« 野田が辞めるから蓮舫も道連れに | トップページ | 代表選前に解散総選挙 »

蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ

民進党代表選は前原誠司、玉木雄一郎、枝野幸男、長妻昭各氏らを軸に展開か
 民進党の次期代表選は、昨年9月の前回選挙にも出馬した前原誠司元外相と玉木雄一郎幹事長代理に加え、党内リベラル派の代表格の枝野幸男前幹事長、長妻昭元厚生労働相らが軸となりそうだ。
 前原氏は27日、代表選への対応を「白紙」と記者団に語る一方、「仲間と話しながら、どうすれば党の再生ができるかとの観点から決めたい」と出馬に含みをもたせた。前原氏は同日夜、前原グループのメンバーと都内で会談し、今後の対応を協議した。出席者は「前回も出たので今回出ない理由がない」と述べた。
 玉木氏も記者団に「現時点で白紙だ」と述べつつ、「私心を捨て何ができるか考えたい」と語った。
 枝野氏には赤松広隆前衆院副議長のグループなどに擁立論があり、出馬を検討している。
 党内には女性党首の継続を狙い山尾志桜里前政調会長への期待もあるが、山尾氏は前原氏が出馬した場合、支援する方向だ。(以上(産経ニュース2017.7.28 07:06)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/170728/plt1707280008-n1.html

 違法人・蓮舫の代表辞任に続いて、民進党の中ではドングリ同士が次の代表を巡って競い合っている。中でも玉木雄一郎とは有権者をここまでバカにするかと言う話だ。
 玉木の他には、朝鮮人のババア献金を違法に貰っても議員辞職すらしなかった言うだけ番長・前原誠司、歩く国賊・菅直人内閣で大本営を務めて、無用な被曝者を作った枝野幸男、厚労相時代に厚労省で課長レベルのことしかほざけなかった長妻昭というのだから、元民主党で悪行三昧をやり続けてきた輩しか残っていないと言うのが実情だ。まあ、ニセ維新の江田憲司や松野頼久を入れたから民主党から民進党に通名を変えたに過ぎない。玉木雄一郎の事実をブログにでも書くと名誉毀損で告訴されるから、玉木のことは書かないが、言論の自由を束縛すること自体、国会議員にしておくこと自体間違いであることは確かだ。
 また、バカも休み休みにしろと言いたいのだが、ガソリーヌ山尾を推すバカがまだいると言うのだから、民進党の常識とは計り知れないものがある。(No.5225)

|

« 野田が辞めるから蓮舫も道連れに | トップページ | 代表選前に解散総選挙 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民進党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65590800

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ:

« 野田が辞めるから蓮舫も道連れに | トップページ | 代表選前に解散総選挙 »