« 加計審議フェイクニュースは触れぬまま | トップページ | その言葉全部あなたに返します »

犯罪を正当化する偏向紙

機動隊、ゲート向かいのブロック撤去 市民反発し、一時もみ合いに
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で22日午前、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前では市民約80人が集まり、抗議行動を展開した。午前9時20分ごろ、工事用車両が出入りするゲートと道向かいにある閉鎖されたゲート前に市民が置いていたブロックやのぼりを県警機動隊が撤去し、市民らと一時もみ合いになった。市民らは「私たちの私有財産だ」「窃盗だ」と抗議した。県警は取材に対し「道路上に違法に物が置かれているので撤去した」と説明した。午前中に工事車両の基地内への出入りは確認されなかった。
 K9護岸では午前10時50分ごろ、消波ブロックを設置する作業が行われた。市民らが抗議船3隻、カヌー14艇で抗議した。
 22日午後2時からはキャンプ・シュワブのフェンス沿いを参加者が手をつなぎ新基地建設に抗議する「人間の鎖大行動」(基地の県内移設に反対する県民会議主催)が予定されており、シュワブゲート前には10時すぎ、各地からの参加者が次々と到着した。(以上(【琉球新報電子版】2017年7月22日12:44)より引用)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-539915.html

 キャンプ・シュワブ前に左巻き反対派が道路に放置したブロックやのぼりを県警機動隊が撤去したら、琉球新報が私有財産だと掲載した。
 とにかく、沖縄の偏向二紙・琉球新報と沖縄タイムスは、米軍基地内の立ち入り禁止区域にも無断で侵入して取材をする犯罪者集団であり、基地移設反対派の悪行三昧なら何でも正当化して記事にするのだから、犯罪を促進している新聞だと言える。言論の自由、報道の自由を振りかざして、自分たちは犯罪を犯しても全て「自由」でケリを付けようとする偏向新聞に一矢報いる手段は無いのだろうか?
 やはり、機動隊は機動隊の公務の邪魔になれば偏向新聞記者であっても現行犯逮捕するべきだ。(No.5220-3)

|

« 加計審議フェイクニュースは触れぬまま | トップページ | その言葉全部あなたに返します »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65569991

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪を正当化する偏向紙:

« 加計審議フェイクニュースは触れぬまま | トップページ | その言葉全部あなたに返します »