« 辺野古移転の張本人は誰ですか | トップページ | 若狭勝何か成果がありますか? »

信念が無いから右往左往する

民進リベラルが新党模索…希望の選別、調整難航
 「10月10日公示・22日投開票」の衆院選に向け、希望の党の小池代表(東京都知事)側近の若狭勝前衆院議員は30日、民進党出馬予定者の受け入れを巡り、民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行と断続的に協議した。
 民進党が立候補予定者約230人全員の公認を求めているのに対し、小池氏は安全保障や憲法観を基に選別する考えで、調整は難航している。こうした中、希望から排除される可能性がある民進党リベラル系の前議員は新党結成を模索している。
 若狭、玄葉両氏は1日も協議を継続する。若狭氏は30日、記者団に対し、2日に民進党からの合流組を含まない50人を超える希望の第1次公認を発表するとの見通しを示した。
 合流組の希望公認のメドがたたない中、民進党前衆院議員の赤松広隆・元衆院副議長は30日、衆院選に向けた対応について「無所属の方が戦いやすいが、新党も選択肢の一つだ」と述べた。名古屋市内で記者団に語った。(以上(読売オンライン2017年10月01日06時00分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20170930-OYT1T50084.html

 希望の党に合流するとした民進党の中の議員が選別されてリベラルは蚊帳の外になるらしい。
 そもそも、何の理念も決まっていない希望の党に合流を決めた民進党執行部の節操の無さと言ったら、政治家をやらしてはならないレベルだろう。その上、小池百合子が代表としてしゃしゃり出てきて、無名の輩の若狭勝がやって来たことは全部リセットされたというのだから、もう、希望の党って小池百合子の独裁の党と言っても過言ではあるまい。また、民進党議員を沢山取り込めば、実質民進党に軒を貸して母屋を盗られるということぐらい、多数決の論理からすれば当然警戒されるのも無理はない。
 それより何より、民進党の中で旧社会党からしぶとく生き残ってきた赤松広隆や、革マル派枝野幸男、歩く国賊・菅直人、野田豚、有田芳生、前科者辻元清美等政治屋になっては困る輩を見事に炙り出したことだけは希望の党を評価したい。(No.5279)

|

« 辺野古移転の張本人は誰ですか | トップページ | 若狭勝何か成果がありますか? »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65859224

この記事へのトラックバック一覧です: 信念が無いから右往左往する:

« 辺野古移転の張本人は誰ですか | トップページ | 若狭勝何か成果がありますか? »