« 新党にカスが集まる面白さ | トップページ | 公約はどうせ落ちれば無と消える »

国政をバカには任せられません

「ゼロ」が並ぶ希望の党の衆院選公約、注目は… 10月7日
 「原発ゼロ」「企業団体献金ゼロ」「電柱ゼロ」…。希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が6日発表した衆院選公約を眺めていて、ひと際目を引いたのが「花粉症ゼロ」である。さすがにゼロは実現不可能だとしても、つらい症状が緩和されるのであれば心底ありがたい。
 ▼くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに微熱や頭痛、不眠など、花粉症が引き起こす苦痛は数多い。一説によると、日本のスギ花粉症患者は約3千万人に上るとされる。まさに国民病だといえ、植林されたスギの木を切り倒したい衝動にかられた人も少なくあるまい。
 ▼日本気象協会の花粉飛散予測(第1報)によると、来年春に飛ぶ花粉は東北、関東甲信、四国では今年の1・5倍以上になるという。年々増加傾向にある花粉症を放置していては、医療費がかさむうえ、仕事の能率が低下して経済活動も停滞し、いいことはない。
 ▼「私も花粉症です。よく研究してみたい」。安倍晋三首相は昨年3月の参院予算委員会で、民主党(現民進党)の小川敏夫氏に花粉症への取り組みを求められ、前向きに答えていた。首相は自民党花粉症等アレルギー症対策議員連盟(ハクション議連)の一員でもある。
 ▼かねて花粉症対策を提言してきた希望の党の松沢成文参院議員によると、対策の柱は、林業の新しいビジネスモデルを打ち立てることにある。学校校舎の木造化をはじめ住宅建設、公共事業などでの木材需要を喚起すれば、スギの伐採も自然と進むというわけだ。
 ▼もとより、花粉症に党派性などありはしない。今は無縁な人でも、あす発症するかもしれない。一政党の選挙公約とするよりも、政府と与野党が一体となって取り組んでほしい喫緊の課題である。(以上(産経ニュース2017.10.7 05:04)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/171007/plt1710070030-n1.html

 希望の党の公約で「花粉ゼロ」を打ち出した以上、希望の党は落選議員を使って杉の木を伐採してでも公約を守るべきだ。
 確かに、杉の木を切れば杉花粉は飛ばなくなるだろう。しかし、松沢成文のバカがほざいているように、切った杉の木の使い道は良いとしても、杉の木を切った後の山はどうするかという所まで思考が回っていないのだ。それゆえにバカと称しているのだ。小池百合子の全てに対してこれは言えることだ。原発ゼロ、これも良いのだが、それならば、歩く国賊・菅直人が定めた世にも希な悪法である再エネ法によって、太陽光発電の高コスト分を電気料金に上乗せしているだけなのだ。そのために日本の競争力が失われたということを忘れてはならない。液晶にしても、コストで負けていると言っても、今の液晶工場は人が動かしている訳ではないから、日本の人件費が高いというのは余り関係がない。電気料金等のインフラ費用が高いから、日本が液晶で負けたと言えるし、日本の産業を徹底的に痛めつけたのは、立憲革マル党から図々しく立候補するらしい歩く国賊・菅直人だ。歩く国賊・菅直人は南朝鮮の飲食店の女に種付けをしたらしいから、その内その子が、鳩山威一郎の妾の子のように日本で立候補するかも知れない。
 俺は百合の花粉も駄目だから、百合も日本から根絶して欲しい。(No.5282)

|

« 新党にカスが集まる面白さ | トップページ | 公約はどうせ落ちれば無と消える »

小池百合子」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65884345

この記事へのトラックバック一覧です: 国政をバカには任せられません:

« 新党にカスが集まる面白さ | トップページ | 公約はどうせ落ちれば無と消える »