放送

マスコミをスルーしている両首脳

【世界大炎上】安倍首相・トランプ氏、共同戦線の敵とは マスメディアが歯切れ悪い理由
 「2日間の建設的な会談を終えて、安倍首相は日本へ帰った」
 ドナルド・トランプ米大統領がつぶやいた。
 「トランプ大統領、温かいおもてなしをありがとう」
 と、安倍晋三首相がつぶやき返す。
 日米両国トップが、こんな気軽なやりとりをツイッターで交わし、リアルタイムで世界の何千万もの人々が見る。まさに「時代は変わったのだ」と実感する。
 長く、要人の言葉や様子を伝える役割を独占してきたマスメディアは、今や「中抜き」の憂き目に遭っている。
 これは単に、時代の流れという話ではない。産経新聞が(11日付記事で)種明かししたとおり、安倍首相とトランプ氏を短期間で強く結び付けた最大の要因がまさに、2人を執拗(しつよう)にたたくマスメディア-朝日新聞とニューヨーク・タイムズ-という共通の敵の存在である。その敵を意図的にスルーするための、SNS活用でもあるからだ。
 筆者はかねてから、両首脳の共通点として、SNSの使い方を挙げてきた。思い起こせば、第2次政権発足直後、安倍首相は、朝日新聞による慰安婦報道の誤りにあえて言及したり、報道の間違いをフェイスブックで訂正するなど、マスメディアにファイティングポーズをとり続けていた。
 トランプ氏の、メディアとの激闘ぶりは言わずもがなだろう。
 これまで、リーダーたるもの、メディアと良好な関係を築いて、初めて安定した政権運営ができる-というのが常識だった。メディアがキングメーカーたり得るというアンシャンレジーム(古い体制)を、安倍首相とトランプ氏は破壊しようとしているのだ。しかもこの点では、日本の安倍首相が先輩である。
 とはいえ、日米首脳会談の終了後もなお、日本のマスメディアや、識者は「トランプ追っかけ」に夢中だ。でも、どこか間が抜けてみえる。2人の「蜜月」とは盛んに言うが、その絆の根が「対メディア共同戦線」にあるとは言いにくいからである。
 肝心の首脳会談、首相訪米の政治解説もまたスッキリしない。
 というのも、メディアは最も大事なイベントを伝えられず、識者と称する方々は、「親安倍」「反安倍」の立場の違いこそあれ、総じてポジショントークに終始し、なぜか大事なワードを避けがちだからである。
 識者の繰り出す、小難しい理屈抜きに考えてみてほしい。
 日本の首相が、就任早々の米国の新大統領と、早くも「超」が3つぐらい付く「仲良し」ぶりをアピールしたら、まず中国はどう思うか。また、北朝鮮、韓国はどう感じるか。
 これらを想像するだけで、今回の日米首脳会談の成果の程が容易に分かるはずだ。
 沖縄県・尖閣諸島を、日米安全保障条約第5条の適用範囲とすることが共同声明に明記されたことは、確かに具体的な成果である。だが、各論に過ぎない。
 安倍首相がトランプ氏を誘って仕掛けている対隣国の心理戦、そして、20世紀世界を支配してきた「リベラル」を自称する旧体制派と、その庇護者たるメディアとの戦い。その今後を暗示する大事な場面、日本のマスメディアが報じなかった、あるシーンについて次回言及したい。(以上(ZAKZAK2017.02.15)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170215/frn1702151700004-n1.htm

 安倍総理とトランプ大統領の首脳会談で、偏向報道を行うアカヒ新聞とNYTをやり玉に上げることで一致している。
 ネットの無い時代には、新聞社の報道が正しいという認識が持たれていたが、おっとどっこい、アカヒ新聞など日本を貶めるための自称高給売春婦などの捏造報道に明け暮れていたのだ。それに国民も騙されていた時代があった。しかし、今は自分で取捨選択をする必要があるが、新聞社が報道したくない情報もネット社会で溢れている。また、新聞社や放送局の意図的な捏造報道も分かってくるようになった。アメリカの大統領選挙では、トランプ氏が勝つなどどこの新聞も放送局も予想だにしておらず、クリントン氏を持ち上げる報道しかなされていなかった。特に酷いのがアカヒ系列であり、新聞で捏造、テレビニュースで捏造と見ているだけで吐き気がするだけ酷いものである。しかし、安倍総理は、そのようなマスゴミの下馬評など無視して、トランプ氏に対して大統領に就任したら首脳会談を早く行いたいと連絡していたことは、特筆するべき安倍総理の先見の明があったのだ。
 日本だけでなくアメリカでもマスゴミが役に立っていないようだが、事実をそのまま脚色せずに伝えれば良いだけだ。(No.5069-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BPO存在意義の無い組織

参院選・都知事選「放送倫理違反なし」…BPO
 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は7日、昨年の参院選と東京都知事選をめぐるテレビ放送についての意見を公表した。
 両選挙に関する番組に「候補者の扱いが公平でない」といった意見が多数あったことに対し、「どのようなテーマを取り上げるかは、放送局自身が決める」とし、放送倫理違反はないとの判断を示した。意見では、放送局の選挙に関する報道と評論の自由が公職選挙法で保障されていると説明。求められるのは、事実を偏りなく報道し、明確な論拠に基づく評論をする「質的公平性」だとした。(以上(読売新聞2017年02月08日07時49分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170208-OYT1T50009.html

 糞の役にも立たないBPOが都知事選の報道で「放送倫理違反なし」との見解を出したが、選挙放送は上位3名のことしか放送しなかった。
 それでも、BPOは「質的公平性」とほざいているが、3名以外の候補者の主張はほとんどと言って良いほど報道されないばかりではなく、3名以外に立候補者がいるのかという報道だった。
 それでも、BPOは「質的公平性」とほざいて逃げるのだから、存在意義自体が無いのだ。(No.5062-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決算は勝手にやれと言う議会

NHK予算案、すんなり了承 籾井氏時代とは大違い
 自民党は3日の総務会で、NHKの2017年度予算案を全会一致で了承した。籾井勝人氏が会長だった昨年は、職員不祥事への対応や報道内容に批判や意見が噴出。2度にわたって了承が見送られたが、先月会長に就いた上田良一氏が出席した今回は、約15分間の説明ですんなりと了承を取り付けた。
 細田博之総務会長は会見で「この2、3年は国会で様々な問題、指摘があって大変だった。万全の説明ができるよう対応してほしい」と要望したと説明。出席議員からは「新体制は信頼回復のために努力すべきだ」などの意見が出たという。上田氏は「コンプライアンスを充実させたい。放送と通信との融合の運用についても努力したい」と述べたという。上田氏は朝日新聞の取材に「とりあえず了承されホッとした。今後も一つ一つ確実に成し遂げていきたい」と話した。
 NHK予算をめぐっては、籾井氏の言動が原因で国会でも与野党がたびたび追及。国会承認は14年度予算から3年続けて全会一致の承認を得られなかった。(以上(朝日デジタル2017年2月3日19時11分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK234WBNK23UCVL00K.html

 自民党が総務会でNHKの2017年度予算案を了承したが、予算は国会で審議をしても、決算はNHKが勝手にするのだから意味がない。
 それでも、籾井の時にはすんなり通らなかった予算案が上田良一になってサッサと通ったと言うのだが、予算など取り敢えずの金の割り振りに過ぎず、実際にどのように使われたかを検証するには決算を見なければ意味がない。その意味の無いことを国会のセレモニーでやっているのだから、金の無駄だ。
 NHKの決算を国会審議にすれば手間が増えるので、スクランブルを掛けて受信料収入がどうなるか見るべきだ。(No.5082-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクランブル掛けりゃ公平受信料

NHKは番組宣伝が多すぎる? 「あなた、民放の番組も見ないとダメよ」と言われ…
 『1月25日付でNHKの新会長に就任した上田良一氏(67)が2日、東京・渋谷のNHK放送センターで初の定例記者会見を開いた。上田会長は、受信料制度のあり方を考える「NHK受信料制度等検討委員会」の新設を発表。その一方で、同局の番組宣伝について、「民放でもないのに、NHKは番組宣伝が多すぎる。何であんなに宣伝を入れるのか」などの不満の声が寄せられていることを明かした。会見での主なやり取りは次の通り。
■今月中に第1回会合
 --(幹事社・スポーツ報知)2日付で設置された「NHK受信料制度等検討委員会」の詳細について
 「NHKの事業運営は受信料を財源としているが、近年は、放送と通信の連携の進展や、視聴環境の変化など、NHKを取り巻く社会の環境変化が進み、変化のスピードも増している。そのため、外部有識者による委員会を会長である私の諮問機関として設置する」
 「委員会では、メディア環境や社会環境などの変化を踏まえ、受信料制度やその運用のあり方について検討していただく。常時同時配信が実現した際の負担のあり方や、受信料体系のあり方などを考えていただく。構成員については、法律や経済分野の専門家5人に、企業法務に詳しい弁護士1人をオブザーバーとして加えた計6人。各方面の専門家の知見により、受信料制度やその運用に関係する課題を、時代に即した形で総括的に整理することが主眼だ。今月中に、第1回会合を開催したいと考えている」』(以上(産経ニュース2017.2.3 00:00)より部分引用)
http://www.sankei.com/premium/news/170203/prm1702030007-n1.html

 NHKの新会長上田良一が、受信料制度について検討委員会を新設すると発表した。
 そのような検討委員会に金を使うこと自体、NHKの傲慢であり受信料の垂れ流しだ。NHKはネット放送に参入して、全てのネットに繋がるPCやスマホからも受信料を分捕ろうという姑息なことを考えている。しかし、放送にはスクランブル、ネットにはパスワードを使えば、デジタル時代の現代、簡単に公平な受信料徴収ができるのだ。そして、受信料徴収のために訳の分からないNHK子会社なども使う必要がないから、大幅なリストラが可能になる。なぜ、公平な受信料徴収とほざきながらも、NHKがスクランブルを掛けないかと言えば、極少数の受信料不払い者を裁判で血祭りに上げて見せしめにして、受信料収入を増やそうという姑息な考えなのだ。しかし、それができるのもスクランブルを掛けないからできるというおかしな自己矛盾をしているのだ。さらに、NHKがスクランブルを掛ければ、当然、糞にもならない時代遅れのNEWSを流しているNHKなど視聴する人がいなくなって、受信料収入が落ち込むことをハッキリ自覚しているのだ。受信料収入が落ちれば、せっかくNHK会長になったのに、銀座で豪遊することもできなくなるという身勝手な論理なのだ。
 NHKはどれだけの人から支持されているか、一度、放送にスクランブルを掛けてどれだけ受信料収入が減るかやってみれば良い。(No.5081)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真実はテレビを見ても分からない

米入国禁止令、賛成49%=反対は41%-ロイター調査
【ワシントン時事】ロイター通信は31日、トランプ米大統領がイスラム圏7カ国からの入国禁止などを命じる大統領令に署名したことに関する米国内での世論調査結果を発表した。大統領令に賛成する人は49%で、反対の41%を上回った。「分からない」が10%だった。
 賛成は共和党支持層、反対は民主党支持層で多かった。調査は30~31日、18歳以上の約1200人を対象にインターネットを通じて実施された。(以上(時事ドットコム2017/02/01-08:53)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020100167&g=int

 ロイターの調査によると、米国の世論調査でトランプ氏の入国禁止の大統領令に賛成する人が49%で反対より多かった。
 しかし、日本のテレビニュースでは、反対一辺倒であたかも悪いかのように報道されている。完全な世論誘導だ。毎日などは「トランプさん」と他国の大統領をお友達感覚でかつ大統領として認めないという態度を取っている。トランプ大統領の入国禁止措置は、あくまでも違法者に限っているのだから、それに反対するというのは、違法行為を見過ごせと言うことだ。(No.5078-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受信料やっと俎上へ裁判所

NHK受信料、憲法判断へ 放送法制定67年、なぜ今?
 NHKと契約していなくても受信料を支払わなければいけないのか――。憲法判断を示す最高裁の大法廷が今年、受信料訴訟について初の審理を行う見通しだ。放送法制定から67年。なぜ今なのか。
 審理されるのは、東京都の男性に、NHKが受信契約を結んで受信料を支払うよう求めた裁判。男性は2006年から自宅にテレビを持っているが契約を拒み、12年に訴えられると「放送法の規定はそもそも違憲だ」と主張した。
 受信料支払いの根拠は、1950年制定の放送法だ。「受信設備を設置したらNHKと契約しなければならない」と定める。
 ただ、法学者らには、憲法が保障する「契約の自由」の観点から疑問の声がある。大法廷で審理するとの報道後、ツイッターでは「(NHKが)勝訴すれば契約という定義や概念が全部おかしくなる」「どうして(料金を支払った人だけが見られる)スクランブル放送にしないの?」「教育、災害報道、国会中継、選挙公報だけをやる公共放送局とその他の完全分離を」などの意見が飛び交った。(以上(朝日デジタル2017年1月16日21時58分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASJDP440KJDPUTIL013.html

 NHKを受信料で養うという日本のおかしなシステムを最高裁大法廷で初の審理を行う見通しだ。
 契約というものは、双方の合意の元に成り立つのに、NHKの受信料搾取は、NHKが一方的にやっている。その根拠が放送法なのだが、1950年というテレビ放送が始まった段階で作られた法律であり、その時の根拠としては、日本津々浦々電波が届くようにという趣旨があった。しかし、現在ではそれも解消されているにもかかわらず、NHK職員の高給や詐欺事件に費やされているのだ。また、NHK子会社にしても受信料から資本を出して、儲かる部分はNHK本体から切り離して丸儲けをしているのだ。さらに、NHKでは姑息なことに、ネット配信を行って、放送と同じようにパソコンやスマホを持っている者から、受信料を搾取しようと画策している。NHKとすれば、今の制度で、見ようが見まいが受信料を搾取して、NHKの中で湯水の如く使っていればそれが一番楽だ。しかし、見たくもない番組を流しておいて、勝手に契約をしたことにする今のNHKのやり方はおかしいのだ。
 NHKは放送にはスクランブル、ネット配信にはパスワードを掛けて見たい人からだけ受信料を徴収すれば良いのだ。(No.5064-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白も自粛しているあの鐘を

「新しいスタートの年」日本の美を演出 国民的番組の新たな船出、成否に注目
 『今回は和田アキ子さんらベテラン勢の卒業・落選も注目されたが、長年親しまれてきた「日本の歌」を歌い継ぐ歌手も多い。男性デュオ、ゆずは、今年亡くなった永六輔さん作詞の「見上げてごらん夜の星を」に新たな詩とメロディーを加えた楽曲を披露。島津亜矢さんは、美空ひばりさんの「川の流れのように」カバーを歌う。』(以上(産経ニュース2016.12.31 07:27)より引用)
http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310004-n2.html

 年に一度の売れない歌手の虫干しである紅白歌合戦にあの鐘はうるさいとして通名・和田アキ子が落選した。
 これまでも、和田アキ子は全く曲が売れないのに朝鮮人枠としてかしらないが、なぜか紅白に出ていた。しかし、今年は日本人ではあり得ない除夜の鐘がうるさいとして除夜の鐘の自粛という話もあってか、朝鮮人・和田アキ子が落選したのだ。和田アキ子は歌唱力があると業界では評価されていたようだが、単に声が大きいだけとしか思えない。まして、毎年相変わらずあの鐘を鳴らし続けただけで、さすがに朝鮮人枠からもはみ出したようだ。
 そもそも、紅白が年中行事であった昭和の時代は終わったのだ。NHKは受信料を払わない輩に紅白を見せないようにスクランブルを掛けるべきだ。(No.5047-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコ大の賞はお金の沙汰次第

日本レコード大賞、西野カナさんが初受賞
 第58回日本レコード大賞(日本作曲家協会主催)の最終審査会が30日、東京・初台の新国立劇場で行われ、歌手の西野カナさん(27)の「あなたの好きなところ」が大賞に輝いた。
 西野さんの大賞受賞は初めて。最優秀新人賞には韓国出身のヒップホップグループ、iKONが選ばれた。(以上(読売新聞2016年12月30日22時01分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20161230-OYT1T50098.html

 日本レコード大賞最優秀新人賞に、一番カネを積んだ南朝鮮の無名グループiKONが選ばれたと言っても良かろう。
 昔から、日本レコード大賞と言えば、売れてもいない演歌歌手がカネを積んで大賞を貰うというのが、熾烈な競争として裏で行われてきた。今年は、さらに酷くなって、中国で全く相手にされなくなった南朝鮮の芸能人が日本の汚鮮された放送局とタイアップして、日本での韓流ブームを起こそうと画策しているのは良く分かる。中国では南朝鮮の芸能人を画面に出しても必ずモザイクを入れるといった念の入れようだ。日本でも、朝鮮人にはモザイクを掛ければ良いのだが、汚鮮された放送局ではあり得ないのだ。日本作曲家協会もある意味ユーキャンと同じことをやっているという認識はないのだろう。
 日本でも南朝鮮の芸能人にはモザイクを入れて、中国の代わりに日本で儲けさせるなどあってはならないのだ。(No.5047)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誇張された嘘が見出しに踊ってる

オスプレイ飛行再開打診、沖縄副知事が批判
 在日アメリカ軍のオスプレイが沖縄県沖で大破した事故を巡り、アメリカ軍は19日にも飛行再開したい旨を日本側に伝えてきました。一方、沖縄県の安慶田・副知事は厳しく批判しています。
 政府関係者によりますと、アメリカ軍は、現在、沖縄県伊江島にある1機も含め普天間基地所属のオスプレイの飛行を19日にも再開したいと日本政府に打診したということです。
 しかし、稲田防衛大臣は事故の原因究明や安全が確認されるまで国内のオスプレイの飛行停止を求めていて、日米間で調整が続いています。
 「来週にも、もし飛行再開するなら、一方的な条約になっている。法治国家・独立国家としてあるのかどうか、疑問も投げかけられることになる」(沖縄県 安慶田光男 副知事、17日)
 一方、名護市沖の事故現場を視察した沖縄県の安慶田・副知事は、アメリカ軍の対応を厳しく批判しました。17日はキャンプシュワブのゲート前で市民などが抗議集会を開き、オスプレイの撤去を求めるなど、沖縄県内では早期の飛行再開の動きに反発が広がっています。(18日00:57)(以上(2016年12月18日 05時28分 TBS)より引用)
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-76977/

 TBSが「オスプレイ飛行再開打診」と見出しを付けて報道したが、実際は伊江島で訓練をしていた機体を普天間に戻したいだけの話だ。
 こうやって、マスゴミは1機を訓練場の伊江島から普天間基地に戻したいということまで、「飛行再開打診」とあたかもオスプレイの訓練の再開と受け取られるような見出しを出すのだから、それだけを見れば騙されても仕方がない。米軍としては、伊江島で野ざらしにしておくと機体が痛むから普天間に戻したいという程度の意味なのだ。逆に、オスプレイ飛行再開まで伊江島に野ざらしにした機体の方が危険度が増すという認識など全く無いのだ。英語の理解出来ない副知事の安慶田光男は自分の頭の悪さを棚に上げて、米軍の対応を批判しているらしいが、それは、沖縄県の現県知事以下の輩と米軍の間に信頼関係が構築出来ていないからだ。
 1機だけ普天間に戻すことに過ぎないのに、左巻き反対派は法治国家・独立国家などとほざいていること自体馬鹿げている。(No.5034-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいつより眺めてみたい親の貌

コンビニおでん、指でつついて逮捕 28歳男…SNS動画投稿 愛知県警、業務妨害容疑
 愛知県常滑市のコンビニ、サークルKで、男性が陳列しているおでんを繰り返し指でつつく姿を写した動画が、会員制交流サイト(SNS)に投稿されていたことが14日、分かった。
■さまざまな“謎”が次々と…
 店は愛知県警常滑署に被害を相談した。商品を販売できなくさせたとして、同署は15日、威力業務妨害などの疑いで常滑市大曽町の無職、豊嶋悠輔容疑者(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は11月28日午前0時5分ごろ、常滑市のコンビニで店員に「これは廃棄するおでんか、もらえないか」と言い、店内カウンターに置かれたおでんが入った容器に数回指を挿入し、業務を妨害したとしている。
 同署によると、容疑を認めている。
 サークルKを展開する「ファミリーマート」の広報室は「現在、刑事処分を求め警察に相談している。詳しい内容に言及するのは差し控える」とし、また「しっかりと衛生管理し、安全で安心な商品を提供していきたい」としている。
 豊嶋容疑者の母親が、テレビで報道された動画を見て息子の犯行と気付き、コンビニへ謝罪に訪れ、豊嶋容疑者の関与が分かった。事件後、店はおでん8個(計730円相当)を廃棄し容器を洗浄したという。
 常滑署によると、動画は別の人物が撮影したとみられ、動機や経緯を調べている。(以上(産経WEST2016.12.15 01:52)より引用)
http://www.sankei.com/west/news/161215/wst1612150009-n1.html

 コンビニおでんを指で突いてYoutubeに載せた男が逮捕されたが、面を見る限り脳みそは付いているのかと思うような貌だった。
 昨日のテレビでは、貌にモザイクが入っていたが、今朝のテレビではモザイク無しの面を放映していた。たかが、8個のおでんを集ろうとした28歳無職なのだが、テレビではなぜ28歳で無職なのかということにまでは言及しなかった。これで、コンビニおでんの売上げが落ちたら、風評被害としてこいつに民事の損害賠償も請求するべきだ。また、同じぐらい頭の悪い輩が動画を撮ったようだが、そいつも含めてサッサと逮捕するべきだ。そうしなければ、おちおちコンビニおでんも食べられない。
 母親の通報によって逮捕されたが、どのような育て方をしたのか親の貌が見て見たい。(No.5031-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評