朝鮮

サムスンが時限爆弾売りに出す

サムスン、新型スマホ発表=発火問題、信頼回復なるか
 【ニューヨーク時事】韓国サムスン電子は29日、スマートフォン「ギャラクシー」シリーズから、主力機種の最新モデル「S8」「S8プラス」を発表した。4月21日に発売する。
 タッチパネル画面は「S8」が5.8インチ、「S8プラス」が6.2インチで、従来モデルより縦長のデザイン。外枠が極めて細く、ほぼ全体を画面が占める。防水機能や高画質カメラを搭載したほか、データ処理能力も大幅に向上させた。
 世界のスマホ市場で米アップルを抑えてシェア首位を維持するサムスンだが、昨年には「ノート7」で発火問題が発生。生産・販売中止を余儀なくされ、ブランドへの大きな打撃となった。新商品の投入で、消費者の信頼を取り戻したい考えだ。
 モバイル事業のコウ社長はニューヨークで開かれたイベントで「品質、安全性、熟練の技の追求が当社の原点だ」と強調した。(以上(時事ドットコム2017/03/30-07:09)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017033000238&g=int

 南朝鮮のサムスンが懲りずにスマホの新製品を発表したが、新機能を入れたことは分かるが、電源をどう改善したのかは分からない。
 サムスンがリチウムイオン電池を上手く制御できるとは思えないが、一番大切なことは品質であって機能ではないというのが分かったのだろうか?
 さて、いつサムスン新スマホが火を噴くか楽しみに待っていよう。(No.5111-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄に朝鮮人が関与する

沖縄の米軍基地反対運動 「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁
 警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。
 米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。
 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。(以上(産経ニュース2017.3.22 00:17)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170322/plt1703220003-n1.html

 国会の委員会で、沖縄の反対派で逮捕された者の中に4匹の朝鮮人が混ざっていることが分かった。
 さらに、反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されているということだ。要するに、米軍基地反対に託けて、地元民ではない輩が騒ぎ立てているのだ。さらに、反対派リーダーの山城博治に国会議員の福島瑞穂が1千万円単位の寄付をしているのだ。なぜ、沖縄の基地反対に朝鮮人が混ざっているのか不可解だ。朝鮮半島有事の際には、沖縄の海兵隊がいの一番で朝鮮半島へ派遣されるのだが、それも嫌なようだから、やはり日本は、朝鮮半島有事の際には、後方支援基地としての機能を一切やらないように公言しておくべきだ。
 とにかく、沖縄の反対派には、罪名が着く行為をすれば即刻現行犯逮捕をして、その身元を明らかにするべきだ。(No.5103)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朴槿恵のことはどうでも良い日本

朴槿恵・前大統領が検察に出頭 近く逮捕状請求の見通し
 韓国の朴槿恵(パククネ)前大統領(65)は21日午前、検察に出頭した。検察は支援者のチェ・スンシル被告(60)らと共謀し、サムスン電子副会長らから約束分を含め総額433億ウォン(約44億円)の賄賂を受け取ったり、機密文書を流出させたりしたなどの疑いについて事情聴取する。供述の内容を検討し、近く逮捕状請求に踏み切るとみられる。
 朴氏は検察の庁舎に到着した後、記者団に対し、「国民の皆さまに申し訳なく思う。誠実に調査に臨む」と述べた。朴氏が憲法裁判所に罷免(ひめん)を宣告された後、公開の場で自ら発言するのは初めて。
 朴氏は大統領を失職したものの、警護対象になっている。朴氏の自宅には大勢の支持者や警察官、報道関係者が集まり、騒然とした。検察の庁舎周辺も到着前から厳戒態勢が敷かれた。
 朴氏は大統領在職中も検察の事情聴取を受ける考えを表明していたが、最終的に応じなかった。捜査を受けるのは今回が初めて。憲法裁判所の弾劾(だんがい)審判で提出した答弁書などで一連の疑惑について否定している。今回の検察の事情聴取でも容疑を否定するとみられる。(以上(朝日デジタル2017年3月21日09時47分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK3N5JHQK3NUHBI00L.html

 マスゴミは在日朝鮮人向けのためか、南朝鮮のことになると最初に報道する。
 しかし、日本の大多数の日本人としては、朴槿恵の糞ババアが死のうが生きようが全く関係のないことだ。朴槿恵や森友学園よりも、北朝鮮がどうかという安全保障の方が余程か興味がある。しかし、朝鮮人によって汚鮮されたマスゴミは、NHKを筆頭にどうしても南朝鮮のことを一番にしたいのだ。それ自体、日本を貶めるための朝鮮人の策略としか考えられない。どうせ、南朝鮮は次の大統領に何奴がなっても「反日」なのだから、日本国としてどうやって、南朝鮮との国交を断絶するかをシミュレーションする位の報道をして欲しい。(No.5102-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕食は出さないが体裁は保ちたい

そもそも韓国は夕食会に招かなかった… ティラーソン氏が明かす「体調不良説」に対して
 【ソウル=加納宏幸】ティラーソン米国務長官が体調不良を理由に訪韓時の17日夜に予定された韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との夕食会を断ったとの報道が韓国などであり、ティラーソン氏は「韓国側は私たちを夕食会に招いていない」と述べ、そもそも予定されていなかったことを明かした。
 米保守系ネットメディア「インディペンデント・ジャーナル・レビュー」のインタビューに答えた。
 ティラーソン氏は訪韓に先立ち訪日した際、岸田文雄外相との夕食会に臨んだ。ティラーソン氏は「(韓国側は)最後の瞬間になって夕食会がないのは一般向けに見かけが良くないと考え、私が疲れたことにした」との見方を示した。
 米主要メディアの同行取材を認めなかったことについては、大型機を使わないことによる費用節約が狙いだったと説明。仕事の時間を割いて機内で同行記者と話すのは「私のやり方ではない」と述べた。(以上(産経ニュース2017.3.19 19:49)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170319/wor1703190031-n1.html

 いつも南朝鮮ほど図々しい国はないと思っているが、ティラーソン米国務長官を体調不良にして夕食会を止めていたことが分かった。
 とにかく、自分たちの思った通りにならなければ気が済まないのが朝鮮人だが、自分たちが夕食会を用意していない癖に、その理由を国務長官が体調不良で断ったとあたかも事実のように政府が発表するのだから、南朝鮮は国ごとまとめておかしいのだ。しかし、ティラーソン米国務長官は日本で岸田外相との夕食会にはちゃんと出席しているのだ。何か南朝鮮が悪いとされると、それでは南朝鮮が可哀想過ぎるというやる事はやらずに良い格好をしたいお国柄だから仕方がないのだろう。要するに南朝鮮は米国と距離を取ったことを中国様に示したいのだから、駐留米軍も撤退させれば良いだろう。(No.5101-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慰安婦はNPOでやればよし

元慰安婦支援「継続を」=日本のNPO代表
 【ソウル時事】韓国の元従軍慰安婦に対する日本政府の支援事業が今年度で終了することを受け、事業を委託されている日本のNPO法人の臼杵敬子代表理事(69)が19日、ソウル市内で記者会見し、「最後の1人が亡くなるまで続けてほしい」と事業継続を訴えた。
 終了するのは外務省の「フォローアップ事業」。元慰安婦への償いの事業を目的に設立された「アジア女性基金」が2007年に解散後、日本政府が基金関係者の協力を得て実施してきた。
 毎年1000万円前後を計上し、韓国や台湾、フィリピンに住む元慰安婦らに医療品などを提供してきた。だが、日韓両政府が15年末、韓国に「和解・癒やし財団」を設立し、心の傷を癒やす事業を実施することなどで合意。これに伴い、韓国でのフォローアップ事業の終了が決まった。
 臼杵代表は08年以降、韓国を年4回ほど訪問し、十数人の元慰安婦を直接支援してきた。会見では「訪問を待ちわびているおばあさんもいる」と述べ、継続を望む声があると指摘。今後は「微力だが、私たちでできることをしていく」と語った。(以上(時事ドットコム2017/03/19-22:04)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031900590&g=soc

 自称慰安婦利権に取り憑いた日本のNPOの臼杵敬子が、慰安婦の最後の1匹が死ぬまで事業継続しろとほざいた。
 日韓合意で日本は支払った10億円にしても、全額自称慰安婦へと言う話も南朝鮮でひっくり返って、5億円は高給慰安婦像を建てて反日運動を展開している挺対協の活動資金に回されている。その理由として、南朝鮮の補助金が減ったからことだが、味噌糞一緒にするのは朝鮮人の得意技だ。日本ユニセフにしても募金を集めて、アグネスチャンの講演費用や日本ユニセフの活動資金を募金の中から搾取した上で、ユニセフに渡している。当然、自称慰安婦のNPOも国の支援事業として受けて、その上前をピンハネしているのだろうから、こんな美味しい話を手放したくないのだろう。
 自称慰安婦問題は日韓合意で解決済みだから、慰安婦に憑依したNPOも他の生きる道を考えるべきだ。(No.5101)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法よりも世論が勝っているコリア

朴大統領を罷免、韓国史上初
憲法裁、国政介入「信任裏切る」

 【ソウル共同】韓国憲法裁判所は10日、国会で弾劾訴追された朴槿恵大統領(65)を罷免する決定を言い渡した。親友の崔順実被告(60)による国政介入を許し「国民の信任を裏切った」と断罪、憲法を守る観点から容認できない重大な違反を犯したと認定した。朴氏は即時失職した。韓国大統領の罷免は1948年の建国以来、初めて。出直し大統領選が60日以内に行われる。5月9日投開票が有力視されている。朴氏は不起訴特権を失い、起訴される可能性がある。
 裁判官8人全員が罷免に賛成した。憲法裁は決定理由で、朴氏が大統領権限を乱用、崔被告による私的な利益追求に手を貸したと指摘した。(以上(共同通信2017/3/10 13:34)より引用)
https://this.kiji.is/212664307672090103?c=39546741839462401

 南朝鮮の朴槿恵の糞ババアの弾劾訴追が認められて、いつでも逮捕できるようになった。
 しかし、世界の最後進国・南朝鮮だけあって、法よりも世論を優先した判決とも言えるだろう。まあ、朝鮮人とは自分の意見が通らなければ火病を発症するのだから、まともに話し合いで決着できる民族ではない。裁判官も身の安全が一番なのだろう。
 南朝鮮の次期大統領候補筆頭が、「共に民主党」という日本の民主党並みのバカ揃いだから、サッサと大使の召還に格上げするべきだ。(No.5091-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徴用工懲りぬコリアの言い掛かり

釜山に今度は「徴用工像」 慰安婦像に続き設置計画
 【ソウル=名村隆寛】韓国・釜山の日本総領事館前に違法設置された慰安婦像に加え、日本の朝鮮半島統治時代に「強制された」という徴用工の像を釜山に設置する計画が検討されていることが7日分かった。
 計画しているのは全国民主労働組合総連盟(民主労総)の釜山地域本部で、来年5月の設置を目指しているという。設置場所は検討中だが、日本総領事館前のほか徴用工が日本に渡った釜山港に設置する案もあり、日本政府に謝罪と賠償を求めるのが目的という。
 民主労総と韓国労働組合総連盟(韓国労総)などは昨年8月、京都市の丹波マンガン記念館で「強制徴用朝鮮人労働者像」を設置している。(以上(産経ニュース2017.3.8 00:52)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170308/wor1703080004-n1.html

 南朝鮮が今度は徴用工像を釜山に建てて、第二の慰安婦像として日本に集る気満々らしい。
 しかし、徴用工の賠償については、日韓基本条約締結時に解決済みなのだ。ただし、朴槿恵の糞ババアの糞オヤジ・朴正煕が、賠償金を取っても、徴用工に支払わずに漢江の奇跡に流用しただけだ。南朝鮮の教育で、そのような事実を意図して教えていないから、このようなお粗末な集り癖が出るのだ。
 日本はこんな南朝鮮と無理して付き合う必要など皆無だ。国交断絶あるのみだ。(No.5089)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国人逮捕されても嘘を吐く

広島市大准教授を逮捕=研修旅費を詐取容疑-県警
 英国で研修すると偽り、旅費約34万円をだまし取ったとして、広島県警安佐南署は6日、韓国出身で広島市立大准教授の金美景容疑者(53)=広島市西区三滝本町=を詐欺容疑で逮捕した。金容疑者は事実関係を認めた上で、「サバティカル(自由研修)だと思った」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は2015年3月2日ごろ、英国に研修に行ったと偽って旅費を請求し、約34万4000円を詐取した疑い。
 同署によると、金容疑者は大学の制度を利用して英国研修を企画したが、研修期間中の14年4月1日~15年3月31日までの間、英国に一度も入国しなかった。(以上(時事ドットコム2017/03/06-22:48)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030601016&g=soc

 広島市立大の朝鮮人准教授が旅費を騙し取って詐欺容疑で逮捕されたが、さすが朝鮮人、言い訳ばかりしている。
 そもそも、平和を研究するのに朝鮮人を雇った広島市立大学がおかしいのだ。さらに、こいつが詐欺を働いたことがバレたのは、英国へ行っている間に南朝鮮の研究をしたという報告書からだ。平和を語る上で南朝鮮などどうでも良いことだ。それでも、朝鮮人らしいのは「サバティカル(自由研修)だと思った」と言い訳にもならない嘘で誤魔化そうとしているのだ。サバティカルだろうが、行っていない旅費を請求することが詐欺だという認識が無いのは朝鮮人ならではだろう。
 広島市立大は、サッサと朝鮮人准教授を懲戒免職にして、ちゃんとした日本人を雇用するべきだ。(No.5088)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上から目線で中国にギブアップ

【社説】過激な中国のTHAAD報復…もうやめる時だ=韓国
 『  韓国に対する中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)報復は度が過ぎる。中国当局は自国民の韓国観光全面統制に入り、インターネット空間では現代自動車を壊した写真が広がっている。また北京の韓国人密集居住地域「望京」にある中国飲食店は「韓国人お断り」と貼り出している。「韓国不買運動」を扇動する中国メディアはロッテを越えて、今では携帯電話のサムスン、自動車の現代車も懲らしめるべきだと声を高めている。それだけではない。中国のある予備役将星はTHAAD配備地域の韓国星州(ソンジュ)に外科手術式の打撃をするべきだという主張までした。韓国はもちろん米国との一戦も辞さないということなのか。これに対し韓国では中国の最近の過激な態度が「韓国戦争(朝鮮戦争)当時の中共」を想起させるという言葉まで出ている。これが国交正常化25周年を迎えた韓中関係の惨憺たる現状だ。何のために国交正常化したのかと自己嫌悪に陥ってしまう。』(以上(2017年03月04日13時55分[(c) 中央日報/中央日報日本語版])より部分引用)
http://japanese.joins.com/article/468/226468.html

 THAAD配備による中国の南朝鮮への制裁措置が効いているようだ。しかし、「もうやめる時だ」ではなく、「勘弁して下さい」だろう。
 中国への輸出で国がようやく成り立っている南朝鮮だから、サムスン、現代が叩かれれば、GDPなどすぐに数十%下落になることだろう。これも、朴槿恵の糞ババアの米中の二股作戦で、股が裂けたという朴槿恵の置き土産のような物だ。それならば、新聞の社説でも上から目線で止めろではなく、何とか勘弁して下さいだろう。南朝鮮は言語すらおかしくなっているようだ。中国のTHAAD配備に対する制裁措置は、どんどん増してくることは火を見るより明らかだ。それにしても、南朝鮮は中国様だと「韓国人お断り」でも「人権」だとほざかないようだ。(No.5085-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外務省見習ってくれマレーシア

北朝鮮国民のビザ義務化へ
マレーシア、正男氏事件で

【クアラルンプール共同】マレーシアのザヒド副首相は2日、北朝鮮国民がビザ(査証)なしでマレーシアへ渡航できる制度を6日から中止し、ビザの取得を義務付けると述べた。地元メディアなどが報じた。
 マレーシアは北朝鮮にとってビザなしで渡航できる数少ない国だったが、金正男氏殺害事件ではマレーシアの玄関口ともいえるクアラルンプール国際空港で猛毒の神経剤VXが使われた。さらに、駐マレーシア北朝鮮大使が正男氏殺害に関するマレーシア当局の捜査を非難するなど両国関係は急速に冷却化していた。
 在平壌のマレーシア大使館によると、2009年にビザなしで渡航できる関係を構築した。(以上(共同通信2017/3/2 13:53)より引用)
https://this.kiji.is/209889772492572155?c=39546741839462401

 マレーシアが金正男事件で、北朝鮮のビザ無し渡航を禁止した。とても素早い対応だ。
 それに引き替え、日本の害務省は、南朝鮮人による爆破テロ、強姦、殺人、売春など悪の枢軸とも言うべき南朝鮮に対してビザ無しを続けており、あらゆる朝鮮人による事件にも知らん顔だ。日本の治安を守るために、害務省は南朝鮮からのビザ無し渡航を即時禁止し、ビザ発給の条件としてDNA提出を義務付けるべきだ。(No.5083-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評