« 事実より河野談話か安倍総理 | トップページ | 辞任してももう一か月代表で »

民主党出身者でも有識者

「支持率回復望めない」「永田町目線だ」有識者は冷めた声
安倍晋三首相は内閣改造で、閣僚経験者の再登板や政権と距離があるとされる野田聖子氏の抜てきなどを通じて人心一新を図るが、有識者からは、冷めた声が漏れた。
 「政策ではなく、首相自身に対する不信感が内閣支持率低下の原因となっている」。政治アナリストの伊藤惇夫さんはこう述べ、内閣改造で国民の信頼回復は困難との見通しを示した。
 加計学園問題に関係する閣僚は交代。7月末の閉会中審査では、首相自らの答弁の整合性も追及された。
 伊藤さんは「政府の説明に国民は納得しておらず、時間をかけて説明責任を果たすことでしか信頼回復は果たせない」と断じ、秋の臨時国会での対応を誤れば、一気に政局になる可能性に言及した。 
 早稲田大の田中愛治教授(政治意識論)は「閣僚経験者ら手堅いベテランを多く配し、自民党内の非主流派も登用してバランスに気を使っているのはよく分かる」と布陣を評価した。
 だが一方で「それらは永田町の論理で、国民目線が欠けている」と指摘した。(以上(産経ニュース2017.8.3 15:16更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030040-n1.html

 産経新聞が、冗談としか思えない記事を載せた。内閣改造を評論している有識者が元民主党関係者の伊藤惇夫というのだから、悪い冗談は止めて欲しい。
 まあ、元民主党関係者の伊藤惇夫からすれば、一日でも早く安倍内閣が終わって、日本国民を地の底に突き落とすような民進党が政権を盗ることを夢見ているのだろう。しかし、民進党の代表を決めるのに1カ月以上も掛けているという血迷ったことには何も突っ込みを入れないのだ。それよりも、与党は内閣改造が済んだのだから、サッサと民進党の新代表が決まるまでに臨時国会を開催すれば良いだろう。民進党がまとまらない内に、民進党の不甲斐なさを存分に世の中に見せつけるべきだ。
 永田町の理論と言うよりも、民進党の屁理屈をサッサと国会で成敗することに限る。(No.5232)

|

« 事実より河野談話か安倍総理 | トップページ | 辞任してももう一か月代表で »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

評論家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65615992

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党出身者でも有識者:

« 事実より河野談話か安倍総理 | トップページ | 辞任してももう一か月代表で »