小池百合子

若狭勝の小池の糞が吠えている

なぜいま「一院制」柱に? 細野氏・若狭氏の新党10月誕生も基本政策に批判、足立議員「何という軽薄で短絡的な提案」
 民進党を離党した細野豪志元環境相と、小池百合子都知事に近い若狭勝衆院議員が10月にも新党を結成することが明らかになった。若狭氏は14日、国会内で記者会見し、新党の主要政策として憲法を改正し、国会を「一院制」にするとした。民進党からの「離党ドミノ」は加速しそうだが、朝鮮半島情勢が緊迫するなか、最優先政策が「一院制」とは…。
 「基本的な軸足は、衆院と参院を統合する一院制に置きたい」「議員定数を大幅削減し、『身を切る改革』ができる。めまぐるしく変わる国際情勢の中で、スピーディーな国会運営ができる」
 若狭氏は14日、新党の基本政策について、こうブチ上げた。
 これを受け、細野氏は同日夜、自身のツイッターに「地方自治と一院制は、国の統治に関わる抜本改革だ。(中略)新党の政策の柱にもなりうると思う」と書き込み、合いの手を入れた。
 細野・若狭新党の現実味が増したのは、15日に民進党に離党届を提出した笠浩史、後藤祐一両衆院議員が新党参加の意向を固めたほか、13日に離党した鈴木義弘衆院議員も加わる方針だ。
 細野氏と協議してきた長島昭久元防衛副大臣、野間健衆院議員らも加わる見通しで、政党助成法の政党要件(国会議員5人以上)を満たす。
 民進党は前原誠司代表が就任したが、山尾志桜里・元政調会長のW不倫疑惑が炸裂したうえ、前原氏自身にも北朝鮮との不可解な関係が報じられるなど、党勢回復にはほど遠い。五月雨式の離党は止まりそうにない。
 それにしても、若狭氏は、新党加入の条件として「一院制」への賛成を掲げ、「反対する人は多分、新党のメンバーにならない」と牽制(けんせい)したが、この政治センスの欠如は致命的だ。
 「民進党キラー」として知られる日本維新の会の足立康史衆院議員は14日夜、「一院制」構想について、ツイッターで「何という軽薄で短絡的な提案なのだろうか」「ビジョンや政策理念なきところにいくら旗を掲げても、それは所詮、第二民進党(第三民主党)に過ぎないのである」と切り捨てた。
 あの民進党の小西洋之参院議員も同日深夜、ツイッターで「ポピュリズムの見本。(中略)羞恥心すらない政治家は安倍総理だけで十分だ」と批判した。(以上(ZAKZAK2017.9.16)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170916/soc1709160007-n1.html

 小池百合子の金魚の糞以外の存在意義の全く無い若狭勝が、一院制を宣ったそうだ。
 日曜朝の番組でも若狭勝は、補選で当選して党の金も沢山使わせて貰ったのにと攻められて、若狭勝はぐうの音も出なかった。というよりも、若狭勝から小池百合子を取ったら何も残らないのだ。身の程を知らない政治屋が増えているようだ。それで、政界再編などと言われてもヘソが茶を沸かすだけだ。何も理念も無く烏合離散を繰り替える政治屋に対して、有権者が既に見放しているという認識すらもなく、茶番劇に勤しんでいる政治屋を見ると、バカというよりも哀れみの境地と言っても良いだろう。
 小池ファーストも化けの皮が剥がれたし、モナ男の党など民進党崩れを何匹集めても糞にもならない。(No.5273)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に頭が悪いのは都民

都民ファースト圧勝、「小池勢力」で過半数の勢い 自民は惨敗
 各政党が国政選挙並みの総力戦で臨んだ東京都議会議員選挙(定数127)が2日、投開票された。
 産経新聞の出口調査などでは、小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が大幅に議席を伸ばしており、圧勝の勢いだ。
 都民は第1党となり、公明党などの支持勢力を含めて過半数を獲得する見通しだ。
 学校法人「加計学園」(岡山市)の文書問題や、稲田朋美防衛相の失言など国政の問題で逆風となった自民党は惨敗で、安倍晋三首相の政権運営に影響を与えるのは必至だ。
 計42選挙区に立候補したのは前回を6人上回る259人。うち女性は65人で過去最多だった。
 選挙戦は、都民など小池氏支持勢力と最大会派の自民が対決する構図。小池都政の是非や議会改革、豊洲市場(江東区)移転問題などが論戦のテーマとなったが、国政をめぐる問題がそのまま持ち込まれ、明確な争点が浮かばなかった。
 60人を擁立した自民は、告示前から党幹部や閣僚らが積極的に選挙区を回る態勢を敷いた。安倍首相が候補者の集会や街頭で演説したほか、選挙戦後半には人気の高い小泉進次郎衆院議員も街頭演説に投入。懸命にてこ入れを図ったが、逆風をはね返すことができず続々と議席を落とした。
 「古い都議会を新しく」をテーマに挑んだ都民は50人を公認したほか、民進離党者ら無所属の11人も推薦。2人区や3人区で推薦候補を合わせて2人を擁立するなど、強気の戦略で選挙戦に挑んだ。小池氏は選挙中、島部を除く41選挙区で100カ所以上の街頭演説を行い、昨夏の都知事選の勢いを加速させた。
 現職と新人計23人を公認した公明は堅調な戦いぶり。民進や共産は議席死守に向け、安倍政権批判も絡めた選挙戦だった。
 都選管によると、期日前投票者数の最終結果は135万5163人で前回より約45万7700人増え、1.5倍となった。6月22日現在の選挙人名簿登録者数は1126万6521人。(以上(産経ニュース2017.7.2 20:00)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170702/plt1707020017-n1.html

 東京都議選で、小池ファーストの会が股座膏薬・公明党を含めて過半数を取るらしい。
 本当に東京都民とはバカな輩の集合体だと思う。自民党の惨敗で、いくら負けても違法人・蓮舫の責任が問われない民進党ってパラダイスだね。(No.5201)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺はどこに行ってもボクの党

「維新除名は非常に残念。“是非に及ばず”の心境」
 日本維新の会に離党届を提出し除名処分となった渡辺喜美参院議員(比例代表)が23日午後、国会内で記者会見し、小池百合子東京都知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」との連携を模索する考えを示した。当面は無所属で活動する方針。議員辞職は否定した。
 渡辺氏は離党を決めた理由を、自身が試みた松井一郎代表(大阪府知事)と小池氏との橋渡しが実現しなかったためと説明。同日告示された都議選では「都民ファーストの会」の候補を応援する意向を示した。除名処分については「明解な回答を出していただいたので、大手を振って仲間の応援に行ける」と述べた。
 「都民ファーストの会」の国政進出については「一寸先は闇。どういう具合に政治が動いていくのか、今から予測するのはなかなか難しい」と含みを持たせた。(以上(産経ニュース2017.6.23 22:14更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170623/plt1706230058-n1.html

 維新に救って貰った元ボクの党の渡辺喜美がエラそうに維新に離党届を出したというのだから、あきれて物も言えない。
 元ボクの党・渡辺喜美は、維新と小池百合子の小池ファーストをくっつけようと画策したが駄目だったから、小池ファーストを応援するために離党するらしい。これだけ恩知らずの輩がと思うが、江田憲司、松野頼久等元ボクの党出身者は、自分さえ良ければ、いくらでも人を利用して政治屋として生き残ることを模索する輩なのだ。
 小池ファーストに憑依した渡辺喜美は、是非とも小池百合子の足を引っ張って欲しいものだ。(No.5192-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離党届サッサと処理をすればよし

小池氏、自民に離党届…ファーストの会代表就任
 東京都の小池百合子知事は1日、自民党に離党届を提出し、自らが率いる地域政党「都民ファーストの会」の代表に就任した。
 23日告示、7月2日投開票の都議選へ向けて対決姿勢を鮮明にする狙いがあるとみられる。自民党は除名などの処分も検討する。小池氏は、昨年7月の都知事選で自民党の方針に反して立候補した際、党に「進退伺」を提出したが、党籍は残っていた。
 小池氏は1日、自民党の二階幹事長に電話で離党の意向を伝えた後、秘書に離党届を党本部に届けさせた。その後の定例記者会見で、小池氏は「進退伺を出していたがなかなか決めてくれないので離党届を出した」と説明した。1日夕には、都内で開いた同会の総決起大会で「真に改革を進めていくのはどこか。都民に伺う絶好のチャンスがやってきた」と気勢を上げた。(以上(読売新聞2017年06月01日21時37分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170601-OYT1T50063.html

 二重党籍だった小池百合子が自民党に離党届を出して、小池ファーストの会に注力するらしい。
 毎日市場だけで、6千万円の血税を垂れ流しながら、何も決められない政治を突き進んでいる小池百合子の化けの皮は、都議選を前にして剥がれているのだから、小池ファーストの会で都議選を戦えば良いのだ。小池ファーストの会は、小池百合子の独裁政権を目指す政党で、都民の利益よりも小池のメンツを最優先にする政党だろう。まあ、股座膏薬・公明党もすり寄っているようだから、一緒に心中すれば良いのだ。都議選では、民進党は全滅しそうだから、そのままにしておいてやれば良い。
 自民党はサッサと離党届を受理すればよいが、民進党みたいに除名処分などにはするな!(No.5176)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都都知事がバカで垂れ流し

白熱電球、ただでLEDと交換します 東京都が7月から
 東京都は26日、都民を対象に7月10日から、家庭で使っている複数の白熱電球とLED電球1個を無償で交換すると発表した。都が交換用に用意するのはLED電球100万個。その全てが白熱電球(60ワット)と置き換えられた場合は、電気料金を年約23億4千万円、二酸化炭素排出量を年約4・4万トン減らせるという。
 都によると、事業費は18億円。都指定の家電店で、白熱電球2個以上(口金が「E26」サイズの電球を含むことが条件)をLED電球1個と交換する。交換は1人1回限りで、白熱電球は都が回収する。複数回の交換などの不正を防ぐため、交換時には身分証明書の提示などを求める。交換はLED電球がなくなり次第終了する。
 都庁内には高額な事業費などを懸念する声もあったが、小池百合子都知事の判断で実施が決まった。都は26日から動画投稿サイトのユーチューブで、知事とタレントのピコ太郎さんが出演するPR動画の配信を始めた。(伊藤あずさ)(以上(朝日デジタル2017年5月28日06時54分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK5V62GLK5VUTIL04D.html
 東京都が、白熱電球とLED電球を無償で交換することを発表した。
 まあ、都知事がバカなのかと職員がバカなのか分からないが、現実を知らない戯け事だとしか思えない。白熱球のソケットにそのままLED電球を付ければ省エネになると考えているのだから、おめでたいこと、これほどのことはあるまい。白熱球のソケットにそのままLED電球をつけても、放熱が不足すれば、LED電球の寿命が短くなるから、器具ごと換えないと意味が無いことすら知らない輩が、東京都政を牛耳っているのだ。
 安全か安心か知らないが、バカに都知事を任せるから、無駄な税金が垂れ流されるのだ。自民党も悪いが小池百合子はもっとバカだ。(No.5170-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙のため答を出さぬのが豊洲

混迷の市場移転問題、知事の判断は都議戦後? 自民は攻勢、公明は…
 築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事のブレーンが掲げる築地市場再整備案が波紋を広げている。移転反対派は期待感を高めるが、都の事務方は工法や資金繰りなどの観点から課題を突きつける。移転案、再整備案双方を精査する姿勢の小池氏に対し、都議会自民党は早期移転を求めて攻勢。市場問題と都議選情勢が絡み合う中、小池氏は難しいかじ取りを迫られている。(石野哲郎、高久清史)
■懸念次々
 「アセスメント(環境影響評価)を実施する必要があり、期間は45カ月かかる」。副知事ら都の幹部が並んだ4月27日の「市場のあり方戦略本部」の会議。小池氏のブレーンで、都の市場問題プロジェクトチーム(PT)の小島敏郎座長が旗振り役となる築地市場再整備案に関し、都の担当者はアセスメントの対象となり、長期化が免れないという認識を示した。
 さらに、営業中の工事で市場機能に支障を生じる▽敷地を通る形で整備する計画の環状2号線を2020年東京五輪・パラリンピックの輸送ルートとして使用できない▽豊洲整備のために発行した地方債の買い戻しや国の補助金の返還が必要で、市場会計が平成31年度にも資金不足に陥る-などの懸念を次々と指摘した。
 その一方で、豊洲移転の場合には今後20年以上は安定して事業を継続できると強調。こうした“豊洲優位”の説明に対して、小池氏は「(豊洲移転に関して)楽観的な数字ばかりを並べないほうがいい」とし、さらなる精査を求めた。
■判断はいつ?
 昨年11月に発表された都の工程表(ロードマップ)では、豊洲市場の土壌汚染対策を検証する専門家会議と、市場の持続可能性などを検証する市場PTの報告書を踏まえ、小池氏が「総合的に判断する」というプロセスを図示。そこに戦略本部は存在しなかった。
 今年に入り、専門家会議が環境基準超えの有害物質が検出された地下水への対策は必要としつつも、食品を扱う施設の地上部分は「科学的に安全」と評価。対照的に都議会などで築地市場の土壌汚染の恐れ、耐震性上の課題がクローズアップされるようになった。こうした状況下で小池氏は築地、豊洲両市場の課題などを検討するためとして戦略本部を新設した。
 工程表上、小池氏の判断時期は最速で今夏。都議会自民党は戦略本部設置を「決断の先延ばし」と批判し、都議選の選挙公約に豊洲への早期移転を盛り込んで攻勢を強める。小池氏と連携する公明党も都議選前の判断が望ましいとする。(以上(産経ニュース2017.5.5 10:00更新)より引用)
http://www.sankei.com/premium/news/170505/prm1705050011-n1.html

 小池百合子は、毎日都税を垂れ流しながら築地から豊洲の移転の決定は、都議選後にする気のようだ。
 「科学的に安全」と専門家に言われても、「安全と安心は別」と宣って、決定を引き延ばして、小池百合子は都議選で自民党に勝ちたいようだ。しかし、選挙のために決定を延ばされている当事者はどうなのだろうか?小池百合子は全く考えていないとしか思えない。まあ、東京の懐具合など地方の者が心配することではないのだろうが、余りにも露骨に選挙目当てとしか思えない。小池百合子は総合的に判断と宣っているが、地下空間があって汚染土壌があるのと、舗装を取れば汚染土壌があるのとを比べれば、どちらが都民に安心かというのは自ずから答えは出るはずだ。
 結局は、東京五輪の都外開催と同じように、豊洲に戻るのだろうが、さて、その時小池百合子はどのような屁理屈を出すか楽しみだ。(No.5147-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

股座膏薬に恥という文字はなし

公明、街宣車も小池色…幹部「どこの党か」苦笑
 公明党は2日、小池百合子東京都知事のイメージカラーである緑色を基調としたデザインに変更した街宣車を都内でお披露目した。
 都議選(7月2日投開票)で連携する小池氏との協力関係をアピールする狙いがある。
 同党によると、デザインを変更したのは、主に東京都内で使用する街宣車。白い車体に入れていた2本線を青と赤から緑と黄緑に変えた。この日、JR新宿駅西口で街宣車の上に立って演説した党幹部は「最初、どこの党の車なのか分からなかった」と苦笑いした。(以上(読売新聞2017年05月04日11時05分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170503-OYT1T50113.html

 東京都では自民党から離れて小池百合子にすり寄った公明党が、小池色の緑を基調とした街宣車を作った。
 まあ、節操のない股座膏薬・公明党らしい判断だが、既に、小池百合子の化けの皮が剥がれているから、どこまで通用するか見ものだ。また、泥舟・民進党から逃げ出した輩も一緒らしいから、まるで、細川護煕の日本新党騒ぎの再来としか思えない。
 街宣車の色がどこの党か分からないと党患部がほざいているらしいが、元々公明党など信念の欠片も無いのだから良いではないか!(No.5146-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊洲移転選挙ネタです小池知事

豊洲移転、都議選前に結論を=山口・公明代表
 公明党の山口那津男代表は16日放送のラジオ日本の番組で、東京都の築地市場(中央区)の豊洲(江東区)への移転問題について、「小池百合子都知事が全責任を負っている。(7月の)都議選の前に結論を出すのが望ましい」と述べ、小池氏に早期決着を求めた。移転をめぐり自民党は小池氏への批判を強めており、小池氏と連携する公明党としては都議選での争点化を避けたい考えがある。(2017/04/16-10:37)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041600250&g=pol

 股座膏薬・公明党の山口那津男が、都議選前に豊洲移転の結論を出すようにと発言した。
 しかし、小池知事としては、都民の税金を垂れ流し続けようとも、豊洲を自民党の悪行三昧に仕立てて、都民ファーストの会を有利にしたいという意図があるのだろう。しかし、それが本当に都民のためとは思えない。舗装をめくれば汚染物質が出てくる築地市場と下にコンクリートで空間を作って汚染物質を隔絶している豊洲市場とどちらが安全かという観点に立てば、小池百合子の屁理屈である安全と安心という訳の分からない屁理屈など屁でもないはずだ。何よりも、都民ファーストの会にはニセ民進党議員が議席確保のために、潜り込んでいるのだから、そのような選挙目当てで自分の主義主張も変える輩を議員にしてはならない。
 小池百合子は、都議選前には決断しないだろうが、それが今後の都政にどれだけ影響を与えるかトータルで考えられない輩のようだ。(No.5129-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屁理屈で逃げる小池の面の皮

築地市場で海水濾過設備が故障 小池百合子知事、老朽化は「都のほったらかし」が原因と批判
 築地市場(東京都中央区)にある海水の濾過(ろか)設備が17日早朝、故障し、濾過した海水が市場内で使用できなくなった。都が同日発表した。
 濾過した海水は床洗浄や魚の水槽などに使用しているが、市場の主要な建物である水産仲卸売場(約1500店舗)全棟で海水の配水が止まった。現在、水道水利用に切り替えて対応している。
 老朽化した土中の配管から漏水したのが原因とみられ、都は復旧を急いでいる。
 小池百合子都知事は同日の会見で、豊洲市場(江東区)移転が都の前提になっていたとして「築地改修がほったらかしだった。汚い、古いなどと指摘されて、18年間放置されてきた」と指摘。築地では、耐震基準を満たさない建物や土壌の有害物質の存在が相次いで明らかになっているが、今回の故障も含めた老朽化の原因を、対応を怠ってきた都の「不作為」にあると批判した。
 その上で、「企業なら問題があればリコールや株価下落になる。市場について万全の信頼を得るべきだが、信頼を得ることは本当に大変だ」と強調した。
 都によると、築地では専用設備から海水を取水して濾過し、滅菌。土中の配管を通じて水産仲卸売場の各店舗などに配水し、床洗浄や魚の水槽用に利用されている。
 17日朝、蛇口から海水が出ないとの苦情が業者から都に寄せられた。
 設備の配管は昭和36年に整備され、その後補修を繰り返しながら利用を続けてきたという。修理には時間がかかる見通し。
 また、豊洲問題を検証する都議会百条委員会は、18日に担当部局の中央卸売市場の歴代市場長4人ら、19日に東京ガスとの用地買収交渉を担当した浜渦武生元副知事、20日に移転を決断した石原慎太郎元知事の証人喚問を行う。(以上(産経ニュース2017.3.17 20:23)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170317/plt1703170036-n1.html

 小池百合子が築地の海水濾過装置の故障を「都のほったらかし」が原因だとほざいた。
 しかし、取り壊すことが分かっている所に、新品の設備を入れるなどあり得ないことだ。移転まで、何とか騙し騙しでも使うと言うのが筋だ。もし、取り壊すとされた築地に普通の所と同じだけ修繕費を掛ければ、それは税金の使い道としてやり玉に挙がるのは火を見るより明らかだ。また、小池百合子は、「企業なら問題があればリコールや株価下落になる」と一般企業のことも知らない癖に、一般企業を引き合いに出しているが、一般企業の方がもっとシビアだ。
 小池百合子の政治パフォーマンスで、豊洲移転を遅らせなければ、このようなことも起こらなかったのだ。小池百合子の正体見たりだ。(No.5099)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

股座膏薬がそろそろと小池支持

公明、「小池新党」と都議選協力…自民とはなし
 東京都の小池百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」と公明党は13日、夏の都議選(定数127)で、候補者を互いに推薦する選挙協力と政策合意を結んだと発表した。
 公明党は都議選で、自民党と協力しないことも明らかにした。
 都民ファーストの会は、23人いる公明党の全候補者を推薦し、一方の公明党は、計22ある1人区と2人区のうち、公明候補のいる荒川区を除く21選挙区で、同会の候補を推薦する。
 都民ファーストの会代表で小池知事の政務担当特別秘書の野田数かずさ氏と都議会公明党の中嶋義雄議員団長は、都庁でそろって記者会見。野田氏は「都政の頭脳として力を借りたい」、中嶋氏は「政策面で一致し、信頼関係が醸成された」と選挙協力の理由を説明した。(以上(読売新聞2017年03月13日21時40分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170313-OYT1T50147.html

 政教分離の原則を無視した股座膏薬・公明党が都議選で、小池新党とくっついた。
 この判断が正しかったかどうかは、都議選の結果を見れば分かる話だ。しかし、豊洲と築地との安全比較で、完全に小池百合子の政治ショーに過ぎないという化けの皮が剥がれたので、公明党の判断が正しかったかどうかは分からない。まあ、民進党議員も民進党を逃げ出して、小池百合子にすり寄っている状態だが、本当に、小池百合子が東京都のための政治をしているかどうかという結論は、都議選前にハッキリすることだろう。自民党都議の古い体質が良くないのは良く分かるが、それならば、持論に固執して、安全を先送りして税金を垂れ流している小池百合子が正しいかというのは別問題だ。
 これで、都議選前に東京を大地震が襲っただけで、小池百合子は死に体になることは明白だ。まあ一蓮托生だが!(No.5096)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歩く国賊・菅直人 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 評論家 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評