中国

中国が米軍人事に口を出す

中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り
 中国の習近平指導部がトランプ米政権に対し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を強める見返りとして、米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)を更迭するよう求めていたことが6日、分かった。米中関係筋が明らかにした。
 ハリス氏は日系米国人。先月、原子力空母カール・ビンソンに北朝鮮付近へ向かうよう命じるなど、太平洋地域の安全保障の実務をつかさどる。主権国にとって軍司令官人事は内政の重要事項で、他国が更迭を求めるのは外交上極めて異例だ。
 4月6~7日に米フロリダ州で行われたトランプ氏と習国家主席の初首脳会談に合わせ、中国の崔天凱駐米大使が米側に要求を伝えた。また経済関係についても、トランプ政権に対して中国の「為替操作国」認定を見送るよう求めた。
 トランプ政権側は更迭要求を拒否したとみられる。(共同)(以上(産経ニュース2017.5.6 21:35より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170506/wor1705060036-n1.html

 中国が北朝鮮への圧力の見返りとして、ハリス米太平洋軍司令官を更迭するように求めた。
 他国の軍の人事にまで口を出すのだから、中国も末期症状だろう。それならば、同じようにアメリカから中国人民軍の人事に口を出されたら、ハイ分かりましたと中国は従うのだろうか?逆に言えば、中国の何の根拠もない九段線内での米軍の圧力が、中国に対して効果があると言えるだろう。もし、アメリカがハリス米太平洋軍司令官を更迭しても、次の米太平洋軍司令官も同じ行動を取るという認識が中国にはないのだろうか?
 大使の更迭というのは、聞いたことがあるが、軍トップの更迭を要求する中国は、習体制がおかしい方向に向いているのではないか。(No.5149)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金正恩が中国に楯を突く

朝鮮中央通信が異例の中国名指し批判 「親善の伝統を抹殺する妄動だ!」
 朝鮮中央通信は3日、論評を配信し、中国が米国に同調し北朝鮮に制裁を科しているとして「朝中関係の根本を否定し親善の伝統を抹殺する容認できない妄動だ」と強く批判した。北朝鮮が中国を名指しで批判するのは異例。トランプ米政権から北朝鮮への圧力強化を求められている中国は、メディアが北朝鮮への石油禁輸に言及するなど牽制を強めている。伝統的友好国である中国の厳しい姿勢に、北朝鮮が反発した形だ。(北京 共同)(以上(産経ニュース2017.5.3 22:57)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170503/wor1705030061-n1.html

 北朝鮮の将軍様は、とうとう頭がおかしくなって、宗主国・中国様に楯突いたようだ。
 まあ、外交も知らない三代目のボンボンだから、日本の諺の「三代目は身代潰す」を絵に描いたような行動だ。中国様から原油が止まっただけで、何もできなくなるということが分かっていないのかも知れない。
 トランプ政権による北朝鮮包囲網が、着実に効果を上げているようだ。後は日本に難民が来ないように北朝鮮を始末して欲しいだけだ。(No.5146-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖国参拝記事書く方が問題ぞ

高市総務相の靖国参拝、菅氏「問題にする方がおかしい」
 高市早苗総務相は21日、春季例大祭が始まった東京・九段の靖国神社を参拝した。私費で玉串料を納め、「総務大臣」と記帳した。中国や韓国の反発を招きかねないが、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「外交への影響は全くない。外交問題にするほうがおかしい」と述べた。
 安倍晋三首相は、供え物の「真榊(まさかき)」を「内閣総理大臣 安倍晋三」の名前で奉納した。首相は政権復帰後の2013年12月に靖国神社を参拝して以降、中国や韓国との外交関係に配慮し、参拝を見送っている。(以上(朝日デジタル2017年4月21日22時29分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK4P5H51K4PUTFK019.html

 アカヒ新聞が高市総務相の靖国参拝への菅官房長官の談話を記事にしたが、このようなことを記事にする方がおかしいと思う。
 伊勢神宮参拝は何も言わないが、A級戦犯も名誉の回復が済んでいる靖国神社参拝をとやかく記事で取り上げること自体おかしなことだ。まるで、靖国神社参拝で内政干渉をしている中国と南朝鮮のためにメディアが記事にしているようにさえ感じる。菅官房長官の「外交問題にする方がおかしい」という発言はごもっともなのだが、中国、朝鮮のための報道をするアカヒ新聞としては、靖国神社参拝を煽り立てたいのだろう。しかし、これは新聞社による信教の自由を侵す行為だ。
 南朝鮮ではテロリストの安重根を英雄と崇めているが日本は何も言わない。それは内政干渉になるからだ。(No.5134-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮史だけは正しい習主席

「韓国は中国の一部だった」? 習近平主席の“講義”をトランプ大統領が暴露 韓国メディアは「一考の価値もない」
 トランプ米大統領が、中国の習近平国家主席との会談で「韓国は中国の一部だったことがある」との説明を受けた-と発言したことが、韓国で波紋を広げている。韓国メディアは、この発言には「一考の価値もない」とする外交部当局者のコメントなども紹介している。
 トランプ氏の発言が飛び出したのは、12日の米紙ウォールストリート・ジャーナルとのインタビュー。今月初めの米中首脳会談の際、習氏から中国と朝鮮半島の歴史について“講義”を受けた中で、「韓国は実は中国の一部だったことがある(Korea actually used to be a part of China)」と説明されたとしている。
 これが習氏の実際の発言通りなのか、トランプ氏の誤解や通訳ミスによるものなのかは不明。トランプ氏としては、中国と朝鮮半島には複雑な歴史があることを強調する意図があったとみられる。
 これに対し、韓国メディアが反応。中央日報(日本語電子版)は、韓国外交部の当局者が「報道の内容が事実かどうかはさておき、過去の数千年間、韓中関係の歴史において韓国が中国の一部ではなかったという点は国際社会が認める明白な歴史的事実」と語ったなどと伝えている。(以上(産経ニュース2017.4.20 11:47更新)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170420/wor1704200034-n1.html
 習近平主席が、トランプ大統領に「朝鮮は中国の一部だった」と正しい歴史観を披露したそうだ。
 朝鮮人からすれば、火病を発症する一大事かも知れないが、これが偽りのない朝鮮史と言えるだろう。朝鮮人は、中国北部の高句麗に占領されながらも、自分たちでは高句麗が先祖だとほざいて、高句麗の領土は、今の上海辺りまであったと誇大妄想に浸っているのだ。しかし、高句麗は、現生朝鮮人の祖先ではないというのは、DNAからも明らかなのだが、朝鮮人は事実を受け入れないのだ。朝鮮史は、古代から日本の統治までの間、ずっと歴代の中国王朝の属国だったのだから、朝鮮人はその事実を受け入れるべきだ。そのために、朝鮮の歴史書は高麗の時代になるまで無いのだ。それは、中国の一部だったから、前漢書地理史以降、中国の史書に書かれているから、自分たちで歴史書を作らなかったという事実からも、朝鮮が中国の属国だということが分かる。
 朝鮮人は、史実を火病を発症せずに受け入れるべきだ。いくらウリナラファンタジーの歴史ドラマを作っても、事実を隠蔽できないのだ!(No.5133)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国に朝鮮族の罰当たり

浅草寺でも油のような染み=中国人2人関与か-警視庁
 15日午前、東京都台東区の浅草寺から、建物に油のような染みが見つかったと警視庁浅草署に通報があった。署員が調べたところ、本堂の西側にある参拝施設で、液体がまかれたような跡が十数カ所で確認された。同庁は明治神宮(渋谷区)の鳥居に液体を掛けた建造物損壊などの容疑で中国人の女2人を全国に指名手配しており、関連を調べる。
 捜査1課によると、3日午後、浅草寺付近の防犯カメラにこの2人とみられる人物が映っていたという。明治神宮の後に浅草寺に立ち寄ったとみている。
 浅草署によると、染みが見つかったのは施設正面の扉や階段部分で、数日前に参拝者から寺側に指摘があったという。これまで、増上寺(港区)や世界遺産の下鴨神社(京都市)、首里城(那覇市)などでも液体がまかれたような跡が見つかっている。(以上(時事ドットコム2017/04/15-21:37)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041500390&g=soc

 神社仏閣に油のようなものを撒いた輩が中国人だと分かるとマスゴミが大手を振って報道し始めた。
 しかし、出国済みの中国人の姓は「朴」であり、中国の朝鮮族という可能性が高い。また、朝鮮では偶像崇拝を忌み嫌うウリナラキリスト教が中国の朝鮮族も洗脳をして、このような行為に及んだと考えるのが妥当だろう。朝鮮族を除く中国人は、このような行為をするような民族ではない。このような罰当たりなことをするのは、世界で朝鮮人しかいないのだ。自国でどのようなことをしても日本には関係ないが、日本の文化財を傷つける行為は絶対に許せない。
 日本の文化遺産を守るためにも、南朝鮮、中国のビザ無し交流は止めて、南朝鮮人は全員、中国人は朝鮮族の入国を禁止するべきだ。(No.5128-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKサッサと潰せ国のため

NHKが日の丸を中国国旗の下に 岸信夫外務副大臣「あってはならない」
 NHKが3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していたことが13日、わかった。岸信夫外務副大臣は同日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えた。
 自民党の有村治子参院議員の質問に答えた。映像は航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)急増に関する特集の中で使用された。有村氏は「NHKはどこの国の公共放送か」と述べて批判した。
 NHK広報部は産経新聞の取材に対し「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」と説明した。(以上(産経ニュース2017.4.13 19:32)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170413/plt1704130033-n1.html
 朝鮮人にまみれたNHKが「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示した。
 これは、まさしくNHKが汚鮮されていることを意味しているとともに、公共放送としての意義も無くなったと言えるだろう。最高裁でNHKの受信料契約について裁判が行われており、糞の役にも立たない阿呆務大臣が意見書まで出して、NHKを庇ったらしいが、契約とは双方の納得の上交わした約束であり、どうしようもない見るに堪えない放送を行っているNHKに受信料など、盗人に追い銭だ!有ってはならないでは済まない話で、総務大臣は、NHKに対して放送免許の取り消しを決断するべきだ。NHKは解体、除鮮後に資産だけ国が取って国営放送として国の方針をニュースで流せるようにするべきだ。また、NHKが海外に垂れ流してる海外放送も日本でもチェックできるようにするべきだ。
 スクランブルをかける自衛隊機をイメージしたらしいが、スクランブルを掛けるのはNHKの方だ。(No.2126)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカでノーとは言えぬ習主席

中国主席、異例の軍事力行使容認=シリア攻撃に「理解」
 【パームビーチ時事】ティラーソン米国務長官は7日、中国の習近平国家主席がトランプ大統領との首脳会談の席でシリア・アサド政権への軍事攻撃について知らされた際、「子供が殺害されている時にそうした対応は必要だ」と述べ、「理解」を示したと明らかにした。中国首脳が他国への軍事力行使を容認する発言を行うのは極めて異例だ。
 トランプ氏は6日夜に行われた夕食会の終盤で習氏に対し、シリアへの攻撃を実施したことを伝達。アサド政権が化学兵器で女性や子供を殺害したことへの対抗措置であるとの理由を説明し、発射した巡航ミサイルの数も伝えた。習氏はトランプ氏が情報を提供したことに感謝の意を述べたという。 
 中国政府はアサド政権を支持するロシアに近い立場を取っている。中国外務省報道官は記者会見で、米国への直接的批判は避けつつも、「中国は国際関係で武力行使に反対し、対話を通じた平和的解決を主張してきた」とトランプ政権に自制を呼び掛けた。劉結一国連大使も7日、「政治解決が唯一の解決策だ」として軍事的手段に否定的見解を示した。(2017/04/08-10:04)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040800347&g=int

 中国の習主席がアメリカ訪問中に起こった、アメリカのシリア政府に対する攻撃を容認する発言を行った。
 北朝鮮のことを考えるとアメリカ訪問中でなければ、頑強に習主席はアメリカの行動を批判していたことだろう。しかし、人道的な観点で子供への化学兵器の使用と言われれば、さすがの習主席もノーとは言えなかったのだろう。
 これで、北朝鮮の包囲網が少しでも強固になれば良いと思うが、トランプ大統領の次の標的は金正恩の首だろう。(No.5120-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮舫は客観的に見られない

民進・蓮舫代表、次期衆院選へ初めて出馬を明言
 民進党の蓮舫代表(参院東京)は12日の党大会後の記者会見で、「衆院選があった時にはしっかりと候補者として臨む」と述べ、次期衆院選への出馬を初めて明言した。
 ただ、出馬する選挙区などは明らかにしなかった。
 参院議員の蓮舫氏は自らのくら替え出馬についてこれまで、「覚悟を持っている」などと述べてきた。(以上(読売新聞2017年03月13日07時04分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20170312-OYT1T50120.html

 違法人・蓮舫が党大会後の記者会見で「衆院選があったら出馬する」とほざいたらしい。
 どこまで、お目出度い脳みそをしているのかと感心する。違法人・蓮舫が衆院選に立候補すれば、どこの選挙区だろうが、有権者が違法人・蓮舫に靡くと思っているのだから、とにかくお目出度い。これで、違法人・蓮舫が衆院選で落選すれば、牛江田万里に続く野党第一党代表の落選となる。(No.5094)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のために捏造する朝日

煬帝は「日出処」で激怒してない? 遣隋使研究のいま
 「日出処(ひいずるところ)の天子、書を日没処(ひぼっするところ)の天子に致す」。7世紀、倭国(わこく、日本)の国書を携え、中国大陸に向かった遣隋使。初めて派遣された年や、隋に対する優位感情が国書から読み取れるというとらえ方は変わってきている。
 遣隋使は「607(群れなす)船」と語呂合わせで覚えた人も多いかもしれない。しかし、第1回の派遣は、600年という見方が現在では優勢だ。
 遣隋使の記録は、「日本書紀」と中国の「隋書」に残る。本居宣長以来戦後の一時期までは、国内史料を特に重視する立場から、日本書紀に記述がない600年は顧みられる機会が少なかった。だが、史料分析が進み日本書紀の一部に誇張があることが明らかになり、隋書に残る600年を第1回と考える見方が広がった。
 この7年の差は大きい。607年に次の遣隋使が派遣されるまでの間に、「冠位十二階」や「憲法十七条」が制定されるなど矢継ぎ早に改革が断行されたからだ。
 隋書には、600年の遣隋使に隋の皇帝側が倭の為政方針を尋ねた時、「夜明け前に政務をし、日が昇るとやめる……」と答えたため皇帝はあきれ、政治のやり方を改めるよう諭したとある。「野蛮な国」扱いされた衝撃が、倭に改革熱を呼び込んだと言えそうだ。
 改革後の倭から派遣された、小野妹子(おののいもこ)ら607年の遣隋使は、「日出処の天子、書を日没処の天子に致す」の国書を持参した。受け取った隋の2代皇帝・煬帝(ようだい)が激怒したという記録が残る。(以上(朝日デジタル2017年3月7日01時24分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK2H5CXRK2HUCVL01D.html
 中国のためならば、どんな偏向記事も辞さないアカヒ新聞が、聖徳太子の時代を捻じ曲げようとしている。
 何でも、アカヒ新聞は中国様のいう通りという記事しか書けないようだ。アカヒ新聞は聖徳太子の成果まで中国隋の成果にする気らしい。(No.5089-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偏向紙翁長雄志の広報紙

「辺野古固執すれば禍根残す」 知事、外相に見直し求める
 来県中の岸田文雄外相は26日午前、県庁で翁長雄志知事と会談した。翁長知事は岸田氏に対し、米軍普天間飛行場の県外移設と5年以内の運用停止、日米地位協定の改定、尖閣問題の解決など12点を求める要望書を提出した。その上で「2月10日の日米首脳会談では辺野古移設が普天間飛行場の継続的な使用を回避する唯一の解決策であると再確認されたことは誠に遺憾だ」と批判した。その上で「日米両政府が辺野古移設に固執すれば、今後の日米安保体制に大きな禍根を残す」と述べ、見直しを求めた。
 会談は冒頭のみ公開され、公開部分では岸田氏からは辺野古移設計画に関する直接の言及はなかった。一方、岸田氏は昨年4月の米軍属女性暴行殺人事件を受け、日米両政府が日米地位協定の補足協定を締結し、地位協定を適用する軍属の範囲明確化を図ったことを説明し、沖縄の基地負担軽減に努めていると強調した。
 翁長知事と岸田外相の会談は2016年9月以来、3度目。(以上(【琉球新報電子版】より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-451228.html

 偏向新聞・琉球新報が、翁長雄志と岸田外相の会談を記事にした。
 さすが、琉球新報は翁長雄志の広報紙だけあって、翁長雄志の矛盾した要求もそのまま載せているのだ。翁長雄志が「米軍普天間飛行場の県外移設と5年以内の運用停止」とほざいても、何一つ具体策など持っていないのだから、犬の遠吠えに過ぎない。また、対案を持たずに何でも反対というのは、翁長雄志を支持する社民党の党是と言っても良かろう。また、翁長雄志は「日米両政府が辺野古移設に固執すれば、今後の日米安保体制に大きな禍根を残す」ともほざいているが、それは、中国様の手下である翁長雄志が困るだけの話だ。普天間の危険を早く除去したければ、翁長雄志のシンパの左巻き反対派の邪魔を止めれば良いだけの話だ。
 最高裁判決でも翁長雄志は負けたのだから、素直に負けを認めるべきだ。それと翁長雄志の広報紙である琉球新報と沖縄タイムスは廃刊だ。(No.5079-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評