民主党

悪行が判例となる菅直人

安倍晋三首相、FBに「真実の勝利。菅直人元首相は猛省を」 メルマガ訴訟で
 安倍晋三首相は22日、東京電力福島第1原発事故への対応を批判した安倍首相のメールマガジンで名誉を傷つけられたとして民進党の菅(かん)直人元首相が損害賠償などを求めた訴訟で、菅氏の敗訴が確定したことについて、自らのフェイスブックに(FB)「まさに『真実の勝利』に最終判断が下りました」と書き込んだ。
 安倍首相はFBで裁判の経緯を説明。その上で「元総理が現職の総理を告訴し、裁判で争うことになったことは残念でなりません。私は総理としての時間の一部を裁判のために割かざるを得ないことになりました」と指摘した。
 さらに、平成25年の参院選直前に突然提訴されたとし、「私をおとしめることを目的とした売名行為にほかならず、菅元総理の猛省を求めます」と痛烈に批判した。(以上(産経ニュース2017.2.22 20:55)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170222/plt1702220032-n1.html

 歩く国賊・菅直人が安倍総理を民事で訴えた裁判で、最高裁で歩く国賊・菅直人の悪行三昧が認められた。
 歩く国賊・菅直人が、原発菅災時に、福島原発第一発電所の原子炉への海水注入を阻止したということが、判例によって明らかになった。しかし、歩く国賊・菅直人を人間として許せないのは、吉田昌郎所長が亡くなられて、死人に口なしの状況になって、自分の不都合をもみ消すために、この訴訟を起こしたことだ。東電の資料では、歩く国賊・菅直人が海水注入は再臨界の恐れがあるとほざいて、やらさないようにしたのが今回の判決で決定したのだ。しかし、歩く国賊は、吉田所長の機転によって、海水注入を止めなかったことを自分の成果にしようとたくらんだのだから、とても、人間のやる所業ではない。そんな恥知らずでも、肩書は「元総理」なのだから、日本の憲政史から、民主三バカ政権は黒塗りにして憲政史から削除するべきだ。さらに、歩く国賊・菅直人は、自己満足のために国政のトップとして多忙な安倍総理の時間も無駄に使わしたのだから、さらに罪は深い。それでも、歩く国賊・菅直人はノウノウと娑婆にいて、国会議員をやっているのだから、どうしようもない無責任の塊だ。
 日本国として、歩く国賊・菅直人の刑事責任をどうしても問うて、歩く国賊・菅直人を刑務所に入れなければ、許せないことだ。(No.5076-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしいと認識すらもないコリア

「駐日大使召還」検討を=一時帰国長期化を批判-韓国野党幹部
 【ソウル時事】韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎院内代表は7日の幹部会議で、長嶺安政駐韓大使の一時帰国から1カ月を経過したことに触れ、「一定の期限までに日本大使が復帰しなければ、われわれの大使も召還しよう」と述べた。その上で、韓国の駐日大使召還について尹炳世外相に検討を求める考えを示した。
 禹院内代表は、慰安婦を象徴する少女像が撤去されるまで、安倍晋三首相は長嶺大使を帰任させる意向がないと主張。「安倍(首相)の非外交的かつ反韓的な態度を見ながら我慢しているのは、韓国の自尊心にかかわる問題だ」と述べ、一時帰国の長期化を批判した。(以上(時事ドットコム2017/02/07-11:49)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020700544&g=pol

 南朝鮮の「共に民主党」のバカ禹相虎が、日本大使を帰任させないと駐日南朝鮮大使を召還するとほざいたそうだ。
 その言い分が、「安倍(首相)の非外交的かつ反韓的な態度を見ながら我慢しているのは、韓国の自尊心にかかわる問題だ」ということだが、南朝鮮の言う通りにしないと「反韓」、我慢するのは「自尊心」とほざいているのだから、開いた口がふさがらない。朝鮮人は自分たちが悪いことをやっている、世界で通用しないことをやっているという認識すら持っていないのだ。朴槿恵の糞ババアの次の政権は「共に民主党」らしいが、まともに付き合っていく相手などではない。どこの国でも「民主党」と名が付けば、汚いことしないというのが定番のようだ。
 日本は、南朝鮮が駐日大使を召還する前に、在日及び帰化朝鮮人の強制送還を国会で議決し、速やかなる国交断絶を望む。(No.5060-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辺野古移転を決めたのは民主党

翁長知事「県民に失礼」 「辺野古が唯一」方針に不快感
稲田朋美防衛相とマティス米国防長官が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を「唯一の解決策」と確認したことに対し、訪米中の翁長雄志・沖縄県知事は3日(現地時間)、ワシントンでの記者会見で「県民に対して大変失礼なやり方ではないか」と不快感を示した。
 辺野古移設に反対する沖縄県には、日米同盟の見直しにも言及したトランプ氏の大統領就任に「オバマ政権の政策を継承するクリントン氏より変化が期待できる」との受け止めもあった。翁長氏はトランプ氏の当選が決まった際、知事としては異例の祝電を送り、今回の訪米も大統領周辺への働きかけが目的だった。県幹部は「これでは何をしに米国に行ったんだ、と見られかねない」とこぼす。
 一方、翁長氏を支える与党県議の一人は「トランプ政権は人権に鈍感に見える。沖縄に同情してくれるなんて期待していない」と淡々と受け止める。「安倍政権のうちは『辺野古が唯一』は変わらない。県民の民意を示し続けて、辺野古移設は愚策だと訴えていくしかない」(ワシントン=吉田拓史)(以上(朝日デジタル2017年2月5日01時08分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK245RCBK24TIPE019.html

 翁長雄志が米国外遊中に日米政府で普天間基地の辺野古移転は唯一の解決策だと決められて、蚊帳の外の翁長雄志が吠えている。
 翁長雄志が何をほざいても、一地方自治体の首長に過ぎないという自分の立場を理解していないから、このようなことがほざけるのだ。沖縄県患部が「これでは何をしに米国に行ったんだ、と見られかねない」と危惧している通り、翁長雄志は税金を使ってアメリカに遊びに行っただけなのだから当然のことだ。また、翁長雄志は「安倍政権のうちは『辺野古が唯一』は変わらない。」ともほざいているが、こいつの脳みそに過去の歴史が入っていないのだろうか?辺野古移転を再度決めたのは、民主三バカ政権の生きた国賊・鳩山由紀夫政権であり、それを判断したのは、生きた国賊・鳩山由紀夫本人であることを忘れた暴言と言えるだろう。
 翁長雄志は、自分の身の丈をよく考えるべきだ。中国の犬だろ!(No.5082)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のための鳩山放し飼い

鳩山氏、在日米軍経費の負担増「とんでもない」
 鳩山由紀夫元首相と元外交官の宮家邦彦氏が10日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、今後の日本外交について議論した。
 鳩山氏は、ドナルド・トランプ次期米大統領が選挙期間中、日本側に在日米軍駐留経費の負担増を求める発言をしたことについて、「日本が7割支払っている。これ以上払えというのはとんでもない話だ」と批判した。宮家氏は、トランプ氏が在日米軍撤退をちらつかせたことについて、「撤退ということではなく、日米でどのようなことができるかという議論から始まると思う」と予測した。(以上(読売新聞2017年01月10日23時04分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170110-OYT1T50128.html
 生きた国賊・鳩山由紀夫が、在日米軍経費の負担増を反対したが、中国様に忠誠を誓ったバカとしか思えない。
 トランプ氏が大統領になってどのようになるのかは分からないが、日本が在日米軍の駐留費用を全額負担するとなれば、日本はトランプ新大統領に対して、在日米軍は日本を守るだけにして、南朝鮮など助けに行く費用を出しているのではないと言えば済むことだ。アメリカは東アジアに睨みを利かすために日本に駐留しているのであって、その行動を日本が縛ることなど反対するのは目に見えている。しかし、中国の犬となった生きた国賊・鳩山由紀夫とすれば、中国様が大変だというので、気が気ではないのだろう。個人的には生きた国賊・鳩山由紀夫を鳥インフルエンザの鶏と一緒に埋めても良いとさえ思う売国奴だ。生きていることが罪なのだ。
 どうせ、生きた国賊・鳩山由紀夫は朝鮮人の妾の子だし、サッサと日本国籍をはく奪して勝手に飛び歩かさないようにするべきだ。(No.5058-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国も代案のない民主党

国民感情に便乗、代案なしに「慰安婦合意破棄」「THAAD配備撤回」を主張する韓国政界
『韓国政界や大統領戦出馬候補らはこのところ、競い合うように「(2015年12月の)韓日慰安婦合意の再交渉・白紙化」や「戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)配備延期・撤回」を主張しているが、それに伴う対策や「後始末」については口を閉ざしている。韓米同盟や北朝鮮の核問題に対する協力の破棄、国家信用度低下など多くの後遺症が予想され、論争の種になりやすい外交事案を、まるで国内政治の公約を覆すかのように思っているとの批判も出ている。朴喆煕(パク・チョルヒ)ソウル大学教授は「国益に関する綿密な分析・戦略のないまま国民感情に便乗して外交合意を覆せば、国家次元の危機を迎える可能性がある。今、韓国の外交は失敗をしている場合ではない」と述べた。』(以上(朝鮮日報2017/01/10 09:23)より部分引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/10/2017011000722.html

 南朝鮮で世論に便乗して、日韓合意を破棄しろとかほざいている野党・民主党は世論に迎合し代替案の無い「やはり民主党」なのだ。
 そして、次の大統領選では、「やはり民主党」が政権を盗りそうだから、なおさら、おかしい政治が続くことが予想される。まるで、日本の民進党(旧民主党)と全く同じ思考の輩なのだ。まあ、日本の民進党も帰化朝鮮人がごまんと紛れ込んでいるから、元を質せば同じと言っても良かろう。日本でも民主三バカ政権時代には、アメリカとの関係も良くなかったし、尖閣諸島を国有化して中国とも関係が悪化した。要するに、民主党という政党は、「何でも反対党」をやっているしか能の無い輩の集合体なのだ。似ている者に、沖縄の翁長雄志も同じだろう。
 日本も南朝鮮も「民主党」とはろくでもない輩の烏合の衆の政党名らしい。(No.5057-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍総理これまた菅の尻ぬぐい

首相、帰還困難区域復興「月内に指針閣議決定」
 安倍首相は10日、東京電力福島第一原子力発電所事故による「帰還困難区域」の復興について、「国が前面に立って取り組み、基本指針を今月中に閣議決定する考えだ」と述べた。
 視察先の福島県川俣町で記者団の質問に答えた。
 首相はこれに先立ち、同県南相馬市でロボット部品を製造する事業者らと意見交換し、ロボット産業の拠点づくりに同市が取り組んでいることについて「すばらしい目標だ」とエールを送った。首相はJR常磐線の新地駅(福島県新地町)で、東日本大震災の津波により、不通だった区間の運転再開を記念する式典にも出席した。(以上(読売新聞2016年12月10日19時42分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161210-OYT1T50116.html

 安倍総理は原発菅災による「帰還困難区域」の復興について、今月中に閣議決定すると述べた。
 原発菅災から、来年で6年になるが、これまで、歩く国賊・菅直人、野田豚は被災地復興が最優先課題だとほざきながら、これという有効な手立てを打ってこなかった。それこそ歩く国賊・菅直人が総理時代に決めておけば済んだことだが、歩く国賊・菅直人は、被災地を人質にして政権の寿命を延ばしただけでなく、再エネ法というザル法を作って、太陽光発電所を作るならば、建築基準法や森林法など関係なく太陽光発電所を作れるようにして、太陽光発電所で自然破壊を加速しているのだ。歩く国賊・菅直人は、総理辞任後、迷惑を掛けた被災地廻りをするのならば分かるが、四国にSPを連れてお遍路などと言うワガママの極みをやったのだ。今の民進党は、民主三バカ政権の悪行三昧を突き返されると「過去のこと」だとほざくようになったが、過去があるから現在があるのであって、何も反省しなかった民主党が、通名を民進党に替えても同じことなのだ。
 今回の安倍総理の発言も、全て歩く国賊・菅直人の尻ぬぐいなのだ。(No.5028)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最低を競う朴槿恵か菅直人

朴大統領、捜査受け入れ…「全責任を負う」
 【ソウル=中島健太郎】韓国の朴槿恵パククネ大統領は4日午前、記者会見を開いて国民向け談話を発表した。
 40年近い友人の女性経営者崔順実チェスンシル容疑者(60)による国政介入疑惑に関連し、「必要に応じて、私も検察の捜査に誠実に臨む覚悟だ」と受け入れる考えを初めて示した。「捜査で過ちが明らかになれば、私もすべての責任を負う覚悟ができている」とも述べた。ただ「国政の空白」を防ぐため与野党の協力を求め、当面は自身が政権運営を続ける意思を表明した。
 疑惑に対する国民の反発は最高潮に達しており、最新の世論調査で、朴氏の支持率は5%に低下。謝罪会見で国政の混乱が収拾する見通しは立っていない。(以上(読売新聞2016年11月04日13時44分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20161104-OYT1T50046.html

 最低の支持率を5%に更新した朴槿恵の糞ババアが記者会見を開いて談話を発表した。
 崔順実による国政介入疑惑に「必要に応じて、私も検察の捜査に誠実に臨む覚悟だ」とほざいたらしいが、支持率5%になっても政権にしがみつかなければ、自分の命が危ない南朝鮮大統領ならではの光景だ。これまでの南朝鮮の糞大統領は、支持率が下がれば「反日」に転向して、日本を責めていれば支持率が回復したが、朴槿恵の糞ババアの場合は、既に「反日」のカードを使い果たしているからどうしようもないのだ。それでも、政権にしがみつきたいという態度を見ると民主三バカ政権時代の歩く国賊・菅直人内閣を彷彿させる。どこかに共通点があるようだ。
 最後まで往生際の悪さを見ると朴槿恵の糞ババアと歩く国賊・菅直人とはそっくりだと思うのは私だけだろうか?(No.4990-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発菅災を判例にしたい菅

「記事の主要部分は真実」…菅元首相の控訴棄却
 東京電力福島第一原発事故の対応を批判した安倍首相のメールマガジンの記事で名誉を傷つけられたとして、菅直人元首相が謝罪記事の掲載や1100万円の慰謝料などを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(後藤博裁判長)は29日、「記事の主要部分は真実」として請求を棄却した1審・東京地裁判決を支持し、元首相の控訴を棄却する判決を言い渡した。
 元首相は上告する方針。
 高裁判決後に記者会見した菅元首相は、「とても承服できない。判決には大きな間違いがある」と語った。安倍首相の事務所は「(当時の)官邸における原発事故問題の本質が真正面から再度認められた」とコメントした。(以上(読売新聞2016年09月29日21時04分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160929-OYT1T50142.html

 歩く国賊・菅直人が安倍総理のメルマガを名誉毀損で訴えた裁判で、東京高裁が却下した。
 歩く国賊・菅直人としては、吉田元所長が故人になったから死人に口なしで、好き勝手をほざいているが、原発菅災時に、歩く国賊・菅直人が海水注入を止めさせたと言うことが高裁でも認められたのだ。歩く国賊・菅直人はしらばっくれて自分は言っていないとほざき続けているが、当時の官邸は、歩く国賊・菅直人の独裁政権で歩く国賊・菅直人の決定が無い限り動けない状態で有った事は周知の事実だ。歩く国賊・菅直人が海水注入は再臨界の可能性があるとほざいていたのだから、官邸にいた東電患部が海水注入を止めさせたのも当然歩く国賊・菅直人の意志があったからだ。ただ、故吉田所長の判断で、海水注入を止めなかったことを歩く国賊・菅直人は自分の成果にしたいのだから、これほど浅ましい人間が日本にいること自体、おぞましいことだ。
 歩く国賊・菅直人は、上告して最高裁判決を仰ぎ、判例として末永く最低最悪の総理だったことを後の世に残して欲しい。(No.4955)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振興費無くても済むの独立派

東アジア共同体・沖縄研究会が発足 鳩山元首相が顧問
 県内外の有識者が呼び掛けて、沖縄の自立・独立を含めた自己決定権の在り方を幅広く研究・提言する「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」が11日発足し、琉球大学で公開シンポジウムを開いた。名誉顧問に就任した鳩山友紀夫元首相は「沖縄の命どぅ宝の思い、私流には友愛の心こそが東アジア共同体そのもの。沖縄がその原点だと確信した。東アジア共同体会議を沖縄で開いて、平和の要として発信していく絵を描きたい」と抱負を語った。
 共同代表に就いた高良鉄美琉球大教授は「自立の問題や民主主義の問題など沖縄の今日の状況を打開する意味からも、沖縄の外から応援をいただき、東アジア全体から沖縄を認めてもらうという大きな理念の下で発足した」と設立趣旨を説明した。
 共同代表にはほかに木村朗鹿児島大教授が就いた。大田昌秀元県知事も名誉顧問に就任した。
 シンポジウムでは島袋純琉球大教授や仲地博沖縄大学長、石原昌家沖縄国際大名誉教授、シールズ琉球の玉城愛さん、木村教授らがそれぞれ報告。
 呼び掛け人には前田朗東京造形大教授や白井聡京都精華大専任講師など県内外の研究者やジャーナリストらが名を連ねている。鳩山氏が理事長を務める東アジア共同体研究所とは別の組織。(以上(【琉球新報電子版】2016年9月11日15:16)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-354919.html

 沖縄の独立を目指す東アジア共同体が、生きた国賊・鳩山由紀夫を顧問に迎えたそうだ。
 東アジア共同体の目的は、沖縄の独立らしいが、それならば、沖縄振興費3000億円余りと地方交付税交付金をまず受け取らずに、沖縄が成り立っていくのかを考えるべきだ。お金は日本本土から融通して貰って、独立だなどとそれでなくても、子どもの貧困率が一番高い沖縄が、日本無しで経済がなり立つはずがない。
 沖縄県民は、生きた国賊・鳩山由紀夫によって辺野古移転で余計な夢を見さされたというトラウマもないのだろうか?(No.4937-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遮水壁作らなかった菅の所為

福島第一、地下水が急上昇 大雨続き凍土壁2カ所溶ける
 東京電力福島第一原発で、汚染水対策で設置が進む凍土壁で遮蔽(しゃへい)された下流のエリアの地下水位が、台風10号による降雨の影響以上に上昇していたことが1日、わかった。東電は、凍っていた凍土壁の2カ所が、度重なる大雨で溶けたと明らかにした。こうした穴を抜け、原子炉建屋側の地下水が下流に流れ込んだとみられる。
 東電によると、凍土壁の下流の護岸の地下水位は、台風10号が通過した先月30日に一時、地表の下28センチまで上昇した。台風10号の通過前は35センチ下だったといい、7センチほど上昇した。台風10号による付近の降水量は1日で55ミリ。それだけなら5・5センチの上昇ですむはずだが、ポンプで740トンの地下水をくみ上げたにもかかわらず、降水量を超える水位の上昇があった。
 東電によると、先月17日に接近した台風7号の大雨以降、凍土壁の2カ所で0度以下だった温度が0度以上に上昇した。度重なる大雨で大量の水が流れ込んだことで溶けたとみられる。東電は薬剤を流し込み、再凍結を促す工事をする。(以上(朝日デジタル2016年9月2日01時38分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASJ9161JHJ91ULBJ00L.html

 福島第1原発で大雨によって凍土壁が溶けて、地下水が原子炉建屋内に流れ込んでいる。
 これを含めて、諸悪の根源は歩く国賊・菅直人なのだ。歩く国賊・菅直人が、東電に対して、既存の技術で遮水壁を作らせておけばこのようなことにはならなかったのだ。しかし、こういった歩く国賊・菅直人の悪行については、議事録も残していないから、責任の追及もできないというか、責任を問われないために、歩く国賊・菅直人内閣では議事録を故意に作らなかったと勘ぐられても、歩く国賊・菅直人の人間性から言って自業自得なのだ。そして、政府が遮水壁にカネを出す方策として、挑戦的な方法として凍土壁にして、国の税金を垂れ流すシステムを作ったのだ。
 これだけ悪行三昧をやった歩く国賊・菅直人が娑婆で「脱原発」とほざいていること自体、腹が立って仕方がない。(No.4927)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 警察 | 趣味 | 農業 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評