« 障がい者までも使って邪魔をする | トップページ | 死ななかったと惚け老人が再度轢く »

アメリカが有無を言わさぬ文在寅

「トランプ大統領、THAAD韓国配備遅延問題に激怒」
  ドナルド・トランプ米国大統領が高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の韓国配備問題をめぐって激怒した。
  18日、韓国メディアの聯合ニュースは、韓国政府の高位関係者の言葉を引用して、トランプ大統領が今月8日にホワイトハウス執務室にレックス・ティラーソン国務長官とジェームズ・マティス国防長官を呼んで韓半島(朝鮮半島)安保の現況などを協議している場で、THAAD遅延に対して怒りをあらわにしたと報じた。
  このようなトランプの反応に鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が9日(韓国時間)、青瓦台(チョンワデ、大統領府)春秋館で記者会見を行い、「政府は韓米同盟次元で約束した内容を根本的に変えようとする意図はない」と火消しに乗り出した。鄭室長はこの日の会見で「THAADは高まる北朝鮮の脅威から韓国と在韓米軍を保護するために決定したもの」としながら「政権が交替したからと言ってこの決定を軽く思うことは決してなく、今後も米国と緊密に協議していく」と述べた。
  一方で、「環境影響評価は合理的かつ合法的な方法で透明に実施されるべきだ。何よりもわれわれの国益と安保的な必要性を最優先的に考慮していく」としながら再検討の意志を明らかにした。(以上(2017年06月19日16時28分[(C)中央日報/中央日報日本語版])より引用)
http://japanese.joins.com/article/322/230322.html

 南朝鮮で遅々として進まないTHAAD配備で、トランプ大統領の怒りが頂点に達したようだ。ちなみにアカヒ新聞は「激怒か」だが!
 南朝鮮の文在寅も、アメリカが南朝鮮にTHAADを配備するのは誰のためかを考えたら、あのように2台配備して、残り4台は環境調査後などと悠長なことは言えない筈だが、頭のおかしい朝鮮人は平気でそのような考え方ができるから、他国が理解できないのだろう。南朝鮮の文在寅は、北朝鮮は仲間、中国も仲間という発想だから、如何にして、THAADの配備を遅らすかと言うのが至上命題だろう。しかし、北朝鮮が毎月のようにミサイル実験していることは頬被りなのだから、何とお目出度い民族かとも言える。
 アメリカもサッサと南朝鮮を見放して駐留している米軍を全部引き上げれば良いのだ。(No.5188)

|

« 障がい者までも使って邪魔をする | トップページ | 死ななかったと惚け老人が再度轢く »

トランプ氏」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65434387

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカが有無を言わさぬ文在寅:

« 障がい者までも使って邪魔をする | トップページ | 死ななかったと惚け老人が再度轢く »