朝鮮

公約はどうせ落ちれば無と消える

立憲民主が衆院選公約、消費増税凍結や原発ゼロ
 立憲民主党は7日、衆院選公約を発表した。
 2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げについては「直ちに、引き上げることはできない」とし、「凍結」を主張する希望の党と足並みをそろえた。
 消費増税に代わる財源の確保策としては「所得税・相続税、金融課税をはじめ、再分配機能の強化」を挙げた。ただ、「将来的な国民負担を議論することは必要」とも明記し、将来の消費増税に含みを残した。
 原発政策では、原発ゼロ基本法を策定したうえで、「原発ゼロを一日も早く実現する」と訴えたが、具体的な実現時期には踏み込まなかった。
 安全保障関連法については「専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊する」と強く批判したうえで、「領域警備法の制定と憲法の枠内での周辺事態法強化」を盛り込んだ。
 憲法改正では、「安保法制を前提とした9条の改悪に反対」する姿勢を打ち出した。一方で、内閣による衆院解散権の制約や、知る権利をめぐる憲法論議は進める考えを示した。(以上(読売オンライン2017年10月08日00時09分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171007-OYT1T50082.html

 帰化外国人の巣窟・立憲革マル党のチンチョルラン(陳哲郎)が、絶対に実現することのない公約を掲げた。
 何と言っても、政権を盗る気のない立憲革マル党だから、何を公約に掲げても、実現する方策が無くても関係ないのだ。言うならば、選挙のために必要だから公約と称して出しただけで、正月の鏡餅の上のミカンのようなものだ。そもそも、「立憲」という言葉の意味さえ知らない帰化外国人が作った憲法を守って日本を貶めようとする党を有権者が相手にするはずがないのだ。
 立憲革マル党候補は、自分の出自を明らかにするべきだ。できないだろうが!(No.5283)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新党にカスが集まる面白さ

辻元氏、立憲民主党に合流方針「枝野氏から強い要請」
 衆院選に無所属で出馬する意向を示していた民進党の辻元清美幹事長代行が3日、地元の大阪府高槻市内で、枝野幸男代表代行が結成を発表した「立憲民主党」に合流する方針を明らかにした。
 辻元氏は、2日に枝野氏から「一緒にやってほしいという強い要請を受けた」と説明し、「これで混乱が収拾に向かっていくのではないか。同じ思いの人たちが一緒にまとまっていこうという動きができたことは良かった」と述べた。
 辻元氏は3日午前に記者会見を開き、正式に合流を表明する見込み。(以上(産経WEST2017.10.3 09:10)より引用)
http://www.sankei.com/west/news/171003/wst1710030024-n1.html

 前科者・辻元清美が図々しくも革マル新党から立候補すると宣言した。
 公職選挙法では、禁止されていないが、日本人の感覚からすれば、前科者には引っこんでいて欲しいというのが昔からの通例だ。しかし、北朝鮮に感化されたか、朝鮮人かは知らないが前科者・辻元清美には日本の昔の通例など関係ないのだ。また、日本の国政に北朝鮮を擁護する輩に関与させる必要も無いのだ。
 革マル派枝野幸男の「立憲民主党」には、使えない政治屋が集まっているが、一網打尽に落選させれば良いのだ。(No.5281-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由党党があっても無所属で

自由小沢氏、無所属出馬へ
希望の党に合流せず

 自由党幹事長の玉城デニー前衆院議員は2日、沖縄県沖縄市の選挙事務所開きのあいさつで、小沢一郎共同代表が新党「希望の党」に合流せず、岩手3区から無所属で出馬する方針を明らかにした。
 自身も無所属で沖縄3区から出馬する予定の玉城氏は2日、小沢共同代表と電話で会談。「今回はあえて無所属という立場を選んでいくことで(小沢共同代表と)確認した」と述べた。
 玉城氏はその後、記者団に衆院選では「恐らく自由党公認は誰もいないのではないか」と述べた上で、立候補予定者は希望の党か無所属で出馬する方向で調整中と説明した。(共同通信2017/10/2 21:28)より引用)
https://this.kiji.is/287562076036727905?c=39546741839462401

 政界の諸悪の根源小沢一郎が、自由党という党がありながら、自分は無所属で出ると宣っている。
 何と言っても、あっても無くても関係のない自由党ならではの光景だ。と言っても、小沢一郎は政党助成金目当てで、頭のおかしい山本太郎を引き込んだのではなかったっけ。弱小政党に過去のことを言っても仕方がないが、本当に厚顔無恥にも程があるが、何よりも岩手3区の有権者の意識自体を疑いたくなる。
 小沢一郎は先祖の墓のある済州島へ戻れば良いのだ。日本の政治など朝鮮人には関わって欲しくない。(No.5281)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワップは金を払ってから言えば

【コラム】また危機がくれば日米は通貨スワップに応じるのか
  『しかし為替レート防御のこうした最終安全装置はいま状況が良くない。米国との通貨スワップは2010年に中断して以来、再開の兆候が見えない。韓日間の通貨スワップは終了から2年半経過した。10日が満期の中国との通貨スワップ(560億ドル規模)の延長も昨今の韓中関係を勘案するとどうなるか分からない。
  基軸通貨国でない韓国のような小規模開放経済にとって経済同盟の重要性はいくら強調しても十分でない。しかし米国との関係はなぜか以前とは違うように見え、日本との溝は深まっている。今後、危機が訪れれば自力で克服しなければいけない切迫した状況になるかもしれない。外貨準備高を相当積み上げているからといって過信する時ではない。経済であれ安保であれ「根拠のない自信」が危機を招く。イ・サンリョル/国際部長』(以上(2017年10月02日08時04分[(c) 中央日報/中央日報日本語版] )より部分引用)
http://japanese.joins.com/article/006/234006.html

 南朝鮮は外貨準備高が十分すぎるほどあるから日本のスワップなど不要だと自ら拒否した癖に、スワップが欲しい状況らしい。
 嘘吐き民族、嘘吐き国家に対して何一つすることは無いのだ。条約を結ぼうが、合意しようが、後から屁理屈を付けてないがしろにすることを生業とする民族、国家を信じる方がバカを見るのだ。何と言っても、南朝鮮は平昌五輪を開催するのに必要な金も集まっていないようだから、五輪経費のスワップもお願いと言うことになるかも知れない。その上、外見だけ何とか間に合わせた平昌五輪だが、北朝鮮次第で世界がドタキャンするという可能性も高くなってきた。そもそも、スワップのおねだりしても、これまで日本が南朝鮮に施したスワップの金を一銭も返していないのに、スワップのお代わりなどこの民族は脳みそからイカレテイルようだ。
 大文句を宣った南朝鮮は全て自前で何とかすれば良いのだ。(No.5280-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黙らない朝鮮人の妾の子

鳩山由紀夫元首相がツイッターで持論を展開 相次ぐ北朝鮮の挑発にも「対話の道を」「飛んで来ない環境を作ること」
 鳩山由紀夫元首相(70)が15日、北朝鮮のミサイル発射に関し自身のツイッターで「戦争で打撃を受けるのは日本だ。対話の道を開かねばならない」などと持論を展開した。
 鳩山氏は「(北朝鮮は)日本が米国の制裁に調子を合わせて踊ったから核で海に沈めると言う。かつて日本も経済制裁に耐えかねて戦争の決断をした。この国が制裁で核を放棄する筈はない。戦争で打撃を受けるのは日本だ。対話の道を開かねばならない」と強調。
 「襟裳岬の東1000キロに着水とは襟裳-東京の距離の2倍だ。それに北海道上空から落ちてくる場合には、大気圏に突入する時に燃え尽きるのではないか」とミサイルの危険性について言及した。
 政府に対して、「いたずらに緊張感を煽り、敵愾心を燃やすより、国民に平和を与えることだ。ミサイルが飛んで来ない環境を作ることだ」と迫った。
 これに対しツイッター上では「いつも対話の道を閉ざしているのは北朝鮮だろ」「じゃ、お前行って来い」「先の戦争は国際社会の制裁のせいだというご認識だったのですね」などの声が寄せられた。(WEB編集チーム)(以上(産経ニュース2017.9.15 11:55)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150049-n1.html

 鳩山威一郎の朝鮮人の妾の子である生きた国賊・鳩山由紀夫が、また好き勝手をほざいた。
 そんなに、北朝鮮が好きならば、サッサと北朝鮮へ行けば良いのだ(ただし、帰ってくるな)。対話とほざくのならば、生きた国賊・鳩山由紀夫が北朝鮮へ行って話が付くまで帰って来なければ、その方が日本のためにも良いのだ。ミサイルが富んでこない環境とは、この地球から朝鮮半島を無くすることが一番なのだ。朝鮮半島があるから、いつも日本は朝鮮半島の全く意味不明な言い掛かりを受けるのだ。生きた国賊・鳩山由紀夫が北朝鮮を庇っているのは、何と言っても生きた国賊・鳩山由紀夫には朝鮮人の血が流れているから、善悪の区別もできないのだろう。
 生きた国賊・鳩山由紀夫は、そんなに朝鮮が好きならばサッサと義母からの遺産を持って北朝鮮へ行けば良いのだ。(No.5272)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偏向報道でおかしいのは総務相

「偏向報道を許すな!」 TBS本社前で500人が抗議デモ 我那覇真子さんも参加「テレビは真実伝えず国民をだましてる!」
 TBS(東京放送)の報道が偏向しているとして、9日、東京都港区赤坂のTBS本社付近で「TBS偏向報道糾弾大会・デモ」と題して約500人が抗議デモを行った。
 「TBS偏向報道糾弾大会実行委員会」が主催した。千代田区永田町の星陵会館前を出発した一行は「国民をだますな」「偏向報道・歪曲報道・印象操作」「TBS=放送法違反」などと書かれたプラカードや日章旗を手に行進。「TBSの偏向報道を許さないぞ!」「TBSの印象操作を許さないぞ!」などとシュプレヒコールを上げた。
 同実行委は、TBSの偏向報道の一例として、加計学園問題をめぐり、安倍晋三首相に「行政を歪められた」と主張した前川喜平前文科事務次官の発言を大々的に取り上げながら、疑惑を否定した加戸守行前愛媛県知事や原英史・国家戦略特区ワーキンググループ委員らの発言はほとんど取り上げなかったことなどを指摘している。「TBSの報道は放送法4条に違反しており、偏った報道は多くの視聴者を裏切っている。反省を示さないなら、貴社の電波停止を総務省に要求するしかない」との旨の抗議文も作成した。
 TBS総務担当者は一度は本社前に現れた。が、「街宣車の上に上がって、俺たちに話せ」と怒る人もおり、警察官らと話し合った末、踵を返した。
 「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子さん(28)も沖縄から駆けつけた。
 TBS本社前で街宣車上に立った我那覇さんは「テレビは真実を伝えない。日本を中国や北朝鮮に差し出そうとしている。Jアラートが鳴ったことをおかしいと言ったり、北朝鮮と話し合えば大丈夫だなどと言って国民をだましている。自分たちの報道が正しいというなら、この街宣車に上がるべきだ」と訴えた。
 これに先立ち、実行委は千代田区永田町の星陵会館で集会を開いた。大会主催者の村田春樹氏は「どの業界も監督官庁があるのに、やりたい放題の業界がある。それがテレビ業界だ。TBSがやっているのは報道ではない。報道テロだ」などと語った。(WEB編集チーム)(以上(産経ニュース2017.9.10 00:30更新)より引用)
http://www.sankei.com/premium/news/170909/prm1709090028-n1.html

 TBS(東京放送)の報道が偏向しているとして、抗議デモが行われたが、一番悪いのは、放送局を放し飼いにしている総務相野田聖子だ。
 何と言っても放送局の所轄官庁は総務省であるのに、放送局の偏向報道に対して何もしない総務省など存在する意味もないのだ。総務省と言えば、地方自治体への交付金を握っている役所でもある。とにかく、日本においても、放送局から在日を駆逐することが一番であり、それを命令できるのは総務相だけだ。BPOという放送局側にたった糞にもならない組織が、おかしいと判断しても、総務省は何もしないのだから、監督官庁としても職務を怠慢し続けていると言える。まあ、総務相の野田聖子の家庭環境もあるだろうが、公私混同も甚だしいと言えるだろう。
 もし、野田聖子がTBSの停波措置を取ったならば、次期総理も近くなるだろう。(No.5268)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランプにキム成敗をして欲しい

北朝鮮が6回目の核実験
北東部でM6.1地震波

 日本政府によると、北朝鮮北東部で日本時間の3日午後0時29分ごろ、マグニチュード(M)6.1の地震波が観測された。河野太郎外相は核実験だと断定した。安倍晋三首相は記者団に対し「断じて容認できない」と述べた。北朝鮮の核実験は昨年9月9日の建国記念日以来で、今年1月のトランプ米政権発足後は初めて。場所は北東部豊渓里とみられ、爆発規模は過去最大。中国地震局は別の地震波を探知したと発表、複数の実験を行った可能性もある。
 北朝鮮国営メディアは3日、金正恩朝鮮労働党委員長が、新たに製作した大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆を視察したと報じていた。(共同)(以上(共同通信2017/9/3 14:23)より引用)
https://this.kiji.is/276925364471793142?c=39546741839462401

 北朝鮮の金正恩が、6回目の核実験を強行したそうだ。
 日本など憲法9条があるから、何も出来ずに金正恩のやりたい放題、日本国内では朝鮮総連のやりたい放題だが、そろそろ何とかするべき時が来たようだ。
 日本は9条で手も足も出ないから、トランプ大統領にどのような手段でも良いから、北の豚を成敗して欲しい。(No.5265-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイでも官邸へ行く新聞社

執拗な東京新聞記者の質問は北朝鮮に手の内を明かせと迫っているかのようだ 9月2日
 連合国軍総司令部(GHQ)が70年以上前、わずか1週間で草案をつくった現行憲法の弊害は数多い。中でも「平和を愛する諸国民の公正と信義」という虚構をうたう前文は、日本人に「平和ボケ」という深刻な病をもたらした。症状の特徴は、一時的に快方に向かってもすぐぶり返すことである。
 ▼「拉致は遺憾なことで、率直におわびしたい」。平成14年9月、北朝鮮の金正日総書記は小泉純一郎首相との会談でこう述べ、初めて日本人拉致を公式に認めた。多くの国民が、国際社会は憲法前文が描くような牧歌的世界ではないという現実に気付いた「覚醒の瞬間」だった。
 ▼当時、新聞もテレビも北朝鮮の非道と無法を連日報じていた。北朝鮮工作員が自由に日朝間を往来し、ある日突然、家族や恋人を奪い去ることへの恐怖も語り合われた。だが、15年が過ぎた今では、記憶も関心も薄らいでしまった。
 ▼「(米国と韓国に)金正恩・朝鮮労働党委員長の要求に応えるように、冷静に対応するように政府として働きかけているか」。8月31日の菅義偉官房長官の記者会見では、東京新聞の記者からこんな質問が飛んだ。弾道ミサイルを連射しているのは、北朝鮮のほうなのに。
 ▼東京記者はこの時も翌1日の記者会見でも、北朝鮮の過去2回のミサイル発射時の前日に、安倍晋三首相が首相公邸に宿泊したことに関しても執拗(しつよう)に問いただしていた。「事柄の性質上、答えることは控えたい」。菅氏が何度こう回答しても同じ質問が延々と続く。
 ▼まるで日本政府が北朝鮮の軍事情報をどこまで把握し、どう対応しているのか、北朝鮮に手の内を明かせと迫っているかのようである。こんな平和ボケを治すには、やはり憲法改正が一番だろう。(以上(産経ニュース2017.9.2 06:45更新)より引用)
http://www.sankei.com/column/news/170902/clm1709020003-n1.html

 官房長官の記者会見に望月衣塑子というスパイを堂々と送り込んでいる北朝鮮のスパイ紙・東京新聞だ。
 東京新聞記者は、とにかく官邸の危機管理体制を聞き出して、北朝鮮へ報告したい一心でやっているのだろう。その上、菅官房長官が「事柄の性質上、答えることは控えたい」と返答しても、頭の悪いのか、日本語が理解できないのか望月衣塑子は執拗に質問を繰り返した。
 官邸は東京新聞記者に出している入門許可証を全て没収して、スパイを官邸内に入れないようにするべきだ。(No.5265)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河野太郎ちゃんと仕事をやっている

河野太郎外相、徴用工で韓国外相に直接抗議 8月上旬 訪韓招待も見送り対応見極めへ
 河野太郎外相が今月7日にフィリピン・マニラで韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談した際、日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む韓国側の対応について抗議していたことが24日、分かった。その後も韓国側の改善は見られず、河野氏は今月下旬から韓国で開かれる国際会議への出席も見送る方針を固めた。会議への出席は韓国政府が招待していた。
 複数の日本政府関係者によると、河野氏は康氏との会談で自ら徴用工の問題に言及し「適切な対応」を求めた。ソウルでの「徴用工の像」設置の動きなどが念頭にあったとみられる。日本側は会談後、徴用工が議題に上ったことを明らかにしていなかった。
 しかし、河野氏の抗議後の今月17日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は記者会見で1965(昭和40)年の日韓請求権協定で消滅した徴用工に絡む請求権について「個人の権利は残っている」と発言した。文氏の発言を受け日本政府は韓国に抗議した。
 7月の日韓首脳会談で確認した首脳の相互訪問再開を踏まえ、7日の外相会談ではハイレベル対話を活発化させることでも合意していた。朴槿恵(パククネ)前政権の尹炳世(ユンビョンセ)前外相が昨年8月の日中韓外相会談の際に来日しており、外務省は次回は日本の外相が訪韓することを想定している。
 外相会談後に韓国内で徴用工や慰安婦に関する日韓合意などの解決済みの問題を蒸し返す動きが続く中、日本政府は韓国側の対日政策を見極める必要があると判断し、河野氏の韓国訪問を当面見送る。
 韓国政府は河野氏に対し、今月29日~9月1日に釜山(プサン)で開かれるアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)外相会議への招待状を送付していた。今回で8回目となる同会議は、過去に外相だった麻生太郎副総理兼財務相(第3回、ブラジル)、民進党の岡田克也前代表(第4回、東京)が出席した。隣国での開催に日本の外相が欠席するのは異例といえる。
 河野氏は韓国訪問について、22日の産経新聞などとのインタビューで「どこかのタイミングで調整はしたいが、具体的にはこれから」と述べるにとどめていた。
 一方、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮対応で両国の密接な連携は不可欠で、9月中下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会などの多国間外交の場では外相会談を行う方向で調整を進めている。(以上(産経ニュース2017.8.25 05:00更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170825/plt1708250005-n1.html

 売国奴・河野洋平のバカ息子だと思っていた河野太郎が、ちゃんど日本の国益を考えて南朝鮮に対峙している。
 正直ビックリだが、ここまで正論を通したことに拍手を送りたい。結局この後、文在寅が徴用工の請求はしないとまで言っているのだから、これは河野太郎の成果であって、長い間外相の座に居座り続けた岸田文雄ではなしえなかったことだ。これだけを比較しても、岸田文雄の次期総理という選択肢は日本国には存在しないと言える。とにかく、南朝鮮には強硬姿勢で臨むことが先人から伝わっている朝鮮人の扱い方なのだから、それに従って交渉した河野太郎を誉めてやりたい。
 外交とは交渉なのだから、日本の言い分をどこまで通すか、そのためには輸出入禁止、国交断絶のカードをちらつかせてもやるべきだ。(No.2560)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

断交の最後通牒使うべき

「徴用工請求権」決まったことを否定するのは韓国のお家芸、ならば対処の仕方がある 8月19日
 日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権について、韓国の文在寅大統領は17日、「個人の権利は残っている」と述べた。1965年の日韓請求権協定で、「完全かつ最終的に解決済み」の話であるにもかかわらずである。15日には徴用工などに関し、北朝鮮との共同被害実態調査にも言及している。
 ▼もともとは、韓国政府も徴用工への補償は「解決済み」との見解だった。それが韓国最高裁が2012年、「個人請求権は消滅していない」との日本人には理解し難い判断を下したことで、行政と司法の立場が割れていた。今回、文氏は司法側に歩み寄った。
 ▼実は韓国政府は、1975年に徴用工への補償を実施し、2008年から追加補償も行っている。徴用工の件は日韓間で解決済みだと自覚していたからこそ、日本に要求するのではなく自らの責任で金銭を支払ってきたのである。
 ▼韓国のソウルや仁川(インチョン)では12日、やせ細った男性の姿の「徴用工像」が設置された。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した一昨年末の日韓合意後も、増殖を続ける慰安婦像ともども、日韓間の和解や友好を妨げるモニュメントとなろう。
 ▼韓国事情に詳しい作家の豊田有恒さんは、著書でこう喝破している。「いったん決まったことを蒸し返したり、否定したりするのは、韓国人のお家芸」。隣人として厄介この上ないが、相手がそういう国であるのなら、それなりの対処の仕方がある。
 ▼まずは、根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話を、「あれはひどい誤りだった」と取り消そう。鉄道、港湾、ダム…など、日本が半島に残してきたインフラ施設について、正当な権利だとして対価を要求するのもいいだろう。(以上(産経ニュース2017.8.19 05:03)より引用)
http://www.sankei.com/column/news/170819/clm1708190004-n1.html

 集り国家南朝鮮の文在寅が徴用工を蒸し返して、個人の請求権は残っていると世界には通用しないことをほざいた。
 とにかく、南朝鮮とは無法治国家なのだから、どのような条約や約束をしても平気で嘘を吐く輩の集合体であり、現代国家として外交をする相手ではない。ハッキリ言えば、南朝鮮の政治は李氏朝鮮の政治と変わっていないのだ。一番目障りなのはやはり、自称慰安婦問題だから、日本のマスゴミは、自称慰安婦像の画像を表示する時には、必ず「米軍に轢かれた女性像だったが、アメリカが相手にしないから通名を慰安婦に替えて日本に集っている」と「米軍に轢かれた」と言うことを強調するべきだ。そうすれば、アメリカが文在寅の口を封じるようになるだろう。また、日本の外交も情けないことに、河野談話によって日本を貶めた売国奴・河野洋平のバカ息子・河野太郎が外相であり、北朝鮮の緊迫した状況で、アメリカに核兵器廃絶を促したというのだから、真性のバカなのだ。安倍総理は、河野太郎の放言よりも大臣としての発言の方が怖いから、サッサと更迭するべきだ。
 南朝鮮などと話し合いという手段は無理だから、河野太郎でもできる国交断絶を宣言するべきだ。(No.5255)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歩く国賊・菅直人 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 評論家 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評