« フィクションじゃないと許さぬ日本国 | トップページ | 蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ »

野田が辞めるから蓮舫も道連れに

「民進は蓮舫代表でいてくれた方が…」 自民党幹部本音
 民進党の蓮舫代表の唐突な辞任は、他党からも驚きをもって迎えられた。蓮舫氏を「くみしやすい相手」とみていた与党は当面、静観する構え。野党からは共闘路線の停滞を懸念する声が上がった。
民進・蓮舫代表、会見で辞意 「一議員にもどります」
 蓮舫氏が辞任会見をしていた27日午後3時ごろ、自民党の二階俊博幹事長は首相官邸で安倍晋三首相と会談していた。二階氏は、会談後に記者団に蓮舫氏辞任の所感を問われると、「今初めて聞いた」としたうえで、「他党のことは他党のこと。意見を差し挟まず静かに見守るのが政党政治のエチケット」と論評を避けた。同席者によると、会談で蓮舫氏の辞任は話題に上らなかったという。
 菅義偉官房長官は会見で「政府としてコメントは差し控えるべきだ」と繰り返し、公明党の山口那津男代表も記者団に「民進党自身で振り返るべきだ。コメントは控えたい」と述べるにとどめた。
 政府・与党から表立った批判が出ないのは、民進党を低迷から脱却させられない蓮舫氏が代表でいてくれた方が都合が良いと考えていたからだ。自民党幹部は「残念だ。蓮舫氏でいてくれたほうが人気が上がらないから良いのに」と本音をのぞかせた。(以上(朝日デジタル2017年7月27日20時36分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/ASK7W5W0DK7WUTFK042.html

 散々、違法人・蓮舫をかばい続けてきたアカヒ新聞の訃報欄がこの様子で、如何に自民党を貶めるかがアカヒ新聞の社是のようだ。
 このような偏向新聞が高齢者を騙し続けているから、休日の昼間に固定電話で行われる日本の世論調査がおかしいデータしか出ないようになっているのだろう。
 この記事は、アカヒ新聞の挽歌というべき記事と言っても良かろう。違法人・蓮舫を庇えなかったアカヒ新聞だ。(No.5224-2)

|

« フィクションじゃないと許さぬ日本国 | トップページ | 蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

違法人・蓮舫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65587857

この記事へのトラックバック一覧です: 野田が辞めるから蓮舫も道連れに:

« フィクションじゃないと許さぬ日本国 | トップページ | 蓮舫の後が玉木じゃ楽しすぎ »