« 慰安婦を並べるならば断交ぞ | トップページ | 蓮舫が何を吠えても伝わらぬ »

マスコミは責任取らぬからできる

マスコミは責任取らない…麻生氏がメディア批判
 麻生副総理兼財務相は1日、東京都世田谷区で行われた都議選の応援演説で、「マスコミの人は言っているだけだ。責任は何も取らない」と述べるなど、独自のメディア批判を展開した。
 麻生氏は「しかも(マスコミ報道の)内容はかなりの部分が間違っている。書かれている本人だからよく分かる。こんなものにお金まで払って読むか」と発言。「結果として新聞は部数が減っている。自分でまいた種じゃないかと、この間、ある新聞社の社長が言った」などと述べた。
 厳しい都議選情勢の中、政府・自民党はマスコミ報道への不満を募らせている。自民党の二階幹事長も6月30日の都議選応援演説で、「私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ」と述べていた。(以上(読売オンライン2017年07月01日21時45分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170701-OYT1T50095.html

 麻生太郎副総理がマスゴミ批判を展開したが、これほど的を得た発言はあるまい。アカヒ新聞の自称慰安婦を見れば良く分かる。
 アカヒ新聞は、自称慰安婦を吉田某のフィクションであることをやっと認めたが、決して謝罪などしていないし、何よりもアカヒ新聞の誤報が世界中に蔓延しているのに、日本国内でしかその記事を掲載せず、世界中では未だにアカヒ新聞の誤報が事実として扱われていても、アカヒ新聞は何一つとして対応しないのだ。麻生氏の言う通り「こんなものにお金まで払って読むか」というのも当然のことだ。私も長年取っていたアカヒ新聞を止めた。マスゴミ記者に良心というものがあったとすれば、嘘の記事を堂々と報道するのだから、良心の呵責に耐えかねるのが普通の神経だ。
 今のアカヒ新聞を支えているのは、ネット情報から隔絶された高齢者だけだ。(No.5200-2)

|

« 慰安婦を並べるならば断交ぞ | トップページ | 蓮舫が何を吠えても伝わらぬ »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65483333

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは責任取らぬからできる:

« 慰安婦を並べるならば断交ぞ | トップページ | 蓮舫が何を吠えても伝わらぬ »