« 何を出しても蓮舫などは信じれぬ | トップページ | 取材せず風評だけで記事を書く »

何を宣っても石破では信じれぬ

石破氏、支持率急落の安倍首相に「政治家としての4条件」ススメ
 自民党の石破茂前地方創生担当相は14日のTBS番組収録で、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)問題をめぐり、自らが国家戦略特区担当相だった平成27年6月に、獣医学部設置のための特区を認める指針として閣議決定した「4条件」になぞらえ、内閣支持率の急落に見舞われている安倍晋三首相に向け「政治家としての4条件」を示した。
 石破氏は、4条件を(1)勇気を持ち(2)真心を持ち(3)真実を語り(4)それを実現する-と説き、「自分はまだまだダメ。常に自分に問いかけることを失いたくない」とも語った。
 石破氏は番組で、政治の師と仰ぐ渡辺美智雄元副総理から、30年以上前に「政治家の仕事はたった1つ。勇気と真心を持って真実を語れ。それができない奴はやるな」と教えられたことを紹介した。
 その上で「世の中に受けない真実を勇気を持って語るだけなら学者や官僚にもたくさんいる。政治家だから、実現しなくては意味がない」と強調した。「あいつの言うことだったら(聞いてみよう)と思ってもらえる真心。それは共感と納得だが、これがとても難しい」と悩ましげに語った。(以上(ZAKZAK2017.7.15)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170715/soc1707150015-n1.html

 自民党内民進党の石破茂が、まだ懲りずに屁理屈を並べて安倍総理をこき下ろしている。
 石破茂の頭の悪さは、民進党議員と同じレベルらしいが、人をこき下ろしておいて、自分がその代わりになれると考えている所が、脳みそのお粗末な所だ。30年前に渡辺美智雄から教えられてのかは知らないが、「勇気と真心を持って真実を語れ」と言われたらしいが、自民党に後ろ足で砂を掛けて出て行った好意に真心があったのだろうか?また、自民党に素知らぬ顔で舞い戻ってきた行為に勇気があったのだろうか?
 本当にバカに付ける薬がないとは情けないことだ。また、石破茂を放し飼いにしている自民党もおかしい。(No.5214-2)

|

« 何を出しても蓮舫などは信じれぬ | トップページ | 取材せず風評だけで記事を書く »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

石破茂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65545126

この記事へのトラックバック一覧です: 何を宣っても石破では信じれぬ:

« 何を出しても蓮舫などは信じれぬ | トップページ | 取材せず風評だけで記事を書く »