出場停止などの処分を受けた。
 当時の取材メモを振り返るとあの時、韓国サッカー協会や選手は国際マナー違反を大いに反省し国際社会に謝ったのだが、一方で国会での議論やマスコミの論調など国内世論の大勢は「なぜ悪い」「よくやった」などと居直っている。「これじゃ、またやるなあ…」と思っていたら、案の定その通りになった。
 そのことを書いた拙著の章題は「反日無罪の系譜」だったが、日本相手となると国際的常識が通用せず、法も規則もマナーも無視するという話だ。日本大使館・総領事館前の慰安婦像も対馬から盗んだ仏像を返さないのもそれだ。実に疲れますねえ。(黒田勝弘)(以上(産経ニュース2017.1.28 12:35)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170128/wor1701280026-n1.html

 南朝鮮の平昌五輪の公式サイトでわざわざ竹島を取り上げていること自体、スポーツ精神の欠如としか言いようがない。
 既に、南朝鮮はロンドン五輪で、「竹島は南朝鮮のもの」というプラカードを掲げたサッカー選手がメダル保留と試合出場停止などの処分を受けたが、全く懲りないのが南朝鮮なのだ。懲りずにスポーツに政治を持ち込むのだから、スポーツ界は南朝鮮をスポーツ界から永久追放するべきだ。(No.5075-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稀勢の里を願望にしているのは野田

「いつか自民を投げ倒す」=民進・野田氏
 民進党の野田佳彦幹事長は23日の記者会見で、大相撲初場所で稀勢の里が初優勝したことに関し、「土俵際まで追い詰められたのを耐えしのいでの逆転勝ちだ。足腰の強さが大事だ」と感想を語った。その上で「われわれも諦めずに四股を踏みながら底力をつけ、いつか自民党を投げ倒す時をつくらなければいけない」と述べ、政権奪還に意欲を示した。(以上(時事ドットコム2017/01/23-19:03)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012300718&g=pol

 民進党の野田豚が、稀勢の里の初優勝で妄想が膨らんだのか、いつか自民党を投げ飛ばすとほざいた。
 既に、野田豚は自民党に投げ飛ばされて、政権から引きずり下ろされたことも忘れているようだ。つい先日は、民進党は背水の陣で既に水没しているともほざいたが、背水の陣で水没しているのであれば、相撲なら場外に投げ飛ばされた後の話だ。それでも、自民党を投げ飛ばすと言うのであれば、プロレスの場外乱闘しかあるまい。まあ、民進党議員は、委員会でもプラカードをひっさげて、反則技のオンパレードだが!国会をプロレスと民進党が思っているなら、委員長は5カウントを数えて、それでも止めなければ、民進党の負けを宣言してやるのも良かろう。
 野田豚は、稀勢の里になってつもりでいるのだろうが、民進党の妄想は底を突くことなど無さそうだ。(No.5070-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツの政治利用をするコリア

日本「平昌五輪HPから独島表記外せ」
  日本時事通信は19日、日本政府が韓国政府に対して平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)ホームページに独島(ドクト、日本名・竹島)の表記を掲げないよう要求したと報じた。同通信は日本外務省が「竹島は国際法上も歴史的にもわが国固有の領土だ」との日本政府の立場を伝達したと付け加えた。日本政府は一時帰国措置中の駐韓日本大使の帰任問題について、韓国側の反応を注視している状態だ。(以上(2017年01月20日07時50分[(C)中央日報/中央日報日本語版])より引用)
http://japanese.joins.com/article/879/224879.html

 南朝鮮のキチガイが平昌五輪のHPに竹島は南朝鮮領だと五輪を政治利用した。
 日本は、大使、総領事だけでなく、全ての大使館職員を召還して、南朝鮮大使館を閉館させるのだ。その上で、在日南朝鮮大使を日本から追放も行うのだ。その上で、日本は、散々南朝鮮はスポーツの祭典で政治活動をやって来た前歴を含めて、世界にその悪行を知らしめるためにも、平昌五輪のボイコットを表明するべきだ。そのうえで、五輪の放送権も返上して、一銭たりとも平昌五輪の資金にさせないようにするべきだ。それでなくても、平昌五輪は嘘の塊でやって来ているのだから、最後のトドメを日本が刺してやれば良いのだ。別に隣国だからと無理をして仲良くなどする必要はない。中国の故事に「遠交近攻」という言葉があるが、近くの国は軍事を使わない攻撃すれば良いのだ。
 世界の常識が通用しない南朝鮮には強行手段しか手段はないのだから、サッサと日本は平昌五輪のボイコットを表明するべきだ。(No.5068-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平昌(ピョンチャン)はボイコットせよ日本国

平昌五輪HP、竹島を「独島」…政府が懸念伝達
 2018年2~3月に韓国・平昌ピョンチャンで開催される冬季五輪・パラリンピックの組織委員会ホームページ(HP)に、島根県・竹島が韓国領の「独島」として記載されているとして、日本政府が韓国政府に懸念を伝えたことが19日、分かった。
 HP内の「韓国の観光名所」のページで竹島を取り上げ、「独島は韓国人にとって特別な場所」「韓国最東端の領土」などと記述している。日本外務省は18日、韓国外交省に「竹島は国際法上も歴史的にもわが国固有の領土だ」との立場を改めて伝達した。(以上(読売新聞2017年01月20日08時55分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170120-OYT1T50008.html
 南朝鮮が平昌五輪のHPに鬱陵島は載せないのに竹島を独島と称して掲載し、竹島のことを記述している。
 このようなことを野放しにしているから、日本は南朝鮮にバカにされるのだ。日本政府も「懸念」程度の生易しいことを言っているから南朝鮮に舐められるのだ。まず、大使及び総領事の一時帰国を召還に引き上げるとともに、日本は平昌五輪への参加を取りやめるべきだ。そうすれば、日本選手が参加しなければ高い放送権料も支払う必要はない。南朝鮮が無政府状態の今こそ南朝鮮を攻めるチャンスだ。これからは、南朝鮮をどのように追い詰めるかが問題なのだ。(No.5068)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国挙げて森喜朗の尻拭い

五輪会場6道県に作業チーム、仮設の経費を精査
 2020年東京五輪・パラリンピックの開催経費を巡り、国、東京都、大会組織委員会の3者と、都外競技会場を持つ自治体が話し合う実務者協議が13日、都内で始まり、会場がある6道県それぞれに「作業チーム」を設置することを決めた。
 作業チームは必要経費を精査し、2月中旬までに作業状況を取りまとめるという。
 この日の協議には、都外競技会場を持つ北海道や神奈川県など6道県と、横浜、千葉、さいたま、札幌の4市の担当者も出席した。
 新たに設置する作業チームでは、仮設施設の整備や輸送、警備などについて、具体的な経費や業務内容を精査する。その上で、焦点となっている仮設施設の費用を誰が負担するかについては、3者のトップ級会談などで検討する見通しだ。
 協議後、国の担当者は報道陣に対し「早急に作業チームを発足させ、検討を進めたい」と説明した。(以上(読売新聞2017年01月13日18時33分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170113-OYT1T50106.html
 五輪組織委のサメの脳みそ・森喜朗が東京都以外の競技場所を決めてもカネのことは知らぬ存ぜぬなので、実務者協議が行われた。
 何と言っても、脳みそも無い森喜朗の尻拭い以外の何物でもない。とにかく、サメの脳みそ・森喜朗は自分勝手で自分がすべてやったような気でいるだけで、気配りというのが全くできない糞にもならない元総理だ。「年の功」と言われたければ、人に迷惑を掛けないように余生を送れば良いのだが、このバカはこの歳になっても自分の無知無能を自覚できない老害以外の何物でもないのだ。生きていること自体、日本国の恥なのだ!国を挙げて森喜朗の尻拭いをやろうとしているが、この実務者会議の位置づけとして、サメの脳みそ・森喜朗が無知無能だから仕方なく尻拭いをやっているとしない限り、森喜朗のバカは上手く行けば全て自分の成果だとほざくだろう。森喜朗に気分を害することをほざかさないためにも、森喜郎が無知無能の権化だからその尻拭いをやっていることを明確にするべきだ。また、安倍総理にも森喜朗の任命責任を問うて、森喜朗の組織委会長の詰め腹を切らせるべきだ。森喜朗など生きていることがおぞましいのだ!
 東京都外の仮設施設の建設費は、全てサメの脳みそ・森喜朗の私財で賄うように実務者協議で決めて、森喜朗を五輪から追放するべきだ。(No.5060-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織委のペテンに遭ったような県

埼玉県、予算案に五輪仮施設費計上せず 費用負担要請あっても「基本的には断る」と上田清司知事
 上田清司・埼玉県知事は10日の定例会見で、東京五輪・パラリンピックの仮設施設の整備費について、平成29年度当初予算案に計上しない方針を明らかにした。上田知事は開催自治体側の費用負担について「東京都や大会組織委員会から何の話もない」と強調した。
 県内では4競技が開催され、サッカーとバスケットボールを県有の埼玉スタジアムとさいたまスーパーアリーナで実施。既存施設を五輪仕様にする改修費はこれまで組織委の負担とされてきたが、開催自治体が負担する可能性が浮上している。
 上田知事は会見で、施設整備について「地元県としてやらなければならないことの準備はしている。施設に関わる補強はやっている」と述べた。さらに「警備や輸送などソフト面で地元が受け持つ部分は膨大だ。ハード面よりよっぽどかかる。トータルで見てもらわなければ困る」と改めて訴えた。
 県に費用負担の要請があった場合も「基本的には断る」とした上で、「ルール通りやりましょうというところからスタートになる。ルールを変えるだけの理由があるなら、合理性、正当性を受け止めていけばよい」との認識を示した。(以上(産経ニュース2017.1.11 11:30)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170111/plt1701110018-n1.html

 埼玉県が、予算案に五輪仮設設計費を計上しない、費用負担はお断りと知事が断言した。
 なぜ、このようになったかと言えば、やはりサメの脳みそ・森喜朗の存在そのものだろう。都合良い所だけは、ネゴしているが一番肝心なカネの話はやらずに決めているのだから、このようなことになるのだ。サメの脳みそ・森喜朗は総理時代から使い物にならなかったのだから、年を取って良くなるはずが無い。そういう意味では、任命者である安倍総理に責任がある。何と言っても、サメの脳みそ・森喜朗は無責任なのだ。他にも、ゴルフ会場まで選手村からどうやって行くかも考えていなかったし、平日に道路を封鎖して行う競技についても警視庁とのネゴもされていなかった。さらに、ソフト面の警備費等は、見積もりも取らずに、ロンドン五輪の値をそのまま入れているということも、頭が悪いから平気でやるのだ。東京五輪は、小池都知事が悪いようにサメの脳みそ・森喜朗が責任転嫁をしているが、悪いのはサメの脳みそ・森喜朗そのものと森喜朗の脳みそだ。
 五輪組織委は、まず、サメの脳みそ・森喜朗の個人資産を凍結させて、全額東京五輪費用に流用するように手配するのだ。(No.5058-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評