選挙

民進は選挙のための猫騙し

小川敏夫氏「リベラル再結集は民進党再結集にあらず」自身の発言をツイッターで否定 追い風止めかねない? 火消しに躍起
 応援演説で「長嶋茂雄さんの言葉を借りれば、民進党は不滅です!」と述べ、選挙後に民進党の再結成を図っているのでは、と報じられた民進党の小川敏夫参院議員会長が火消しに躍起だ。
 小川氏は14日までに自身のツイッターに「存続する民進党を大きな軸にリベラル再結集を、との私の発言が、一部報道で『民進党再結集』と意図せぬ解釈になり、あらぬ臆測から、党を離れて新たに鮮明な旗を掲げた枝野(幸男)さんに迷惑をかけたようです。多くの仲間が立憲民主党の結党に共感し、応援していますが、即合併や合流という話はしてません」と投稿し、民進党の再結集を否定した。
 枝野幸男立憲民主党代表が13日夜、「一部に真意と異なる報道がありますが、民進党の今後については残った皆さんが独自に判断されること。選挙が終わったから元のさやに戻るという話ではありません。立憲民主党を個々の判断で応援いただいている参院民進党の皆さんなどとの関係を大切にしつつも、新しい旗を高く掲げて皆さんの期待に応えます」とツイートしたことを受けてのもの。
 劣勢が伝えられる希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が参院民進党の動きを13日夜のBSフジの番組で「政治不信の極みになる。参院の皆さんは今度は自分の選挙がある。そこを見ていることが透けて見える」と批判。立憲民主党にとって、こうした批判が追い風を止めてしまうとの焦りもあったようだ。(WEB編集チーム)(以上(産経ニュース2017.10.14 13:49)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/171014/plt1710140026-n1.html

 総選挙に縁もゆかりもない参院民進党の小川敏夫が、総選挙後に民進党の再結成だとほざいたそうだ。
 そもそも、民進党が希望の党(緑のタヌキ)と嘘で固めて立憲民主党に別れて、国民を騙して、民進党単独で選挙をするより有利になるというだけの分裂劇のようだ。もし、前原誠司が小池百合子に民進党を売らなければ、間違いなく民進党は大惨敗のはずだった。しかし、このように分裂することでそれぞれに生き残った議員が出るというまるで、カッコウの託卵のようなことでも平気でできる輩の集合体が民進党だったのだ。まあ、希望は絶望になっているから良しとして、やはり、絶対に当選させてならないのは、立憲民主党だろう。代表の枝野幸男は、歩く国賊・菅直人内閣の原発菅災時に「直ちに影響は無い」と称して福島に多大な被曝者を生んだ。また、歩く国賊・菅直人が止めさせたければこの法案を通せとほざいた世紀に悪法・再エネ法は、鬼怒川洪水を引き起こしただけでなく、一般庶民が電気料金に再エネの費用を上乗せして払うという歩く国賊・菅直人のエゴ菅ハウスのような輩に追い銭を払うと言うものだ。さらに、赤松広隆に至っては、宮崎県で口蹄疫が発生しても海外に遊びに行ったままであったし、その後の対策も後手後手で無知無能をさらけ出した上に、種牛まで殺したという宮崎県の酪農を地に貶めた輩だ。
 こんな立憲民主党議員など党名を変えたからと言って一人たりとも当選させてはならないのだ。(No.5285)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公約はどうせ落ちれば無と消える

立憲民主が衆院選公約、消費増税凍結や原発ゼロ
 立憲民主党は7日、衆院選公約を発表した。
 2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げについては「直ちに、引き上げることはできない」とし、「凍結」を主張する希望の党と足並みをそろえた。
 消費増税に代わる財源の確保策としては「所得税・相続税、金融課税をはじめ、再分配機能の強化」を挙げた。ただ、「将来的な国民負担を議論することは必要」とも明記し、将来の消費増税に含みを残した。
 原発政策では、原発ゼロ基本法を策定したうえで、「原発ゼロを一日も早く実現する」と訴えたが、具体的な実現時期には踏み込まなかった。
 安全保障関連法については「専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊する」と強く批判したうえで、「領域警備法の制定と憲法の枠内での周辺事態法強化」を盛り込んだ。
 憲法改正では、「安保法制を前提とした9条の改悪に反対」する姿勢を打ち出した。一方で、内閣による衆院解散権の制約や、知る権利をめぐる憲法論議は進める考えを示した。(以上(読売オンライン2017年10月08日00時09分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171007-OYT1T50082.html

 帰化外国人の巣窟・立憲革マル党のチンチョルラン(陳哲郎)が、絶対に実現することのない公約を掲げた。
 何と言っても、政権を盗る気のない立憲革マル党だから、何を公約に掲げても、実現する方策が無くても関係ないのだ。言うならば、選挙のために必要だから公約と称して出しただけで、正月の鏡餅の上のミカンのようなものだ。そもそも、「立憲」という言葉の意味さえ知らない帰化外国人が作った憲法を守って日本を貶めようとする党を有権者が相手にするはずがないのだ。
 立憲革マル党候補は、自分の出自を明らかにするべきだ。できないだろうが!(No.5283)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国政をバカには任せられません

「ゼロ」が並ぶ希望の党の衆院選公約、注目は… 10月7日
 「原発ゼロ」「企業団体献金ゼロ」「電柱ゼロ」…。希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が6日発表した衆院選公約を眺めていて、ひと際目を引いたのが「花粉症ゼロ」である。さすがにゼロは実現不可能だとしても、つらい症状が緩和されるのであれば心底ありがたい。
 ▼くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに微熱や頭痛、不眠など、花粉症が引き起こす苦痛は数多い。一説によると、日本のスギ花粉症患者は約3千万人に上るとされる。まさに国民病だといえ、植林されたスギの木を切り倒したい衝動にかられた人も少なくあるまい。
 ▼日本気象協会の花粉飛散予測(第1報)によると、来年春に飛ぶ花粉は東北、関東甲信、四国では今年の1・5倍以上になるという。年々増加傾向にある花粉症を放置していては、医療費がかさむうえ、仕事の能率が低下して経済活動も停滞し、いいことはない。
 ▼「私も花粉症です。よく研究してみたい」。安倍晋三首相は昨年3月の参院予算委員会で、民主党(現民進党)の小川敏夫氏に花粉症への取り組みを求められ、前向きに答えていた。首相は自民党花粉症等アレルギー症対策議員連盟(ハクション議連)の一員でもある。
 ▼かねて花粉症対策を提言してきた希望の党の松沢成文参院議員によると、対策の柱は、林業の新しいビジネスモデルを打ち立てることにある。学校校舎の木造化をはじめ住宅建設、公共事業などでの木材需要を喚起すれば、スギの伐採も自然と進むというわけだ。
 ▼もとより、花粉症に党派性などありはしない。今は無縁な人でも、あす発症するかもしれない。一政党の選挙公約とするよりも、政府と与野党が一体となって取り組んでほしい喫緊の課題である。(以上(産経ニュース2017.10.7 05:04)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/171007/plt1710070030-n1.html

 希望の党の公約で「花粉ゼロ」を打ち出した以上、希望の党は落選議員を使って杉の木を伐採してでも公約を守るべきだ。
 確かに、杉の木を切れば杉花粉は飛ばなくなるだろう。しかし、松沢成文のバカがほざいているように、切った杉の木の使い道は良いとしても、杉の木を切った後の山はどうするかという所まで思考が回っていないのだ。それゆえにバカと称しているのだ。小池百合子の全てに対してこれは言えることだ。原発ゼロ、これも良いのだが、それならば、歩く国賊・菅直人が定めた世にも希な悪法である再エネ法によって、太陽光発電の高コスト分を電気料金に上乗せしているだけなのだ。そのために日本の競争力が失われたということを忘れてはならない。液晶にしても、コストで負けていると言っても、今の液晶工場は人が動かしている訳ではないから、日本の人件費が高いというのは余り関係がない。電気料金等のインフラ費用が高いから、日本が液晶で負けたと言えるし、日本の産業を徹底的に痛めつけたのは、立憲革マル党から図々しく立候補するらしい歩く国賊・菅直人だ。歩く国賊・菅直人は南朝鮮の飲食店の女に種付けをしたらしいから、その内その子が、鳩山威一郎の妾の子のように日本で立候補するかも知れない。
 俺は百合の花粉も駄目だから、百合も日本から根絶して欲しい。(No.5282)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新党にカスが集まる面白さ

辻元氏、立憲民主党に合流方針「枝野氏から強い要請」
 衆院選に無所属で出馬する意向を示していた民進党の辻元清美幹事長代行が3日、地元の大阪府高槻市内で、枝野幸男代表代行が結成を発表した「立憲民主党」に合流する方針を明らかにした。
 辻元氏は、2日に枝野氏から「一緒にやってほしいという強い要請を受けた」と説明し、「これで混乱が収拾に向かっていくのではないか。同じ思いの人たちが一緒にまとまっていこうという動きができたことは良かった」と述べた。
 辻元氏は3日午前に記者会見を開き、正式に合流を表明する見込み。(以上(産経WEST2017.10.3 09:10)より引用)
http://www.sankei.com/west/news/171003/wst1710030024-n1.html

 前科者・辻元清美が図々しくも革マル新党から立候補すると宣言した。
 公職選挙法では、禁止されていないが、日本人の感覚からすれば、前科者には引っこんでいて欲しいというのが昔からの通例だ。しかし、北朝鮮に感化されたか、朝鮮人かは知らないが前科者・辻元清美には日本の昔の通例など関係ないのだ。また、日本の国政に北朝鮮を擁護する輩に関与させる必要も無いのだ。
 革マル派枝野幸男の「立憲民主党」には、使えない政治屋が集まっているが、一網打尽に落選させれば良いのだ。(No.5281-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進を増やしゃ希望が乗っ取られ

希望の党、200人規模擁立へ
民進リベラル系は新党検討

 新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)は、衆院選(10日公示―22日投開票)に200人規模の公認候補を擁立する方向で調整に入った。半数以上は民進党出身者が占めるとみられる。関係者が1日明らかにした。一方、希望側の選別方針に反発する枝野幸男代表代行をはじめ、民進党リベラル系の前衆院議員らは新党も含め対応を検討。2日にも結論を出す意向だ。合流と排除で揺れた公認問題は近く決着する見通しとなった。
 衆院選は自民と公明の与党、希望と日本維新の会、共産と社民を含めたリベラル勢力の3者による対決の構図となる様相だ。(以上(時事通信2017/10/2 02:13)より引用)
https://this.kiji.is/287147723437048929?c=39546741839462401

 行き当たりばったりで茶番劇を進めている希望の党だが、候補者を200人規模にするそうだが、民進を増やせば母屋を盗られる。
 何と言っても、言うだけ番長・前原誠司の戦略は、希望の党に民進党議員全員で背乗りして、総選挙後には希望の党の実権を握って、民進党のやりたい放題にしたいという思惑しかないのだ。それゆえに、第一次公認候補は50人規模と言われてきたのだろう。しかし、200人規模ともなれば、希望の党プロパーだけで賄える数ではないから、民進党議員が多数潜り込むことだろう。特に、ニセ維新こと松野頼久と江田憲司が大人しくしているのが気になる。政党を乗っ取って党名を変えさせると言うことはこいつ等にとって、それだけがステータスなのだから。
 個人的に小池百合子がどれだけの物かと思うが。(No.5280)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若狭勝何か成果がありますか?

希望の党・若狭勝氏、政権交代は難しいとの認識 「次の次で政権交代なら、今回は小池百合子代表が出なくてもかまわない」
 小池百合子東京都知事率いる希望の党の若狭勝前衆院議員は1日午前のNHK番組で、10月の衆院選では候補者の擁立規模などの問題から、政権交代は難しいとの認識を示した。
 若狭氏は小池氏の衆院選出馬の可能性について「今回確実に政権交代できる見通しがあるなら、国政に出ることもありえる」と述べた。その上で「調整中の(候補者擁立などの)話を踏まえ、『次の次で確実に交代できる議席数に達する』という思いでいるとすれば、今回の衆院選に小池代表が出なくてもかまわない」と語った。(以上(産経ニュース2017.10.1 12:04)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010041-n1.html

 どこの馬の骨か分からない若狭勝が、偉そうに小池百合子の出馬は次々回だとほざいたが、それまで希望の党があるとでも思っているのだろうか?
 何と言っても、党の骨格もできていない自称新党に国政を託す有権者がいると考えていること自体、夢想家以外の何物でもない。小池百合子がどれだけ偉いのか知らないが、日本新党で国会議員になってから今日都知事になるまでに何か政治的な成果があったと言えるのか?さらに言えば、若狭勝は小池百合子の金魚の糞以外の何かがあるのか?少し先に民進党を辞めたモナ男こと細野豪志が、残った民進党議員を捌くだけ偉いのか?
 考えただけでも希望の党はおかしい。(No.5279-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信念が無いから右往左往する

民進リベラルが新党模索…希望の選別、調整難航
 「10月10日公示・22日投開票」の衆院選に向け、希望の党の小池代表(東京都知事)側近の若狭勝前衆院議員は30日、民進党出馬予定者の受け入れを巡り、民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行と断続的に協議した。
 民進党が立候補予定者約230人全員の公認を求めているのに対し、小池氏は安全保障や憲法観を基に選別する考えで、調整は難航している。こうした中、希望から排除される可能性がある民進党リベラル系の前議員は新党結成を模索している。
 若狭、玄葉両氏は1日も協議を継続する。若狭氏は30日、記者団に対し、2日に民進党からの合流組を含まない50人を超える希望の第1次公認を発表するとの見通しを示した。
 合流組の希望公認のメドがたたない中、民進党前衆院議員の赤松広隆・元衆院副議長は30日、衆院選に向けた対応について「無所属の方が戦いやすいが、新党も選択肢の一つだ」と述べた。名古屋市内で記者団に語った。(以上(読売オンライン2017年10月01日06時00分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20170930-OYT1T50084.html

 希望の党に合流するとした民進党の中の議員が選別されてリベラルは蚊帳の外になるらしい。
 そもそも、何の理念も決まっていない希望の党に合流を決めた民進党執行部の節操の無さと言ったら、政治家をやらしてはならないレベルだろう。その上、小池百合子が代表としてしゃしゃり出てきて、無名の輩の若狭勝がやって来たことは全部リセットされたというのだから、もう、希望の党って小池百合子の独裁の党と言っても過言ではあるまい。また、民進党議員を沢山取り込めば、実質民進党に軒を貸して母屋を盗られるということぐらい、多数決の論理からすれば当然警戒されるのも無理はない。
 それより何より、民進党の中で旧社会党からしぶとく生き残ってきた赤松広隆や、革マル派枝野幸男、歩く国賊・菅直人、野田豚、有田芳生、前科者辻元清美等政治屋になっては困る輩を見事に炙り出したことだけは希望の党を評価したい。(No.5279)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見出しから自民を意識する朝日

街頭で「ハゲーの人」 失言・不倫…不祥事前職まず陳謝
 金銭をめぐる疑惑、不倫騒動、暴言、失言……。こうした不祥事で離党したり、要職を辞めたりした前職が、衆院選に向けておわび行脚を続けている。「脇が甘い」「一からやり直せ」といった声を浴びながら頭を下げ続けているが、政治家の資質をどう見極めるか、有権者もまた問われることになる。
 「もう一度、国会で仕事でお返しするために精いっぱい頑張りたい」。民進党を離党し、愛知7区で立候補予定の山尾志桜里氏(43)は29日午前7時から、地元の駅前で演説に立った。用意したビラ300枚は全て受け取ってもらえ、追加した300枚もなくなった。
 「週刊文春」で既婚男性と交際したと報じられたが、この日の演説では触れず、支持者向けの説明会では交際を否定し、「無所属の個人として、戦う力を貸してほしい」と訴えた。
 しかし、逆風も強い。前回の衆院選で山尾氏に投票した瀬戸市の市民団体代表の男性(67)は「脇が甘いとしかいいようがない」。民進党時代に支援を受けていた連合愛知は今回、推薦を見送った。山尾氏は29日、「逃げ出さず、市民の中に飛び込んで行きたい」と語った。希望の党への合流については「今コメントする立場にない。私自身、必死なのでまだ早いのかなと思う」。
 不倫問題で4月に経済産業政務官を辞任、自民党を離党した中川俊直氏(47)。広島4区で再起をめざす。
 「猛省。未来へ。」「一から出直します」。27日には地元の駅前で、妻とともにこう書かれたチラシを配り、頭を下げ続けた。
 6月下旬から地元でおわび行脚を続けるが、門前払いにあったり、厳しい言葉で責められたりすることもある。自民党が対立候補を擁立するほか、希望の党の動きもあり、祖父から3代続く議席を守れるかは不透明だ。
 自らの「舌禍」も重くのしかかる。
 元秘書への暴言と暴行疑惑で自民党を離党し、埼玉4区から立候補を予定する豊田真由子氏(42)は、今月中旬から公に姿を見せた。早朝から駅前でおわびする日々だ。
 街頭では「あの『ハゲー』の人だ」と言われる。親子連れや若者から撮影を求められると、「心から反省し、全力を尽くします」と書かれたチラシを渡す。後援者の一人は「後援会組織が離れ、資金的な余裕もないはず。本人は駅立ちで有権者の反応を見極めているのだろう」と推し量る。(以上(朝日デジタル2017年9月30日10時03分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK9Y659VK9YULZU018.html

 アカヒ新聞の記事だが、見出しからして自民党を敵視して豊田真由子を貶めて、パコリーヌ山尾を庇うというものだ。
 公平という意味では、「ハゲーの人」は少なくとも「暴言」と称するべきだろう。しかし、偏向新聞のアカヒ新聞では何が何でも自民党政権を潰したいという一心でこのような記事を書いているのだろう。また、一所懸命パコリーヌ山尾を持ち上げる記事を書いているが、希望の党への民進党流入でパコリーヌ山尾がどうなろうがどうでも良い選挙戦になっているのが笑えるところだ。
 こんな落選候補よりも、アカヒ新聞が庇ってきた民進党が崩壊しているのはどう捉えているのだろうか?(No.5278)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカが納得するまで責任がありますか?

安倍政権、説明責任果たしたか 菅長官の会見から探る
 28日に召集される臨時国会冒頭、安倍晋三首相は衆院解散に踏み切る方針だ。6月、通常国会閉会に際しての記者会見で、首相は森友・加計(かけ)学園問題について「真摯(しんし)に説明責任を果たしていく」と言明したが、その約束は果たされたか。安倍内閣における説明責任のありようを、「政府のスポークスマン」たる菅義偉官房長官会見を手がかりに考えてみる。(南彰)
 加計学園の獣医学部新設を巡り、学園幹部が国家戦略特区の申請前から首相官邸で首相秘書官と面会していたことの確認を求める質問に、菅氏はこう答えた。
 「ここは質問に答える場所ではない。政府見解を事実に関連して、質問していただきたい」
 8月8日の記者会見での話だ。その2日後の会見では、発言の真意が問われた。
 ――先日、「ここは質問に答える場所ではない」と。記者会見についてどのような認識なのか。
 「この場は政府の見解について申し上げるところです。個人的なこと(認識)については、答弁を差し控えたい」
 ――個人的なことではない。(首相秘書官が)官邸で誰と会ったか、事実関係を聞いていた時に「質問に答える場ではない」と言ったら会見自体が崩壊するのではないか。
 「そこは全く違うと思いますよ。どなたかに会ったかということについては答弁していますから」
 実際には、政府側は国会で「(誰と会ったか)記憶にない」との答弁を繰り返しており、だれに会ったか答えた事実はなかった。
 2012年の第2次安倍内閣発足以来、「全く問題ない」「指摘は全くあたらない」との答えで、質問を一刀両断してきた菅氏の会見は「鉄壁」と呼ばれてきた。ところが、加計問題を契機に変化が生じた。(以上(朝日デジタル2017年9月24日05時02分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK9Q5HNCK9QULZU00P.html

 アカヒ新聞が、モリカケ問題で政府が無知無能の野党が理解できるまで説明責任を果たしたかと宣った。
 何と言っても、モリカケ問題で4バカ野党は週刊誌に掲載される噂レベルで国会の質疑をやって来たのだから、それに対して全てに4バカ野党が納得するまで説明しなければならない義務が逆に政府にあるのだろうか?一般常識のある人間ならば納得できる話が納得できないと言うのだから、4バカ野党の議員には何かしら障害があると考えるべきではないだろうか?そいつらが納得するまで、国税を使ってバカみたいな審議をやり続けて、北朝鮮問題という国の存亡に関わることは一切議論していないのだ。
 日本に不要なのは4バカ野党とアカヒ新聞を筆頭にした事実を伝えないマスゴミだ。(No.5276)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジェンダが次は小池に寄生する

渡辺喜美参院議員、くら替え出馬の意向 「小池新党」入りで栃木3区目指す
 無所属の渡辺喜美参院議員(65)=比例代表=が10月の衆院選にくら替え出馬する意向を固めたことが22日、分かった。小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員らが結成する新党の公認を得て、衆院議員時代以来の地盤である栃木3区での立候補を目指す。
 複数の関係者が明らかにした。23日に地元の栃木県那須塩原市で後援会の幹部会合を開き、同意が得られれば正式に表明する。ただ、新党に加わる国会議員の中には渡辺氏の参加に難色を示す声もあり、入党に至るかは見通せない。
 渡辺氏は第1次安倍晋三政権で行政改革担当相を務めた後、平成21年に自民党を離党し、みんなの党を結成した。同党解党に伴い26年の前回衆院選は無所属で出馬し落選。昨年の参院選比例代表でおおさか維新の会(現日本維新の会)公認で当選し、政界復帰した。
 しかし、渡辺氏が小池氏との連携を公然と主張したことから、小池氏と距離を置く松井一郎代表(大阪府知事)ら執行部との路線対立が顕在化した。渡辺氏は今年6月に離党届を提出、除名処分を受け、7月の東京都議選では小池氏が率いた「都民ファーストの会」の候補者を応援した。(以上(産経ニュース2017.9.23 08:00)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170923/plt1709230011-n1.html

 ボクの党のなれの果て渡辺喜美が節操も無く次期総選挙に小池新党から出馬する気らしい。
 「アジェンダ」と吠えているしか能がなく、吠えた「アジェンダ」で実現した物は皆無という渡辺喜美なのだ。この前の参院選では維新に拾うて貰って比例議員にして貰った恩などサッサと忘れて、次は小池新党という節操の無さだ。若狭勝では党の顔にならないと言うので何としても小池百合子を担ぎ出したいのが若狭勝だろうが、そこから出たいというお目出度い渡辺喜美もいるのだ。しかし、小池百合子の化けの皮もネット上では既に剥げているのだが、ネットを見ない高齢者にはまだ影響力が残っているのかも知れない。
 公職選挙法を改正して、衆参両院とも比例選出議員は、所属している党が解党などで無くならない限り離党=議員辞職にするべきだ。(No.5275)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新 | おおさか維新の会 | お酒 | みんなの党 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | エコ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サメの脳みそ・森喜朗 | スポーツ | トランプ氏 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ペット | ロシア | 中国 | 二階俊博 | 住まい・インテリア | 健康 | 公務員 | 公明党 | 共産党 | 内政干渉 | 前原誠司放言録 | 労働組合 | 危機管理 | 原発 | 国民新党 | 国連 | 国防 | 地震 | 塩崎恭久 | 売国奴 | 外交 | 学問・資格 | 学校 | 宗教 | 小池百合子 | 川柳 | 年金 | 建設業 | 弁護士 | 心と体 | 恋愛 | 悪徳商法 | 憲法 | 技術 | 携帯・デジカメ | 放送 | 政治屋 | 文化・芸術 | 新党 | 新党「国民の生活が第一」 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日本維新の会 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍 | 書籍・雑誌 | 朝鮮 | 歩く国賊・菅直人 | 歴史 | 民主党 | 民進党 | 気象 | 江田憲司 | 沖縄 | 河野太郎 | 犯罪 | 独立行政法人 | 独裁者 | 獏眠の今日の時事川柳 | 環境 | 生活の党 | 病気 | 皇室 | 知財権 | 石破茂 | 社会 | 社会党 | 社民党 | 科学 | 経済・政治・国際 | 結いの党 | 維新の党 | 美容・コスメ | 翁長雄志 | 老害 | 老後 | 育児 | 自動車 | 自民党 | 自由党 | 芸能・アイドル | 裁判 | 詐欺 | 評論家 | 警察 | 趣味 | 農業 | 違法人・蓮舫 | 選挙 | 郵政 | 金融 | 電力 | 韓流 | 音楽 | 風評