« 蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ | トップページ | NHKにはスクランブルとパスワード »

代表選前に解散総選挙

枝野、前原氏出馬へ=党員も参加、9月上旬までに-民進代表選
 民進党の蓮舫代表の後任を決める代表選で、枝野幸男元官房長官(53)と前原誠司元外相(55)が立候補する意向を固めた。両氏の周辺が28日明らかにした。民主党政権の中枢を担った論客が激突する。このほか、玉木雄一郎幹事長代理(48)の出馬も取り沙汰されている。投票は党員・サポーターも参加する形で、9月上旬までに行われる。
 枝野氏は28日、旧社会党系グループの赤松広隆前衆院副議長と衆院議員会館で会い、支援を要請した。赤松氏は「民進党には保守とリベラルという二つの軸がある。それをはっきりとさせて戦うべきだ」と述べ、野党共闘推進の立場からリベラル色を前面に出すよう促した。関係者は「枝野氏は腹を決めている」と語った。
 一方、前原氏は自らが率いる議員グループの会合に出席し、代表選の態勢づくりを急ぐことを確認。この後、前原グループの所属議員は大畠章宏元経済産業相グループ、松野頼久元官房副長官グループの所属議員を集めて出馬準備を進めた。前原氏の陣営は共産党との共闘に慎重な姿勢を示すとみられる。(以上(時事ドットコム2017/07/28-15:48)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072800803&g=pol

 違法人・蓮舫の代表辞任によって、民進党が9月上旬までに代表選をするそうだが、サッサと臨時国会を開催してやるべきだ。
 何と言っても、民進党は違法人・蓮舫が辞任を表明する前には、休会中審議ではもの足らず臨時国会開催を求めていたのだ。それゆえに、与党は是非とも民進党に忖度して民進党代表選よりも前に臨時国会を開催することを決めるべきだ。そうすれば、安倍総理が臨時国会冒頭に解散総選挙に打って出るというストーリーも描ける。
 国民としては、どのような手段でも良いから、日本の政治から民進党を退場させて欲しいのだ。(No.5225-2)

|

« 蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ | トップページ | NHKにはスクランブルとパスワード »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65590871

この記事へのトラックバック一覧です: 代表選前に解散総選挙:

« 蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ | トップページ | NHKにはスクランブルとパスワード »