« 韓国の戯言無視すりゃ良い話 | トップページ | 障がい者までも使って邪魔をする »

疫病でまだ商売をするコリア

高病原性鳥インフルで韓国の参鶏湯輸出も危機
  高病原性鳥インフルエンザの影響で鶏肉の輸出が大幅に減った。
  農林畜産食品部が17日に明らかにしたところによると、1~5月の鶏肉輸出量は139トンで、前年同期の1万1831トンより98.8%減った。この期間の輸出額も1267万ドルから30万ドルと97.6%減少した。
  原因はベトナムと香港が韓国産鶏肉の輸入を禁止したため。鶏肉のベトナム向け輸出額は昨年1~5月に1万1029万ドルだったが今年は11万ドルでとどまった。香港向け輸出額も122万5000ドルから5万5000ドルに減った。
  ただ1~5月の参鶏湯(サムゲタン)輸出は増加した。この期間の参鶏湯輸出額は414万ドルで1年前に比べ19.2%増えた。米国向けが55.1%、日本向けが10.2%増えた影響だ。
  だが韓国政府は参鶏湯輸出増加傾向に陰りが出ることを懸念している。中国向け輸出が鳥インフルで中断されたためだ。韓国政府は昨年6月から参鶏湯を中国に輸出する案を推進してきた。
  農林畜産食品部関係者は「鳥インフルが沈静化する傾向を見せベトナムと鶏肉輸出再開を協議したが、最近になり再び鳥インフルが発生し障害になった。現在鶏肉輸出は事実上全面中断された状態で、参鶏湯も輸出が厳しい状況だ」と話している。(以上(2017年06月18日12時24分[(C) 中央日報/中央日報日本語版] より引用)
http://japanese.joins.com/article/287/230287.html

 鳥インフルが蔓延している南朝鮮が、世界に疫病を蔓延させるために鶏肉の輸出を続けて、日本にも売りつけている。
 このような悪徳商売を世界が許して良いのだろうか?口蹄疫にしても、鳥インフルにしても、日本の酪農家の脅威は南朝鮮からの感染だ。鳥インフルは渡り鳥が仲介すると言われているが、南朝鮮から東北地方に渡りをする鳥は居ない。あるのは、南朝鮮便という航空便だけだ。要するに、南朝鮮からの飛行機によって、南朝鮮の疫病が日本に蔓延していると言えるのだ。それでも、参鶏湯のために日本への輸入が10%も増えたというのだから、日本のコリアンタウンを日本から追い出すしか、日本の酪農家を守る手段は無いのだ。疫病が流行っていると言うのに、その産品で商売をしている南朝鮮の常識こそ世界の非常識と言えるだろう。日本はもっと大々的に世界に対して南朝鮮の非常識をことある毎に広めるべきだ。そのために必要ならば、補正予算を組んでても、南朝鮮の悪行三昧を世界に広めて、南朝鮮を貶めるべきだ。
 とにかく世界の鼻つまみ物、南朝鮮を如何に世界の常識で縛って、何も出来なくするかが問題だ。(No.5187-2)

|

« 韓国の戯言無視すりゃ良い話 | トップページ | 障がい者までも使って邪魔をする »

健康」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65430194

この記事へのトラックバック一覧です: 疫病でまだ商売をするコリア:

« 韓国の戯言無視すりゃ良い話 | トップページ | 障がい者までも使って邪魔をする »