新党

民進党選挙までにはまだ落ちる

内閣支持率49・4%↑ 民進党支持率は急落7・3%↓ 「現行憲法で平和と安全守れない」52・1%
 『産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は23、24両日に合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は49・4%で前回より3・1ポイント上昇。不支持率は0・6ポイント減の38・1%だった。民進党の支持率は、結党直前の前回調査(3月19、20両日実施)を5・5ポイント下回る7・3%となり、「ご祝儀相場」すらない窮状を印象づけた。
 民進党の母体となった民主党、維新の党について個別に聞いた前々回調査(2月20、21両日実施)では民主党が9・7%、維新の党は1・4%となっており、合流によって党勢が拡大するどころか、かえって支持離れを招いている傾向が浮き彫りとなった。
 夏の参院選の比例代表で投票する政党でも、民進党は14・1%(前回21・1%)に落ち込んだ。対照的に自民党は44・8%(同40・7%)、共産党8・0%(同6・7%)、おおさか維新の会6・6%(同6・4%)は前回調査よりも支持を広げた。
 民進党以外の政党支持率は、自民党39・0%(前回36・7%)▽公明党3・8%(同4・6%)▽共産党5・2%(同3・0%)▽おおさか維新の会4・1%(同4・4%)▽社民党1・5%(同0・8%)▽生活の党と山本太郎となかまたち0・5%(同1・1%)▽日本のこころを大切にする党0・2%(同0・2%)▽新党改革0・0%(同0・2%)。
 一方、参院選で憲法改正が重要な争点になると考える人は62・8%で、「思わない」の31・3%を大きく上回った。現行の憲法で日本の平和と安全を守れるかとの質問には過半数の52・1%が「思わない」と回答、「思う」は37・8%にとどまった。』(以上(産経ニュース2016.4.25 11:40)より引用)
http://www.sankei.com/premium/news/160425/prm1604250019-n1.html

 産経新聞とFNNの世論調査によると、民進党の政党支持率は7・3%と前回を5・5ポイント下回った。
 これで、民進党になったという御祝儀相場さえ無かったと言うことだ。これで、参院選挙の比例に出る有田芳生は、どうせ元ニセ維新も比例頼りの輩が多いので、大混戦になって楽しい選挙と選挙結果になりそうだ。
 既に、有権者は新党と言っても騙されなくなっているようだし、当人達は元は元のつもりでも、有権者には元民主、元ニセ維新に過ぎないのだ。(No.4796-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出戻りが開き直っている松野

“出戻り維新”の松野頼久氏が大会でまさかの懺悔 「多くの皆さんに不快な思いをさせた…」
 新党「民進党」が27日に東京都内のホテルで開いた結党大会で、旧維新の党の松野頼久代表は、旧民主党にかつて三くだり半を突きつけた「出戻り組」を代表して、「不快な思いをさせたことをおわびしなければならない」と謝罪の言葉を述べた。詳報は以下の通り。

 「特に、民主党の皆さんにおかれましては、きょうの結党にいたるまでの間、われわれ維新の党、わずか26人、支持率が1、2%しかない弱小政党のくせに、党名を変えるとか、解党新党だとか、大変失礼なことを申し上げたことを、まずこの場をお借りしておわびを申し上げたいと思います。すべて、政権を狙うためという思いで申し上げたこととお許しをいただきたいと思います」
 「そして、きょう結集する仲間の中には、私を含め2012年(平成24年)に民主党を離党した議員もいます。本当に多くの皆さんに不快な思いをさせたことをおわびしなければならないと思います」
 「これをもって『出戻り』だとかいう批判で新しい政党のイメージを壊してはならない、このように私は思いまして、右代表として、私から、新党の役職、すべて外していただきました。このことも私のケジメだとご理解をいただきたいと思います」(以上(産経ニュース2016.3.27 14:32)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160327/plt1603270018-n1.html

 民進党の結党大会で、出戻りの松野頼久がしおらしく謝罪したそうだ。
 何と言っても、民進党になって政党支持率が、民主+ニセ維新の支持率よりも下がっているのだから、如何に期待されていないかが良く分かる。ツイッターで「(仮面ライダーの)ショッカーがゲルショッカーになっただけ」というのには感心した。ズバリ今の民進党を言い得て妙と言える言葉だ。
 松野頼久は、今回、党役員になることを遠慮したらしいが、その裏には、参院選後に党代表になって母屋を盗ろうと画策しているだけだろう。(No.4769)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾に喧嘩売ってる民進党

民維新党、党名は「民進党」に…27日正式発足
 民主、維新両党は14日午後、代表と幹事長による新党協議会を開き、合流後の新たな党名を「民進党」に決めた。
 両党が12、13の両日に実施した世論調査で、維新が提案する「民進党」が、民主党が推す「立憲民主党」を上回ったため。民進党は27日の結党大会で正式に発足する。(以上(読売新聞2016年03月14日15時10分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160314-OYT1T50056.html
 民維新党が、新党名を台湾の政権交代を果たした民進党の名前をパクることに決めたそうだ。
 まあ、民進党が政権を担当することは有り得ないだろうから、外交には関係ないだろうが、努力しない輩に使って欲しくない党名であることは、台湾の人と同じ思いだ。国民と進む党が、個人情報を全て出さない限り国民の声を聞かない、ツイッターでもブロックしてきた民主党が名乗れる党名ではない。国民とともに進むなど、こいつらの党では有り得ないことだ。また、見方を変えれば、民主党が少数派のニセ維新に党名を盗られたとも言える。
 どちらにしても、参院選後には分裂するだろうから、岡田克也は松野頼久と江田憲司に民主党の母屋を盗られないことを祈るだけだ。(No.4755-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

党名も党で決めれぬ不甲斐なさ

「立憲民主党」か「民進党」
民維、14日にも決定へ

 民主、維新両党は10日夜、合流する新党の名称検討チームの会合を東京都内のホテルで開き、新党名を「立憲民主党」と「民進党」の2案に絞った。2案を12、13両日に両党が世論調査にかけた上で、民主党の岡田克也、維新の党の松野頼久両代表らで構成する新党協議会で議論し、14日にも決定する方針だ。会合後、出席者が記者団に明らかにした。
 両党は4~6日にインターネットとファクスで党名案を募集。寄せられた1万9933件を参考に、民主党側が「立憲民主党」、維新側が「民進党」とする案を会合で提示した。(以上(共同通信2016/3/11 00:30)より引用)
http://this.kiji.is/80673700220436485?c=39546741839462401

 党名すら自分たちで決められない民維が、「立憲民主党」と「民進党」の2案を提示したそうだ。
 ここまで、出戻りに対して配慮する民主党も主体性がないし、ニセ維新も少数で吸収合併されるのに図々しいとしか思えない。党名も党の綱領も中々決まらない民主党を見ると、東日本大震災で、主体性を見せず、歩く国賊・菅直人の独裁政治によって、未だに被災地復興の足を引っ張った、歩く国賊・菅直人内閣と野田豚内閣を彷彿させる。これだけを見ても、絶対にこいつらに政権を渡してはならないと確信する。
 党名が決まれば、選挙で絶対に入れてはならない党がハッキリするから、社民党のように二度とチャンスはないことを思い知らせてやるべきだ。(No.4752-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットじゃあもっと良い名が並んでる

1位「民主」2位「立憲民主」… 新党名公募に2万件
 民主党と維新の党が公募した新しい党名で、約2万件あった提案のうち、「民主党」が1456件と最も多かったことが分かった。「立憲民主党」(725件)、「民新党」(352件)、「新民主党」(248件)が続いた。
 公募は4~6日の3日間に行った。ホームページを通じて1万8728件、民主のファクスに995件、維新のファクスに210件あった。
 両党は党名を新しくすることで合意しており、両党の党名をそのまま継続することはない。ただ、全体の応募のうち「民主」を含むのは6352件、「維新」は570件あった。
 両党は10日に党名検討チームを開いて公募案も参考に、それぞれ1、2案程度ずつに絞る予定。18日をめどに最終決定する。(以上(朝日新聞2016年3月10日07時59分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ394V20J39UTFK007.html

 民維合作の党名は、決定するまで公表しないようだったが、多分民主党側のリークで「民主党」が一番らしい。
 民主党からすれば、民主の名を残したいのは当然だろう。しかし、こうやってマスコミにリークをして、その土壌を作ろうというのは如何なものだろうか?まあ、個人情報を丸出しにしないと公募に参加出来ない仕組みだったので、真面目に考えた人だけが公募したのだろう。しかし、ネットには種々の党名案が飛び交っている。一般から見ると、ネット上の党名案の方が、名は体を表していて良いように思える。
 私の一押しの新党名は「朝鮮恨党」だけど・・・(No.4751)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

党名が政策よりも難しい

「あ党、い党」でも…党名協議、橋下氏うんざり
 日本維新の会と結いの党は10日、両党合同の両院議員総会を開き、21日に結成する新党の名称を「維新の党」とすることを決めた。
 新党名を決める協議は難航し、両党間で激しい応酬も繰り広げられた。このため、「結党前からこれだけもめるようでは先行きが不安だ」との声も上がっている。
 新党名は維新の会の橋下代表と結いの江田代表が7日、「維新」を含めることで合意。両党幹部が候補を絞り込み、所属議員が投票して決める段取りとなった。
 維新の会は9日、「維新の会」と「日本維新の党」の2案を結いに提示。しかし、「吸収合併」と見られることを避けたい結い側は、「刷新されたイメージにはほど遠い」と反発。江田氏は破談まで示唆して抵抗し、橋下氏が「付き合いきれない。『あ党』でも『い党』でも『う党』でもいい」と突き放す場面もあった。
 結局、維新の会、結いの双方から推す声があった「維新の党」に「改革維新の会」と「維新党」を加えた3案を、議員総会で投票にかけることで歩み寄った。
 維新の会38人、結い14人による投票の結果、「維新の党」が過半数の41票を獲得。「改革維新の会」は10票、「維新党」は0票、白票1だった。江田氏は党名決定後、「それぞれ思いはあるが、決められたルールに従って決まったこの旗印の下、野党再編に向けて突き進みたい」と述べた。(以上(2014年09月10日20時36分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140910-OYT1T50123.html

 日本維新の会と結いの党の合同でできる新党の名称を「維新の党」にすることに決まったそうだ。
 政策も違っている二党が、合同するのに党名だけで揉めているのだから、噴飯物だ。それよりは、政策をどう摺り合わせるのだろうか、楽しみだ。水と油が混ざり合うわけないのだから、与党結集という謳い文句にどれだけの効果があるのだろうか。それにしても、「維新」と「の党」をくっつけるのに時間が掛かるというのだから、まあ、国会議員も暇なのだろう。今度は、「維新」出身、「の党」出身とでも称するのだろうか?
 国政には口を出さないとほざいていた橋下徹の首尾一貫しない口出しにも閉口するが、まあ、好きにやってくれれば良い話だ。(No.4217)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘吐きの仲間を探す民主党

「民維み連携必要」と前原氏 野党再編で
 民主党の前原誠司元代表は11日のフジテレビ番組で、野党再編に向け民主党、日本維新の会、みんなの党の3党間で連携を進める必要があるとの認識を示した。「3党を中心に勉強会や政策協議を行う中で政策や理念を一致させないと野合と見られる。数合わせではしょうがない」と述べた。
 一方、みんなの党の江田憲司前幹事長は同じ番組で、幹事長更迭を受け「一兵卒になったので、自由な身でしっかり野党再編をやりたい」と強調。同時に「民主党や日本維新の方々と意見交換を始めるのがなぜいけないのか」と述べ、再編主導に慎重な渡辺喜美代表への不満をにじませた。(以上(2013/08/11 11:06【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013081101001380.html

 政権で国民を裏切り続けた民主党の言うだけ番長・前原誠司が、「民維み連携」が必要だとほざいたそうだ。
 しかし、これは、嘘吐き民主党というレッテルを薄めようとの画策としか思えない。野党の野合によって生まれた民主党がそうであったように、民主党の中には隠れ社会党が闊歩していたのだ。要するに、新党を模索しようとしても、その新党の中に、民主党が入れば、嘘吐きの党の体質をそのまま引き継いだ党になるに過ぎない。まして、言うだけ番長が言うのだから、現実味などありはしない。その場の思いつきをほざいているに過ぎない。
 もし、言うだけ番長・前原誠司が、国民のことを考えているのであれば、サッサと政界を引退することが、最重要課題であり、前原誠司以下民主党抜きで新党を考える方が、より現実的だと私は考える。(No.3734)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

元旦の小沢詣でも陰を見せ

小沢氏、新年会で「参院選に勝負かける」 出席議員13人も野党結集に意欲
 生活の党の小沢一郎衆院議員は1日、都内の私邸で開いた新年会で「衆院選では(第三極が結集していれば)票数では自民党に負けていなかった。今夏の参院選に勝負をかける」とあいさつし、反自公勢力の選挙協力実現に向け調整に乗り出す考えを示した。
 出席者によると、小沢氏は「日本維新の会の橋下徹代表代行も、みんなの党の渡辺喜美代表も(選挙協力の必要性を)分かっていなかったが、衆院選の結果を見て分かったのではないか」と指摘。「自民党の独り勝ちを許すわけにはいかない」と参院選での巻き返しに強い意欲を示した。
 新年会は、昨年は東日本大震災の被災地に配慮し取りやめたため、2年ぶりの開催となり、現職国会議員では森裕子・生活の党代表ら13人が出席した。当時の民主党幹部ら120人が駆けつけた平成23年の新年会と比べると、小沢氏の“威光”のかげりを印象づけた。(以上(MSN産経ニュース2013.1.1 21:05)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130101/stt13010121060002-n1.htm

 正月元旦恒例の小沢詣でが今年も、13名もの出席者を仰いで行われたそうだ。
 一時期は、一桁多い参拝客で、1階の大広間では入りきれず、2階にまで参拝客があふれたり、午前の部、午後の部と二部構成にされた時期もあったそうだが、ことしの参拝客はゆっくり過ごせたようだ。
 守銭奴・小沢一郎を慕う議員どもは、田中角栄時代の再来を求めているのだろうか?それとも、小沢一郎は大石内蔵助気取りなのだろうか?(No.3510-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売国奴みどりの風を利用する

みどりの風、再び政党に…亀井静香氏ら合流
 亀井静香元金融相と、新党大地の平山誠参院議員は28日、谷岡郁子参院議員ら4人が共同代表を務める参院会派「みどりの風」に合流した。
 みどりの風は同日、総務相に政党設立を届け出た。届け出の代表者は谷岡氏だが、共同代表制を維持する。
 亀井氏は28日、合流の理由について記者団に、「脱原発や環太平洋経済連携協定(TPP)反対など主張が同じだから」と説明した。平山氏は同日、合流に先立ち、新党大地を離党した。
 みどりの風は今年11月、所属議員7人の政党として結成されたが、そのうち3人が日本未来の党に合流して衆院選に立候補したことから所属議員4人となり、「所属議員5人以上」の政党要件を満たさない政治団体となっていた。亀井、平山両氏の合流で所属議員が6人に増え、再び政党として届け出た。(以上(2012年12月28日20時29分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121228-OYT1T01126.htm

 広島の恥部・亀井静香が節操もなく「みどりの風」に舞い戻るとほざいたらしい。
 亀井静香が戻ることで、「みどりの風」は政党要件を満たすらしいが、これも、1月1日という政党交付金目当てと見れば、亀井静香の行動も単純明快だと言うことが分かる。糞民新党を追い出され、新党を結成すると息巻いたが誰も参加せず、虚勢だけ張っている亀井静香のどこに政治信念があるのだろうか。何でも反対ならば、誰だってできることだ。それよりも、反対するのならば、どうするのかという具体策を示さない限り、単なるパフォーマンスのための反対としか受け取られない。
 総選挙前に、みどりの風を足蹴にして日本未来の党に移った輩の内で、土着のメリットを生かして当選した亀井静香以外は皆落選したのだ。節操もない政治屋に金バッジなどもったいないのだ。(No.3506-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県で伊吹おろしの吹く未来

「嘉田氏に知事給与は不当」彦根市長が監査請求
 嘉田由紀子・滋賀県知事が、日本未来の党代表として衆院選に関する政治活動をしている間に、知事給与を支払うのは不当だとして、同県彦根市の獅山向洋市長が6日、県に給与の支払い停止を求める住民監査請求を行った。
 監査請求書によると、嘉田知事は、衆院選が公示された4日から6日までの3日間、登庁せず、同党候補者応援のため各地を遊説。こうした行為について「県民の政治的見解は多様なのに、特定の政党の選挙活動を行う知事に、県民の税金から給与を支払うのは明白に違法」と主張した。
 嘉田知事はこの日、報道陣に「知事は特別職で、一般職員のように勤務時間が決まっているわけではなく、そもそも住民監査請求は成り立たない」と答えた。(以上(2012年12月6日20時23分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/national/20121206-OYT1T01204.htm

 地方の首長でありながら、公務を放り出している嘉田由紀子に対して、彦根市長が給与の支払い停止を求める住民監査請求を行ったそうだ。
 確かに、言われてみればその通りだ。「知事は特別職で勤務時間が決まっていない」と嘉田由紀子は反論しているが、会社で喩えればよく分かる話だ。会社でも管理職になれば、通常勤務時間には拘束されない。しかし、それなら、管理職は会社の仕事を放り出してサイドビジネスができるのかといえば、そのようなことはできない。より地位の高い人間ほど自分で自分を律する必要があるのだ。日本維新の会の橋下徹も、大阪市政を放り出して総選挙にうつつを抜かしているが、同じことがいえると私は思う。
 直接選挙で選ばれた首長といえども、公私混同する人間にその資格があるのだろうか。(No.3483-5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評