« 朝日毎日嘘は吐いてもメディアです | トップページ

民進は選挙のための猫騙し

小川敏夫氏「リベラル再結集は民進党再結集にあらず」自身の発言をツイッターで否定 追い風止めかねない? 火消しに躍起
 応援演説で「長嶋茂雄さんの言葉を借りれば、民進党は不滅です!」と述べ、選挙後に民進党の再結成を図っているのでは、と報じられた民進党の小川敏夫参院議員会長が火消しに躍起だ。
 小川氏は14日までに自身のツイッターに「存続する民進党を大きな軸にリベラル再結集を、との私の発言が、一部報道で『民進党再結集』と意図せぬ解釈になり、あらぬ臆測から、党を離れて新たに鮮明な旗を掲げた枝野(幸男)さんに迷惑をかけたようです。多くの仲間が立憲民主党の結党に共感し、応援していますが、即合併や合流という話はしてません」と投稿し、民進党の再結集を否定した。
 枝野幸男立憲民主党代表が13日夜、「一部に真意と異なる報道がありますが、民進党の今後については残った皆さんが独自に判断されること。選挙が終わったから元のさやに戻るという話ではありません。立憲民主党を個々の判断で応援いただいている参院民進党の皆さんなどとの関係を大切にしつつも、新しい旗を高く掲げて皆さんの期待に応えます」とツイートしたことを受けてのもの。
 劣勢が伝えられる希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が参院民進党の動きを13日夜のBSフジの番組で「政治不信の極みになる。参院の皆さんは今度は自分の選挙がある。そこを見ていることが透けて見える」と批判。立憲民主党にとって、こうした批判が追い風を止めてしまうとの焦りもあったようだ。(WEB編集チーム)(以上(産経ニュース2017.10.14 13:49)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/171014/plt1710140026-n1.html

 総選挙に縁もゆかりもない参院民進党の小川敏夫が、総選挙後に民進党の再結成だとほざいたそうだ。
 そもそも、民進党が希望の党(緑のタヌキ)と嘘で固めて立憲民主党に別れて、国民を騙して、民進党単独で選挙をするより有利になるというだけの分裂劇のようだ。もし、前原誠司が小池百合子に民進党を売らなければ、間違いなく民進党は大惨敗のはずだった。しかし、このように分裂することでそれぞれに生き残った議員が出るというまるで、カッコウの託卵のようなことでも平気でできる輩の集合体が民進党だったのだ。まあ、希望は絶望になっているから良しとして、やはり、絶対に当選させてならないのは、立憲民主党だろう。代表の枝野幸男は、歩く国賊・菅直人内閣の原発菅災時に「直ちに影響は無い」と称して福島に多大な被曝者を生んだ。また、歩く国賊・菅直人が止めさせたければこの法案を通せとほざいた世紀に悪法・再エネ法は、鬼怒川洪水を引き起こしただけでなく、一般庶民が電気料金に再エネの費用を上乗せして払うという歩く国賊・菅直人のエゴ菅ハウスのような輩に追い銭を払うと言うものだ。さらに、赤松広隆に至っては、宮崎県で口蹄疫が発生しても海外に遊びに行ったままであったし、その後の対策も後手後手で無知無能をさらけ出した上に、種牛まで殺したという宮崎県の酪農を地に貶めた輩だ。
 こんな立憲民主党議員など党名を変えたからと言って一人たりとも当選させてはならないのだ。(No.5285)

|

« 朝日毎日嘘は吐いてもメディアです | トップページ

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65916009

この記事へのトラックバック一覧です: 民進は選挙のための猫騙し:

« 朝日毎日嘘は吐いてもメディアです | トップページ