新党「国民の生活が第一」

「オリーブの木」これが小沢の断末魔

生活・小沢氏、手詰まり…比例統一名簿進まず
 夏の参院選に向け、生活の党の小沢共同代表が苦慮している。
 公認候補の擁立作業を中断し、複数の野党が比例代表の統一名簿を作って参院選を戦う「オリーブの木」構想を民進党に繰り返し働きかけているが、実現のメドは立っていない。
 小沢氏は24日の記者会見で、前日に民進党の岡田代表と会談し、改めて構想への協力を求めたことを明らかにした。小沢氏は「あなたが決断すれば、今日でも明日でもできると言ったが、返事らしき返事はなかった」と不満げに語った。
 構想が実現すれば、政権批判の受け皿を一本化でき、生活のような小政党が単独で戦うよりも有利とされるが、民進党は既に不参加の方針を決めている。政権与党だった前身の民主党時代に党内をかき乱した小沢氏に対する「アレルギー」が強く残っているためだ。
 小沢氏は記者会見で「最後まで『オリーブの木』構想を捨てない。公認はぎりぎりで良い」と、なおも諦めない考えを強調した。(以上(読売新聞2016年05月25日07時13分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news1/20160524-OYT1T50131.html

 小沢一郎が、生活の党の生き残りを賭けて「オリーブの木」構想を民進党に働きかけているが、前に進まない。
 民進党は大嫌いだが、小沢一郎が旧民主党時代に何を党内でやって、出て行ったかを考えれば、小沢一郎の提案など歯牙に掛ける価値さえ無いのは明確だ。過去の悪行三昧を棚に上げて、都合良い時だけすり寄ってきても、民進党も一顧だにしないだろう。民進党も過去の悪行三昧を棚に上げるのが得意だが、それ以上に得意なのが小沢一郎なのだ。そもそも「オリーブの木」構想は、弱小政党が比例区で議席を盗りたいという姑息な考えの元に小沢一郎が言っているだけだ。それならば、社民党と統一会派でも組めば良いではないか?なぜ、そうしないのか、答えは簡単だ。弱小政党同士が統一名簿を作っても、議席の取り合いになるだけでメリットが無いのだ。まだ、民進党ならば、本来民進党に入るべき票を生活の党が横取りできるというメリットがある。
 小沢一郎の生活の党は、社民党と共に、この世から消えることで、政界の昭和の悪遺産を大掃除できるはずだ。(No.4826)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権力を握れば野合だって良し

小沢一郎氏「野合でなにが悪い」 参院選へ野党団結訴え
■小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち代表
 今年は言うまでもなく夏に参院選が予定されている。我々としてはなんとしても野党の連携、大同団結を果たして、参院選で自公の過半数割れを現実のものとすることを目標とする。自公の過半数割れが実現すれば、すなわちそれが安倍内閣の退陣だ。参議院だから直接、政権が与党から野党に代わるということはないが、安倍さんが退陣せざるを得なくなることだけは間違いない。それによって大きな国政の流れが変わるし、自民党自体も、本来のある意味あるべき政治の本質に目覚めるのではないかなと思っている。そういう意味でどうしても野党の再編と言われているが、みんなで手を握って力を合わせ、安倍政権を倒さないとならないと思っている。(以上(朝日新聞2016年1月1日16時31分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ11560BJ11UTFK001.html

 小沢一郎が新年に当たって、安倍政権を倒せるならば野党の野合でもやるべきだと宣った。
 「生活の党と山本太郎となかまたち」にしても、政党助成金を得るがために、小沢一郎と山本太郎が野合して出来た政党なのだから、小沢一郎としては、権力が握れるのならば何でもありというのが政治信条だろう。しかし、小沢一郎が民主党幹事長の時に何をやったか思い出せば、このような政治屋など不要だと言うことが分かるだろう。小沢一郎は、民主党幹事長時代、民主党への陳情は全て幹事長を通さないとダメだとし、権力を握っただけだった。民主党政権時、やろうと思えば何でもできた立場なのに、小沢一郎がやったことは権力の掌握だけだった。また、野合政権は、細川政権で経験したように、安定した政権運営は、同床異夢の政党の集まりだから、所詮無理なのである。それでも、小沢一郎が野党の野合でもというのは、権力をもう一度握りたいという個人的趣味以上のものは、感じられない。
 安倍政権打倒後の絵も描けない小沢一郎を権力の座にもう一度戻すことは、あってはならないことなのだ。(No.4684)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合従連衡が進まない野党

民主、小沢氏とは距離=生活の「擦り寄り」黙殺
 小沢一郎氏率いる「生活の党」が、参院選での野党協力に向け、民主党に秋波を送っている。しかし、同党内には党分裂を引き起こした小沢氏への拒否感や、連携に伴う弊害を懸念する声が強い。小沢氏と近いとされる海江田万里代表ら民主党執行部も、生活側の働き掛けを当面黙殺せざるを得ないのが現状だ。
 「この間の経緯はあるが、お互い胸襟を開き、国民の生活が第一という原点に立ち返れば、協力することは可能だ」。生活の森裕子代表は11日の記者会見で、民主党との関係修復に強い期待を寄せた。
 小沢氏は今夏の参院選について「ばらばらにやって勝てるわけがないことは、小学生でも分かる」と周辺に語っており、反自民・公明勢力の結集を模索する。昨年12月の参院本会議での首相指名選挙では、生活の議員8人全員が決選投票で海江田氏に投票し、民主党への露骨な「擦り寄り」を示した。
 これに対し、民主党内には「引っかき回されるデメリットの方が大きい」(中堅)と、生活との連携に否定的な声が多い。民主党は日本維新の会やみんなの党との連携や選挙協力を目指しているが、生活との連携は小沢氏に反発する議員が多いことから、困難との見方が大勢。生活との連携に動けば、民主党が再び分裂するとの指摘もある。
 かつて民主党代表選で小沢氏に担がれた海江田氏だが、「私が『小沢さんと提携する』と言ったことは一度もない」と強調。生活とは距離を置く姿勢を示している。以上(時事ドットコム2013/01/13-15:37)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013011300082

 日本未来の党の分党で、政党交付金をせしめた守銭奴・小沢一郎が、民主党に秋波を送っているらしい。
 今でも、民主党創始者としての意識が続いているのだろう。民主党からすれば、日本維新の会との連携を模索されたが、にべもなく断られている。これで、民主党が守銭奴・小沢一郎と組めば、民主党は「一巻の終わり」ということも分かっているのだろう。そのため、小沢に近いとされる泣き虫・海江田万里も二の足を踏んでいると考えられる。後は、参院のドン・輿石ミイラも小沢との太いパイプを持っているようだが、総選挙の最大の戦犯だった輿石ミイラも、参院選までは表だった行動は起こせないだろう。何しろ、輿石ミイラのバックは、民主党参議院議員の数が衆議院議員より多いことなので、参院選でまた、民主党が負ければ、自分の立場がなくなることぐらい分かっているのだろう。
 「国民の生活が第一」と大上段に構えているが、国民の生活が第一と考えない国会議員がいる方がおかしいのだ。(No.3521-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タレントなら誰でも良いという小沢

当選無効裁決のタレント市議、生活が擁立へ 埼玉4区
 国民の生活が第一は24日、衆院埼玉4区(新座市など)にタレントで新座市議の立川明日香氏(27)を擁立する方針を固めた。立川氏は今年2月の市議選で2千票余りを得て上位で初当選したが、県選管は「選挙前は市内に居住実態がなく、被選挙権がない」として当選無効の裁決を下した。これを不服として、東京高裁へ裁決の取り消しを求める訴えを起こしている。(以上(朝日新聞2012年11月25日12時47分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1125/TKY201211250302.html

 「国民の生活が第一」は、タレントで新座市議の当選無効とされている立川明日香を埼玉4区に擁立することを決めたそうだ。
 突然の出馬で、被選挙権があるのかどうかは知らないが、とにかく、放射能の怖い小沢一郎は、美人には目がないらしい。要するに、小沢一郎にとって、政策がしっかりしているとかという観点で候補者を見ていないのだ。美人で話題性があればそれで、頭の中身はどうでもよく、自分の言うことを聞くだけの人間が好きなのだ。
 小沢一郎は、脱原発というのならば、核の最終処分場をどこに設置するかぐらい明示するべきではないだろうか。当然、岩手4区に設置すると決めれば、小沢一郎は落選しても、国民の生活が第一は、大躍進を遂げるのではないだろうか。(No.3490)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取り敢えず刺客仕立てるのは小沢

三宅雪子氏、涙浮かべ「首相と戦えと命受けた」
 解散後、国替え、引退が決まった前議員もいる。
 生活で群馬4区からの出馬を予定していた前議員三宅雪子氏は、野田首相が出馬する千葉4区への国替えが発表された。党本部で午後5時過ぎ、小沢代表が公認候補者リストを読み上げると、硬い表情でその様子を見守った。数日前から国替えを打診されていたといい、うっすらと涙を浮かべながら「(群馬)4区の皆様には申し訳ないが、首相と戦えという命を受けた」と話した。
 民主前議員・桑原功氏(比例北関東)は「一兵卒として、ほかの人たちの選挙を全力で応援したい」と語り、引退する意向を明らかにした。9月に引退を表明した4区の元首相・福田康夫氏(自民)もこの日、7期務めた衆院議員生活を終えた。(以上(2012年11月17日10時47分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121117-OYT1T00330.htm

 国民の生活が一番の小沢一郎が、野田総理の刺客として、単に政界を騒がせただけの三宅雪子を千葉4区から出馬させることを決めたらしい。
 民主党の凋落は誰の目にも明らかだが、国民の生活が一番もほとんど支持層がいない状態だ。刺客というのは、勝ち目があるから立てるものであって、取り敢えず対立候補を立てた程度のことを刺客とは呼ばない。小沢一郎は盤石の岩手4区から出馬して安泰らしいが、岩手4区の有権者は、原発から離れた岩手でも、放射能が怖いと震災後、選挙区にすら帰らなかった小沢一郎を推すのだろうか。非常事態の時だからこそ、国会議員が役に立つのであって、非常事態にも個人的な思考で知らぬ顔をしていた小沢一郎に投票するのだろうか。また、三宅雪子も縁もゆかりもない選挙区に回されて、かわいそうとも言えるが、昔ながらの民主党政治の延長でしかない小沢一郎に、国民の生活が一番と言われても、あなたは、カネと権力が一番でしょと言いたくなる。
 千葉4区には、自民党から強力な候補を立てて、野田総理の現役総理落選をみたいと思う。反野田票が散るのは問題だが、冷やかしの生活にどれだけの票が集まるのか楽しみだ。(No.3482-4)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小沢氏に言われたくないマニフェスト

生活の小沢代表、「0増5減」先行に慎重姿勢
 【ミュンヘン=松下正和】新党「国民の生活が第一」の小沢代表は19日夜(日本時間20日未明)、ドイツのミュンヘン市で同行記者団と懇談し、衆院選の「1票の格差」是正に向けた小選挙区の「0増5減」の先行実施について慎重な姿勢を示した。
 「マニフェスト(政権公約)で国民と約束したから、できるだけ定数削減を図るべきだ」と述べ、比例選定数の削減も必要との考えを示した。(以上(2012年10月20日12時20分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121020-OYT1T00439.htm

 放射能が怖くて、原発菅災後選挙区にも入らなかった小沢一郎が、「脱原発」のパフォーマンスのためにドイツを訪問しているが、そこで好き勝手をほざいたようだ。
 公職選挙法の「0増5減」の先行実施にいちゃもんを付けて、「定数削減を図るべき」とほざいたらしいが、衆議院の定数削減ならば、小沢一郎が幹事長をやっている時なら、簡単に法案が成立していたのだ。それをほったらかしにして、予算の陳情は幹事長が取り仕切るとかカネにご執心だったのは、どこのどなただろうか。「自分とカネが一番」の小沢一郎からは聞きたくない話だ。
 岩手県民は、目先のことに囚われてはならない。原発菅災時に小沢一郎が選挙区に何をやってくれたかよく考えるべきだ。(No.3454-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏切りは許されないと言う小沢

小沢氏が不信任に賛成方針 「信任はあり得ない」
 国民の生活が第一の小沢一郎代表は15日の記者会見で、臨時国会で野田佳彦内閣不信任決議案が提出された場合の対応について「野田内閣を信任することはあり得ない」と述べ、賛成する方針を示した。(以上(MSN産経ニュース2012.10.15 19:22)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121015/stt12101519220009-n1.htm

 内閣不信任案が提出されたら賛成しないようにと輿石ミイラが秋波を送っていた小沢一郎が、むげもなく断ったらしい。
 輿石ミイラの言い分としては、消費税増税以外は考え方が同じなのだからとほざいていたが、決定的に違うのが消費税増税であり、野田豚内閣を閣外から応援するのであれば、民主党から出なくても済んだはずだ。それだけ、生活と民主党との溝は深いのだ。それも考慮せずに、昔のよしみで歩み寄ろうとした輿石ミイラは何を考えているのだろうか。
 これで、民主党政権没落のマジックの値が確定した。山田や原口は等を割って出ることなどできるほど肝が据わっていないので、しばらくは安泰かも知れない。(No.3449-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外野から民主揶揄するのは小沢

野田首相では戦えず、民主の離党増える…小沢氏
 新党「国民の生活が第一」の小沢代表は27日、BS11の番組収録で、「野田首相では(次期衆院)選挙が戦えないという思いが(民主党議員の)ほとんどの人の心の中にあるから、また離党する人が増える」と述べた。
 そのうえで、「過半数割れすると、衆議院でも(内閣)不信任(決議案)が通ってしまうから大変なのではないか」と民主党をけん制した。
 小沢氏はまた、「第3極」の複数の政党が選挙協力する「オリーブの木」構想について、「それをやらなければ、新しい、民主、自民に代わる政権もできない」と語った。(以上(2012年9月27日18時34分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120927-OYT1T01071.htm

 泥舟・民主党から、ぽつぽつと逃げ出したネズミの列が絶えることはないが、次期総選挙となれば、野田豚は、泥舟に残ったネズミ相手のグリム童話の『ハーメルンの笛吹き男』になるだ。野田豚の笛に乗った民主党議員のほとんどは、次期総選挙で破滅の道を歩むことになるだろう。自業自得というものだ。未だに、巷の世論調査では、次期総選挙後の民主党の議席を90位と読んでいる。しかし、民主党が政権交代を成し遂げることのできたのは、世論調査では無党派層と呼ばれる有権者層だ。そして、民主党代表選挙でも、党員・サポーターに登録されている人の1/3しか投票していない。この事実から見ると、本当に民主党は90議席も取れるのだろうか、と言うよりも、90議席も民主党が取れるだけ有権者が民主党に投票するのか疑問だ。もう既に、野田豚が国連総会に出席している間に、自民党総裁が決まり、マスコミは自民党総裁のことを云々するだけで、野田豚が国連で何をほざこうが、ほとんど蚊帳の外だ。
 外野(小沢)が、野田豚では民主党が戦えない云々など関係のない話だ。後は、何匹民主党議員が野田豚と共に討ち死にをするかというだけだと私は思う。(尊敬に値しないので敬称は無し)(No.3430-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新党は決して触れぬTPP

原発ゼロ・反消費増税…新党「生活」が基本政策
 新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は1日、記者会見し、党の基本政策を発表した。
 「第3極」勢力の連携を意識し、10年後をメドに全原子力発電所の廃止を目指す方針や、消費増税への反対を明記した。
 小沢氏は「戦後日本の政治、行政、経済、社会の仕組みを一新しなければならない」と述べ、民主、自民の2大政党と対決していく考えを強調した。
 基本政策は、〈1〉原発ゼロ〈2〉消費増税阻止〈3〉地域主権――の3項目からなる。税財政政策として、積極的な財政出動などを通じた景気浮揚策の実施も盛り込んだ。
 原発政策に関し、新党「生活」は当初、原発の依存度を緩やかに下げる「脱原発」を検討していたが、小沢氏の意向で「原発ゼロ」に急進化した。原発再稼働に対する首相官邸前での抗議活動などの活発化などに着目しためで、次期衆院選で無党派層の支持を取り込む思惑がある。(以上(2012年8月1日23時49分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120801-OYT1T01302.htm

 「国民の生活が第一」と当たり前のことをもっともらしく党名に使った小沢新党が、問うの基本政策を発表した。
 しかし、その中にTPPをどうするかは盛り込まれていない。小沢本人としては、TPP反対の立場だが、維新の会がTPP賛成なので、様子見で党の基本政策に盛り込まなかったようだ。これで、維新の会にすり寄れれば、TPPによる国民の生活よりも、自分の政権が第一が実現できるのだ。原発ゼロにしても、脱原発デモと維新の会の勢いに乗りたいという意図が見え見えだ。その場限りの自分の都合の良いことだけを並べるのならば、民主党のマニフェスト詐欺と同じことだ。と言うよりも、民主党のマニフェストを作った時に、権力の中枢にいたのは小沢一郎だ。
 そういう意味では、「生活」も看板を掛け替えた民主党に過ぎないのだ。(No.3374-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料亭の方が仕事という小沢

小沢氏が消費税審議を“観戦” 野田首相とは目も合わせず
 新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が19日、消費税増税法案などを審議する参院の特別委員会を“観戦”、側近議員ら十数人とともに議員傍聴席を占拠した。小沢氏は衆院本会議にも欠席することが多く、委員会傍聴は異例だ。
 同党の中村哲治氏が質疑した約50分間、やじを飛ばさず、目を閉じたまま聞いていた。結局、野田佳彦首相と目を合わせることもないまま退出、首相も答弁では小沢氏を無視するように振る舞っていた。(以上(MSN産経ニュース2012.7.19 18:32)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/stt12071918330008-n1.htm

 新党「国民の生活が第一」の小沢一郎が、参院の特別委員会を観戦したことだけでニュース記事となっている。
 国会議員とは、国会期間中は国会で審議をするのが仕事のはずだが、「国民の生活が第一」でも、国会で国民のための議論をすることは、業務外のようだ。それでも、盲信した支援者は、何が何でも小沢というのだから噴飯物だ。小沢の得意技は、夜の料亭を主戦場にした寝技らしいが、それがまかり通ること自体がおかしいのだ。国会審議に参加しない国会議員を当選させることは、有権者として恥だと思うべきだ。このニューるを見る限り、学校でずっとサボっていた奴が、たまに学校に出てきてみんなが驚いたという低レベルな話と変わらない。
 これまでの、小沢一郎の「政治のカネが第一」で突き進んできた所業を眺めてみれば、「国民の生活が第一」が本心かどうかは一目瞭然のはずだ。その場限りの正論だけに振り回されてはならない。(No.3361)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評