歴史

韓国の戯言無視すりゃ良い話

日韓「慰安婦」合意 文在寅大統領の「解決に時間」とは耳疑う 謝罪優先の日本政府も問題を長引かせてきた
 韓国の文在寅大統領が自民党の二階俊博幹事長との会談で、慰安婦問題の日韓合意に関し、「解決には時間が必要だ」と述べた。
 国家間で「解決済み」の問題になぜ時間を要するのかが、まず理解しがたい。蒸し返すような発言は許されないし、聞き流すこともできない。
 文氏は日韓合意について、「韓国国民の中で受け入れられないという感情もあるのも事実だ」とも語った。それがあるとすれば、合意の意義を徹底して説くのが指導者の役割であろう。
 文氏自身、大統領就任前の今年1月、釜山の日本総領事館前の慰安婦像を訪れるなど反日パフォーマンスを繰り返し、世論をあおってきた。今さら責任を世論に押しつけるような発言は通らない。
 韓国大統領府が、女性家族相の人事を発表した際、日韓合意の再交渉に一時言及し、その後、取り消す騒ぎも起きている。
 一昨年12月、日韓両国の外相は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認し、世界に向けて表明した。これを反故(ほご)にするのであれば、自ら国際的信用を失うことになる。
 日韓合意の背景には、北朝鮮が核・ミサイルで挑発を繰り返すなど地域の安全保障の懸念が高まる中で、日韓関係の改善が欠かせないとの判断があった。米国をはじめとする国際社会も、この合意を受け入れた。
 文氏は「実用的なアプローチで未来志向のパートナーへと発展できることを希望する」と述べたという。だが、国家間の合意も守らずに日本をおとしめる相手と、未来志向の信頼関係を築くことは困難である。
 ソウルの日本大使館前や釜山の総領事館前の慰安婦像はいまだに撤去されていない。在外公館の尊厳と安寧を守る国際法を犯しており、即刻撤去すべきである。
 そもそも慰安婦問題を含む戦後補償問題は、昭和40年の日韓国交正常化に伴う日韓請求権・経済協力協定で解決済みである。
 日本が無償3億ドル、有償2億ドルの供与を約束し、両国とその国民の請求権問題は「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」と明記された。
 これらを、韓国政府は国民によく説明しない。謝罪優先の日本政府の姿勢が、問題を長引かせてきたことも忘れてはならない。(以上(産経ニュース2017.6.19 05:02)より引用)
http://www.sankei.com/column/news/170619/clm1706190002-n1.html

 南朝鮮の文在寅が、まだ慰安婦問題を引っ張って日本からカネを無心したいと考えていることを明らかにした。
 日中韓で歴史認識を決めようとしても、南朝鮮に事実を突きつければ、「先祖が可哀想だ」という感情論で事実を受け入れないのが朝鮮人だ。それと全く同じことで、アカヒ新聞がでっち上げた自称慰安婦という高給売春婦も、日本に集るネタとして必要不可欠なのだろう。要するに南朝鮮とは話し合いで決められる相手ではないのだ。努力して決めても、政権が変われば反古にするのだから、南朝鮮と仲良くしようと努力することすら無駄な努力に過ぎないのだ。日本は、南朝鮮と仲良くする努力をするのならば、その努力を南朝鮮が如何に世界とはかけ離れた主張をしているかを世界に広める努力をするべきだ。そして、世界が南朝鮮を見放すように、精一杯努力するべきだ。朝鮮人売春婦を1匹日本で逮捕したら、世界に南朝鮮は売春婦の輸出国だと世界に広めてやるべきだ。朝鮮人が何かの犯罪を犯しても、他国で犯罪を犯すのは朝鮮人だと広めてやれば良い。
 南朝鮮は未来志向のパートナーでも何でもないから、とにかくおかしい所を世界に広めて、ことある毎に貶めることこそ重要だ。(No.5187)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国と試合しなけりゃ済む話

サッカー旭日旗事件 朝日の社旗は旭日旗なのに、なぜAFCに抗議しないのか 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦
 4月25日、韓国の水原で行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原(韓国)-J1川崎フロンターレ戦で、水原サポーターが川崎サポーターの掲げた旭日旗を取り上げる騒ぎが発生した。この事件について、アジア・サッカー連盟(AFC)は5月4日、川崎に対して1年間の執行猶予つきで、ホームでの1試合を無観客試合にし、罰金1万5千ドル(約170万円)を科す処分を行った。
 読売新聞は同13日の社説で「ピッチの外でのトラブルは、残念な事態だが、処分の理由には問題がある。旭日旗を『政治的主張に関連する差別的象徴』としたAFCの認定には同調できない」と異議を述べた。
 産経新聞は同14日の主張で「『旭日旗』が、理不尽なバッシングにさらされている」と疑問視し、処分は「差別を禁ずる規定に反したという理由だが、誤った認識に基づく不当な処分であり、撤回を求めたい」とする。
 さらに「近年になって韓国は、旭日旗を『戦犯旗』『軍国主義の象徴』と非難しだした。ナチス党のハーケンクロイツ旗と同列視する極論まで韓国にあるが、これらは明らかな言いがかりである」と、韓国を厳しく糾弾している。
 旭日旗問題は、日本に対する不当な冤罪(えんざい)と戦う「歴史戦」の問題であるから、まことに当然な主張である。
 読売、産経の両社説がその中で言及するように、朝日新聞の社旗は明らかに旭日旗である。しかしこの問題についての朝日の社説はなく、5月11日の「ニュースQ3」欄で取り上げているが、処分に対する批判は全く見られない。
 反対に同5日のスポーツ欄の記事では、「処分への異議申し立てなどの手段は賢明とは思えない。スポーツ界から政治的な問題に広げることになりかねない」とする。
 そもそも旭日旗問題において、朝日は決して部外者ではなく、立派な当事者に他ならない。旭日旗を使い続けている朝日こそ、旭日旗を「政治的主張に関連する差別的象徴」と認定したAFCに対して、強硬に抗議しなければならない立場にある。
 2001年、中国では趙薇(ヴィッキー・チャオ)という人気女優が、旭日旗風のデザインの服を着たことが問題になり、さらに暴漢に襲われて謝罪したことがあった。しかしその後、中国人が旭日旗に抗議しているという話は聞かない。
 近年では、韓国人が旭日旗風のデザインを熱心に攻撃しているようだが、朝日の社旗に抗議しているという話は一向に聞かない。奇怪千万であり、この事実こそ彼らが本気でやっていないことの証拠ではないか。それとも朝日は抗議を受けている事実をひた隠しにしているのだろうか。
    ◇
【プロフィル】酒井信彦
 さかい・のぶひこ 昭和18年、川崎市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学史料編纂所で『大日本史料』の編纂に従事。(以上(産経ニュース2017.6.4 13:40)より引用)
http://www.sankei.com/column/news/170604/clm1706040007-n1.html

 旭日旗を巡って南朝鮮におけるサッカーの試合で日本が一方的に悪いとAFCが決めつけたが、悪いのは旭日旗に言い掛かりを付ける朝鮮人だ。
 まず、日本サッカー協会は、今後一切の南朝鮮とのサッカー試合を行わないことを宣言し、国際試合であれば、選手の選手生命のために棄権するべきだ。そうやって、南朝鮮がまともなサッカーのできない世界で最後進国だということを知らしめるべきだ。また、旭日旗をデザインしたアカヒ新聞社旗には、朝鮮人は反応しないらしいが、頭の中がおかしいから、どのようなデザインでも旭日旗だと言い張るのに、アカヒ新聞社旗だけはなぜ遠慮するのか、まともなマスコミならば、ちゃんと朝鮮人の言い分を調べるべきだろう。
 朝鮮人がアカヒ新聞を忖度しているのは分かるが!(No.5177-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国が知恵を絞れば済む話

慰安婦問題、解決策模索を=韓国首相候補
 【ソウル時事】韓国の首相候補に指名された知日派の李洛淵・前全羅南道知事は25日、国会の人事聴聞会で、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意について「韓国国民の絶対多数が受け入れられないという現実を両国が認め、知恵を絞って解決策を探さなければならない」と述べた。(以上(時事ドットコム2017/05/25-22:19)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052501414&g=pol

 南朝鮮の首相候補が、南朝鮮の国民感情を盾に、両国が知恵を絞れとほざいた。
 しかし、日韓合意を一方的に守っていないのは、南朝鮮であり、まず、南朝鮮が、釜山とソウルの日本公館前の自称慰安婦像を撤去するべきだ。やる事もやらずに、日本を巻き込んで、南朝鮮の都合の良いことだけをほざかせておくにも程がある。
 南朝鮮との解決策は、お互いに関わらないのが一番だから、国交断絶の道を模索するべきだ。そうすれば南朝鮮経済は瓦解するが!(No.5168-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

否定しても抗議せぬから図星だろ

韓国紙、自民・石破茂氏が「納得得るまで日本は謝罪を」と述べたと報道 本人は「謝罪」否定
 韓国紙の東亜日報(電子版)は23日、自民党の石破茂前地方創生担当相が慰安婦問題をめぐる平成27年の日韓合意に関し「(韓国で)納得を得るまで(日本は)謝罪するしかない」と述べたとするインタビュー記事を掲載した。
 記事は、石破氏が日韓合意に反する発言をしたと受け取られかねないが、石破氏は24日、産経新聞の取材に「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定した。ただ、抗議はしない意向という。
 日韓合意は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的解決」と、両政府が国際社会での批判や非難を控えることを確認した。日本政府は合意に基づき元慰安婦を支援する財団に10億円を拠出したが、韓国では合意見直しを訴えた文(ムン)在寅(ジェイン)大統領が誕生した。(以上(産経ニュース2017.5.24 23:29)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240032-n1.html
 南朝鮮の東亜日報に、石破茂が「納得得るまで日本は謝罪を」と述べたとの報道に、石破茂は否定はしたが、抗議はしない。
 講義をしないということは、発言したと南朝鮮にとらえられても仕方のないことだし、日本でも、石破なら言いかねないと思う有権者も多いと思う。それだけではなく「お互いが納得するまで努力を続けるべきだ」とほざいたというのだから、「納得得るまで日本は謝罪を」と言ったと同じことだ。日韓合意に従って、日本は10億円を支払うなど合意内容を履行しているが、南朝鮮は釜山、ソウルの日本の公館前の自称慰安婦像を撤去する努力すらやっていないではないか?
 日本は既に努力をしたのだから、努力をするのは南朝鮮であって日本ではない。石破茂など政治屋として失格だ。(No.5167-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休戦地帯から魔の手が伸びる

日本人観光客をつかめ 韓国・忠清南道が大阪でPR
【ソウル聯合ニュース】韓国西部の忠清南道の関係者らが22日に大阪を訪れ、日本人観光客の誘致活動を行う。同道が21日、明らかにした。
 忠清南道と同道論山市、百済の最後の都があった扶余郡の職員などで構成された日本人観光客誘致団は、日本の旅行業界を対象に行われるビジネス商談会や観光説明会で、各地の魅力をPRする予定だ。
 また、大阪の主要旅行会社を訪問し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産の百済歴史遺跡地区や錦山世界人参エキスポ、保寧マッドフェスティバルなどのイベントを紹介する。
 道関係者は「百済歴史遺跡地区は世界遺産に登録されてから日本人の訪問が増加している。保寧マッドフェスティバルなどのイベントへの呼び込みを中心に日本人観光客の誘致活動を行っている」と説明した。(以上(朝鮮日報2017/05/21 11:07)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/21/2017052100464.html

 休戦地帯でいつ北朝鮮が攻めてくるか分からない南朝鮮から、南朝鮮へ観光に来いと誘致に来るらしい。
 南朝鮮は休戦地帯なのだから、どうしても南朝鮮へ行きたければ自己責任で行って欲しい。また、害務省も南朝鮮に対して渡航禁止措置を取るべきだ。そうすれば、朝鮮戦争が勃発しても、在留邦人の身の安全も南朝鮮に遠慮しながら考えなくても良くなるのだ。そもそも、文在寅は反日なのだから、旅行に行って南朝鮮経済を助ける必要など皆無だ。政経分離とほざいているが、南朝鮮は日本を都合良く利用しようとしているのだから、政経合体で、南朝鮮に当たるべきだ。
 日本国は反日国家南北朝鮮と仲良くすることを考えるよりも、手っ取り早く全く相手にしないことを考えるべきだ。日本からの輸出が無くなっただけで、南朝鮮経済が崩壊するのは目に見えているのだから、本当に南朝鮮経済を崩壊させてやれば良いのだ。そして、全て文在寅とこいつを選んだ朝鮮人の所為にしておけば良いのだ。(No.5164-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の寝言日本には通じない

慰安婦合意:訪日特使団の尹昊重議員「一方的破棄は困難
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団の一員として日本を訪れている韓国の与党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)議員は19日、慰安婦合意に関連して「前政権が結んだ協約を一方的に破棄するのは、正常な国家ではやり難い」と語った。尹議員はこの日、本紙の電話インタビューに応じて「文在寅大統領が候補時代に掲げた公約は、慰安婦合意の白紙化ではなく、再交渉しようというものだった」という趣旨の発言を行った。しかし「再交渉」もまた、日本側が応ずる可能性はほとんどないという点から、現実性は高くないという指摘がなされている。
 また尹議員は、特使団長の文喜相(ムン・ヒサン)議員が安倍晋三首相との会談で慰安婦合意の破棄・再交渉ではなく「第三の道」に言及した、という日本メディアの報道について「そうした事実はない。韓日間、首脳間で信頼が積み重なれば、その後に考えてみることができるものであって、現段階で(方針を)限定するのは難しい」と語った。梁昇植(ヤン・スンシク)記者(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2017/05/20 08:20)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/20/2017052000441.html

 南朝鮮の「共に民主党」の尹昊重が自称慰安婦の日韓合意を一方的に破棄できないから日本と再交渉するとほざいた。
 しかし、一度合意までやったことを蒸し返すなど、世界でやるのは朝鮮人とロシア人ぐらいだろう。そこまでほざいて日本に集ろうとする南朝鮮などと友好関係を継続することは無理だ。南朝鮮の寝言など相手にする必要も無いのだ。とにかく、南朝鮮に反日勢力が政権を盗った以上、日本は一歩たりとも譲歩は許されないことだ。
 日本の戦略としては、南朝鮮と国交断絶をちらつかせて、米国から強力に圧力を掛けて貰うのが一番だ。(No.5162)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国連のとてもおかしな人権委

国連委員会が合意見直しを勧告 報告書で日韓両政府に 補償や名誉回復は十分でないと指摘
 【ロンドン=岡部伸】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐる日韓の合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。
 同委員会が明らかにした韓国に対する審査報告書は、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に対して、「被害者への補償や名誉回復、再発防止策が十分とはいえない」と指摘、同委員会は日韓両国政府に合意見直しを勧告した。
 さらに報告書は、両国政府は被害者への補償と名誉回復が行われるようにすべきだと強調した。(以上(産経ニュース2017.5.13 01:12更新)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170513/wor1705130007-n1.html

 国連の人権委が、自称慰安婦問題について日韓合意では不十分だとほざいたが、NGO団体に左右される人権委の勧告など無視すれば良いのだ。
 そもそも、自称慰安婦問題は、国連ができる前の話であり、それをとやかく言う方がおかしいのだ。それならば、南朝鮮の行ったベトナムでの虐殺・強かん、ランダイハンの問題やフィリピンでのコピノのことを人権問題にするべきだ。
 日本国は人権委などの勧告は無視して、必要ならば国連の分担金の支払いを止める措置が必要だ。(No.5155)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解決済みをまた蒸し返す文在寅

安倍晋三首相、日韓合意見直しを牽制 韓国の文在寅大統領と初の電話会談 文氏は「両国の発展のためには歴史問題は賢く解決」
 安倍晋三首相は11日、就任したばかりの韓国の文在寅大統領と初の電話会談を行い、「大統領選で見事な勝利を収められたことを心からお祝い申し上げる。韓国は日本にとって戦略的な利益を共有する重要な隣国だ。大統領とともに未来志向の日韓関係を築きたい」と祝意を伝えた。
 文氏は「安倍首相の就任以来のリーダーシップに敬意を表する。良い信頼関係を構築するため、ともに努力をしていきたい」と応じた。
 安倍首相は、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関して、「国連を含む外国からも評価され、未来志向の日韓関係を築いていくための欠くことができない基盤だ」と伝え、合意の見直しを主張する文氏を牽制(けんせい)した。
 これに対して文氏は、「韓国内には慎重な意見がある。両国の発展のためには歴史問題は賢く解決する必要がある」と述べた。
 会談では、日韓が緊密に連携して北朝鮮問題に対応する方針を確認。昨年実現しなかった日米韓サミットを早期に日本で開催し、日韓首脳会談を実現することでも一致した。(以上(産経ニュース2017.5.11 16:27)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170511/plt1705110020-n1.html
 安倍総理が、南朝鮮の反日の権化・文在寅と電話会談をしたそうだ。
 文在寅のバカ野郎は、「両国の発展のためには歴史問題は賢く解決する必要がある」とほざいたそうだが、そのようなバカを日本は相手にすることなど一切ない。国交断絶こそお互いに一番良い方法だ。安倍総理は、まず、朝鮮半島有事の際に日本は在日米軍基地の使用を認めないと明言するべきだ。そうすれば、北朝鮮が日本にミサイルを撃ちこんでくる可能性も少しは低くなるだろう。歴史問題は解決済みだと、これ以上一切南朝鮮に対して、話し合う必要も皆無だし、一歩たりとも譲歩する気はないと明言するべきだ。首脳会議を開く暇があれば、国会に注力すれば良いことで、南朝鮮など相手にしないと明言することこそ、日本の立場をハッキリさせることになる。
 文在寅が日本に来たら、竹島に不法上陸したことに対して、逮捕状を用意して待つべきだ。(No.5154)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

媚び売ってまで韓国に譲歩すな

日中韓会談実現に協力を
萩生田官房副長官

 萩生田光一官房副長官は7日のフジテレビ番組で、韓国大統領選後に誕生する新政権に対し、日本が議長国として調整する日中韓首脳会談の早期実現に協力すべきだとの認識を示した。「韓国の国内事情で延期している。約束の日中韓首脳会談を日本で開いてもらわなければ困る。日本に来てもらうのは筋だ」と述べた。
 日本政府は、日中韓首脳会談の年内開催を目指しているが、韓国・釜山の慰安婦少女像設置を巡る日韓対立の長期化などで実現のめどは立っていない。
 番組で萩生田氏は日韓関係に関し「どなたが大統領になられても韓国は日本にとって極めて重要な隣人でありパートナーだ」と強調した。(以上(共同通信2017/5/7 11:32)より引用)
https://this.kiji.is/233778557249275388?c=39546741839462401

 萩生田光一官房副長官が、私論として、日中韓会談をやるべきだと南朝鮮へリップサービスをしたが、このようなことは全く不要だ。
 南朝鮮の大統領に何奴がなっても、反日なのだから、南朝鮮などとはサッサと国交断絶すれば済む話で、媚びを売ってまで、南朝鮮と仲良くする必要は皆無だ。国交断絶して、輸出入を止めただけで、南朝鮮経済は破綻するだろうから、南朝鮮を外交特区として、試しにどうなるか、国交断絶すれば良いのだ。
 新大統領が決まったら、期日を切って、釜山総領事館と忘れ去れているが、ソウルの日本大使館前の自称慰安婦像が撤去されないと国交断絶だと迫るべきだ。(No.5150)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユネスコがまだ懲りてない干せばよし

ユネスコ分担金を再び留保 政府、記憶遺産審査の即時改善求める 「慰安婦問題」推移見極め
 政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)への今年の分担金約34億8千万円の拠出を当面見合わせることが6日、分かった。ユネスコは密室審査との批判が出ている「世界の記憶」(記憶遺産)の審査方法の見直しを進めており、政府は改善された制度の即時適用を求める方針で、日中韓などの民間団体が登録を目指す慰安婦問題の資料審査の推移を見極める考えだ。登録のカギを握る、専門家から成る登録小委員会が今月下旬以降に開く会合が注目される。
 ユネスコは2015(平成27)年に、中国が申請した「南京大虐殺文書」を記憶遺産に登録した。中国の申請内容は選定基準の真正性などに問題があったほか、審査が透明性や公平性を欠いていたことから日本政府は強く反発し、昨年の分担金約38億5千万円の拠出を同年末まで留保した。
 一方で、政府は関係国とともに審査方法の改善などをユネスコに求めてきた。これを受け、ユネスコの国際諮問委員会は今年3月、一定の透明性を担保する内容を盛り込んだ中間報告を作成し、4日のユネスコ執行委員会が全会一致で採択した。
 中間報告は記憶遺産の目的を「歴史の保存」とし、歴史論争の解釈や決着のためではないと明記。申請案件は速やかに公開し、異議を受け付けるほか、関係国からの意見は登録小委で検討し、登録可否の判断材料とすることなどとした。
 また、関係者の間で意見対立が生じた場合は双方に対話での解決を促す。当事者による共同申請や、反対意見も付記した形での登録もあり得るとした。当事者間で妥結に至らなければ、最長4年を想定した協議を経て諮問委がユネスコ事務局長への最終勧告を行うことも盛り込まれた。中間報告は諮問委でさらなる検討を経て、10月の執行委員会で正式決定される予定。
 遺産登録は、登録小委が申請案件を精査して登録可否の勧告をまとめ、その勧告を基に諮問委が審査してユネスコ事務局長への勧告を提出する流れ。事務局長が諮問委の勧告を事実上追認し、登録が決定する。(以上(産経ニュース2017.5.7 07:39更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170507/plt1705070005-n1.html

 政府がユネスコの分担金の拠出を再度見合わせる。前回、何も解決していないのに分担金を支払ったツケが来ているのだ。
 ユネスコも南朝鮮と同じだと思えば良いのだ。高給売春婦の自称慰安婦を日中韓で記憶遺産にされそうだからと言うことらしいが、単にユネスコだけでなく、自称慰安婦のでっち上げに参加している日本の売国NGO団体のNGO資格を没収するべきだ。日本の外交は、害務省が腰抜けだから、何かと屁理屈を並べて効果が出ていないことでも、海外にすり寄るのだ。その一番良い例が、釜山の自称慰安婦像に何の実行がなされないのに、長嶺大使を南朝鮮に帰したのも同じことだ。
 政府は、ユネスコに対して強硬姿勢を貫き通すべきだ。(No.5149-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評