石破茂

我が国をダメにしたいというメディア

次期首相トップに石破氏=安倍総裁3選、反対51%-時事世論調査
 時事通信が3~6日に実施した8月の世論調査で、次の首相にふさわしい政治家を尋ねたところ、自民党の石破茂元幹事長が18.0%とトップで、現職の安倍晋三首相は14.4%と2位だった。昨年11月の前回調査では安倍首相が首位で石破氏は3位だったが、石破氏が一気に首相を抜き去った。
 学校法人「加計学園」問題をめぐる首相の説明に国民の不満が高まる中、「安倍1強」が崩れつつある現状が浮き彫りになった格好。3位以下は、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長(13.1%)、岸田文雄政調会長(8.8%)、小池百合子東京都知事(7.9%)、野田聖子総務相(4.5%)の順だった。
 前回と比べ、小泉、小池両氏は横ばいだったが、党三役入りした岸田氏、久々の入閣となった野田氏は大幅に「支持率アップ」となった。
 さらに、安倍首相が来年9月に予定されている総裁選で3選を果たし、9月以降も総裁を続けることの是非を聞いた質問では反対が51.8%で、賛成32.4%を大きく上回った。「分からない」は15.7%。(以上(2017年08月10日 15時10分 時事通信)より引用)
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-2017081000789/

 時事通信社が、次期総理にふさわしいのが、最低最悪の政治屋・石破茂が一番だと世論誘導をしたようだ。
 石破茂のどこが次期総理としての資質があるというのだろうか?全く持って意味不明だ。石破茂など精々、鳥取村の村長が精一杯だ。石破茂に日本の国政を任せるということは日本沈没を意味すると考えるべきだ。それでも、偏向メディアの時事通信社としては、石破茂を日本の総理にして、朝鮮人が日本を支配したいという意思表明だろう。(No.5238-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分は正しいがマスコミは悪い

自民・石破派、本紙連載のメール送付に抗議 党本部に「誤解招く」
 自民党石破派事務総長の古川禎久衆院議員は21日、国会内で記者会見し、産経新聞が17日朝刊から3回にわたり連載した記事「加計学園 行政は歪(ゆが)められたのか」を党本部が所属国会議員や都道府県連に送付した対応を批判した。
 記事は国家戦略特区での獣医学部新設の4条件策定に石破茂前地方創生担当相が関わり、新設が困難になった経緯を詳述している。古川氏は「記事が党の見解だという誤解を招く。軽率であり猛省を促す」と述べた。週明けにも二階俊博幹事長に撤回を要請する。
 古川氏によると、党総裁・幹事長室が20日に「ご参考」として記事をメールで送り、古川氏が同日、石破氏と相談した上で口頭で抗議した。幹事長室は学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる衆参予算委員会の集中審議を前に、二階氏の指示で送ったと説明したという。
 会見に同席した石破派の平将明衆院議員は「党の対立をあおる形で(メールを)出されるのは経験がない。一致結束して頑張っていくときに極めて不適切な対応だ」と非難した。(以上(産経ニュース2017.7.21 21:50更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170721/plt1707210040-n1.html

 自民党内民進党の石破派のバカ・古川禎久が事実の書かれた産経新聞の連載記事に噛みついた。
 本当に、自民党内民進党と言うだけあって、自分は絶対に正しい、不都合には徹底抗戦するという民進党と変わらないのが石破派なのだ。また、平将明が「党の対立をあおる形で(メールを)出されるのは経験がない。一致結束して頑張っていくときに極めて不適切な対応だ」とほざいているが、党の対立を煽っているのは、石破茂本人と言うことを忘れた、これも民進党のお家芸のブーメランだろう。責任転嫁をする政治屋など税金で養う必要など皆無なのだ。
 国政の安定のためにも、自民党内の石破派はサッサと国会議員を辞めるべきだ。(No.5220)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘ならばちゃんと説明しろ石破

石破派、産経記事配布を抗議=加計めぐる発言「事実でない」
 自民党石破派は21日までに、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐる産経新聞の記事を党幹事長室が全議員にメールで配布したのは「不適切だ」として抗議した。 送付されたのは7月17、19、20各日付朝刊の加計問題に関する連載記事。このうち、17日付の記事は、石破茂同派会長が地方創生担当相在任時に日本獣医師会幹部らと面会した際、学部新設条件について「誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にした」と述べたと記載。これに対し、石破派は「発言は事実ではない」と主張している。
 幹事長室は同派に対し「閉会中審査の参考にしてもらうため送付した」と説明。一方、同派の平将明衆院議員は21日の記者会見で「石破氏が獣医師会の意思を受けて反対勢力だったという印象操作と取られかねない」と批判した。(以上(時事ドットコム2017/07/21-17:14)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072100931&g=pol

 自民党内の石破茂のお友達がこぞって、党幹事長室が全議員にメールで配布した産経新聞の記事に噛みついた。
 自民党内民進党の石破茂は、ことある毎に総理が全て説明する義務があるとほざき続けているのだから、自分に降りかかった火の粉は自分で振り払えば良いのだ。石破茂のお友達・平将明が「石破氏が獣医師会の意思を受けて反対勢力だったという印象操作と取られかねない」とほざくならば、石破茂が獣医師会を忖度していないことを自ら証明すれば良いのだ。自民党内の弱小派閥石破派は何様のつもりだろうか?(No.5219-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石破に逆らわぬ鳥取の有権者

自民・石破茂氏「いつ選挙があってもおかしくない。当選1、2回生は初の逆風となる可能性」
 自民党の石破茂前地方創生担当相は20日、国会内で開いた石破派会合で「いつ選挙があってもおかしくない。今度は当選1、2回の方々が初めて経験する逆風の中での選挙になる可能性が極めて強い」と述べ、引き締めを図った。安倍晋三内閣の支持率下落を念頭に置いた発言とみられる。(以上(産経ニュース2017.7.20 13:37)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170720/plt1707200024-n1.html

 自民党の足を引っ張る発言が得意な石破茂が、当選1、2回生は選挙で逆風だとほざいた。
 これだけ自民党の足を引っ張り、自民党支持者に限らず嫌な思いをさせていながら、石破茂は、世の中の支持が全て自分に向いて、自分は次の総理になるのだと揺るぎない自信は、石破の頭の悪さから来ているとしか言い様が無い。
 何と言っても、石破様様の鳥取県の高齢有権者が裏切るはず無いから自分は石破茂は安泰らしい。(No.5218-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を宣っても石破では信じれぬ

石破氏、支持率急落の安倍首相に「政治家としての4条件」ススメ
 自民党の石破茂前地方創生担当相は14日のTBS番組収録で、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)問題をめぐり、自らが国家戦略特区担当相だった平成27年6月に、獣医学部設置のための特区を認める指針として閣議決定した「4条件」になぞらえ、内閣支持率の急落に見舞われている安倍晋三首相に向け「政治家としての4条件」を示した。
 石破氏は、4条件を(1)勇気を持ち(2)真心を持ち(3)真実を語り(4)それを実現する-と説き、「自分はまだまだダメ。常に自分に問いかけることを失いたくない」とも語った。
 石破氏は番組で、政治の師と仰ぐ渡辺美智雄元副総理から、30年以上前に「政治家の仕事はたった1つ。勇気と真心を持って真実を語れ。それができない奴はやるな」と教えられたことを紹介した。
 その上で「世の中に受けない真実を勇気を持って語るだけなら学者や官僚にもたくさんいる。政治家だから、実現しなくては意味がない」と強調した。「あいつの言うことだったら(聞いてみよう)と思ってもらえる真心。それは共感と納得だが、これがとても難しい」と悩ましげに語った。(以上(ZAKZAK2017.7.15)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170715/soc1707150015-n1.html

 自民党内民進党の石破茂が、まだ懲りずに屁理屈を並べて安倍総理をこき下ろしている。
 石破茂の頭の悪さは、民進党議員と同じレベルらしいが、人をこき下ろしておいて、自分がその代わりになれると考えている所が、脳みそのお粗末な所だ。30年前に渡辺美智雄から教えられてのかは知らないが、「勇気と真心を持って真実を語れ」と言われたらしいが、自民党に後ろ足で砂を掛けて出て行った好意に真心があったのだろうか?また、自民党に素知らぬ顔で舞い戻ってきた行為に勇気があったのだろうか?
 本当にバカに付ける薬がないとは情けないことだ。また、石破茂を放し飼いにしている自民党もおかしい。(No.5214-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進に手を出した石破はもう終わり

石破茂氏が前原誠司氏、松野頼久氏らと会食 民進党非主流派に接近する理由とは…
 自民党の石破茂前地方創生担当相が14日、民進党の前原誠司元外相ら執行部と距離を置く複数の同党議員と東京都内で会食することが12日、分かった。石破氏が政権批判を強める中だけに、野党の有力議員への接近は臆測を呼びそうだ。
 会合は民進党の原口一博元総務相が呼びかけた。同党からは前原、原口両氏に加え、非主流派の党内グループ「創新会」を率いる松野頼久元官房副長官、羽田雄一郎元国土交通相、渡辺周元防衛副大臣が出席する。他にも、創新会や素交会(大畠章宏元国交相グループ)に所属する議員の参加が取り沙汰されている。
 石破氏はこれまでにも前原、原口両氏らと安全保障政策に関する会合を重ねてきた。民進党側の出席予定者は「石破氏には、野党の保守系議員との人脈を示し、安倍晋三首相との違いをアピールする狙いがあるのではないか」と語った。(以上(産経ニュース2017.7.13 07:43)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170713/plt1707130008-n1.html

 自民党内で何をほざいても相手にされない鳥取県の産んだガン・石破茂が、禁断の民進党の言うだけ番長・前原誠司と元ニセ維新・松野順久と会談をしたというのだから、自民党は有無を言わさず、石破茂を自民党外に追い出すべきだ。
 何と言っても、自分の都合で政党を渡り歩いてきた石破茂にとっては、何の良心の呵責もないことだろう。まあ、このような輩を総理大臣に据えるということは、違法人・蓮舫を総理に据えるのと同義と言っても良いだろう。要するに、石破茂は落下傘を背負って、自民党議員をやっていると言っても過言ではないのだ!サッサと自民党は石破茂を追い出して、自民党内をまともにするべきだ。議論とこき下ろしとは全く次元の違う政治屋の態度だ。自民党は大人の対応をして、石破茂が自民党内に居られなくするのが得策だろう。
 石破茂には是非とも次期総選挙には民進党から出馬して欲しいと思う。(No.5211)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進党レベルの石破茂です

石破茂氏「1年ごとに出し物が替わる…大河ドラマではない」 安倍晋三政権の看板政策変遷に苦言
 自民党の石破茂前地方創生担当相は12日、安倍晋三政権の看板政策が「地方創生」以降、「1億総活躍」「働き方改革」「人づくり革命」と変遷していることに疑問を呈した。地方創生の重要性を強調した上で「NHKの大河ドラマではない。1年ごとに出し物が替わるのはあまりいいと思わない」と述べた。東京都内での講演で参加者の質問に答えた。
 報道各社の世論調査で安倍内閣の支持率が急落したことをめぐり「政策によるのか、自民党の立ち居振る舞いによるのかきちんと分析すべきだ」と指摘し、「徹底的に議論し、改善すべきだ」と述べた。(以上(産経ニュース2017.7.12 17:31)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170712/plt1707120031-n1.html

 鳥取県の恥部こと石破茂が、安倍総理の政策に疑問を投げかけたそうだが、こいつは自分が地方創生担当相にして貰ったことも忘れた前川喜平並みの人間であることを自ら明かしたのと同じだ。
 要するに、鳥取県からは国会議員など出さないようにすれば、一票の格差の是正も楽になるし、おかしいことをほざく政治屋も居なくなって一石何鳥にもなるのだ。要するに、政治に関心のない鳥取県民を日本の国政に参加させること自体が間違っているのだ。高齢者は、特に大河ドラマを作っているマスゴミに騙されているだけで正しい事実も把握できないのだから、選挙権も定年制を設ける必要があるのではないか?ボケ老人に日本が支配される前に!
 少なくとも、石破茂が次期総理であることは日本が日本を捨てた時にしかあり得ない話だ。(No.5210)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偉そうに口を出す防相経験者

自民・中谷元氏「側近偏重の人事避けよ」 稲田防衛相ら念頭に「信頼を大きく失ってきた」
 自民党の中谷元・前防衛相は9日、安倍晋三首相(党総裁)が調整する内閣改造に関し、首相側近の偏重人事は避けるべきだとの考えを示した。「(首相に)近い人を重用するのではなく、幅広い人材で力を合わせ、みんながまとまっていける態勢をつくるべきだ」と東京都内で記者団に語った。
 自衛隊の政治利用と受け取られかねない発言をした稲田朋美防衛相らを念頭に「内閣は(国民からの)信頼を大きく失ってきた」と指摘。「人事は大きなチャンスになる」とも述べ、大胆さが必要だとの認識を示した。(以上(産経ニュース2017.7.9 11:54更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170709/plt1707090018-n1.html

 鳥取県の産んだバカこと石破茂に続いて、前防衛相の中谷元まで、好き勝手をほざくようになった。
 防衛相になったら、何を言っても良いとお墨付きを貰ったような石破茂と中谷元の2匹の好き勝手な放言だ。それでは、これらの2匹に聞きたいが、お前らが防衛相の時に、威張れるだけの成果を挙げたと自負しているのだろうか?それならば、国民の前に自分の成果を開陳して、国民の信を問うべきだと思うが!
 本当に、自民党政権はバカばかり防衛相に付けていると思われても仕方のない、バカ2匹の放言だ。(No.5208)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出戻りが何を宣うのか石破

石破茂前地方創生担当相「このままではもう一度、国民の支持を失う」と危機感示す
 自民党の石破茂前地方創生担当相は8日午前の読売テレビ番組で、東京都議選の惨敗について、政権から転落した平成21年衆院選を引き合いに「野に転じたときも、おごりやたるみがあった。このままではもう一度、国民の支持を失う。緊張感と責任感を取り戻さなければいけない」と危機感を示した。
 石破氏は野党時代を振り返り、「反省会とざんげの日々だった。国民の感覚とずれていることが敗因だったと徹底的に分析し、どんなにやじられても怒鳴られても、街頭に出た」と述べた。
 その上で来年秋の自民党総裁選を見据え「政策は徹底的に研ぎ澄まし、党のあり方は徹底的に改める。それに戻れるかどうか。安倍(晋三首相)総裁がやってくれると期待する」とくぎを刺した。(以上(産経ニュース2017.7.8 11:04更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170708/plt1707080027-n1.html

 細川政権時代に自民党を飛び出して、節操も無く舞い戻ってきた石破茂が、このままでは国民の支持を失うとほざいた。
 と言うよりも、安倍総理に対する国民の支持はあっても、石破茂に対する国民の支持は鳥取県民という日本で最小有権者の選挙区民で石破に投票した輩だけだ。そもそも、自分の人気がないことを棚に上げて、与党内民進党の石破茂が何をほざいても、メディアは取り上げても国民は無関心だと言うことが分からないのだろうか?
 責任感で言えば、自民党を離党した前科のある石破茂に言われる筋合いはない。鳥取県民は早く責任を取って石破を取り下げろ!(No.5207)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

与党内民進党の石破です

稲田朋美防衛相、災害対応中に40分不在 菅義偉官房長官「問題ない」 石破茂氏「あるまじきこと」
 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、稲田朋美防衛相ら防衛省の政務3役が福岡、大分両県の大雨による災害対応中に約40分間、同省を不在にしていていたことを認めた。ただ「問題はないと思っている。大臣も含めてすぐ近くに所在し、秘書官から随時連絡を受けて速やかに省内に戻る態勢だった」と述べた。
 菅氏はまた、稲田氏について「(大雨の)問題があって、すぐに自衛隊に対応するように指示を出し、適切にこの問題に取り組んでいる」と強調した。
 一方、自民党の石破茂前地方創生担当相は都内で記者団に「あるまじきことだ。原因を解明し、二度と起こらないようにすべきだ」と述べた。(以上(産経ニュース2017.7.6 18:25)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170706/plt1707060022-n1.html

 九州の大雨災害時に稲田防衛相が防衛省を40分不在にしたと自民党内民進党の石破茂が噛みついた。
 本当に石破茂は、こうやって民進党と同じことを自民党内でやって自分の人気が上がって次期総裁、総理になれると考えているのだから、違法人・蓮舫並みにオツムがお目出度いとしか言いようがない。
 本当に鳥取県民は、国政を考えずに鳥取県の利権しか考えていない輩をサッサと引っ込めろ。(No.5206)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歩く国賊・菅直人 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 評論家 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評