民進党

ツイッターで民進党のお目出度さ

民進・小西洋之氏「丸2日間ぐらい考え続け…安倍晋三首相を完全に粉砕する理論の立論に成功した!」 ツイッターに書き込み
 民進党の小西洋之参院議員は26日、安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条改正と2020(平成32)年施行への意欲を表明したことに絡み、自身の公式ツイッターに「いろんな仕事の合間に丸2日間ぐらい考え続けて、安倍総理の9条3項改憲(9条の2改憲)を完全に粉砕する理論の立論に成功しました」と書き込んだ。
 「安倍総理の改憲は、自らパンドラの箱を開け、違憲の安保法制と内閣そのものが崩壊することになる」とも指摘した。(以上(産経ニュース2017.5.27 10:36)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170527/plt1705270020-n1.html

 民進党の頭がとてもお目出度い小西洋之がツイッターで安倍総理を完全に粉砕する理論の立論に成功したとつぶやいた。
 それならば、民進党は審議拒否などせずに、国会の場で正々堂々と安倍総理を論破すれば良いのだ。歩く国賊・菅直人が、安倍総理のHPの記事に噛みついて、最高裁まで争って裁判で負けた上に、原発菅災時に、歩く国賊・菅直人が東電に対して海水注入を指示したと判例にもなった。小西洋之も公式ツイッターでほざいた以上、その責任はちゃんと取る意志があると受け取って良いのだろう。
 小西洋之は寝言なら寝てほざいて欲しいとさえ思う。(No.5169-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇室に嫉妬している帰化議員

「女性宮家より旧宮家復活や養子が先」衛藤補佐官
■衛藤晟一・首相補佐官(発言録)
 女性宮家の創設は、原理もちゃんとしていないのに時期尚早。女性宮家は将来、女性天皇までいいんですよ、女系天皇までいいんですよという意味で言われているのか、皇室の人数が少なくなったからご公務(の負担軽減)に対して言われているのか。ご公務(の負担軽減)に対してなら、女性宮家をつくらなくても、別の形でいろいろ検討できる。
 女性宮家は、女系(天皇)を認めないとできない。もっと先に検討すべきことがある。旧宮家の復活もある。あるいは(旧皇族からの)養子もあるかもしれない。幅広い男系による安定的な皇位継承を検討することは十分可能だ。いますぐからでも(検討を)やらなければならない。(BSフジの番組で)(以上(朝日デジタル2017年5月27日05時15分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK5V7W4LK5VUTFK01T.html

 衛藤晟一首相補佐官が、民進党が言い張っている女性宮家の創設に対して、筋論を展開した。
 民進党は、アジア、特に中国、朝鮮からの帰化議員が多いから、神武天皇から連綿と続く日本の皇室を何とか実質潰したいという意図が見え見えだ。何と言っても、中国、朝鮮は、王朝が代わる度に、前王朝に血の繋がった者は皆殺しして、絶えさせていたから、日本の天皇家のような存在がないのだ。民進党は、女性宮家を創設すれば、女性天皇と言い出すことは火を見るより明らかだ。そうすれば、天皇家から神武天皇からのY遺伝子の継承を絶つことができる。それゆえに、売国民進党は女性宮家にご執心なのだ。
 日本籍でありながら、日本人の血の流れていない輩に、日本の伝統をとやかく言われること自体おかしいことだ。(No.5169)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進党など無視してやれば済む話

「共謀罪」参院審議入り平行線=自・民
 自民、民進両党の参院国対委員長は22日、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議日程をめぐり協議した。自民党は23日の衆院通過を前提に、24日の参院本会議で趣旨説明と質疑を行い、審議入りしたいと提案したが、民進党は拒否した。(2017/05/22-13:33)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052200605&g=pol

 テロ等準備罪の参院審議を民進党が拒否したのだから、民進党など無視して与党+維新で審議を進めれば済む話だ。
 これだけ会談をして、話しても分からない駄々っ子・民進党の支持率など6%台だ。審議をして何か提案をするのならば良いが、審議で邪魔をするだけの存在なのだから、無視して審議を進めれば良いのだ。与党・自民党は何を遠慮しているのだろうか?違法人・蓮舫など無視しておけば済む話だ。相手にしようとするからややこしくなるだけだ。
 与党+維新はサッサとテロ等準備罪を成立させて、即日施行して、民進党ならば辻元清美、社民党なら福島瑞穂、共産党は党全部を検挙すれば良いのだ。(No.5165-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮舫は釈明せずに吠えるだけ

自民の小野田紀美参院議員が「米国籍を喪失しました」 ネット上は「蓮舫民進党代表はいつになったら説明するの」の声
 自民党の小野田紀美参院議員(34)は21日までに自身のツイッターに「米国籍の喪失証明書が届いた」と投稿した。これにより小野田氏は二重国籍状態が解消され、国籍は日本だけとなる。
 小野田氏は18日、「昨年、皆様に大変ご心配をおかけいたしました私の国籍の件につきまして、あらためてご報告申し上げます」として、「以前フェイスブックに書かせて頂いた通り、義務である『日本国籍選択と米国籍放棄手続き』については立候補前の平成27年10月に終えておりましたが、努力義務である『外国の法においての国籍離脱』という手続きについては、当時進行中で終了しておりませんでした。大変時間がかかりましたが、この度、アメリカ合衆国から2017年5月2日付での『アメリカ国籍喪失証明書』が届きました」と記し、原本も添付した。
 二重国籍問題は、父親が台湾人、母親が日本人である民進党の蓮舫代表(49)が昨年10月に日本と台湾の二重国籍状態にあることが分かり、その後、与野党ともに二重国籍状態となっている議員がいることが発覚、小野田氏もその一人だった。
 小野田氏は「国政を担う身として、皆様にご不安とご心配をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます」と投稿したが、ネットでは「小野田さんは潔い」「蓮舫氏はいつになったら国籍問題をはっきりさせるのか」といった投稿が相次いだ。
 小野田氏は昨年10月、自身の戸籍謄本をフェイスブックに公開したが、蓮舫氏は公開していない。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)(以上(産経ニュース2017.5.21 09:23)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170521/plt1705210006-n1.html

 米国の手続きの遅れで二重国籍になっていた自民の小野田紀美参院議員が、証拠とともに二重国籍の解消を公開した。
 それに引き替え、国会で吠えているだけの違法人・蓮舫は、子どものプライバシーとほざいて、二重国籍解消の証拠すら見せないのだ。見せられない理由があるから見せられないのだろうと一般人が考えても当然のことだ。戸籍謄本を全部公開しろとなど誰も求めていないのだ。小野田議員のように必要な所だけ公開すれば済むことができない輩が、国会議員に居座っていること自体、ゆゆしき事態だ。
 参院は、良識の参院と言いたければ、違法人・蓮舫の証人喚問を行い白黒付けるべきだ。(No.5164)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主主義を知らぬ奴戯言が上手い

民進・蓮舫代表「はっきりしたのは、維新は与党だ」 テロ等準備罪審議めぐり批判
 民進党の蓮舫代表は20日、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の衆院法務委員会での採決をめぐり、直前の質疑で「質疑はこれ以上必要ない」と述べた日本維新の会について、「はっきりしたのは維新は与党だ」と批判した。広島市内で記者団に語った。
 また、韓国の文在寅大統領の特使として来日した文喜相氏と19日に会談した際、慰安婦問題に関する日韓合意について「不可逆的な国際的な取り決めを守ってほしい」と伝えたことを明らかにした。(以上(産経ニュース2017.5.20 18:36更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170520/plt1705200023-n1.html

 民主主義を知らない違法人・蓮舫が、戯言で「維新は与党だ」とほざいたそうだが、民主主義の原則を貫いただけだ。
 何の対案も出さない、民主党時代に作った共謀罪法案も無視、政治屋として何も仕事をしていない民進党が、何様のつもりかと言いたい。レッテル貼りが得意なのは変わらないようだが、民主主義では少数意見を尊重し、その良い所を取り入れて修正するのは当然のことだ。しかし、台湾籍と言いながら、元本省人の違法人・蓮舫としたら、民主主義の手法としてすら、理解する脳みそを持ち合わせていないようだ。
 サッサとテロ等準備罪を成立させて、民進党の辻元清美に適用して欲しいというのが国民の意見だ。(No.5163-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進党下品なだけが取り柄です

民進・山尾志桜里氏が維新議員に「自民党に入れてもらえ!」とやじ
 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を可決した19日午後の衆院法務委員会で、民進党の山尾志桜里前政調会長が、質問に立った日本維新の会の丸山穂高衆院議員に「自民党に入れてもらえ!」とやじを浴びせた。
 維新が、改正案の修正協議で与党と合意したことを念頭に置いた発言とみられる。委員会後、記者団の取材に応じた山尾氏に、その真意を尋ねた。
 --丸山氏の発言中に、先生の声で「自民党に入れてもらえ!」と言ったように聞こえたが、発言したか
 「しましたよ」
 --趣旨を教えてほしい
 「その発言の通りです」
 --民進党とは立場は違うかもしれないが、公党に対し、あまりに度が過ぎた侮辱だと思う
 「まあ、それは、記者さんのお考えということで、うけたまわります」
 --先生はそうは思われないか
 「記者さんのお考えということで、うけたまわります」
 改正案に反対する民進党が与党との修正協議に臨んだ維新を苦々しく思う気持ちは理解できなくはない。とはいえ、立場の異なる者には罵倒も辞さないという姿勢は、「多様な価値観」(民進党綱領)を掲げる政党像とは程遠い。(政治部 松本学)(以上(産経ニュース2017.5.19 14:34)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170519/plt1705190030-n1.html

 衆院法務委員会で、維新議員に「自民党に入れてもらえ」とほざいたガソリーヌ山尾が記者に屁理屈を並べた。
 国会で、国会議員が何を喋ろうが罪に問われないということを逆手に取って、好き勝手をほざいている民進党のヤジは、昔の国会のヤジのように与野党問わず笑いが漏れるというレベルの高いヤジではない。どちらかと言えば、4バカ野党が国会前に人を集めてアジっているのと同じレベルだ。また、民進党では、何を喋っても罪に問われないということを拡大解釈をして、暴力を振るっても傷害罪に問われないと考えているからおかしいのだ。与党も遠慮せずに、国会内の民進党による暴力行為でも、刑事告発してその罪を問うべきだ。
 ガソリーヌ山尾はヤジる前に、自分のガソリン代の釈明をする方が先ではないか?バカには物事の順序が分からないのだ。(No.5162-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反対する理由がちゃんとある野党

テロ等準備罪、衆院法務委で可決 23日通過へ 野党は猛抗議
 衆院法務委員会は19日午後、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を、与党と日本維新の会の賛成多数で可決した。与党は23日に衆院を通過させ、参院に送付する方針だ。民進、共産両党は反発を強め、対立が激化している。
 与党は24日の参院審議入りを目指す。ただ、民進、共産、自由、社民の4野党は衆院採決の混乱を理由に抵抗する構え。参院審議入りが24日から遅れた場合、与党は会期(6月18日まで)の延長を検討する。
 19日の法務委では、午前9時から4時間の質疑を実施した。金田勝年法相は「組織犯罪と戦うために国際社会と緊密に連携することが必要不可欠だ」と強調。テロ等準備罪を新設し、テロなどを未然防止するための国際協力を可能とする国際組織犯罪防止条約を締結すべきだと訴えた。
 また、捜査機関の拡大解釈により一般人が対象になる可能性を問われ、金田氏は「捜査対象にならないことは明らかだ」と説明した。
 与党は質疑後、採決に踏み切った。参考人質疑をのぞくこれまでの審議時間の合計が、採決の目安となる30時間を超えたため。民進党理事らは採決時、鈴木淳司委員長(自民)を取り囲んで猛抗議した。日本維新の会は、要求していた「取り調べ可視化の検討」などの法案修正がなされたことから、賛成に回った。
 改正案によると、テロ等準備罪の対象犯罪は277で、適用対象をテロ組織や暴力団、詐欺グループなどの組織的犯罪集団に限定した。構成員が2人以上で犯罪を計画し、うち少なくとも1人が現場の下見などの準備行為をすれば、計画に合意した構成員が処罰される。(以上(産経ニュース2017.5.19 13:35更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170519/plt1705190026-n1.html

 テロ等準備罪が衆院法務委で可決されたが、脛に傷を持つ4バカ野党が猛反発している。その理由は自分たちが縛られるからだ。
 沖縄辺野古で反対運動をしている左巻きにも、社民、共産党から活動資金が流れていることは、自明なことだ。テロ等準備罪が成立すれば、こいつ等の悪行三昧も全て適用できるのだから、何が何でも反対をしなければならないのだ。
 政治屋も左巻き活動家も一般人では無いのだから、騒ぐより心の準備をしておいた方が身のためだと思う。(No.5161)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九条は守れ自衛隊も守れ

憲法改正、9条を優先=「苦しくてもまとめる」-安倍首相
 安倍晋三首相は9日の参院予算委員会で、憲法改正に関し「今まずやらなければいけないことは自衛隊についてで、残念ながら憲法学者の多くが違憲と言っている。そういう状況を変えるのは私たちの世代の責任だ」と述べ、9条を改正し自衛隊の根拠規定を置く必要性を訴えた。民進党の蓮舫代表への答弁。
 首相が国会で9条改正に言及したのは、3日に開かれた改憲推進派団体の集会に寄せたメッセージで、1、2項を維持しつつ自衛隊の存在を追加する案を打ち出して以降、初めて。
 共産党の小池晃書記局長は、首相の9条改正案により「自衛隊は何の制約もなく海外で武力行使できるようになる」と追及した。これに対し首相は、「そうしたことにはならない。(戦争放棄などを定めた)1、2項を残すのだから、当然、憲法上の制約は受ける」との見解を示した。
 首相は、蓮舫氏に「自民党内の議論を加速し、憲法審査会への提案をいかに苦しくてもまとめ上げる決意だ」と表明。同時に「一方だけが具体的な案を出して、もう一方は追及、批判するだけというテーマではない」として、安倍政権下での改憲に反対する民進党にも案をまとめるよう促した。
 憲法を改正し2020年施行を目指すとした理由については、「20年は東京五輪・パラリンピックも予定される年で、新しい日本を始めようという機運がみなぎっている」と説明した。蓮舫氏は「五輪と憲法改正は全く関係ない」と批判した。(以上(時事通信2017/05/09-18:08)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050900116&g=pol
 国会でやっと憲法論議が始まったが、安倍総理は4バカ野党の屁理屈に遭っているようだ。
 それならば、九条論者はどう考えるのだろうか?共産党は、日本を中国の属国として共産主義社会にしたいという下心は見え見えなので、自衛隊が邪魔なことは十分分かるが、それならば、非常時に自衛隊が活動していることをどう考えるのか?例えば、歩く国賊・菅直人の菅災である東日本大震災でも、自衛隊は活動したが、それをどう考えるのか?少なくとも、自衛隊は、九条論者であろうがなかろうが、分け隔てなく救助し、被難所の運営も行ったし、遺体捜索にも加わった。そんなに自衛隊が嫌ならば、一切、非常時に自衛隊の援助を受けないと、予め登録する制度が必要だろう。何よりも、自衛隊が無かったから、南朝鮮の李承晩に竹島を不法占拠されたことを九条論者はどう考えるのか?安倍総理は優しいから、憲法改正で違法人・蓮舫率いる民進党に具体的な案を出すように諭したが、民進党で憲法論議をすれば、党が分裂することは火を見るより明らかだ。
 改憲論議は、支持率6.6%の民進党に遠慮することなくどんどん進めるべきだ。バカを相手にしていても議論は進まない。(No.5152)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都議選後だから遅いの分からない?

都議選後に「蓮舫降ろし」も=民進、憲法も不安定要因に
 党勢低迷にあえぐ民進党内で、東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)後、一波乱ありそうな空気が漂っている。選挙結果次第で、反執行部系議員が蓮舫代表の辞任要求に動く可能性をにおわせているためだ。また、安倍晋三首相が憲法改正をめぐり9条に自衛隊の位置付けを加える案などを示したことも、改憲への賛否が混在する同党にとって不安定要因となりそうだ。
 「民進党の旗を掲げて頑張っている仲間の当選を目指して全力でやっていく」。蓮舫氏は先月20日の記者会見で都議選についてこう意気込んだが、苦戦は避けられない情勢だ。同党は小池百合子都知事の圧倒的な存在感を前に埋没。都議選の公認候補36人のうち3分の1超が相次いで離党届を提出する異例の事態に陥っている。
 しかも、東京は蓮舫氏の地元。代表が自らの地盤で結果を残せなければ、党内から責任を問う声が上がることが予想される。実際、執行部の党運営に批判的な松野頼久元官房副長官を中心とする保守系グループなどは、党規約の代表解任(リコール)手続きも視野に執行部を揺さぶる構えだ。
 一方、首相が3日に表明した改憲提案が民進党への「くさび」となる可能性もある。9条への自衛隊明記は、保守系の前原誠司元外相が昨年の代表選出馬時に主張しており、今後、改憲論議が具体化すれば、首相への対決姿勢を強める蓮舫氏と、改憲に前向きな保守系との溝は深まりそうだ。保守系には、共産党との共闘路線に対する不満も根強く、党内対立の火種となっている。
 このまま国政で「自民1強」状況に風穴を開けられず、都議選でも反転攻勢できなければ、蓮舫氏への逆風が強まるのは必至。若手の一人は「選挙対策で選ばれた代表が、お膝元で負けるようでは次期衆院選は勝てない」と危機感を示す。
 もっとも、旧民主党時代から、党代表が地方選敗北で引責辞任した例はない。「蓮舫降ろしなんてやっている場合ではない。そんな姿を国民に見せたら、二度と振り向いてもらえない」。党内ではこう指摘する声もある。
◇主な旧民主、民進代表の辞任例
 岡田克也(2004年5月~05年9月)→衆院選敗北
 前原誠司(05年9月~06年3月)→偽メール問題
 小沢一郎(06年4月~09年5月)→違法献金事件で公設秘書が起訴
 鳩山由紀夫(09年5月~10年6月)→米軍普天間飛行場移設をめぐり混乱
 菅直人(10年6月~11年8月)→特例公債法などの成立と引き換え
 野田佳彦(11年8月~12年12月)→衆院選敗北
 海江田万里(12年12月~15年1月)→衆院選で落選
 蓮舫(16年9月~?)
(注)敬称略
(以上(時事ドットコム2017/05/06-14:56)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050600336&g=pol
 民進党は、民進党が負けることが火を見るよりも明らかな都議選で負けたら、違法人・蓮舫の責任を問うらしい。
 違法人・蓮舫以前の問題として、民進党に勝てる要因があると考えている民進党の方がおかしいのだ。それは、世論調査を見ても、森友問題で懲りずに民進党は難癖をつけているが、安倍内閣の支持率は変わらず、民進党の支持率は右肩下がりだ。それでも、都議選で勝てると妄想を描いている輩がいること自体、民進党の存在価値が無いことを示している。旧民主党時代から、党代表が地方選敗北で引責辞任した例はないらしいが、イオンの権化・岡田克也と野田豚が衆院選敗北で代表を辞めているのだから、違法人・蓮舫も責任を取って辞めれば良いだけの話だ。自民党一強だからといって、民進党を支持する筋合いの問題ではない。今の民進党に政権を盗らせても、民主三バカ政権以下の政治をすることは、誰もが分かっているのだ。
 それよりも、民進党が違法人・蓮舫を辞めさせたいのならば、蓮舫の二重国籍問題をリークすれば済む話だ。(No,5148-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無断録音は証拠にもならぬ

籠池氏と民進、奇妙なタッグ 昭恵夫人に照準「物事素早く動いた」
 学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題に絡み、民進党が28日に実施した籠池泰典前理事長へのヒアリングは、安倍晋三首相の昭恵夫人に関する問題がやり取りの大半を占めた。「昭恵夫人」「昭恵先生」と連呼する籠池氏と、それに呼応して質問を集中させる民進党議員-。目立ったのは、両者の奇妙な「二人三脚」ぶりだ。(松本学)
 「真っ先に小学院の建設構想についてご相談申し上げたのは、尊敬する安倍晋三首相のご夫人、昭恵先生だった」
 「10日くらいに1度は近畿財務局に出向いていた。昭恵夫人には交渉の経緯などを報告申し上げていた」
 籠池氏は会合冒頭、昭恵夫人に関する話をよどみなく語り始めた。国有地払い下げ問題と昭恵夫人の関連を印象づける狙いは明白だが、出席者は籠池氏の“エサ”に次々と食いついた。
 風間直樹参院議員は「昭恵夫人はコンサルタント的な役割を果たしたのではないか」と質問。福島伸享衆院議員は「昭恵夫人とは何回くらい電話したか」…。
 待ってましたとばかりに籠池氏は、「各方面にわたって対応していただいていた」「電話は20回は超えるんじゃないでしょうか」と、思わせぶりな表現を多用して問いかけに答えた。
 さらに、籠池氏は「昭恵ご夫人に名誉校長になっていただいたということが(あったので)、土地についてスピーディーに物事が動いた」とも主張した。
 会合では、籠池氏と妻の諄子氏が、昨年3月に財務省の田村嘉啓国有財産審理室長と面談した際の録音データに関する資料も公開された。ただその中には、籠池氏夫妻が財務省幹部に対し、恫喝(どうかつ)まがいの交渉をしていたともとれる場面も多かった。格好の政権攻撃材料とはいえ、野党第一党がタッグを組む相手にふさわしいかは疑問が残る。
 もっとも、民進党が籠池氏をどう活用しようとしているかは不明瞭だ。
 山井和則国対委員長は27日の記者会見で「森友問題を幕引きさせるわけにはいかない」と強調。安倍首相も出席する5月8日の衆院予算委員会集中審議で、昭恵夫人や田村氏の参考人招致を求める考えも示した。
 民進党は録音データという新証拠にわき立ち、「政権批判ショー」を演出しようと躍起だが、真偽不明瞭の籠池氏夫妻に振り回されているようにも見える。(以上(産経ニュース2017.4.28 21:32)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170428/plt1704280040-n1.html

 民進党が籠池のオッサンが無断録音した音源を元にヒアリングならぬ政治批判ショーを展開した。
 民進党は籠池のオッサンの録音で鬼の首を取った気でいるのだろうが、録音の相手が承諾していない無断録音は、刑事裁判でも証拠として取り上げられないものだという認識が、悪徳弁護士が名を連ねている民進党ですら理解していないようだ。そもそも、森友問題で、いくら安倍総理夫人を責めても、民進党の政党支持率だけが下がっているという事実すら直視できないのだから、好きにすれば良いと思うが、国会の場で税金を垂れ流すのは止めて欲しい。籠池のおっさんよりも、民進党のお仲間の北朝鮮のことの方が問題という認識すらないのだから、民進党に政治を担う資格など無いのだ。
 籠池のオッサンが勝手に昭恵夫人に電話をしていただけのことだろ!(No.5141-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評