« 何を言ってもマスゴミは伝えない | トップページ | 野田が辞めるから蓮舫も道連れに »

フィクションじゃないと許さぬ日本国

映画「軍艦島」公開=徴用工の脱出劇、対日関係に影響も-韓国
 【ソウル時事】第2次大戦中、軍艦島と呼ばれる端島(長崎市)に徴用された朝鮮半島出身者らの脱出劇を描いた映画「軍艦島(クナムド)」(柳昇完監督)が26日、韓国で公開された。
【フォトギャラリー】カメラマンが見た軍艦島
 「地獄の島、軍艦島。命懸けの脱出が始まる!」。派手な宣伝文句で話題を呼んでいるこのアクション映画。ストーリーはフィクションだが、韓国国内で徴用工をめぐる問題への関心が高まるのは必至で、日韓関係に影響を及ぼす可能性も指摘されている。
 日本でも知られる俳優ファン・ジョンミン、ソ・ジソプ、ソン・ジュンギ、歌手で女優のイ・ジョンヒョンら豪華メンバーが出演。韓国メディアによれば、純粋な製作費だけで約220億ウォン(約22億円)という超大作。封切り前からメディアがこぞって取り上げ、「日本の近代化や軍国主義が朝鮮半島出身者に対する搾取、収奪を基盤にしていたことを如実に物語る場面がある」(朝鮮日報)などと紹介している。(以上(時事ドットコム2017/07/26-16:35)より引用)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072600878&g=int

 南朝鮮が軍艦島を舞台にした朝鮮人の妄想を描いたフィクション映画「軍艦島(クナムド)」を公開した。
 日本国としては、これはフィクションであると作者、監督、南朝鮮政府が認めなければ、最後通牒を突きつけるべきないようだ。
 外務省は、南朝鮮がフィクションと位置づけをしない限り、駐日大使を毎日外務省に呼びつけて是正措置を求めるべきだ。決して朝鮮人に甘い顔を見せてはならない。朝鮮人の作り上げた嘘の塊「軍艦島(クナムド)」など放映禁止措置を求めても当然のことだ。(No.5224)

|

« 何を言ってもマスゴミは伝えない | トップページ | 野田が辞めるから蓮舫も道連れに »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65583778

この記事へのトラックバック一覧です: フィクションじゃないと許さぬ日本国:

« 何を言ってもマスゴミは伝えない | トップページ | 野田が辞めるから蓮舫も道連れに »