グルメ・クッキング

玄米より安い白米売るイオン

イオンの偽装米記事に名誉毀損、文春に2500万円賠償命令 東京地裁
 雑誌「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、食品販売大手「イオン」が、同誌を発行する「文芸春秋」に1億6500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。沢野芳夫裁判長は一部記事について名誉毀損(きそん)を認め、文芸春秋に約2500万円の損害賠償と関連するウェブ広告の削除を命じた。
 判決によると、週刊文春は平成25年10月、米穀商社が中国産米などを国産米として擬装販売していた問題が発覚したことを受け、「『中国猛毒米』擬装イオンの大罪を暴く」「弁当、おにぎり1500万食」などの見出しを記載した広告を出し、週刊文春に複数の関連記事を掲載した。
 沢野裁判長は「擬装したのは商社で、擬装米の安全性も確認されていたのに、イオンが擬装に関与し、有毒な米を販売したかのような印象を与えた」などと指摘。信用低下による被害と、記事を受けてイオンが新聞に出した意見広告費用の一部など計約2500万円を損害額として認めた。
 イオンコーポレート・コミュニケーション部は「記事が名誉毀損と認められたものと理解しているが、判決文を精査して対応を検討する」とコメント。文芸春秋法務・広報部は「報道圧力を容認する判決で、著しく不当だ」とし、即日控訴したことを明らかにした。(以上(産経ニュース2016.12.16 17:50)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/161216/afr1612160014-n1.html

 週刊文春が書いたイオン偽装米記事で、東京地裁は週刊文春の敗訴の判決を出したが、週刊文春は即日控訴した。
 この事件は、イオンの売った米の産地が偽装され、中国産米を混ぜて売っていたというものだが、イオンは全て下ろしの商社に責任転嫁したという構図を週刊文春が記事にしたものだ。しかし、国産米の玄米の卸値は、ネットなどで簡単に検索することができる。それとは別に未検という扱いの米もあるが、正規ルートの玄米の価格よりもイオンで売っている白米の価格の方が安いのだから、何かしらカラクリがあると見るのは当然だ。イオンとしては、売値を設定してそれに合わせた米を購入しているのだから、当然、イオンから商社への相当の圧力があったと考えるのが妥当だ。それでなければ、商社も商売だから、おかしな商品を卸すなど考えられないことだ。商社だって損をしてまで、イオン様に尽くす必要など皆無だ。イオンの産地偽装については、全てイオンは卸売りに責任転嫁をしているのも常套手段だ。
 週刊文春は控訴するのも当然だが、イオンの安売りのカラクリまで踏み込んで暴くべきだ。(No.5033)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいつより眺めてみたい親の貌

コンビニおでん、指でつついて逮捕 28歳男…SNS動画投稿 愛知県警、業務妨害容疑
 愛知県常滑市のコンビニ、サークルKで、男性が陳列しているおでんを繰り返し指でつつく姿を写した動画が、会員制交流サイト(SNS)に投稿されていたことが14日、分かった。
■さまざまな“謎”が次々と…
 店は愛知県警常滑署に被害を相談した。商品を販売できなくさせたとして、同署は15日、威力業務妨害などの疑いで常滑市大曽町の無職、豊嶋悠輔容疑者(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は11月28日午前0時5分ごろ、常滑市のコンビニで店員に「これは廃棄するおでんか、もらえないか」と言い、店内カウンターに置かれたおでんが入った容器に数回指を挿入し、業務を妨害したとしている。
 同署によると、容疑を認めている。
 サークルKを展開する「ファミリーマート」の広報室は「現在、刑事処分を求め警察に相談している。詳しい内容に言及するのは差し控える」とし、また「しっかりと衛生管理し、安全で安心な商品を提供していきたい」としている。
 豊嶋容疑者の母親が、テレビで報道された動画を見て息子の犯行と気付き、コンビニへ謝罪に訪れ、豊嶋容疑者の関与が分かった。事件後、店はおでん8個(計730円相当)を廃棄し容器を洗浄したという。
 常滑署によると、動画は別の人物が撮影したとみられ、動機や経緯を調べている。(以上(産経WEST2016.12.15 01:52)より引用)
http://www.sankei.com/west/news/161215/wst1612150009-n1.html

 コンビニおでんを指で突いてYoutubeに載せた男が逮捕されたが、面を見る限り脳みそは付いているのかと思うような貌だった。
 昨日のテレビでは、貌にモザイクが入っていたが、今朝のテレビではモザイク無しの面を放映していた。たかが、8個のおでんを集ろうとした28歳無職なのだが、テレビではなぜ28歳で無職なのかということにまでは言及しなかった。これで、コンビニおでんの売上げが落ちたら、風評被害としてこいつに民事の損害賠償も請求するべきだ。また、同じぐらい頭の悪い輩が動画を撮ったようだが、そいつも含めてサッサと逮捕するべきだ。そうしなければ、おちおちコンビニおでんも食べられない。
 母親の通報によって逮捕されたが、どのような育て方をしたのか親の貌が見て見たい。(No.5031-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他所のもてなしを評論する朝日

ノーベル晩餐会メニュー、オークラ名誉総料理長の評価は
 ノーベル賞の晩餐(ばんさん)会で受賞者らをもてなしたメニューは3品。前菜は「ホタテと手長エビのロースト、イラクサとリンゴのピクルス添え」、主菜は「地場産のウズラ肉、アーティチョークと野生マッシュルーム添え、ブラックガーリック風味」、デザートが「クラウドベリーのソルベ、スダチのムースみそフレークがけ、揚げたライスペーパー添え」だった。
 このメニューについて、ホテルオークラ東京名誉総料理長の大庭巌さんは「和食とフレンチのよさを生かしつつ、流行を採り入れている。優雅で洗練されている」と評価する。スダチやみそといったインパクトのある、和食でもおなじみの香りも使われていると指摘。最近はパリでも和食がブームで、そうした流行を感じさせるという。(朝日デジタル2016年12月11日23時58分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJDC3WLVJDCULBJ11C.html

 アカヒ新聞がノーベル賞の晩餐会のメニューをホテルオークラ東京名誉総料理長を使って評論した。
 どこのメニューでも同じだが、招待した側が精一杯のもてなしをやっているのをアカヒ新聞がとやかく評論すること自体、アカヒ新聞が上から目線で記事を書いているとしか感じられない。その国その国で最善のもてなしをやっているのだが、そんなにホテルオークラ東京名誉総料理長に権威があるのだろうか?
 日本では、一汁一菜という料理でも、もてなしの心を大切にするという文化があるが、アカヒ新聞は日本では馴染まないようだ。(No.5029-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濡れ手に粟の産廃の横流し

ローソン、イオン、マルコメ…大手の廃棄食品、次々入手=岐阜の仲介業者「一部売却」 壱番屋(愛知県一宮市)の廃棄カツが横流しされた事件にからみ、転売を仲介した製麺業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)がローソン、イオン、マルコメ(長野市)など他の大手企業の食品も保管していたことが20日、分かった。廃棄先の産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)から入手したとみられ、みのりフーズの実質経営者(78)は「一部は売った」と説明。岐阜県が調査を急いでいる。
 ローソンの取引先には、コンビニ店で調理する冷凍の「炭火焼鳥 もも塩」と「からあげクン」がみのりフーズで見つかったと、保健所から連絡があった。焼き鳥は社内調査で、賞味期限が2015年5、6月だった約2万9000本を廃棄した際、一部の処理がダイコーに委託されたと確認した。
 みそ製造最大手のマルコメにも、岐阜県から連絡が入った。ダイコーには14年3月~15年7月、みそなど約144トンの廃棄を委託し、「みそは全て堆肥にした」と報告を受けていたという。
 岐阜県は20日、イオンが販売する「チーズのでるソーセージ」「たけのこ土佐煮」、ニチレイフーズ(東京都中央区)製のフライドポテトや「今川焼」なども保管されていたと発表。13年以降にダイコーが廃棄を引き受けた食品だった。
 他に、日本生活協同組合連合会(東京都渋谷区)やセブン&アイ・ホールディングスの食品も、みのりフーズから見つかったことが既に判明している。
 みのりフーズの実質経営者は取材に対し、「廃棄品とは考えずにダイコーからもらっていた。壱番屋のカツの他に焼き鳥、みそも売ったことがある」と話した。(以上(時事ドットコム2016/01/20-20:53)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2016012000879

 産廃業者が産廃として受けとった廃棄食品を製麺業のみのりフーズが売っていた事件で、コンビニやスーパーの産廃も売っていたことが分かった。
 みのりフーズから買った店も、製麺業のみのりフーズがカツなどを売ることに疑問を呈さなかったのか疑問だ。それ以上に、これほど大騒動になっていながら、河野太郎のバカが大臣をやっている消費者庁が何もしないというのはどういうことだろうか?何もしない消費者庁ならば、徳島に移転させる必要もないし、河野太郎のバカに大臣手当を与えて大臣に据えている必要もない。まして、河野太郎のバカは、この件に関して記者会見すら開いていない。仕事をしないバカを黙らせるために大臣に据えると言うバカなことを安倍総理はやったものだ。
 このような事件が起こった背景には、消費者庁が不要だという事実だけで、徳島に移転させずに日本からなくするべきだ。(No.4702)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国がお鍋文化に言い掛かり

韓国だけの良くない文化と思っていたら、日本にも!?=韓国ネット「欧米にもあるよ」「日本は衛生的だと思ってたけど」
2015年11月29日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本にはないと思っていた文化にショック」とのスレッドが立った。
「鍋料理を食べるときに皆が自分のスプーンを直接鍋に入れる『韓国の悪い文化』についてどう思う?」―スレッド主が知り合いの日本人女性数人にこんな質問をしたところ、次のような回答があったという。
「悪い文化?どうして?そもそもこれって韓国の文化だったの?日本人も同じようにやる人は多いよ。何とも思わないけどね」
「別にいいと思う」
「知り合いや家族だったらいいんじゃない?」
「知らない人と一緒では何だけど、お酒の席ではよくある」
「嫌がる人もいるけど、私は問題なし」
「親友くらいの仲だったら、不快には思わない」
スレッド主は彼女たちのこうした反応について「個人主義の日本人がこれを何とも思わないなんて」と驚きをつづり、韓国のネットユーザーたちは次のようなコメントを寄せた。
「僕は悪いことだとは思わない。むしろ、嫌がる人がずいぶんいることに驚いた」
「人がいる所、みんな一緒。欧米でも、他人の食べ物を一緒につついても何とも思わないみたいだよ。もちろん、まったく知らない人同士ではなくて、友達の場合だけどね」
「どうかな?僕が知ってる日本人は、焼き肉を裏返すときにトングじゃなくて自分の箸を使うのを嫌がる」
「『秘密のケンミンSHOW』とか日本のバラエティー番組だけ見ても、家族みんなで鍋をつつくような場面は毎週のように出てくる」
「以前、日本の友達の家に招かれたときには、おかずがめいめいの皿に盛られていたよ。だから日本は衛生的だと思ってたけど、いつでもそういうわけじゃないんだね」
「日本で鍋をつつくときにはお箸を使い、スープは当然おたまを使う。韓国の問題は、口の奥まで入れた自分のスプーンをスープに付けてしまうこと」(翻訳・編集/吉金)(以上(Record China2015年11月30日(月) 8時36分)より引用)
http://www.recordchina.co.jp/a123920.html

 南朝鮮では、日本のお鍋の文化まで、いちゃもんをつけて優越感に浸っているようだ。
 日本のお鍋の文化とは、みんなで鍋をつつくという文化であり、同じ釜の飯を食うという日本の文化だ。朝鮮人にとやかく言われることではないが、朝鮮人にとっては、言い掛かりを付けるためには、題材は何でも良いのだ。それが衛生的かどうかというのは、その民族の問題だ。
 衛生面で、半年に一回は虫下しを飲まなければならない朝鮮人と一緒にして欲しくない。(No.4652)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誤表記で済めば警察など要らぬ

 「韓国産」を「愛媛産」に 回転すし店チェーンの銚子丸が産地誤表記
 1都3県で回転すし店チェーンを展開する銚子丸(千葉市)は9日までに、同社の回転すし店「すし銚子丸」の全88店舗で韓国産ヒラメを「愛媛県産」と表記していたと発表した。
 誤表記をしていたのは、9月27日~10月5日。同社によると、納入業者がこれまでの国内産ヒラメではなく韓国産を納品したのに、同社に伝えず、「愛媛県産」などと書かれた箱で納品したため、そのままメニューに表記した。
 東京都江戸川区の「すし銚子丸南小岩店」で食事をした客から5日に「腹痛になった」と苦情があり、提供した食品を詳しく調べたところ誤表記がわかった。(以上(産経ニュース2015.10.9 18:58)より引用)
http://www.sankei.com/economy/news/151009/ecn1510090027-n1.html

 回転寿司店「すし銚子丸」が、客の腹痛によって南朝鮮産ヒラメを「愛媛県産」と誤表記したと発表したが、どう考えても産地偽装にしか思えない。
 南朝鮮のヒラメと言えば、大腸菌ウヨウヨ、寄生虫もドッサリという代物であり、それを納入業者に責任転嫁するということ自体、おぞましいことだ。仕入れ値を見れば、国産かどうかぐらい、その道の者ならば分かるはずだ。また、納入業者がずっと南朝鮮産のヒラメを納入していたのに、誤表記の期間が9月27日~10月5日と限定されているのもおかしい。
 一番おかしいのは、このような南朝鮮産海産物も検疫で検査することなく、国内市場に流せるようにした民主党だ。(No.4601-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペヤングの垢飲ませたい辛ラーメン

記者実食ルポ・進化した容器と変わらぬ味にダブルショック
 おかえりなさい、ペヤング-。嬬恋村で生まれ、現在まで多くの年月を高崎市で過ごしてきた生粋の上州人の記者にとって「ペヤングソースやきそば」の販売が再開した8日は半年間、待ちに待った一日となった。
 8日朝、「品切れでは?」との悪夢が頭をよぎる中、コンビニエンスストアに入店した。だが、心配は杞憂(きゆう)に終わり、ペヤングを発見。しかも商品棚の一番目立つ高い場所に並べてあるではないか。
 外装は以前の商品と全く同じ。と、そこへ衝撃が走った。よく見ると同じデザインなのは印刷されたフィルムで、容器はプラスチックから密閉式のふた付き発泡スチロールに変わっていたのだ。根強い愛好家の期待は裏切れないというメーカーの心意気には、ただただ脱帽するばかり。
 包装フィルムをはがすと、ふたの縁に他社製のカップやきそばと同じ「湯切り口」が設けられていた。手で押さえる場所には「★」印も描かれ、徹底した配慮も施されている。このほか、工場では製麺工程に屋根を付けたり、従来、目視だった商品チェックにカメラを導入するなど商品の品質管理は明らかに進化した。
 お湯を注いで待つこと3分間。湯切り口から、お湯を捨ててソースや、ふりかけとスパイスを混ぜると出来上がり。
 湯気とともに立ち上るソースの香りで空腹のボルテージは一瞬にして最高潮に達した。一口頬張ると今度は別の衝撃に襲われた。進化した外観とは裏腹に、味は以前とまったく同じ。コシのある麺、絶妙のスパイス、まろやかなソース。おいしさに、懐かしさというスパイスまで付いた「ニューペヤング」の味は格別なものだった。6月8日は私にとって紛れもなく「ペヤング復活の日」となった。(以上(産経ニュース2015.6.8 22:35)より引用)
http://www.sankei.com/life/news/150608/lif1506080029-n1.html

 虫の混入で製造を中止していた「ペヤングソースやきそば」の販売が再開された。
 虫一匹で、市場に出回っていた製品を回収し、製造を停止して工程を見直し、パッケージまで一新したのだから対したものだし、これでこそ日本品質だと言える。それに比べて、南朝鮮製の辛ラーメンは何が入っているか分からないのが実態だ。辛ラーメンの製造メーカーにペヤングの爪の垢を煎じて飲ませたい。と言うよりも、そこまでして南朝鮮製品を食うことはないのだ。
 厚労省は、「特定健康食品」などを認定しているが、南朝鮮製品や民主党・岡田克也の実家のように生産国を表示しないプライベートブランドについては、「特定危険商品」の表示を義務づけるべきだ。その上で食べるのは自己責任とするべきだ。(No.4478-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛ラーメンはウジ虫が隠し味

辛ラーメン、マッコリ、焼酎…対日輸出激減ボロボロ 青ざめる韓国食品業界
 加工食品や酒などの対日輸出をめぐり、韓国の食品業界が大幅な減少に青ざめている。日本で韓流ブームがピークだった2011年ごろに比べ、半減から8割減となる商品もあり、現地の業界は新たな売り込み先探しに躍起だ。日本の「嫌韓感情」を輸出減の理由とする報道も少なくない。
□わずか3年間で半減
 韓国の食品大手、農心の看板ブランド「辛ラーメン」といえば、かつてはユニクロがTシャツのデザインにも採用した韓国を代表するインスタントラーメンだった。日本でも韓流ブーム華やかな2011年ごろには、スーパーやコンビニでも売り場を占めた。だが、最近では量販店でも見かけるのはまばらだ。
 韓国関税庁が4月20日に発表した最近5年間の麺類の輸出入動向によると、日本は12年まで韓国製インスタントラーメンの最大の「輸入国」だった。ピークの11年には、約1万1400トン、金額にして5278万ドル(現行レートで約63億円)が日本に輸出された。
 だが、その後は毎年減少傾向が続き、14年の輸出は2447万ドル(同約29億円)とほぼ半減した。輸出に占める日本のシェアは11.7%にまで減少し、中国(16.6%)、米国(12.5%)を下回っている。
 関税庁は報告書で「ラーメンは伝統的に同胞の需要が多い。米国はこれまで同胞の需要が多かったが、最近は地元の人の需要も増加している。中国、日本などは同胞ではなく、地元の消費が多い」と分析した。
 だが、今年1~3月の対日輸出額も約7億円と、前年に満たない水準だ。わずか3年間で対日輸出は半減した状態となっており、韓国・聯合ニュースは「『嫌韓』感情飛び火…日本へのラーメン輸出、3年間で半分」と報じたほどだ。(以上(産経ニュース2015.5.12 06:00)より引用)
http://www.sankei.com/premium/news/150512/prm1505120001-n1.html

 南朝鮮製食料品等の対日輸出がボロボロになっているそうだ。
 これは、単なる「嫌韓感情」で済む問題ではない。何と言っても、新聞やニュースでは一切報道されないが、辛ラーメンにはウジ虫が入っていたという事実は、ネットを見ている人ならかなりの人が知っているはずだ。日本のマスコミは、「報道をしない自由」を行使して、南朝鮮に不都合な報道はしないのだ。そういう意味では、ネットの情報に頼らなければならないが、ネット上では、辛ラーメンだけでなく南朝鮮製食品が如何に品質管理がずさんかということが明らかになっている。イオンがスーパー業界で一人負けしているように、ネット情報とは怖いものだと思うが、マスコミが正しい報道をしないのだから、仕方のないことだ。
 品質管理のずさんな南朝鮮製品の輸入に当たっては、全数検査をする必要がある。また、民主売国政権時代に、大腸菌入りのキムチを無検査で輸入できるように改悪したが、全数検査に戻して、日本の食の安全を守るべきだ。(No.4450)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何が悪いのかまだ分からないのがマック

業績悪化マック、世界の直営3500店舗売却へ
 世界最大手のハンバーガーチェーン、米マクドナルドは4日、組織再編や直営店の削減を柱とする再建計画を発表した。
 消費者の健康志向の高まりに適応した新興他社へ顧客が移ったことや、ヒット作不足で、日本以外でも業績悪化に苦しんでいる。
 ◆管理体制
 スティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)が発表した計画では、管理体制を〈1〉米国〈2〉英国やフランスなど成熟市場〈3〉中国やイタリアなど高成長市場〈4〉その他――とこれまでの地域別から市場の状況別に分ける。
 その上で、世界店舗数の1割弱にあたる直営3500店舗をフランチャイズ経営者に売却し、フランチャイズ店舗の割合を2018年末までに現在の81%から90%に引き上げる。一連の改革で、約3億ドルのコストを削減するとした。(以上(読売新聞2015年05月05日11時03分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150505-OYT1T50014.html

 世界のハンバーガーチェーンの米マクドナルドが、組織再編や直営店の削減の再建計画を発表したようだ。
 しかし、ファーストフード業界で一人負けをしているマクドナルドは、なぜ、そのような境地に陥ったかさえ分からないようだ。日本の場合だが、食肉偽装の対処が悪かったの一点だろう。品質管理を徹底すると言っても、外部委託をしている食肉加工会社にまで、管理の徹底をすることもせず、加工会社任せにしている点だろう。他のファーストフード会社では、原産地を変えたり、国産品に変えたりして対応したが、マクドナルドは最後まで中国製に拘った。加工会社の品質管理のチェックもせずに、他の業者に変えただけという値段に拘ったことが災いしているのだが、それすら、理解していないようだ。
 消費者の食の安全という面から見れば、自ずと対応策は分かるはずだが、フランチャイズ経営者に直営店を渡しても、赤字はフランチャイズ経営者が被るだけだ。フランチャイズ経営者に、原材料の選択権も無いのだろうから。(No.4444)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異物一つで経営が逼迫す

「異物混入珍しくない」と識者、従来表面化せず
 最近になって、異物混入が次々に明らかになっている。
 日本マクドナルドでは、チキンナゲットにビニール片のようなものが入っていたほか、ポテトに人の歯のかけらが混入していたことなどが判明。日清食品冷凍の冷凍パスタや和光堂のベビーフードなど、ほかの企業の商品でも異物混入が発覚し、対応に追われている。
 ただ、森岡孝二・関西大名誉教授(企業社会論)は「異物混入は珍しいことではない。これまでは客と企業の話し合いで解決し、表面化してこなかっただけだ」と指摘する。2002年の調査で、食品関係企業約100社の半数が「過去5年間で異物混入などの問題があった」と答えたという。森岡教授は「今はネットの普及で、食の安全に関わる情報は瞬時に広まる。企業には、これまでよりも迅速な自主回収と徹底した原因究明が求められている」と強調した。(以上(2015年01月10日19時56分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150110-OYT1T50096.html

 マクドナルドで問題になっている異物混入問題で、関西大学の偉い先生が「異物混入は珍しいことではない」と宣ったそうだ。
 しかし、マクドナルドで異物の入っていた客に対して、マクドナルドが誠意あるか厭うどころか上から目線の報告書を渡していたことも、今回の異物混入事件で、日本中から過去の事例が吹き出している理由だろう。大先生は、「これまでは客と企業の話し合いで解決」とも宣っているが、話し合いでなくマクドナルド側からの一方的な通知一つで、物事を解決しようとしたマクドナルドの態度が問題なのだ。異物混入していても、自主回収する訳でもなく、その問題のあったお客にだけ蓋をするという態度が問題なのだ。また、原因究明と言っても、個々の顧客に対して原因まで究明して報告された例を私は知らない。取り敢えず、頬被りを決めたとしか言いようがない。
 昨日、フードコートのマクドナルドを見ていたが、客はほとんどおらず、店員が手持ち無沙汰で立っていただけだ。店員や店長に責任はないだろうが、バカな経営者の対応のまずさに、矢面に立っているのは現場の店員という認識も、マクドナルドにはなさそうだ。(No.4339)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評