« 蓮舫・野田に異を唱えても無駄なこと | トップページ | 嘘吐きにゃ参考人より喚問ぞ »

被告の有利には動く裁判所

「懲役何年だろうが納得できない。軽すぎる」…母親の悲痛な叫び 114キロの信号無視で女子中学生死亡事故の判決
 平成27年9月、信号を無視して時速約114キロで茨城県ひたちなか市の国道交差点に進入し、同市立中2年の根目沢瑠花さん=当時(14)=を乗用車ではねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪に問われた千葉県匝瑳(そうさ)市の無職、小泉一也被告(29)の裁判員裁判の判決公判が4日、水戸地裁で開かれた。小笠原義泰裁判長は懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。
 根目沢さんの母親、律子さん(42)は判決公判後の4日夕、記者団に対し「(法廷には)遺族の思いは届いたが、私たちは懲役何年だろうが納得はできない。一般人の感覚では(9年は)軽すぎる」と語った。「被告は反省しているならば、控訴せずに判決を受け入れて罪を償ってほしい」とも望んだ。
 また、根目沢さんに対しては「『ごめんね』としか言えない。人生を台無しにしてしまった…」と涙を浮かべた。
 裁判では、小泉被告が故意に赤信号を無視したか否かが争点となり、危険運転致死罪が成立するかに焦点が絞られていた。
 小笠原裁判長は判決理由で「信号に従う意思があれば減速があったはず。しかし、被告は(約200メートル)手前の交差点を時速110キロ台で走行し、事故現場を通過している」と指摘。赤信号を故意に無視したと結論づけ、同罪が成立すると判断した。
 弁護側は「直進可能を示す青色矢印が出ていると軽信した。信号に従う意思はあった」と主張していたが、小笠原裁判長は「過去にその交差点で停止せずに通過できることが多かったという点のみだ。具体的な根拠がない。被告はこれまでに10回程度は直進矢印のない赤信号で停止した経験もある」などとして退けた。
 また、量刑の理由については「無謀で非常に危険な運転。被害者に落ち度はなく、理不尽な事件によって遺族らの悲しみは大きい」と説明。また、小泉被告が事故の約8カ月後に無免許で運転していることに言及し、「交通法規を守ろうとする意識の希薄さといえる」と指摘した。
 水戸地裁総務課によると、裁判には35人の傍聴希望者が集まり、一般傍聴席の倍率は約1.3倍となる関心の高さだった。
 判決によると、小泉被告は27年9月25日朝、信号を無視してひたちなか市市毛の国道6号交差点に時速約114キロで進入し、自転車で横断していた根目沢さんを約100メートル先まではねて死亡させた。(以上(産経ニュース2017.7.4 17:51更新)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/170704/afr1707040017-n1.html

 水戸地裁で一般道を114キロで走行し、赤信号無視をして人をひき殺した輩の裁判で、危険運転致死傷罪も適用せずにたった懲役9年の刑の判決が出た。
 裁判官というよりも法曹界自体が、現実離れした輩の集団だから、そのようなくだらない弁護士の屁理屈で被害者家族を余計に悲しませ、裁判員裁判でも、懲罰的刑罰など考えも及ばず、結局は裁判官の判例主義が幅を利かせて、裁判員裁判の意味など全くなく、一般国民を無駄な裁判に引っ張り出しているだけだ。
 この事故で、危険運転致死傷が適用できないのであれば、法に瑕疵があるのだから、政府は速やかに同様の事件が発生したら、危険運転致死傷罪を適用して、裁判官でも最高刑を言い渡せるように適用要件を緩和するべきだ。というよりも、危険運転致死傷罪よりも殺人罪を適用できるようにして、一人をひき殺しても死刑にできるようにするべきだ。(No.5203)

|

« 蓮舫・野田に異を唱えても無駄なこと | トップページ | 嘘吐きにゃ参考人より喚問ぞ »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65493936

この記事へのトラックバック一覧です: 被告の有利には動く裁判所:

« 蓮舫・野田に異を唱えても無駄なこと | トップページ | 嘘吐きにゃ参考人より喚問ぞ »