« 推測で質問をする偏向紙 | トップページ | 権利だとメディアが叫ぶ免許証 »

お互いに関わらなけりゃ良い話

韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で
 韓国国会の丁世均(チョンセギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森衆院議長らと会談した際に、2018年平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べるなど、不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが30日、複数の同席者の証言で分かった。
 それによると、韓国与党、「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。
 その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘し、「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。
 また、弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。
 さらに歴史問題にも言及し、先の大戦で旧日本軍の兵士・軍属として終戦を迎え、いわゆる「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償についても「ちゃんとやってほしい」と取り組みを求めた。(以上(産経ニュース2017.7.1 05:00更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170701/plt1707010002-n1.html

 南朝鮮の丁世均が、平昌五輪に日本人が少なければ東京五輪には朝鮮人を1人も行かせないとほざいた。
 日本選手の選手生命を考えれば、平昌五輪については、JOCは早くボイコットを表明するべきだと考える。なぜなら、平昌五輪の設備は突貫工事の上、何でもケンチャンナ精神で手抜きをした施設であるし、朝鮮人はスポーツを格闘技と誤解している、さらには、工事ができていないことを隠すために、一部の競技を北朝鮮で行うことも画策しており、日本人選手が拉致される可能性すらある。また、東京五輪には、犯罪者の多い朝鮮人が来ないということは、日本の治安が守られるということだから、何と良い提案をしてくれたのだろうか?また、丁世均は、南朝鮮の経済が悪いから、日本で朝鮮人を雇えなどとほざいているが、自分の尻は自分で拭くべきであって、売春婦、性犯罪者をわざわざ南朝鮮から雇用する必要など皆無だ。その上、丁世均は、歴史問題で「BC級戦犯」の補償まで言及しているが、そのような補償は日韓基本条約で解決済みの話だ。日本が支払った補償金は全て朴正煕が他に流用しただけの話であり、必要ならば朝鮮流の責任追及として朴正煕の墓を暴いて、骨を出して罪を問うべき話だ。
 日本としては、話をする土台も無い南朝鮮とは、一刻も早く余計な努力は止めて国交断絶の道を歩むべきだ。(No.5199)

|

« 推測で質問をする偏向紙 | トップページ | 権利だとメディアが叫ぶ免許証 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65478944

この記事へのトラックバック一覧です: お互いに関わらなけりゃ良い話:

« 推測で質問をする偏向紙 | トップページ | 権利だとメディアが叫ぶ免許証 »