ゲーム

死人が出たからそろそろ法整備

「ポケモンGO」初の死亡事故、39歳男逮捕=運転中プレー、女性はねる-徳島県警
 23日午後7時25分ごろ、徳島市方上町の県道で女性2人が車にはねられる事故があり、病院に搬送されたが1人が死亡、1人が重傷を負った。徳島県警徳島東署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、運転していた農業五王敬治容疑者(39)=同市南二軒屋町=を現行犯逮捕した。県警によると五王容疑者は、スマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」をしながら運転し、「前を見ていなかった」と供述している。
 警察庁によると、運転中にポケモンGOで遊んでいたことが原因とみられる交通死亡事故は初めて。
 県警によると、美容師中西幸子さん(72)=徳島市北山町=が頸椎(けいつい)損傷などにより病院で死亡が確認され、パート従業員井川佳代子さん(60)=同=が肋骨(ろっこつ)などを折る重傷を負った。2人は散歩中で、道路を横断していたところ、走行して来た五王容疑者の軽四ワゴン車にはねられた。
 現場は片側1車線の直線道路で、信号はなかった。五王容疑者は仕事を終え帰宅する途中で、事故当時、時速50キロ程度で走行していたとみられる。県警は容疑を過失運転致死に切り替え、詳しい事故の状況を調べる。(以上(時事ドットコム2016/08/24-20:16)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082400690&g=soc

 とうとう「ポケモンGO運転」で死者が出たが、法整備がなされていないので過失運転致死で済むらしい。
 如何に、創価学会に汚染された国交省がバカかということを物語る事件だ。他国での「ポケモンGO」での種々の事故が報告されているのに、注意勧告だけで済ましているのだから、不作為行為も甚だしいとしか言いようがない。これだけの事故を起こしても、「過失運転致死」というのだから、わき見運転と同じ扱いだ。ここでも、死者が出ないと問題視しないお役所仕事の弊害がモロに現れている。
 国交相は、「スマホ運転」に対しては「危険運転」として扱って、実刑判決が出るだけ量刑を高くするべきだ。(No.4919)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄タイムスはどうやって調べたの

米軍基地にポケGOスポット 沖縄県警「入れば逮捕も」
 スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で、ゲーム内でアイテム(道具)が入手できる「ポケストップ」やポケモン同士を対戦させる「ジム」のスポットが米軍基地内にも多数存在していることが、28日までに分かった。立ち入り制限場所にポケモンが出現することが問題となる中、沖縄県警は「正当な理由なく基地内に入れば、刑事特別法により米軍側に逮捕される可能性がある」としている。
 本紙が基地内を確認したところ、米軍普天間飛行場には多数のポケストップがあり、キャンプ瑞慶覧では「海軍病院時計塔」、米軍牧港補給地区では「物流センター」がジムに設定されていた。
 利用者らのツイッターには「基地なので近づけない」「基地の中にはどんなポケモンがいるのだろう」「(ポケモンを探して)多くの人が訪れたら基地の現状も知ってもらえる」などの書き込みもあった。
 国内でゲーム配信された22日以降、地震で被災した熊本城の立ち入り禁止区域内でゲームをしようとした男性を案内人が制止するなどトラブルが発生。米国では、利用者が原発の敷地に迷い込むケースもあった。
 消費者庁は、危険な場所や立ち入り禁止区域はアイテムを入手できるスポットを設定せず、必要に応じて削除することをゲーム運営会社に求めている。
 ゲーム広報窓口のホフマンジャパン(東京)は、基地内のゲームスポット数や利用者の苦情、米軍側からの削除要請などは「公開できない」と回答。在日米軍にも問い合わせたが、28日午後9時現在、回答はない。
 県警は「基地内に正当な理由なく入った場合、刑事特別法で米軍側に逮捕される可能性がある」と説明する。逮捕後は県警に身柄が引き渡されるが、進入目的の取り調べなども行われるため、「遊び」が理由の進入はリスクが高い。(社会部・吉川毅)(以上(沖縄タイムス2016年7月29日05:05)より引用)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=180664&f=i

 沖縄タイムスがどうやってかは知らないが、調べたら在日米軍基地内にもポケモンGOのスポットがあるそうだ。
 基地内を沖縄タイムスがどうやって調べたのか知らないが、『本紙が基地内を確認したところ、米軍普天間飛行場には多数のポケストップがあり、キャンプ瑞慶覧では「海軍病院時計塔」、米軍牧港補給地区では「物流センター」がジムに設定されていた。』と報道出来るのが疑問だ。しかし、米軍基地内の人がポケモンGOをやることも考えられ、それで基地内には何も設定されていないというのもおかしいのではないか?頭のおかしい沖縄タイムスからすれば、絶好の話題かも知れないが、それは、沖縄タイムスの立場で考えただけの身勝手な内容だ。まるで、米軍基地内の人にはゲームをするなと言わんばかりの偏向報道だ。また、沖縄タイムスは何を在日米軍に問い合わせたのかも分からないが、何様のつもりなのだろうか?沖縄タイムスは、アメリカ国内にポケモンGOのスポットがあるのがおかしいと言っているのと同じことだ。当然、在日米軍基地内に入れば逮捕される可能性があるのは当然だ。特に、左巻きがポケモンGOをやっている振りをして基地内に侵入するということは十分にありうることだ。
 それより、沖縄タイムスはどうやって米軍基地内のスポットを調べたのか、その方法を明記するべきだ。記者が忍び込んだのか?(No.4893-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅はかな商店街の浅知恵か

ポケモン取り放題! 大阪の商店街、有料アイテムで集客
 スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の人気にあやかろうと、ダイエー発祥の地として知られる大阪市旭区の「千林商店街」が30日、イベント「モンスター取り放題!!」を始めた。ゲーム上の有料アイテムを使って周辺にポケモンを集め、にぎわいをつくる作戦だ。
 アーケードの下で、スマホとにらめっこする人々の固まりがあちこちに見られる。「めっちゃいっぱいいる!」「千林来たの、何年ぶりやろな」「あ、ウナギ屋さんや」。スマホ片手に改めて店を見渡していた。
 約660メートルのアーケード街には、ゲームを有利に進めるアイテムがもらえる「ポケストップ」が11カ所ある。商店街振興組合IT部長でカバン店店主の柏木孝之さん(49)が、ポケモンを30分間呼び寄せられる有料アイテムを購入。自身のスマホを片手にポケストップを巡り、30日と31日の午前10時~午後7時にポケモンを大量に出現させる。
 30分間の「効力」が切れるまでに最初のポケストップに戻る。これを繰り返し、9時間連続でポケモンを呼び寄せる。アイテム購入予算は2万8千円。柏木さんは「費用対効果は高い」と話した。(上田真由美)
http://www.asahi.com/articles/ASJ7Y6V9ZJ7YPTIL01Z.html

 大阪の商店街がポケモンGOを使って集客を図るそうだ。
 しかし、ポケモンGOを楽しんでいる人は、ポケモンを集めることが目的であり、ポケモンが沢山出るから、商店で買い物をする訳がない。使うのは精々、自動販売機と腹が空けば飲食店ぐらいだろう。まして、カバン屋などに立ち寄って商品を見るということも無いだろう。まあ、商店の中にポケモンが現れれば、その店には入るだろうが、商品購入には程遠いことだろう。街を歩いてポケモンGOをやっている者は皆スマホに見入っているだけだ。まだ、有料の充電スポットでも作った方がマシではないか?
 アイテム購入予算は2万8千円だが、目論見通りの費用対効果が期待出来るとは私は思わない。(No.4893-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポケモンGO漏れなく渡せ赤切符

ポケモン運転、6人摘発
名古屋ではひったくりも

 スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしながら車やミニバイクを運転したとして、岡山や佐賀、兵庫、宮城の各県で計6人が道交法違反で摘発されたことが24日、各県警への取材で分かった。名古屋市では、ポケモンをしながら自転車に乗っていた女性がかばんをひったくられる事件も起きた。
 運転中に携帯などの画面を注視することは道交法で禁じられており、違反した場合の反則金はミニバイクが5千円、普通車などは6千円、大型車は7千円となっている。
 岡山県警は23~24日、スマホを操作しながら乗用車を運転したとして、男女計3人に交通反則切符(青切符)を交付した。(以上(共同通信2016/7/24 23:42)より引用)
http://this.kiji.is/129849951393072630?c=39546741839462401

 政府が異例の通達を出したポケモンGOだが、既に車やミニバイクを運転しながら摘発されたのが6名になった。
 このような数は、氷山の一角だろう。見つからなければ良いと言う発想だから、どのような通達を出しても無駄だ。そもそも、海外でも問題になっているのに、常識、理性の消えた日本人に通用する訳が無い。そのためには信賞必罰しかあるまい。青切符ぐらいでは懲りるはずが無いのだから、生活に困るような罰則を科すべきだ。
 また、発売元に対しても、いつもスマホを見ていないとできないゲームではなく、ポケモンが現れたらマナーモードで知らせるような改造を行わない限り、車の運転に限らず、歩きスマホもより白熱するだけだ。
 それよりも、信賞必罰でスマホを使いながら運転すれば漏れなく免許取消の赤切符にするべきだ。(No.4887)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言論の自由を限る出版社

これでいいのか「嫌中憎韓」 ブームの出版界に疑問の声
 中国や韓国を批判する「嫌中憎韓」本の売れ行きが好調な出版界。憎悪をあおるような言説を疑問視しブームに対抗しようという動きが内部から出始めた。
 「中国や韓国を批判する週刊誌の広告の言葉遣いはひどい。電鉄会社に規制を求めるべきだ」
 「週刊誌を出す出版社を敵に回しては、作家も書店も巻き込めなくなる」
 東京都内の出版社の一室で4月下旬、大手から中小まで様々な出版社の社員約20人が議論を交わしていた。他国や他民族への憎悪をあおる言説に出版界の中から歯止めをかけられないか。そんな考えからフェイスブックなどを通じて集まった「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」のメンバーだ。
 会社に秘密で参加している人も多く、今後どのような活動ができるのかはまだ未知数だが、事務局の岩下結さんは「今の状況をおかしいと思っている人が多いことを示したかった。のろしをあげることに意味がある。今後も会合を開き、出版界全体で考える流れを作っていきたい」という。
 外交関係の緊張を背景に、中国や韓国を批判する本は昨年秋ごろから売れ始めた。今年上半期、新書・ノンフィクション部門の週刊ベストセラーリスト(トーハン)には「韓国人による恥韓論」「犯韓論」など両国をテーマにした本が7冊、トップ10入りした。中でも「呆韓論」は10週連続で1位。濃淡はあるが、いずれも様々な角度から両国を批判する内容で、売り場の目立つ場所で特集している書店も多い。(以上(朝日新聞2014年6月18日00時22分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASG506GZRG50UCVL00C.html

 言論の自由・出版の自由を享受している出版社が、「嫌中嫌韓」本を規制する方向で動いている。
 これは、出版社が自ら言論統制を行おうという上から目線だ。逆に、何の権利があって出版社がこのようなことをするのか、根拠は何なのかハッキリさせるべきだ。出版社を敵に回すと作家も書店も自由を制限されることになる。これは出版社による言論統制だ。「嫌中嫌韓」本の何が悪いというのか。事実無根なことを書いているのであれば別だが、事実を書いているのにそれを制限するとは、憲法違反も甚だしい。孫子の兵法にもあるように、「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」であり、全国民に両国のおかしいことを伝えているのだから、それを制限する方がおかしい。先の世界大戦で日本が負けたのは、英語を敵性語として排除したのも一因だ。自称慰安婦問題にしても、日韓基本条約締結時に被害者の賠償も既に済んでいるのだ。日本は朴正煕に賠償金を支払い、朴正煕が被害者に賠償金を支払うことなく「漢江の奇跡」に流用しただけだ。被害者が賠償を求める先は韓国政府であり、日本ではないのだ。それをしたくない韓国の大統領が「反日」と称して責任転嫁をしているだけだ。それよりも、その事実をできるだけ多くの日本人が知った上で、中韓に対する考え方、世論を作るのは当然ではないか。
 出版社による言論統制が行われるようでは、日本の民主主義もそう長くは続かないだろう。出版社の検閲によって、日本国民が事実を知る機会をなくすることになるからだ。(No.4132)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焦点のぼけたシャープの3D

眼鏡不要の3D液晶を発表=携帯電話、デジカメに搭載-シャープ
 シャープは2日、専用の眼鏡を掛けずに立体的な三次元(3D)映像が見られる小型の液晶ディスプレーを発表した。2010年度上期から量産を開始、携帯電話やデジタルカメラなどへの搭載を想定している。
 記者会見した長谷川祥典常務執行役員は「(将来は)モバイル機器の画面をすべて3Dにしていきたい」と述べ、11年度以降、モバイル機器向け液晶の50%程度を3D化する目標を掲げた。
 眼鏡が不要なのは、ひとりでに左右の目に別々の画像を見せる特殊な技術を画面に取り入れたため。大型のパソコンやテレビ向けも商品化の可能性があるという。(以上(時事ドットコム2010/04/02-18:49)より引用)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201004/2010040200704&rel=j&g=eco

 シャープが、携帯端末等への疑似3D技術を発表した。
 推察するに、画面の前に小さなプリズムを着けて、右目に入る画像と左目に入る画像の位相をずらすものだろう。しかし、これは液晶画面の前にそう言う仕掛けを精度良く貼り付けたものなので、ゲーム中心に使われる方は良いとしても、単にメールを見ると言う使い方には不要な機能だ。また、3Dテレビのように、信号処理で3Dと通常の画像とを切り換えることもできない代物だ。すなわち、携帯で3D仕様の物を買えば、何でも疑似3Dになってしまう。
 一方、家庭用液晶テレビでは、シャープは模様眺めの状況だ。シャープから液晶パネルの供給を受けているソニーでは、製品発表を済ませているし、韓国の三星からも製品が出ている。家庭用テレビの場合、右目用と左目用の画像信号を含んだ3D専用のソフトを再生するのだが、これは、単に、画像の切りかえ信号を取り出して、液晶メガネを動作させるだけで、テレビとしては何一つ手を加えなくてもできる技術だ。しかし、それすらもシャープはできない。と言うよりも、3Dの信号を通常の画像として、メガネ無しで見るための信号処理技術が、シャープには無いように思える。液晶にしてもプラズマにしても、画面のレベルは、これまでのCRTと同等もしくはそれ以上になっている。後、企業間の力の差として出てくるのは、如何に人間の目を誤魔化して、美しく感じる画像作りをするかに掛かってきている。それには、信号処理技術が不可欠であり、これまで、CRTのテレビで培ってきた信号処理技術が、基本に無いと厳しいことだ。
 今巷で話題となっている3Dテレビとは、このシャープの3D技術は似ても非なるものだ。(No.2567)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共通の規格が欲しい三次元

薄型大画面「次は3D」 改良の余地多いが成長に期待
 『10回目を迎えた「CEATEC JAPAN」(シーテック)が、今年も千葉・幕張メッセで開催された。毎年、最新の情報家電が発表されるアジア最大級の情報・通信・エレクトロニクス展示会だが、長引く不況の影響もあり、例年とは少し様相が変わった印象を受けた。
 今回のキーワードは「3D」「エコロジー」「融合」など。とくにテレビメーカー各社が力を入れていたのが3D(立体感テレビ)だった。各ブースでは大型液晶モニターを使ったデモが行われ、専用のメガネをかけて画面に見入る人が多く見られた。ソニーや東芝などは全面3D展示で統一した感もあったほどだ。
 各社が3Dに力を入れるのは、裏を返せば「液晶か、プラズマか」といった規格の争いが終わり、新たなテーマに移行してきたことを表している。薄型大画面もすでに普及し、「次は3D」というわけだ。
 ただし、現時点での3Dは価格的にも2倍はするうえ、専用メガネが必要という点で、まだ改良の余地が多い。それだけ成長が期待できるとも言えるが、コンテンツも連動しなければならず、普及には時間がかかるだろう。』(木庭貴和)(以上(zakzak2009.10.15)より部分引用)
http://www.zakzak.co.jp/digi-mono/goods/news/20091015/gds0910151641002-n2.htm

 テレビもCRTから薄型に代わり、薄型は当然と言う時代に入った。
 新しいキーワードは「3D(三次元)」らしい。原理は、通常のテレビ画像が1台のテレビカメラで撮影されているのに対して、人間の目と同じように間隔を置いた2台のテレビカメラで撮影する。2台のテレビカメラで撮影された画像信号を1/30秒又は1/60秒間隔で左右の画像を切り換えて表示する。専用メガネは、映像信号と同期させて、メガネのレンズに液晶を使って、右目に相当するの画像が表示された時には、右目だけ見えるようにし、左目の画像では、左目だけ見えるようにする。要するに、視力検査で片目を覆う器具を高速で左右に動かして見ているようなものだ。しかし、人間の目には残像効果があり、片方が見えてない状態でも、前の映像が残るので、立体視したような錯覚を起こさせるものだ。しかし、専用メガネを付けずにこの画像を見ると、アナログ放送のゴースト現象と同じように、画像が二重写しになってボケた画像になる。
 一番早く「3D」が導入されるのは、ゲームソフトだろう。一般の放送に使うためには、専用メガネを掛けない時には、通常の表示を行い、専用メガネを掛けたときには「3D」表示が可能な統一規格ができない限り難しいし、天下のNHKが音頭を取る気も無さそうなので無理だろう。しかし、メーカー毎に「3D」の色々な規格ができる前に統一規格を作って置くことが、利用者への最大限のサービスだろう。(No.2401)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評