売国奴

大学がどこかへ行けば済む話

普天間閉鎖求める 沖国大ヘリ墜落13年で集い
 【宜野湾】沖縄国際大米軍ヘリ墜落から13年となった13日、大学主催の「普天間基地の閉鎖を求め、平和の尊さを語りつぐ集い」が午後2時から墜落現場モニュメント前で始まった。昨年末のオスプレイ墜落からわずか8カ月で再び普天間所属オスプレイの墜落事故が発生したばかりで、周辺住民の危機感は高まっている。
 集いで前津榮健学長は「昨年12月の名護市安部海岸へのオスプレイ墜落、今月5日のオーストラリア沖への墜落は13年前の惨事を思い起こさせた」と訴え、普天間飛行場閉鎖を求めた。
 現役の学生が被害者や目撃者の証言を読み上げる「8・13朗読ライブ『VOICE』2017―明日へのバトン」は午後3時から同大図書館4階AVホールで開演する。図書館や5号館1階でパネル展も開かれている。
 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古での新基地建設に反対する「島ぐるみ会議・ぎのわん」も13日午後4時から宜野湾市役所前で抗議集会を開き、その後デモ行進する。(以上)(【琉球新報電子版】2017年8月13日14:14)より引用)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-554801.html

 普天間基地があるのにわざわざ基地の直ぐ側に大学を作ってヘリが落ちたと騒いでいる沖縄国際大学など後から来たのだから、自費で移転すれば良いのだ。
 沖縄国大大学など何様のつもりだろうか?基地があって当時から危険なことは認識されていたにもかかわらず普天間基地の近くに大学を建設したのだから、それなりの危険が伴うという認識があったはずだ。それがなければ、沖縄国際大学の設立時の役員はバカしかいなかったということだろう。そもそも、米軍ヘリ墜落で大学側の負傷者も死者もいないのに、モニュメントを作って活動するなど、南朝鮮の自称慰安婦や徴用工の像と考えの根底が同じなのだろう。
 偏差値35~42.5の大学を大学として認可することから議論すべきだ。(No.5241-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日でもここまで来れば沖縄紙

「民意揺るぎない」 辺野古反対訴え、沖縄で県民大会
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する県民大会が12日、那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場で開かれた。主催者発表で4万5千人が参加。豪州で5日にオスプレイの墜落事故があったにもかかわらず、飛行を続け、日本政府が容認したことにも厳しい意見が相次いだ。
 翁長雄志(おながたけし)知事はあいさつで「(オスプレイの飛行継続が)運用上必要だと言われて(日本政府が)すぐ引き下がるようでは、『日本の独立は神話である』と言わざるを得ない」と政府を厳しく批判。「オスプレイの配備撤回、辺野古反対、普天間の閉鎖撤去という県民の民意は、今日までいささかの揺るぎもない」と述べた。
 今回の県民大会は、4月に政府が辺野古の護岸工事を始め、県が7月下旬、国を相手に工事差し止め訴訟を起こしたことを受け、翁長知事を支えようと、社民や共産などの政党、市民団体でつくる「オール沖縄会議」が開いた。
 来年2月の名護市長選に立候補する意向を固めている稲嶺進市長は「辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせない。肝心要の地元名護ががんばらないといけない」と声を上げた。参加者たちは最後に「我々はあきらめない」と書かれたプラカードを一斉に掲げてアピール。「翁長知事を全面的に支持し、全力で支える」とする大会宣言と、オスプレイの飛行をやめない日米両政府を批判する特別決議を採択した。
 オール沖縄が県民大会を開くのは、うるま市の女性を殺害したとして米軍属の男が逮捕された事件に抗議した昨年6月の大会(主催者発表で6万5千人参加)に続き2回目。今回は翁長知事を支えるための大会をうたい、移設計画を容認する自民などには参加を呼びかけなかった。(山下龍一)(以上(朝日デジタル2017年8月12日19時45分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK8D4F1KK8DTPOB001.html

 アカヒ新聞が沖縄の県民大会の様子を掲載しているが、記事の中身は沖縄の偏向2紙と全く変わらず、全国に偏向記事をばらまいている。
 公平な記事とは、両論あれば両方の言い分を掲載するというものだが、ここまで、翁長雄志一派に肩入れをした記事を全国紙レベルで記事を書くということは、既にアカヒ新聞は新聞の公共性というものを放棄したのだと認定しよう。オール沖縄が主催と言っても社民党と共産党主催と言うべきことであり、国政では絶滅危惧党の社民党の名前と共産党の名前を隠しているに過ぎない。沖縄でのオスプレイの不時着を墜落と報じる偏向新聞だが、もし、辺野古基地が出来ていたならば、基地に不時着してオスプレイも壊れなかったという発想は、偏向新聞社にはできないのだ。
 新聞の偏向を取り締まる法が無いから、アカヒには公正取引委員会による押し紙で有罪を勝ち取るしかない。(No.5241)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真実は決して伝えないメディア

東名高速で4台絡む事故、自衛隊のトラックが横転
 自衛隊のトラックが横転しました。12日朝、静岡県浜松市北区の東名高速上り線で車4台が絡む事故があり、自衛隊の車両が横転しました。
 陸上自衛隊の車両は「73式」と呼ばれる中型トラックで、3人が乗っていていずれも軽傷を負ったほか、衝突した車に乗っていた1人が病院に運ばれました。
 現場付近はおよそ2時間半にわたり片側一車線の交通規制が敷かれ、最大5キロの渋滞が発生しました。(以上(2017年08月12日 12時17分 TBS)より引用)
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-102300/

 本当に今のメディアは壊れている。この記事もまるで自衛隊車両が悪いような報道だが、事実は分からない。
 何と言っても、事実を都合良く継ぎ接ぎして、事実とは全く逆の報道に仕立てるのが得意なのだから、どうしようもない。
 嘘を報道したと視聴者が認定すれば、放送局の停波ができるようにするべきだ。(No.5240-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新党は勝手にやれば良い細野

細野豪志元環境相、若狭勝衆院議員と都内で会談 政策協議継続へ、双方が新党を構想
 民進党を離党した細野豪志元環境相は11日夜、東京都内で政治団体「日本ファーストの会」代表の若狭勝衆院議員と会談した。両氏はそれぞれ新党を立ち上げる意向を表明しており、会談では今後の連携を視野に、政策協議を継続していくことで一致した。
 細野氏は会談で「政策のすり合わせは時間をかけてやりたい」と強調した。会談後、記者団には「(若狭氏から)政権交代可能な二大政党制を作りたいとの思いを感じた。慌てず着実に話をしたい」と述べた。
 若狭氏は会談後「今の時点で新党で行動していくとは決まっていない」と述べつつ「政策や考え方が一致するか、協議をしっかりと重ねていく」と語った。
 会談では、地方分権をめぐる憲法改正の必要性などでほぼ一致したという。(以上(産経ニュース2017.8.11 22:46)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170811/plt1708110019-n1.html

 細野モナ男が若狭勝と会談してそうだが、北朝鮮がどうするかというこの時期に能天気にも程がある。
 まあ、日本ファーストか何か知らないが、集まっている輩を見れば、渡辺喜美を筆頭に政治をやっているんだか、ボクのテリトリーを守ろうとしているんだか分からない輩ばかりだ。細野モナ男が二大政党の一翼を担うとほざいていたが、脛に傷のある言わば前科者のような政治屋が集まったところで糞の役にも立たないと言うことは、日本新党、民主党政権で良く分かっていることだ。
 まあ、国の一大事という時に自分たちの烏合離散に時間を費やしている奴の言い分など聞くだけ無駄だ。(No.5240)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問で偏向記事を精査する

東京新聞記者に朝日新聞記者が“加勢” 菅義偉官房長官に同趣旨の質問攻め 会見時間の半分を浪費
 菅義偉官房長官の10日の記者会見では、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題をめぐり、もはやおなじみの東京新聞社会部、望月衣塑子記者が同趣旨の質問を繰り返した上、朝日新聞の記者も“加勢”し、連動するかように2人で質問攻めを展開した。北朝鮮情勢をめぐる緊迫の度合いが増す中、両記者と菅氏のやり取りは、この日の会見時間のおおよそ半分を占めた。
 「朝日新聞の1面トップに、首相官邸で柳瀬唯夫首相秘書官(平成27年4月当時)が加計学園の事務局長と面会していると報道が出ている。政府は確認したのか」
 東京の望月記者が10日付の朝日報道を用いて質問をすると、菅氏は「国会で柳瀬氏が答えた通りだ」と応じた。これに対し望月記者は「朝日新聞が詳細に面会の事実を報じている」などと朝日報道を根拠に食い下がると、「国民が理解しがたい話を政府がひたすら言い続けているようにしか見えない」と自らの主張を「国民」の主張に置き換えてたたみかけた。
 続けてまるで連携するかのように朝日新聞の南彰記者が“参戦”。菅氏が8日の記者会見で、柳瀬氏と加計学園関係者の面会に関する東京記者の質問に対して「ここは質問に答える場ではない」とした発言の趣旨を尋ねた。
 8日の記者会見で菅氏は、10を超える質問を連発した後、一部報道を持ち出して質問した望月記者に対し「ここは質問に答える場所じゃないと思う」と述べ、直後に「いずれにしろ、政府見解というものを、事実に関連して質問していただきたいと思う」と付け加えた。言葉足らずであったのは否めないが、前後の文脈などを踏まえれば「憶測に基づく質問に答える場ではない」との趣旨だったとみられる。

 「この場は政府見解を申し上げる場だ。全てのことについて答える場ではない」と南記者に答えた菅氏だったが、言葉尻を捉えるような内容を含む質問の連発には、さすがにいらだっているようだった。(以上(産経ニュース2017.8.10 22:38)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170810/plt1708100041-n1.html

 東京新聞社会部、望月衣塑子が官房長官の記者会見でアカヒ新聞記事の内容が正しいかどうかを質問した。
 そのようなことは、アカヒ新聞に聞けば済むことで、わざわざ官房長官の記者会見で質す内容ではないが、既に人間として壊れている望月衣塑子には善悪を判断する能力も欠如しているし、東京新聞に至っては、これだけ記者会見の場で他社の邪魔をして非常識な質問を繰り返している望月衣塑子をそのまま放し飼いにしていると言うのだから、望月衣塑子は東京新聞と一緒にこの世から消えて欲しいのだ。
 野党の質問も同じだが、一部の偏向マスゴミの取材の質問レベルも本当に低いし、時間の無駄だ。(No.5239)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が国をダメにしたいというメディア

次期首相トップに石破氏=安倍総裁3選、反対51%-時事世論調査
 時事通信が3~6日に実施した8月の世論調査で、次の首相にふさわしい政治家を尋ねたところ、自民党の石破茂元幹事長が18.0%とトップで、現職の安倍晋三首相は14.4%と2位だった。昨年11月の前回調査では安倍首相が首位で石破氏は3位だったが、石破氏が一気に首相を抜き去った。
 学校法人「加計学園」問題をめぐる首相の説明に国民の不満が高まる中、「安倍1強」が崩れつつある現状が浮き彫りになった格好。3位以下は、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長(13.1%)、岸田文雄政調会長(8.8%)、小池百合子東京都知事(7.9%)、野田聖子総務相(4.5%)の順だった。
 前回と比べ、小泉、小池両氏は横ばいだったが、党三役入りした岸田氏、久々の入閣となった野田氏は大幅に「支持率アップ」となった。
 さらに、安倍首相が来年9月に予定されている総裁選で3選を果たし、9月以降も総裁を続けることの是非を聞いた質問では反対が51.8%で、賛成32.4%を大きく上回った。「分からない」は15.7%。(以上(2017年08月10日 15時10分 時事通信)より引用)
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-2017081000789/

 時事通信社が、次期総理にふさわしいのが、最低最悪の政治屋・石破茂が一番だと世論誘導をしたようだ。
 石破茂のどこが次期総理としての資質があるというのだろうか?全く持って意味不明だ。石破茂など精々、鳥取村の村長が精一杯だ。石破茂に日本の国政を任せるということは日本沈没を意味すると考えるべきだ。それでも、偏向メディアの時事通信社としては、石破茂を日本の総理にして、朝鮮人が日本を支配したいという意思表明だろう。(No.5238-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真性のバカが議員です四国

香川選出の民進党・玉木雄一郎氏「四国にもPAC3を」
「私も住む四国には配備されておりません」-。民進党の玉木雄一郎幹事長代理(衆院香川2区)は10日の衆院安全保障委員会で、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の四国への配備を繰り返し要求した。
 玉木氏は、米領グアムの「包囲射撃」計画を表明した北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍司令官が、ミサイルの島根、広島、高知3県上空通過を予告したことに触れ「四国、中国はPAC3の空白地帯だ。早急な対応を打つべきだ」と強調した。
 小野寺五典防衛相は「さまざまな情報収集をする中で総合的に対応する」と説明したが、玉木氏は「積極的に見直しを」と食い下がった。小野寺氏は「数に限りがある」と重ねて訴え、応酬は平行線をたどった。(以上(産経ニュース2017.8.10 15:10更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170810/plt1708100023-n1.html

 本当に民進党議員って脳みそがあるのだろうか?また、香川で玉木を選んだ有権者も脳みそがあるのだろうか?
 北朝鮮が、「島根県、広島県、高知県上空をミサイルが飛ぶ」と表明したが、四国の上空ではワープするらしく四国の県名は北朝鮮には認識されていない。まあ、玉木雄一郎のようなバカを国会に送り出して税金の無駄に寄与している香川県が無視されても仕方のないことだ。どれだけ、玉木雄一郎が馬鹿かと言えば、まだ、THAADの配備というのならば分かるが、パトリオットは大気圏内で迎撃するシステムであって、北朝鮮のミサイルがまともに飛べば、四国の上空は大気圏外だからパトリオットなど使い物にならないということすら知らない馬鹿を香川県の有権者は国会に送り出しているのだ!
 玉木雄一郎を含めて民進党のバカほど怖いものはない。北朝鮮のミサイルより民進党のバカが怖い。(No.5238-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな説明もバカには通じない

稲田氏の関与を否定、再調査拒否 日報非公表で小野寺氏
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐる閉会中審査が10日、衆院安全保障委員会であり、小野寺五典防衛相は日報を非公表にした経緯への稲田朋美元防衛相の関与を否定した。野党が求めていた稲田氏の招致は、与党の拒否で実現しなかった。
 冒頭で小野寺氏は先月28日に発表された特別防衛監察の結果を説明した。日報の電子データが陸自に保管されていた事実が2月13日と15日の防衛省内の幹部会議で稲田氏に報告されたかについて、小野寺氏は「『(稲田氏に報告)したかもしれない』と言う方は、(特別防衛監察の調べに対して)意見が二転三転し、あいまいなところもあった」と説明。データ非公表の判断への稲田氏の了承を否定した監察結果に正当性があるとの立場を強調した。
 民進党の升田世喜男氏は「(稲田氏に報告した、しないの)どちらの答えに信憑性(しんぴょうせい)があるか分からない」と追及。稲田氏が特別防衛監察の対象外になっていたことも踏まえ、調査のやり直しを要求した。これに対して、小野寺氏は「監察結果をしっかり報告された内容と承知している」と述べ、再調査を拒否した。
 民進の玉木雄一郎氏は、一部で報じられた2月13日の幹部会議の内容を記した「防衛省幹部の手書きメモ」について質問した。データの存在を知った稲田氏が「明日なんて答えよう」と発言したと書かれ、稲田氏が当時、陸自のデータの存在を認識していたことをうかがわせる内容。メモに名前が出てくる辰己昌良・前統合幕僚監部総括官に自身の出席の有無とメモにある発言の事実関係をただしたが、辰己氏は同席した事実は認めつつも、「事実関係は、監察結果に記述されている通り」と繰り返し、具体的な説明は避けた。
 玉木氏は、陸上自衛隊が独自に作成した日報問題に関する報告書の委員会への提出や公開を要求。小野寺氏は「不開示情報に該当する」と拒んだ。玉木氏は「元(防衛)大臣の隠蔽(いんぺい)体質まで引き継いではだめだ」と政府・与党側の対応を批判した。
 質問に立った野党側は稲田氏の出席を繰り返し求めたが、小野寺氏は「委員会で議論される筋合いのものだ」と述べるにとどめた。(相原亮)(以上(朝日デジタル2017年8月10日12時22分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK8B32S6K8BUTFK002.html

 自衛隊の日報問題で日本語の理解できない民進党とアカヒ新聞他のメディアのために閉会中審議が行われた。
 しかし、悪意を持って話を理解する気がないのか理解する能力が欠如しているのか民進党議員の実態は分からないが、とにかく4バカ野党の自己満足のために1日4億円の無駄な税金が垂れ流されているのだ。そして、高齢者を騙すためにアカヒ新聞が世論誘導に都合の良いような事実の切り貼りをするのだから、真実が見えるはずが無い。
 本当に頭の悪い民進党議員を選ぶ有権者もバカだが、新聞とテレビニュースでは騙されても仕方あるまい。(No.5238-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全なハングルだってオブラート

東大寺法華堂に落書き ハングルのような文字 県警捜査
 奈良県警は8日、奈良市の東大寺で国宝の法華堂(三月堂)に落書きが見つかったと発表した。とがった硬いもので刻まれたとみられ、県警は文化財保護法違反の疑いで捜査を始めた。
 奈良署によると、西側の高欄(欄干)の西面に縦約10センチ、横約40センチの範囲で、ハングルのような3~4文字と、目のような絵が書かれていた。
 東大寺の職員が見つけ、午後5時50分に寺から県警に通報があった。同署は近くの防犯カメラの映像の分析などを進める。(以上(朝日デジタル2017年8月8日23時29分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK887HSPK88POMB017.html

 東大寺に朝鮮人がおでん文字で落書きをしたが、アカヒ新聞はオブラートに包んで「イム・チョヒョン」と読めるなどとは載せない。
 何と言っても、朝鮮人のための機関誌であるアカヒ新聞だから、「イム・チョヒョン」とおでん文字で読んで分かる文字でも「ハングルのような文字」と誤魔化すのだから、本当に朝鮮人のための新聞だ。
 新聞とニュースで高齢者を騙し続けるアカヒグループは不要だ。(No.5238)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連合がまだ民進という阿呆

「蓮舫氏は捲土重来を」神津里季生連合会長がねぎらう「安倍政権と対峙していくための代表選だ」
 連合の神津里季生会長は7日、民進党の蓮舫代表と党本部で会い、辞任表明について「本当に重たい決断だ。政治家として捲土重来を期してほしい」とねぎらった。「これを機に党が一体となり、安倍政権と対峙していくための代表選だ」とも述べた。
 神津氏は、一部専門職を労働時間規制から外す労働基準法改正案に関し「当初から容認していない。秋の臨時国会で民進党としっかり連携を密にしていきたい」と伝えた。(以上(産経ニュース2017.8.7 13:15更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170807/plt1708070029-n1.html

 連合の神津里季生が違法人・蓮舫をねぎらったというが、連合が賃上げを勝ち取れたのが民進党のお陰だと神津里季生はほざくのだろうか?
 そもそも、連合こと労組は、民主三バカ政権時代に経営と癒着して、リストラを有無も言わさずやって来たという認識があるのだろうか?民主三バカ政権時代の不景気のリストラには、労組が先頭に立ってリストラを推進して、労組患部だけが会社に生き残ったという事実からすれば、連合の役員もそういう奴らばかりなのだろう。
 もう、連合を含めて組合費を搾取する労組など、放送で言えばNHKが受信料を搾取するのと一緒だから、御用労組など解体すれば、組合費分の賃上げと同じ経済効果があるのだ!(No.5236)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歩く国賊・菅直人 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 評論家 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評