« 休日の昼にゃ年寄りしか居まい | トップページ | 蓮舫の中国籍は分からない »

支持率があると思った菅直人

菅直人元首相、新党構想、民進党に見切り? 原発ゼロを公約に
 民進党の菅直人元首相が18日付の自身のブログで、「次期衆院選と参院選で明確に原発ゼロを公約する全国規模で活動できる政党を確立し、原発推進派と対峙(たいじ)したい」と「新党構想」を打ち出した。民進党の前身の民主党では代表を務めた菅氏だが、次の当選は危ういとみて、今から生き残りを画策しているのだろうか。
 菅氏はブログで「ヨーロッパでは『緑の党』が国政でも影響力を持っているが、残念ながら日本では国政に議席を持つ『緑の党』は存在しない」と指摘する。そしてその上で、次の国政選挙で「『原発ゼロ』を明確に公約に掲げる政党が議員を国会に送れるようにしなくてはならない」と持論を展開した。
 一方で、「そのためには民進党が少なくとも『2030年までに原発ゼロを実現する』と明確に公約に掲げることができるかどうかだ」と記し、まずは「2030年代原発稼働ゼロ」を掲げる民進党の政策変更にも期待を寄せた。
 ただ、民進党が公約を変えない場合は「5人以上の国会議員が参加する脱原発党=緑の党を全国規模で再結成し、当選者を出せるようにすることだ」と述べ、新党結成を訴えている。
 平成26年の前回衆院選で菅氏は、小選挙区で自民党候補に敗れたものの、比例代表の最後の枠(475番目)で復活当選を果たし、そのあおりで惜敗率を競った当時の民主党代表、海江田万里氏が復活できなかった経緯がある。(以上(産経ニュース2017.7.18 17:30更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180033-n1.html

 歩く国賊・菅直人が、まだ妄想が尽きないらしく新党構想をぶち上げたらしいが、自分が何をやらかしたかも総括されないバカに夢を見させている東京18区の有権者の責任は大きい。
 何と言っても、先の総選挙で最後の比例復活に輝いた歩く国賊・菅直人がまだ自分に有権者の支持が集まると妄想を抱かせたことが、東京18区の有権者の大責任だと思う。先の総選挙で、海江田万里のように徹底的に堕とせば良かったのだが、海江田万里に比例復活で勝った歩く国賊・菅直人が自分で勝ったという妄想を抱いているのだから、どうしようもない。総理経験者で、総選挙の応援演説をやって貰うと負けが確定すると応援演説の要請すらなかったことも、歩く国賊・菅直人のプワーな頭のメモリーからすれば消え失せているのだろう。
 東京18区の有権者は、歩く国賊・菅直人がお前たちの良識を問うているのだ。次の選挙では歩く国賊・菅直人の得票が全国最下位に貶めることが唯一の良識を示す手段だ。(No.5216)

|

« 休日の昼にゃ年寄りしか居まい | トップページ | 蓮舫の中国籍は分からない »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

歩く国賊・菅直人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65551173

この記事へのトラックバック一覧です: 支持率があると思った菅直人:

« 休日の昼にゃ年寄りしか居まい | トップページ | 蓮舫の中国籍は分からない »