« 韓国は誰がなっても集るだけ | トップページ | 赤旗とお仲間ですと沖縄紙 »

断交の最後通牒使うべき

「徴用工請求権」決まったことを否定するのは韓国のお家芸、ならば対処の仕方がある 8月19日
 日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権について、韓国の文在寅大統領は17日、「個人の権利は残っている」と述べた。1965年の日韓請求権協定で、「完全かつ最終的に解決済み」の話であるにもかかわらずである。15日には徴用工などに関し、北朝鮮との共同被害実態調査にも言及している。
 ▼もともとは、韓国政府も徴用工への補償は「解決済み」との見解だった。それが韓国最高裁が2012年、「個人請求権は消滅していない」との日本人には理解し難い判断を下したことで、行政と司法の立場が割れていた。今回、文氏は司法側に歩み寄った。
 ▼実は韓国政府は、1975年に徴用工への補償を実施し、2008年から追加補償も行っている。徴用工の件は日韓間で解決済みだと自覚していたからこそ、日本に要求するのではなく自らの責任で金銭を支払ってきたのである。
 ▼韓国のソウルや仁川(インチョン)では12日、やせ細った男性の姿の「徴用工像」が設置された。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した一昨年末の日韓合意後も、増殖を続ける慰安婦像ともども、日韓間の和解や友好を妨げるモニュメントとなろう。
 ▼韓国事情に詳しい作家の豊田有恒さんは、著書でこう喝破している。「いったん決まったことを蒸し返したり、否定したりするのは、韓国人のお家芸」。隣人として厄介この上ないが、相手がそういう国であるのなら、それなりの対処の仕方がある。
 ▼まずは、根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話を、「あれはひどい誤りだった」と取り消そう。鉄道、港湾、ダム…など、日本が半島に残してきたインフラ施設について、正当な権利だとして対価を要求するのもいいだろう。(以上(産経ニュース2017.8.19 05:03)より引用)
http://www.sankei.com/column/news/170819/clm1708190004-n1.html

 集り国家南朝鮮の文在寅が徴用工を蒸し返して、個人の請求権は残っていると世界には通用しないことをほざいた。
 とにかく、南朝鮮とは無法治国家なのだから、どのような条約や約束をしても平気で嘘を吐く輩の集合体であり、現代国家として外交をする相手ではない。ハッキリ言えば、南朝鮮の政治は李氏朝鮮の政治と変わっていないのだ。一番目障りなのはやはり、自称慰安婦問題だから、日本のマスゴミは、自称慰安婦像の画像を表示する時には、必ず「米軍に轢かれた女性像だったが、アメリカが相手にしないから通名を慰安婦に替えて日本に集っている」と「米軍に轢かれた」と言うことを強調するべきだ。そうすれば、アメリカが文在寅の口を封じるようになるだろう。また、日本の外交も情けないことに、河野談話によって日本を貶めた売国奴・河野洋平のバカ息子・河野太郎が外相であり、北朝鮮の緊迫した状況で、アメリカに核兵器廃絶を促したというのだから、真性のバカなのだ。安倍総理は、河野太郎の放言よりも大臣としての発言の方が怖いから、サッサと更迭するべきだ。
 南朝鮮などと話し合いという手段は無理だから、河野太郎でもできる国交断絶を宣言するべきだ。(No.5255)

|

« 韓国は誰がなっても集るだけ | トップページ | 赤旗とお仲間ですと沖縄紙 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

河野太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65682471

この記事へのトラックバック一覧です: 断交の最後通牒使うべき:

« 韓国は誰がなっても集るだけ | トップページ | 赤旗とお仲間ですと沖縄紙 »