川柳

韓国が知恵を絞れば済む話

慰安婦問題、解決策模索を=韓国首相候補
 【ソウル時事】韓国の首相候補に指名された知日派の李洛淵・前全羅南道知事は25日、国会の人事聴聞会で、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意について「韓国国民の絶対多数が受け入れられないという現実を両国が認め、知恵を絞って解決策を探さなければならない」と述べた。(以上(時事ドットコム2017/05/25-22:19)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052501414&g=pol

 南朝鮮の首相候補が、南朝鮮の国民感情を盾に、両国が知恵を絞れとほざいた。
 しかし、日韓合意を一方的に守っていないのは、南朝鮮であり、まず、南朝鮮が、釜山とソウルの日本公館前の自称慰安婦像を撤去するべきだ。やる事もやらずに、日本を巻き込んで、南朝鮮の都合の良いことだけをほざかせておくにも程がある。
 南朝鮮との解決策は、お互いに関わらないのが一番だから、国交断絶の道を模索するべきだ。そうすれば南朝鮮経済は瓦解するが!(No.5168-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民に説明する気ない戸籍

民進・蓮舫代表 戸籍謄本公開する考え「ない」
 民進党の蓮舫代表は25日の記者会見で、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」だった問題をめぐり、日本国籍を選択したことを証明する戸籍謄本を公開する考えが「ない」と改めて強調した。
 問題をめぐっては、米国と日本の二重国籍だった自民党の小野田紀美参院議員が、19日のフェイスブックで米国籍の喪失証明書を公開している。(以上(産経ニュース2017.5.25 20:18)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250045-n1.html

 違法人・蓮舫が、日本国籍を選択したことを証明する戸籍謄本を公開する気がないとほざいた。
 すなわち、蓮舫の違法人が継続している可能性が高いと考えられてもしょうがないのだ。戸籍謄本でも、プライベートな部分は隠して、日本国籍を選択したという部分だけ公開すれば良いのにそれができないのだから、それなりに国民を騙し続けている理由があるのだろう。二重国籍を解消したという証拠を示すのは違法人・蓮舫だという認識もないのだから、国会質疑でも違法人・蓮舫は筋論が理解できないことは、国会議員の資質として欠如していると考えれば理解できる。
 参議院は良識の府と言われ続けたければ、違法人・蓮舫の証人喚問を行い、二重国籍がどうなっているか明らかにするべきだ。(No.5168)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

否定しても抗議せぬから図星だろ

韓国紙、自民・石破茂氏が「納得得るまで日本は謝罪を」と述べたと報道 本人は「謝罪」否定
 韓国紙の東亜日報(電子版)は23日、自民党の石破茂前地方創生担当相が慰安婦問題をめぐる平成27年の日韓合意に関し「(韓国で)納得を得るまで(日本は)謝罪するしかない」と述べたとするインタビュー記事を掲載した。
 記事は、石破氏が日韓合意に反する発言をしたと受け取られかねないが、石破氏は24日、産経新聞の取材に「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定した。ただ、抗議はしない意向という。
 日韓合意は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的解決」と、両政府が国際社会での批判や非難を控えることを確認した。日本政府は合意に基づき元慰安婦を支援する財団に10億円を拠出したが、韓国では合意見直しを訴えた文(ムン)在寅(ジェイン)大統領が誕生した。(以上(産経ニュース2017.5.24 23:29)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240032-n1.html
 南朝鮮の東亜日報に、石破茂が「納得得るまで日本は謝罪を」と述べたとの報道に、石破茂は否定はしたが、抗議はしない。
 講義をしないということは、発言したと南朝鮮にとらえられても仕方のないことだし、日本でも、石破なら言いかねないと思う有権者も多いと思う。それだけではなく「お互いが納得するまで努力を続けるべきだ」とほざいたというのだから、「納得得るまで日本は謝罪を」と言ったと同じことだ。日韓合意に従って、日本は10億円を支払うなど合意内容を履行しているが、南朝鮮は釜山、ソウルの日本の公館前の自称慰安婦像を撤去する努力すらやっていないではないか?
 日本は既に努力をしたのだから、努力をするのは南朝鮮であって日本ではない。石破茂など政治屋として失格だ。(No.5167-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞はこんな記事でも許される

共謀罪による弾圧に危機感 辺野古新基地座り込み
 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設工事で24日、米軍キャンプ・シュワブゲート前に基地建設に反対する約120人が座り込んで抗議の声を上げた。参加者は「共謀罪が成立しようとしている。沖縄は無関係ではない。キセンバル闘争では、県民が抵抗の意志を示して2年間工事が止まった。これが沖縄の闘いだ」とあいさつした。
 沖縄防衛局は米軍キャンプ・シュワブの沿岸を埋め立てる「K9護岸」工事現場で砕石を海に投下する作業を続けている。工事に反対する人たちは抗議船3隻、カヌー10艇を出して工事中止を求めている。午前10時現在、シュワブ内への建設資材の搬入は確認されていない。(以上(【琉球新報電子版】2017年5月24日11:05)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-501553.html
 偏向新聞・琉球新報が、「テロ等準備罪」を共謀罪と見出しを付けて、偏向記事を載せたが、報道の自由というがこのような捏造が許されるのだろうか?
 確かに、テロ等準備罪が成立すれば、辺野古に集っている共産、社民党から金を貰って反対運動をやっている左巻きには、共産、社民党と共にこの法律が適用されるだろう。それは、当然のことだ。何と言っても、辺野古の地元民は受け入れているのに、全国から日当を支払って、反対派を集めて国策の邪魔をしているのだから当然のことだ。
 国会は、利害関係者の4バカ野党など相手にせずに、一日も早くテロ等準備罪を成立させて、共産、社民党と沖縄で工事を邪魔している左巻きを一網打尽にして欲しいと思うし、偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報にも適用するべきだと考える。(No.5167)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドローンに警告射撃する南

北朝鮮側から正体不明の飛行体 韓国軍が警告射撃90発
【ソウル=名村隆寛】韓国軍合同参謀本部によると、韓国北方の江原道(カンウォンド)鉄原(チョルウォン)の軍事境界線近くで23日午後4時ごろ、正体不明の飛行体が北朝鮮側から境界線を越えて南下してきた。韓国軍は北に向けて警告放送をするとともに、警告射撃を加えた。
 韓国軍では、飛行体が無人機(ドローン)であることを念頭に、挑発の可能性があるとみて調べている。聯合ニュースは、機関銃で90発の警告射撃を行ったと報じた。
 韓国では2014年3月に、北朝鮮から飛来し墜落した偵察目的とみられる無人機数機が発見され、大統領府を上空から撮影した写真などが確認されている。
 韓国政府系の統一研究院は今年3月、北朝鮮がテロなどを目的とした無人機を約1000機保有しているとの報告書を発表。報告書は、北朝鮮が無人機を使った軍事挑発やテロを計画している可能性があると指摘している。(以上(産経ニュース2017.5.23 18:32更新)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/170523/wor1705230048-n1.html
 南朝鮮が、北朝鮮のドローンに対して警告射撃をしたというのだから抱腹ものだ。
 いかに南朝鮮軍が能天気だと世界にバカを公表しているようなものだ。境界線を越えて南下したのだから、撃墜するのが、休戦地帯の掟だろう。しかし、南朝鮮は警告射撃をしたというのだから、本当に自国を守る気があるのかとしか思えない。まあ、朝鮮戦争でも、南朝鮮軍を狙って北朝鮮・中国連合軍が攻めてきて、武器も投げ出して逃げ出して、連合国軍から大ブーイングだったことも南朝鮮なら理解できる。また、どさくさ紛れに竹島を不法占拠した李承晩にしても、自国民を投げ出して逃げ出したというのだから、南朝鮮の伝統と言っても良かろう。
 このような南朝鮮の対応だから、棄権も顧みず、日本に対して旅行に来いとほざくだけの能天気さだ!(No.5166)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進党など無視してやれば済む話

「共謀罪」参院審議入り平行線=自・民
 自民、民進両党の参院国対委員長は22日、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議日程をめぐり協議した。自民党は23日の衆院通過を前提に、24日の参院本会議で趣旨説明と質疑を行い、審議入りしたいと提案したが、民進党は拒否した。(2017/05/22-13:33)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052200605&g=pol

 テロ等準備罪の参院審議を民進党が拒否したのだから、民進党など無視して与党+維新で審議を進めれば済む話だ。
 これだけ会談をして、話しても分からない駄々っ子・民進党の支持率など6%台だ。審議をして何か提案をするのならば良いが、審議で邪魔をするだけの存在なのだから、無視して審議を進めれば良いのだ。与党・自民党は何を遠慮しているのだろうか?違法人・蓮舫など無視しておけば済む話だ。相手にしようとするからややこしくなるだけだ。
 与党+維新はサッサとテロ等準備罪を成立させて、即日施行して、民進党ならば辻元清美、社民党なら福島瑞穂、共産党は党全部を検挙すれば良いのだ。(No.5165-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総理を狙うから自民を離れない

改憲案、唐突ではない…石破氏批判に古屋氏反論
 自民党の古屋圭司選挙対策委員長は20日、札幌市で講演し、安倍首相(自民党総裁)が提案した憲法9条1項、2項を維持した上で自衛隊の根拠規定を追加する案について、「(党の)憲法改正草案をまとめるための議論でも複数の議員から提案があった」と述べた。
 その上で、「総裁は唐突に言ったわけではない」と強調し、首相の提案について、「今まで一度も議論したことがない」などと批判する石破茂・元防衛相らに反論した。
 古屋氏は自民党の憲法改正案について、「党憲法改正推進本部として議論する時期は終わり、何を提案するかという時期に来ている。スピード感を持ってやる必要がある」とも語った。取りまとめの時期については講演後、記者団に「年内をメドにどういう絞り込みをしていくかということになる」との考えを示した。(以上(読売オンライン2017年05月21日09時32分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170521-OYT1T50022.html

 自民党内の党内野党の石破茂が改憲でほざいたことに、自民党の古屋圭司選挙対策委員長が反論した。
 何と言っても、頭の悪い石破茂だから、目立ってなんぼという発想しかないようだ。また、安倍総理の後釜に座って総理になろうと考えているのだから、身の程知らずも底が見えない。鳥取県のことしか考えられない石破茂に日本国を任せられるはずがない。了見が狭いとかという問題ではない、石破茂には了見すら欠如しているのだ。
 石破茂は自分が早く総理になりたくて、安倍総理の足を引っ張ろうとしているが、鳥取県だけの総理など日本には不要だ。(No.5165)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野党と朝日共謀罪を使いたい

「共謀罪」法案、国連特別報告者の懸念に抗議 日本政府
 国連特別報告者のジョセフ・カナタチ氏(マルタ大教授)が、「共謀罪」法案について「プライバシーや表現の自由を制約するおそれがある」との懸念を表明する書簡を安倍晋三首相あてに送ったことについて、菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、外務省を通じて国連に抗議したことを明かした。
菅氏は「特別報告者は国連の立場を反映するものではない。(日本)政府が直接説明する機会はなく、公開書簡の形で一方的に発出された。内容は明らかに不適切だ」と述べた。また、「国連で採択された(国際組織犯罪防止)条約締結のために必要な国内法整備だ」と強調した。(以上(朝日デジタル2017年5月22日13時20分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASK5Q3VCVK5QUTFK001.html

 アカヒ新聞が、国連特別報告者のジョセフ・カナタチ個人の意見を尊重して、共謀罪の懸念を書いた。
 しかし、国連特別報告者のジョセフ・カナタチは、個人の分際であたかも国連の書簡のようなことをやっているのだが、共謀罪を4バカ野党とともに反対しているから、国連特別報告者でもあたかも国連のように偏向記事を書くのがアカヒ新聞だ。
 共謀罪よりも、アカヒ新聞の押し紙がどうなったのか公正取引委員会は早く結論を出すべきだ。(No.5164-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休戦地帯から魔の手が伸びる

日本人観光客をつかめ 韓国・忠清南道が大阪でPR
【ソウル聯合ニュース】韓国西部の忠清南道の関係者らが22日に大阪を訪れ、日本人観光客の誘致活動を行う。同道が21日、明らかにした。
 忠清南道と同道論山市、百済の最後の都があった扶余郡の職員などで構成された日本人観光客誘致団は、日本の旅行業界を対象に行われるビジネス商談会や観光説明会で、各地の魅力をPRする予定だ。
 また、大阪の主要旅行会社を訪問し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産の百済歴史遺跡地区や錦山世界人参エキスポ、保寧マッドフェスティバルなどのイベントを紹介する。
 道関係者は「百済歴史遺跡地区は世界遺産に登録されてから日本人の訪問が増加している。保寧マッドフェスティバルなどのイベントへの呼び込みを中心に日本人観光客の誘致活動を行っている」と説明した。(以上(朝鮮日報2017/05/21 11:07)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/21/2017052100464.html

 休戦地帯でいつ北朝鮮が攻めてくるか分からない南朝鮮から、南朝鮮へ観光に来いと誘致に来るらしい。
 南朝鮮は休戦地帯なのだから、どうしても南朝鮮へ行きたければ自己責任で行って欲しい。また、害務省も南朝鮮に対して渡航禁止措置を取るべきだ。そうすれば、朝鮮戦争が勃発しても、在留邦人の身の安全も南朝鮮に遠慮しながら考えなくても良くなるのだ。そもそも、文在寅は反日なのだから、旅行に行って南朝鮮経済を助ける必要など皆無だ。政経分離とほざいているが、南朝鮮は日本を都合良く利用しようとしているのだから、政経合体で、南朝鮮に当たるべきだ。
 日本国は反日国家南北朝鮮と仲良くすることを考えるよりも、手っ取り早く全く相手にしないことを考えるべきだ。日本からの輸出が無くなっただけで、南朝鮮経済が崩壊するのは目に見えているのだから、本当に南朝鮮経済を崩壊させてやれば良いのだ。そして、全て文在寅とこいつを選んだ朝鮮人の所為にしておけば良いのだ。(No.5164-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮舫は釈明せずに吠えるだけ

自民の小野田紀美参院議員が「米国籍を喪失しました」 ネット上は「蓮舫民進党代表はいつになったら説明するの」の声
 自民党の小野田紀美参院議員(34)は21日までに自身のツイッターに「米国籍の喪失証明書が届いた」と投稿した。これにより小野田氏は二重国籍状態が解消され、国籍は日本だけとなる。
 小野田氏は18日、「昨年、皆様に大変ご心配をおかけいたしました私の国籍の件につきまして、あらためてご報告申し上げます」として、「以前フェイスブックに書かせて頂いた通り、義務である『日本国籍選択と米国籍放棄手続き』については立候補前の平成27年10月に終えておりましたが、努力義務である『外国の法においての国籍離脱』という手続きについては、当時進行中で終了しておりませんでした。大変時間がかかりましたが、この度、アメリカ合衆国から2017年5月2日付での『アメリカ国籍喪失証明書』が届きました」と記し、原本も添付した。
 二重国籍問題は、父親が台湾人、母親が日本人である民進党の蓮舫代表(49)が昨年10月に日本と台湾の二重国籍状態にあることが分かり、その後、与野党ともに二重国籍状態となっている議員がいることが発覚、小野田氏もその一人だった。
 小野田氏は「国政を担う身として、皆様にご不安とご心配をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます」と投稿したが、ネットでは「小野田さんは潔い」「蓮舫氏はいつになったら国籍問題をはっきりさせるのか」といった投稿が相次いだ。
 小野田氏は昨年10月、自身の戸籍謄本をフェイスブックに公開したが、蓮舫氏は公開していない。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)(以上(産経ニュース2017.5.21 09:23)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170521/plt1705210006-n1.html

 米国の手続きの遅れで二重国籍になっていた自民の小野田紀美参院議員が、証拠とともに二重国籍の解消を公開した。
 それに引き替え、国会で吠えているだけの違法人・蓮舫は、子どものプライバシーとほざいて、二重国籍解消の証拠すら見せないのだ。見せられない理由があるから見せられないのだろうと一般人が考えても当然のことだ。戸籍謄本を全部公開しろとなど誰も求めていないのだ。小野田議員のように必要な所だけ公開すれば済むことができない輩が、国会議員に居座っていること自体、ゆゆしき事態だ。
 参院は、良識の参院と言いたければ、違法人・蓮舫の証人喚問を行い白黒付けるべきだ。(No.5164)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧