結いの党

アジェンダが維新の乱に参入す

維新分裂バトルに渡辺喜美氏が“参戦” 橋下氏と「対残留組作戦」など相談か
 維新の党の分裂騒動に、旧みんなの党の渡辺喜美元代表が“参戦”した。新党結成で動く大阪系の総大将、大阪市の橋下徹市長と20日、名古屋市内のホテルで会談したのだ。残留組には、旧みんなの党出身者が多々おり、橋下氏と「対残留組作戦」などを相談したとみられている。
 会談は橋下氏側が呼びかけたとされ、表向きは「野党再編について意見交換した」と伝えられている。
 だが、渡辺氏といえば旧みんなの党時代、当時、同党幹事長だった江田憲司氏(維新前代表)と激しい党内バトルを展開した経緯がある。その後、江田氏らは集団離党に踏み切った。
 今回の分裂騒動では、江田氏が「分党」を拒否し、橋下氏との対立が激化したとされる。
 政界関係者は「渡辺氏は残留組の個人情報をよく知っている。橋下氏はそれを『対残留組作戦』に使うつもりではないか。『敵の敵は味方』という理屈だ」と語る。
 維新の党には20日、総務省から政党交付金6億6600万円が支給された。この銀行口座の通帳と印鑑は大阪系が保管しており、松野頼久代表ら執行部は引き出せない状況にある。執行部は、弁護士を通じ、銀行に引き出し停止を求めるなど、“仁義なき銭闘”は収束する気配がない。(以上(ZAKZAK2015.10.21)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20151021/plt1510211532005-n1.htm

 「アジェンダ」の権化・渡辺喜美が、過去の江田憲司への恨みを晴らすために、維新の大阪側に付いたらしい。
 とにかく目立ちたがりの渡辺喜美としては、自分の名を売って国会議員としての再起を謀りたいという魂胆が見え見えだ。松野維新の党は、既に政党支持率が社民党以下にまで低落している。やはり、維新を名乗るには「橋下」の名前が必要なのであって、松野頼久や江田憲司が何を吠えても、母屋を盗った輩としか世間は見ていないのだろう。
 それにしても、スッポンのような執念の渡辺喜美が、維新の混乱に乗じて参入してきたのには、それなりの腹づもりがあるのだろう。(No.4613)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京は結いでも大阪はみんな

維新・結い、「第3極」連携へみんなに秋波
 日本維新の会の松野頼久幹事長代行、みんなの党の水野幹事長、結いの党の小野幹事長は18日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、野党再編をテーマに議論した。
 松野氏は「できれば今の巨大与党に対抗し、一つの勢力に固まれたらいい。3党の政策にほとんど違いはない」と述べた。
 小野氏も「自民党に代わりうる政権担当能力を持った野党勢力の結集を目標に動いている。ぜひ一緒にやりたい」と述べ、みんなの党を含めた「第3極」の連携に前向きな姿勢を見せた。
 これに対し水野氏は「選挙に勝てないから協力しようというだけだと、野合と紙一重になる。政策が中心という原点を忘れてはいけない」と述べるにとどめた。(以上(読売新聞2014年04月18日 23時16分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140418-OYT1T50214.html

 凋落著しい日本維新の会の東京の国会議員は、結いの党との連携を模索しているらしい。
 一方で、大阪では、何が何でも数だとばかりに、大阪府議では、維新とみんなの党が統一会派を作ったというのだから、ヘソが茶を沸かしそうだ。犬猿の仲の結いの党とみんなの党と東西で別々に手を結ぶというのだから、単なる数あわせに過ぎない。
 野合と紙一重と言うが野合以外の何物でもない。それにしても、日本維新の会のダッチロールは見ているだけで面白い。さて次は何が飛び出すやら。まあ、それ以前に維新が東西で分裂しそうだが・・・(No.4082)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金の無駄遣いする「みんな」詐欺

「結い」も「みんな」も譲らず、会派問題物別れ
 みんなの党から分裂した結いの党が国会の新会派を結成できない問題で、逢沢一郎・衆院議院運営委員長は21日、みんな、結い両党幹事長と断続的に会談し、24日の通常国会召集までに決着させるよう求めたが、双方の主張は変わらず、物別れに終わった。(以上(2014年1月21日19時53分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140121-OYT1T01032.htm

 結いの党の立ち上げに、渡辺喜美ボクの党が、会派離脱届けを出さないという嫌がらせが、衆院議院運営委員長まで巻き込んで、バカなやり取りが続いているそうだ。
 こんなことに時間を費やす無駄というのを考えないのが、ボクの党・渡辺喜美だ。比例議員が新党に参加することについては、公職選挙法でも認められており、合法なのだ。しかし、ボクの党・渡辺喜美は、「会派離脱届けは元の会派の代表が出す」という慣例を楯にして、結いの党の邪魔をし続けているのだ。単なる嫌がらせとは違い、国民の血税を無駄に使っているという認識が、渡辺喜美には欠如しているのだ。ツイッターでも、誰も相手にしないのに「アジェンダ」ばかりを書き込むしか能の無い二世議員だから仕方がないのかも知れない。バカに付ける薬はないとは渡辺喜美を指す名言だ。また、離脱を表明している議員に対する交付金詐欺と言っても過言ではない行為だ。
 国会議員の手を煩わすことは、国民の税金を無駄遣いするに等しい行為だ。そこまで、ボクの党が、比例議員の辞職というのであれば、法的根拠を示すべきだ。また、衆議院も参議院もこのようなバカなことで時間を費やすことなく、新会派を認めてやることが、税金の有効活用というものだ。与党も野党もバカなボクの党に付き合っている暇はないはずだ。(No.3897)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判で決着付けりゃいい話

結いの党、法的措置も…会派離脱で「みんな」に
 みんなの党から分裂して昨年末に旗揚げした結いの党が国会の新会派を結成できない問題について、結いの党の小野幹事長は16日、国会内でみんなの党の浅尾幹事長と協議し、17日までにみんなの党からの会派離脱が認められない場合、裁判所への仮処分申請などの法的措置を検討する意向を伝えた。
 浅尾氏は、比例選出議員で結いの党に参加した13人への意見聴取の機会を改めて求めた。
 小野氏は会談後、記者団に「会派離脱を認めないのは政治活動の自由、結社の自由の侵害だ」と語った。(以上(2014年1月17日07時41分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140116-OYT1T01135.htm

 ボクの党代表・渡辺喜美の嫌がらせに業を煮やした結いの党が、会派離脱が認められない場合には法的措置を取る意向を示したそうだ。
 「アジェンダ」とツイッターで吠えるしか能のない渡辺喜美だから、何を言われても自分以外の意見を受け入れないのだから、結いの党もサッサと裁判所で決着を付ければよいのだ。それから、その仮処分が認められたら、昨年暮れに会派登録ができずに、ボクの党が分捕っている助成金についても、損害賠償請求を行えばよいのだ。
 渡辺喜美もここまで頭の悪い奴だという認識はこれまで無かったが、親の七光りで議員になれただけのとんでもない輩だということが、結いの党のお陰でよく分かった。ツイッターでも「アジェンダ」の中身を吠えているのならばまだ分かるが、バカのひとつ覚えに「アジェンダ」「政治は行動だ」と吠えているのだから、国会議員にしておくこと自体、日本の血税の垂れ流しで、無駄以外の何物でもない。(No.3891)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評