« 洋平の売国行為は変わらない | トップページ | 国民の意識の外の茶番劇 »

設備より問題なのは実稼働

「新エネ」発電、北海道最大=16年度、愛媛や大分が続く-全国で950万世帯分
 国内の再生可能エネルギーのうち、今後も大幅な導入が見込まれる太陽光など五つの「新エネルギー」による2016年度の発電電力量を都道府県別に比較したところ、北海道が最大だったことが27日、経済産業省資源エネルギー庁の資料で分かった。
 エネ庁は電力の家庭向け小売り自由化が始まった16年度分から、認定した電気事業者の発電量を集計し、都道府県別にまとめた。その中で、太陽光と風力、地熱、木材などのバイオマス、廃棄物による発電を「新エネルギー等」と分類。16年度の実績は全国で計約284億1800万キロワット時に上った。一般家庭約950万世帯分の年平均消費電力量に相当する。
 最大の北海道は太陽光が全国1位だったほか、バイオマスと風力も同2位で、計27億1975万キロワット時を発電。バイオマスで1位だった愛媛県が計18億7487万キロワット時で続き、3位は地熱が全国で最も多い大分県で計16億5814万キロワット時だった。(以上(時事ドットコム2017/08/27-14:59)より引用)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082700301&g=soc

 歩く国賊・菅直人の再エネ法に騙された北海道の太陽光が全国1位になったが、冬の間全く発電できないことには触れていない。
 とにかく、歩く国賊・菅直人の再エネ法はザル法で、簡単に太陽光発電が行えるように、建築基準法を始めあらゆる法律から除外しているのだ。それで起こったのが鬼怒川の洪水だ。自然堤防を無視して太陽光発電所を作らせたから、堤防が壊れたのだから、これも歩く国賊・菅直人の菅災というべき災害だが、当の本人の歩く国賊・菅直人は、全く他人事だ。北海道の太陽光発電の発電量が一番というならば、普通の地の倍の太陽光発電所があると言うことだ。日本を潰す気か?(No.2561-2)

|

« 洋平の売国行為は変わらない | トップページ | 国民の意識の外の茶番劇 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

歩く国賊・菅直人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65716390

この記事へのトラックバック一覧です: 設備より問題なのは実稼働:

« 洋平の売国行為は変わらない | トップページ | 国民の意識の外の茶番劇 »