« 辞任後の追求ならば菅直人 | トップページ | 国民の極少数が支持をする »

沖縄がAKBに助成する

沖縄でのAKB総選挙に政府予算2800万円 効果に持続性ない 河野太郎氏問題視も
 6月に沖縄県で開かれたアイドルグループAKB48の「選抜総選挙」や関連イベント開催費の一部に、政府の沖縄振興予算計2800万円が使われていたことが5日、分かった。名目は観光振興だが、自民党行政改革推進本部長を務めていた河野太郎外相は、一過性のイベントでは効果に持続性がないと問題視。支出面での見直しの必要性を指摘していた。
 開催費に充てたのは沖縄振興予算のうち、県が自主的に使途を選択できる「沖縄振興一括交付金」。2017年度は1358億円を計上した。
 県は17年度に入り、AKB総選挙への交付を求め、政府に「観光の閑散期に誘致。誘客目標は8千人」とする計画を申請。内閣府は、那覇市での関連イベント分400万円を含め、会場設営費など計2800万円の助成を認めた。河野氏によると総事業費は1億4千万円余りという。(以上(産経ニュース2017.8.5 19:39)より引用)
http://www.sankei.com/entertainments/news/170805/ent1708050012-n1.html

 沖縄でAKB総選挙に沖縄振興予算が垂れ流されたことが判明した。これは翁長雄志に全額返還して貰うべき内容だ。
 河野太郎のバカも、問題視するのであれば自民党行政改革推進本部長在任中であれば、自分が対応できた案件であるのに、辞めて外相になってから蒸し返すという河野太郎らしい無責任を地で行く状態だ。しかし、翁長雄志と偏向新聞・沖縄タイムスと琉球新報は、本年度の沖縄振興費が、昨年度予算を消化していないという理由でその金額だけ、政府が減額したのだが、その理由を明らかにせず、政府が沖縄を虐めるために予算を削ったとほざいたり、報道したりしている。
 財務省も地方への振興費を渡すのは良いが、ちゃんと決算までチェックするべきだ。(No.5234)

|

« 辞任後の追求ならば菅直人 | トップページ | 国民の極少数が支持をする »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

翁長雄志」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65626847

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄がAKBに助成する:

« 辞任後の追求ならば菅直人 | トップページ | 国民の極少数が支持をする »