« スワップは金を払ってから言えば | トップページ | 新党にカスが集まる面白さ »

自由党党があっても無所属で

自由小沢氏、無所属出馬へ
希望の党に合流せず

 自由党幹事長の玉城デニー前衆院議員は2日、沖縄県沖縄市の選挙事務所開きのあいさつで、小沢一郎共同代表が新党「希望の党」に合流せず、岩手3区から無所属で出馬する方針を明らかにした。
 自身も無所属で沖縄3区から出馬する予定の玉城氏は2日、小沢共同代表と電話で会談。「今回はあえて無所属という立場を選んでいくことで(小沢共同代表と)確認した」と述べた。
 玉城氏はその後、記者団に衆院選では「恐らく自由党公認は誰もいないのではないか」と述べた上で、立候補予定者は希望の党か無所属で出馬する方向で調整中と説明した。(共同通信2017/10/2 21:28)より引用)
https://this.kiji.is/287562076036727905?c=39546741839462401

 政界の諸悪の根源小沢一郎が、自由党という党がありながら、自分は無所属で出ると宣っている。
 何と言っても、あっても無くても関係のない自由党ならではの光景だ。と言っても、小沢一郎は政党助成金目当てで、頭のおかしい山本太郎を引き込んだのではなかったっけ。弱小政党に過去のことを言っても仕方がないが、本当に厚顔無恥にも程があるが、何よりも岩手3区の有権者の意識自体を疑いたくなる。
 小沢一郎は先祖の墓のある済州島へ戻れば良いのだ。日本の政治など朝鮮人には関わって欲しくない。(No.5281)

|

« スワップは金を払ってから言えば | トップページ | 新党にカスが集まる面白さ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

自由党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65868071

この記事へのトラックバック一覧です: 自由党党があっても無所属で:

« スワップは金を払ってから言えば | トップページ | 新党にカスが集まる面白さ »