« 公約はどうせ落ちれば無と消える | トップページ | 民進は選挙のための猫騙し »

朝日毎日嘘は吐いてもメディアです

驕れるメディアは久しからず 朝日・毎日のベテラン記者の噴飯質問に思わず赤面してしまった…
 8日の日本記者クラブ主催の党首討論会は、会場にいて赤面する思いだった。学校法人「加計学園」をめぐるベテラン記者(記者クラブ企画委員)らの質問があまりに噴飯もので、聞くに堪えなかったからだ。例えばこんなやりとりがあった。
 安倍晋三首相「朝日新聞は(獣医学部新設の審査に一点の曇りもないと証言する)八田達夫・国家戦略特区諮問会議議員の報道はしていない」
 朝日新聞・坪井ゆづる論説委員「しています」
 安倍首相「ほとんどしていない。ほんのちょっとですよ。アリバイづくりでしかない。加戸守行・前愛媛県知事が(7月10日の国会でゆがめられていた行政が正されたと)証言した次の日は全く報道していない」
 坪井氏「しています」
 安倍首相「本当に胸を張って(報道を)しているということができますか」
 坪井氏「できます」
 会場から笑い声が漏れる中、坪井氏はあくまで、社の論調と異なる加戸氏らの意見もきちんと報道していると言い張っていた。安倍首相も苦笑を浮かべつつ、国民に新聞のファクト・チェックをするよう求めるにとどめていたが、実際はどうだったか。
 7月11日付の朝日新聞と毎日新聞の朝刊は、加計学園誘致を進めた当事者である加戸氏の証言について、一般記事中で一行も取り上げず、審査の詳報の中でごく短く触れただけだった。
 朝日がいかに「(首相官邸サイドに)行政がゆがめられた」との前川喜平・前文部科学事務次官の言葉を偏重し、一方で前川氏に反論した加戸氏らの証言は軽視してきたかはもはや周知の事実である。それなのに、どうして胸が張れるのか全く理解できない。
 また、毎日新聞の倉重篤郎専門編集委員の安倍首相の返答をさえぎりながらの傲岸不遜で稚拙な質問も、テレビ視聴者らに不快感を与えたのではないか。
 「あなたのお友達が、獣医学部の新設を認められたこと、行政的な厚遇を受けたことについてあなたは何のアレもないんですか。反省もないんですか。問題も感じないんですか」
 加計学園の理事長が、安倍首相の友人であることで行政的な厚遇を受けたといつ証明されたのか。ここ数カ月の不毛な議論や報道を振り返っても、そんな「事実」は見当たらない。
 しかも、倉重氏は質問の中で「安倍さんが関与したかしないかは分かりません」と認めている。事実の裏付けもなく相手に問題があると仮定の上に仮定を重ねて決め付け、反省を強いるのが記者の仕事だと思われたらかなわない。
 常日頃、安倍政権の「おごり」を糾弾しているマスメディア側のほうが、よほどおごっているのではないかと感じる寒々しい光景だった。(以上(産経ニュース2017.10.8 21:40)より引用)
http://www.sankei.com/premium/news/171008/prm1710080026-n1.html

 アカヒ新聞の坪井ゆづるが、党首討論会でアカヒ新聞の嘘を思い切り開陳したが、その意識すらないのがアカヒ新聞だ。
 何と言っても、全国紙の新聞社で言えば、アカヒ・毎日が偏向記事と言うよりも、今では虚偽(嘘)の記事を書くのが得意と言っても過言ではない。地方紙で言えば、東京新聞だろうが。嘘を吐いた上に、さらに嘘を庇うために嘘で繕うというのだから、既にアカヒ新聞の論調は破綻しているのだが、アカヒ新聞はそれに気付かず未だに嘘を垂れ流しているのだ。
 アカヒ、毎日と旧民進党は不即不離の間柄のようだ。(No.5284)

|

« 公約はどうせ落ちれば無と消える | トップページ | 民進は選挙のための猫騙し »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65892922

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日毎日嘘は吐いてもメディアです:

« 公約はどうせ落ちれば無と消える | トップページ | 民進は選挙のための猫騙し »