自由党

国会もバカが野党じゃこんなもの

プレミアムフライデー初日、夜の衆院採決に懸念
 2017年度予算案の衆院通過を巡る与野党攻防がヤマ場を迎えている。
 自民党は20日の衆院予算委員会理事会で、24日の採決を改めて打診したが、民進党は拒否した。
 24日は早めに退社・退庁をして趣味などを楽しんでもらおうと政府が旗を振る「プレミアムフライデー」の初日で、政府・与党内からも国会審議に伴い官僚の退庁が遅くなれば、「率先垂範にならない」との声も上がっている。
 「国会議員はともかく、国会職員、官庁職員にどう配慮するか悩んでいる」
 自民党の竹下亘国会対策委員長は20日の政府与党協議会で、プレミアムフライデー初日の24日に衆院予算委・本会議での採決スケジュールが夜にずれ込むことを懸念した。政府・与党は一日も早い予算案の通過・成立を目指す立場だが、この日が「深夜国会」となることには腰が引けている。このため、与党は「24日の衆院通過をずらせば、野党にも日程で譲ったと言うことができる」として、衆院通過を27日とする妥協案も模索している。(以上(読売新聞2017年02月21日09時00分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170221-OYT1T50028.html
 国会の来年度予算の衆院通過が2月24日になりそうなのだが、バカな野党が邪魔をするという展開になっている。
 2月24日はプレミアムフライデーの初日で、公務員もその恩恵に預かりたいらしいが、それを人質にした民進党の糞にもならない邪魔が入っている。その上、バカな民進党は、24日採決をずらせば、「野党に日程を与党が譲った」という認識なのだから、本当にバカの何乗かと言いたい位の底抜けのザルバカ(救えないバカ)だ。
 国会審議を伸ばしても税金の無駄だと分かっていない民進党以下野党のバカを養う金は無駄だから国会からリストラするべきだ。(No.6074-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会でデモをやってるのは野党

批判やプラカード何も生まない…首相が野党に
 安倍首相は20日の衆参両院本会議での施政方針演説で、「ただ批判に明け暮れたり、国会の中でプラカードを掲げても何も生まれない」と述べ、民進党など野党の国会対応を当てこすった。
 先の臨時国会では、年金改革関連法案の衆院厚生労働委員会での採決時に、反対する野党側が「年金カット反対」の紙を掲げて委員長席に殺到するなどした。首相は、「意見の違いはあっても、真摯しんしかつ建設的な議論をたたかわせ、結果を出していこう」とも呼びかけた。
 演説では民主党政権時代の批判も繰り広げられ、民進党の蓮舫代表は参院本会議終了後、記者団に、「自画自賛と民主党時代の批判。あまり美しい演説ではないなと思った」と不快感を示した。民進党の榛葉賀津也・参院国会対策委員長は20日の与野党国対委員長会談で、自民党に「揚げ足を取って細かいことを言わない方がいい。参院ではプラカードを使って反対したことは一度もない」と抗議した。(以上(読売新聞2017年01月21日09時25分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170120-OYT1T50096.html

 安倍総理の施政方針演説で、野党の批判やプラカードを批判したが、国会をデモと勘違いしている野党には理解不能だろう。
 そもそも、プラカードを掲げてのデモは一般国民がやることであり、法律を作る権限のある国会議員がやることではない。それこそ、真摯な討議をすることが仕事なのだ。それを忘れて、万年野党の共産党に悪のりした民進党も知能程度が極めて低いとしか考えられない。何と言っても、審議拒否をしておいて、委員会採決になれば、委員長を取り囲んで議事進行の邪魔をするなど、国会議員の矜持がどこにあるのだろうか?民主党の榛葉賀津也が、参議院ではやっていないとそれこそガキのようなことをほざいているのだから、民進党など国会から削除するべきだ。
 まともに審議のできない野党など、雇っている方が税金の無駄だ。審議のできない国会議員は議員辞職をするべきだ。(No.5068)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共産になれば元には戻らない

共産党大会、共闘へ本気…民・由・社幹部初出席
 共産党の第27回党大会が15日、静岡県熱海市の党施設で開幕し、志位委員長は次期衆院選に向けて他の野党と「本気の共闘」を実現させると強調した。
 民進、自由、社民3党も党首らが初めて出席するなど共闘に前向きな姿勢を示したが、民進党は共産党の求める政権構想の策定などに否定的な姿勢を崩していない。
 志位氏は「野党と市民の共闘をさらに大きく発展させ、安倍政権を倒すありとあらゆる努力を傾ける」と決意を表明した。
 民進党の安住淳代表代行は「この舞台に立っていることに歴史的使命を感じる。(民進、共産両党の)違いを強調するのではなく、一致点を見いだす度量と決意で敵に立ち向かう」と語り、連携を約束した。
 自由党の小沢共同代表は「野党が協力関係を構築し、政権交代を実現しよう」と呼びかけ、社民党の吉田党首も「選挙協力の協議が加速すると確信している」と述べた。小沢氏は日程を変更し、急きょ駆けつけた。(以上(読売新聞2017年01月15日23時37分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170115-OYT1T50169.html

 共産党の大会に売国奴・民進、社民、自由の党首らが集って、政策を無視した野党野合を画策している。
 まあ、社民党、自由党は糞の役にも立たないだろうが、2大政党を夢見る民進党まで参加しているのだから世も末だ。野党野合で二大政党制になったとしても、共産党が政権を盗れば、間違いなく日本の民主主義は破滅して、日本も中国、ロシア、北朝鮮のような共産主義の国になり、憲法も無効にされて共産党独裁政権が樹立されるのは火を見るより明らかだ。前に、一度だけ民主党に任せてみようという有権者の希望を見事に打ち砕いた民主三バカ政権ならば、総選挙で落としさえすれば済んだことだが、共産党政権になれば、中国のように選挙も行われなくなるから、共産党独裁政権を交代されることなどできなくなるのだ。民進党は違法人・蓮舫が中国人だから、異様に思わないだろうが、共産党と旧民主党とは全く別次元の問題だ。既に、志位和夫の言葉「野党と市民の共闘」という中の「市民」が共産社会の実現を明確に表現しているのだ。
 もし、共産党独裁政権になったら、政権を倒すには革命しかないことを有権者は心しておくべきだ。(No.5063)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝罪なら共産党がやっておけ

共産・小池晃書記局長、民団新年会で「日本政府は元慰安婦に誠実な謝罪を」 地方参政権実現も主張
 在日本大韓民国民団(民団)は12日昼、都内のホテルで新年会を開いた。出席した共産党の小池晃書記局長は慰安婦問題に関し「日本政府は、過去に元慰安婦の人権を著しく侵害したことへの誠実な謝罪が必要だ」と強調した。韓国・釜山の総領事館前の慰安婦像設置には言及しなかった。
 また、小池氏は永住外国人地方参政権付与について「超党派で力を合わせ、実現に向けた努力を続ける」と述べた。社民党の福島瑞穂副党首も「今年、地方参政権の問題を一歩進められるよう国会議員や民団の皆さんとやっていきたい」とあいさつした。
 日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相(自民)は、日本政府が慰安婦像設置への対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させたことを「国と国との約束(慰安婦問題に関する日韓合意)を守っていくために初心に帰ってがんばろうというというメッセージだ」と語った。(以上(産経ニュース2017.1.12 15:46)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170112/plt1701120032-n1.html
 売国共産党の小池晃が、民団の新年会で「日本政府は元慰安婦に誠実な謝罪を」とほざいた。
 そもそも、慰安婦という言葉自体もアカヒ新聞のねつ造した言葉であり、アカヒ新聞の記事に悪乗りした南朝鮮が日本に集るためにほざいているだけだ。日韓合意で全て終わっている話で、それを蒸し返す売国共産党など日本から追い出すべきだ。ついでに、沖縄に屯している共産党から人頭を貰った奴も一緒だ。さらに、小池晃は、外国人参政権についても、慰安婦をでっち上げた福島瑞穂らとともに、進めるというが、共産党、社民党は日本を外国人支配にしたいだけだから、絶対に外国人参政権など許してはならないのだ。どこの国に、帰化もしていない外国人に参政権を与える国があるというのか!
 売国共産党に感化されて民共合作にご執心な民進党も含めて、自由、社民、共産、民進党は日本には不要なのだ。(No.5059-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好き嫌いですか自分の主義主張

民進念頭に「政権交代への執念を」 小沢氏が年初にクギ
 自由党の小沢一郎代表は1日、「野党が結集して選挙戦に当たることが、次の衆院選で政権交代を可能にする唯一の方法だ」と語り、民進、共産、社民との野党4党での共闘の必要性を訴えた。さらに、共産との共闘に消極論を抱える民進を念頭に「政権交代に対する執念やその必要性を強く認識していない面がある」とクギを刺した。
 党所属国会議員らを集めた東京都内の自宅での新年会で語った。
 選挙協力について「選挙をする身になってみれば、相手が自民党の支持者だろうが、創価学会だろうが、共産党だろうが、自分に票を入れてくれるという人をいらないという必要はまったくない」とし、「好きだから嫌いだからということで毛嫌いするのは、次元の低い異なったレベルでの議論だ」と指摘した。
 野党共闘の態勢については、秋以降の衆院解散を視野に「この夏までには作り上げないといけない」と語った。(中崎太郎)(以上(朝日デジタル2017年1月1日17時12分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK115H7WK11UTFK003.html

 権力の権化・小沢一郎が年始に自由党議員等を集めて新年会を開き、主義主張は棚に上げて野党連合を進めるべきだとほざいた。
 小沢一郎は、民進党を念頭に「好きだから嫌いだからということで毛嫌いするのは、次元の低い異なったレベルでの議論だ」とほざいたそうだが、主義主張が違うから違う党なのであって、それを無視して好き嫌いレベルの話にするなど、本当に頭が悪いのだ。民進党を中心に政権交代をやっても、烏合の衆に日本の政治ができる訳もないし、有権者も民主三バカ政権時代の再来など求めていないのだ。
 しかし、権力という甘い汁を覚えている小沢一郎としては、もう一度どうでも良いから権力の汁を味わいたいのだろう。(No.5049)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民共合作に動いている松野

京都1区を野党共闘の象徴に
小沢、穀田氏そろい踏み

 自由党の小沢一郎共同代表は25日、共産党の穀田恵二国対委員長のお膝元である衆院京都1区のJR京都駅前でそろって街頭演説し、野党共闘の実現を訴えた。共産党は同区を「必勝区」として穀田氏擁立を既に決定しているのに対し、民進党も独自候補擁立を模索している。一本化の調整は道半ばで、野党共闘の成否を占う象徴区となりつつある。
 演説で小沢氏は「野党が一体となって戦う態勢をつくる」と強調。穀田氏も「共闘の実現に全力を挙げる」と訴えた。両氏が並び立つことで、民進党に調整加速の「圧力」をかける狙いがある。(以上(共同通信2016/12/25 19:07)より引用)
https://this.kiji.is/185689816253792260?c=39546741839462401

 小沢一郎と共産党の穀田恵二が京都1区で、街頭演説をしたが、民進党の松野頼久もどこからともなく紛れ込んでいた。
 民進党は、朴槿恵の糞ババア政権がアメリカと中国の間で股裂きにあったように、民進党は連合と共産党の二股をかけて、身動きが取れなくなっている。その中にあって、元ニセ維新の松野頼久がこのような暴挙にでたと言うことは、民進党も松野頼久に三行半を突きつけられるのも時間の問題のようだ。小沢一郎は、単に権力を握りたいという欲求で動いているのだろう。
 元ニセ維新だから松野頼久は動きやすいのかも知れないが、今度は元ニセ維新を引き連れて共産党に憑依する気かも知れない。(No.5042-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

存在が税金の無駄です野党

塩崎厚労相の不信任決議案など否決…衆院本会議
 民進、共産、自由、社民の野党4党が提出した塩崎厚生労働相の不信任決議案と丹羽秀樹・衆院厚労委員長(自民)の解任決議案は、29日午後の衆院本会議で、与党などの反対多数でそれぞれ否決された。(以上(読売新聞2016年11月29日 14時56分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161129-OYT1T50098.html

 野党4党が、可決される当ても無い塩崎厚労相の不信任決議を出して否決された。
 とにかく、糞の役にも立たない民進、共産、自由、社民党の議員など存在すること自体、税金の無駄以外の何物でもないのだ。こうやって、本会議の邪魔をして、自己満足に浸るだけということをいつまで続けるのだろうか?バカも休み休みやって欲しい。法案を提出した大臣を不信任というならば、野党の存在不信任を国民が突きつけてやりたいとさえ思う。特に、帰化議員の多い民進党には、日本語の特訓を休会中にやって、少なくとも、小学校の学級会レベル以上の質疑ができるように勉強するべきだ。
 年金法案の参議院審議も与党の審議時間を野党にくれてやることなく、サッサと延長会期中に野党を無視して成立させるのだ。(No.5017-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本では二大政党などは無理

4野党共闘、年内に=衆院選にらみ全国行脚-自由・小沢氏
 自由党の小沢一郎代表は26日、大阪市内で開いた党府連総会で、早期の衆院解散・総選挙に備え、民進、共産、社民との4野党共闘に年内に道筋を付けるべきだと訴えた。席上、小沢氏は「4党、単純加算したらそれだけで(多くの選挙区で)自民党に勝つ」と指摘。「国民の期待感を大きくするために、今年中にしっかりとした連携をつくり上げなければならない」と述べた。
 小沢氏は今月5日の新潟県を手始めに、20日に千葉県、25日に東京都で支部総会を既に開催。次期衆院選をにらみ、地方組織のてこ入れのため本格的な全国行脚に乗り出している。月内は27日の地元岩手県を含めさらに3県を訪問。12月から年明けにかけて、沖縄、大分両県など7県を回ることが固まっている。(以上(時事ドットコム2016/11/26-17:18)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112600168&g=pol

 守銭奴・小沢一郎が野党共闘を唱えて全国行脚するそうだ。
 金のためなら何でもやるという小沢一郎らしい発想だ。民進、共産、社民、自由が共闘を組んでも、与党に肩を並べる訳ではない。何よりも理念の違うから政党に分かれているのであって、それが理念を棚上げして、選挙で勝つためだけの野合をやるということが、国民の期待感だろうか?全く国民をバカにした話だ。アメリカでは二大政党制が根付いているが、日本では、民主三バカ政権で国民を騙して、民主党が凋落したから、自民党への対抗軸が存在しないのだ。まして、過去の得票数を単純加算して与党に勝てると言っても、野党で支持率を伸ばしている党は皆無なのだから、それで勝てると言うのは余りにもお粗末な頭ではないだろうか?
 野党が勢力を伸ばすには、前向きな提案が必要だが、何でも反対党がいくら集まっても国民の期待は集まるはずも無い。脛に傷持つ奴らばかりだからな!(No.5014)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評