おおさか維新の会

選管は悪事バレてもチェックせず

片山虎之助氏0票、再点検せず…抗議の電話数件
 10日投開票の参院選比例選で、おおさか維新の会の片山虎之助氏が獲得した個人名票が、愛媛県西条市で0票だったことを疑問視する指摘が市選管などにあった問題で、市選管は27日、票の再点検は行わない方針を示した。
 1996年に自治省(現総務省)が示した考えに従った対応だという。
 片山氏は、県内の20市町のうち同市以外の19市町で596~2票を獲得。有権者数9万3326人の西条市と規模が近い新居浜市で139票、香川県丸亀市で166票を得ている。
 西条市の主婦(75)は27日、読売新聞の取材に「片山とらのすけ」と書いて投票したとし、「せっかく投票したのに、行く意味がなかった。票をきちんと反映してほしい」と憤った。市選管にも同日、「片山氏に投票したのになぜ0なのか。ちゃんとせえ」などと抗議する電話が数件あったという。
 公選法は、投票された用紙は確定後封印し、任期中、市町村選管が保管することを義務付けている。自治省は96年、選挙訴訟や警察などの捜査以外では、原則的に封印は解けないとの考えを示した。開封すれば、票の滅失などにつながる恐れがあるためだという。
 市選管の秋月恭司事務局長は「投票したという市民の方がいる以上、ミスの可能性は否定できないが、選挙結果は確定しており、開封して再点検することはできない」と述べた。
 開票事務に詳しい環太平洋大の林紀行准教授(政治学)は「片山氏の票がどこかに紛れこんでいる可能性が極めて高い」と指摘。「公選法に沿った手続きでは開封による再点検は難しい。ただ、放置しておくと、開票事務への信頼が損なわれるため、きちんと検証すべきだ」と強調した。
 中村知事は27日の定例記者会見で「再点検は、市選管が諸事情を考慮して、その必要を認めた場合に決定されるべきであるので、県としてはコメントを差し控えたい」と述べた。
 同日の記者会見で見解を問われた青野勝・西条市長は、「選管のことなので、市長が答えることではない」と話した。(以上(読売新聞2016年07月28日14時27分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/20160728-OYT1T50002.html

 愛媛県西条市で参院選の集票間違いが指摘されても、市選管の秋月恭司事務局長は再点検しないとほざいている。
 片山の虎之助氏に投票したにもかかわらず、0票だったということが発端だが、自治省の通達を盾に、選管は自分たちのミスの確認もしないというのだから、選挙開票に関わった全職員を懲戒解雇にするべきだ。何と言っても、貴重な一票が選管によって無効にされることは多々あるが、誰も責任を取らない。また、公務員労組による組織的な票の隠蔽という話も巷では噂になっている。開封してチェックをすれば、票の滅失に繋がる恐れがあるというが、選管はそのような無責任な仕事しかしていないのだろうか?こんないい加減なことがそのまま許される公職選挙法自体がおかしい。ミスをした奴には、漏れなく懲戒免職という項目を付けるべきだ。しかし、このブログも時間が経てば、秋月恭司から名誉毀損だとして削除命令が出るかも知れない。公務員とはそんな生き物だ。
 再チェックをしないのであれば、連帯責任で選挙開票に携わった全公務員を懲戒解雇し、一票の重さを知らしめるべきだ。(No.4890-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アホにアホ言える自由も無い議会

あほ発言のおおさか維新・足立氏に党が厳重注意 「今国会中はおとなしくしてもらう」
 おおさか維新の会の馬場伸幸幹事長は22日、委員会審議中に民進党の国会議員を「あほ」などと罵倒し、通算三度目の懲罰動議を出された足立康史衆院議員を厳重注意したと発表した。国会内で記者団に「特定の個人を侮辱するような不適切発言については党としても遺憾だ」と強調した。
 また、足立氏の申し出を受け、今国会中は足立氏を質問に立たせない方針も明らかにした。馬場氏は「今国会中はおとなしくしてもらう」と述べた。
 しかし、民進党への謝罪に対して馬場氏は拒否。「おわびをしなければいけないということであれば、(民進党の前身の民主党などが)委員長を羽交い締めにしてけがをさせたり、委員会室の前を封鎖して委員長を入らせないようにしたりしたときに、国会がどういう対応をしたのかをきちっと調べさせていただきたい」と牽制(けんせい)した。 
 一方、自民党の河村建夫衆院議院運営委員長は22日の同委員会で、足立氏について、「わが国の教育上も断じてあってはならない」と批判した。民進党の安住淳国対委員長が同日の党代議士会で報告した。
 民進党は同日、足立氏に対する3度目の懲罰動議を提出しており、安住氏は代議士会で「自民党には『この問題をちゃんとやらないと、選挙制度改革の議論には入れない』と通告した」と語った。
http://www.sankei.com/politics/news/160422/plt1604220037-n1.html

 委員会審議中に民主党の「アホ」を「アホ」と事実を突きつけたおおさか維新の足立氏が厳重注意を受けた。
 しかし、おかしいのは民進党の方だと言いたい。侮辱されたくなければ、内容ある審議をすれば良いのであって、国民からも民進党の特定個人ではなく「民進党」そのものに「あほ」と言いたい。また、安住淳の汚い方法とは、懲罰を出さなければ、選挙制度改革の議論をしないと国民のための議案を放棄すると脅している点だ。交換条件を突きつけて、国の議論をねじ曲げる民進党には国会の場から退場して欲しい。民進党はあほなのだから、現実をちゃんと受け入れる必要がある。
 議論をしない民進党など国会に不要だから、どこかに政治屋の最終処分場を作って全員穴の中に埋めるべきだ。(No.4793-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治屋は震災さえも利用する

熊本地震「タイミングいい」=おおさか維新・片山氏が発言撤回
 おおさか維新の会の片山虎之助共同代表は19日の両院議員懇談会で、熊本地震に関して「政局の動向に影響を加えることは確かだ。大変タイミングのいい地震だ」と発言した。被災者感情を逆なでしかねず、片山氏はその後、発言を撤回した。
 片山氏は、衆院で審議中の環太平洋連携協定(TPP)承認案や24日投開票の衆院2補選、来年4月に予定される消費税率の引き上げや衆参同日選挙を列挙。熊本地震が「全てに絡む」として、「タイミングがいい」と語った。
 この後、片山氏はコメントを発表し、「政局的な節目に重なってしまった、という趣旨で発言した。言葉の使い方が不適切だった」として陳謝した。(以上(時事ドットコム2016/04/19-18:57)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041900683&g=pol

 おおさか維新の片山虎之助共同代表が、熊本地震を「大変タイミングのいい地震だ」と宣った。
 後で撤回したが、これが政治屋の本音といって良いだろう。政治屋の発言が撤回できて罪を問われないのは、国会の審議だけであり、その他の場所での発言には責任がついてくる。それがいつの間にか、政治屋は撤回して謝罪をすれば、何をほざいても許されるという風潮になっている。
 結局、おおさか維新も自分たちの選挙のことしか頭の無い政党だ片山虎之助が暴いただけのことだ。選挙前で良かったね!(No.4791)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおさかが恨みを晴らす委員会

民主党は「食中毒起こしたレストラン」 おおさか維新・足立康史氏 衆院予算委員会
 おおさか維新の会の足立康史氏は5日の衆院予算委員会で、民主党に対し「国会での発言権を奪ったグループは、消滅するまで許さない」と述べた。民主党内に党名変更を求める声があることを念頭に「仮に食中毒を起こしたレストランが看板を掛け替えたとしても、彼らが憲法違反の集団だと言い続けると国民に誓う」とまくし立てた。
 足立氏は冒頭、この日質問に立った民主党の黒岩宇洋氏、山井和則氏、維新の党の初鹿明博氏を名指しし、「3人の質疑のなかで、何か得るところがあったか聞こうと思ったが、もうお疲れなのでやめておく」と安倍晋三首相に話しかけた。第1委員室に笑いが広がった。
 足立氏の“独演会”はこれでは止まらない。企業団体献金を禁止していない民主党が「企業団体献金禁止法案」の国会提出を検討している点について、「民主党の先生方は企業団体献金禁止してるんですか。選挙に向けて企業団体献金を禁止する法案を出すのは、嘘のデマだ」と叫んだ。 
 足立氏はまた、委員会開会中に民主党議員が同僚議員と話し込んでいるために閣僚の答弁が聞こえないとして、「席替えを検討してほしい」と竹下亘委員長に要求した。これには中立の立場である竹下氏も思わず吹き出し、半笑いのまま「理事会で検討する」と応じた。(以上(産経ニュース2016.2.5 20:42)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160205/plt1602050046-n1.html

 民主党の嫌がらせにより、野党の質疑時間を分配されなかったおおさか維新が、民主党への鞘当てを行った。
 民主党の糞の役にも立たない質疑よりも、余程か面白い質疑だと思う。指摘されたように、民主党の質疑など糞の役にも立たないのだ。民主党が突飛に「企業団体献金」を禁止する法案を検討していると言っても、自分の所では企業・労組から貰っているのだから、噴飯物だ。それよりも、知っていても知らずにいても外国人献金を貰った場合には、生涯公民権を停止する法案も出して欲しい。
 このようにウイットの富んだ質疑ができない、民主党は日本の政治に不要だから、松野維新と共に消えて欲しい。(No.4718)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評