« 不都合は割愛してる偏向紙 | トップページ | 裁判は自腹でしろという政府 »

韓国に食わす魚は飼ってない

韓国、「EEZ内の漁業を再交渉して」 非公式に日本に打診 「違法操業への韓国の対策が不十分」日本は難色
 日韓の漁業交渉が決裂し昨年7月以降、双方の排他的経済水域(EEZ)で操業ができなくなっている問題で、韓国が漁獲割り当てなどを決める「日韓漁業共同委員会」の交渉再開を非公式に打診していることが17日、分かった。決裂の原因になった韓国の違法操業への対策がいまだに不十分で、日本政府は交渉再開に難色を示している。
 日韓漁業協定では、漁船が移動する魚群を追って効率よく漁をするため相手国のEEZに入り込んで操業することを一定程度認めている。相手国のEEZでの漁期や漁獲枠については日韓漁業共同委員会で協議し、取り決めてきた。日本はサバ、韓国はタチウオ漁が主な対象だ。
 決裂前の平成27年1月から28年6月までの期間では、相手国のEEZでの漁獲量は、それぞれ6万8204トンが割り当てられた。日本の韓国側EEZでの漁獲量は割り当ての5・8%にとどまったが、韓国は操業ニーズが高く54・8%に上った。
 しかし、これとは別に韓国漁船が許可なく日本側EEZに入り込むなどの違法操業が頻発。日本の水産庁によると、28年の外国漁船への立ち入り検査件数86件のうち、67件が韓国漁船だった。拿(だ)捕(ほ)件数も6件中5件と韓国が最多となっている。漁獲量の不正記載も横行しており、減少している資源量の算出もできない状況にある。
 昨年6月の交渉では韓国政府は、対策が不十分にもかかわらず、日本側にタチウオの漁獲割当量を2倍以上増やすよう求め、交渉が決裂した。
 EEZでの操業禁止が長期化する中で、境界線付近で操業する韓国漁船も増えており、ルール作りが停滞することは水産資源の枯渇を招く恐れもある。日本政府は韓国に対し、交渉再開の前提となる違法操業への対応を求めていく方針だ。(以上(産経ニュース2017.6.18 10:37更新)より引用)
http://www.sankei.com/economy/news/170618/ecn1706180005-n1.html

 絶対に約束事など守らない南朝鮮が、日本のEEZ内で操業させろとほざいているが、朝鮮人に食わせる魚など皆無だ。
 とにかく、約束を守らない朝鮮人を約束を守らないから、約束を緩めるなど無駄なことだ。違法行為に対しては、厳重な対応をすれば良いだけだ。日本のEEZ内での朝鮮漁船の違法操業に対しては、日本の海上保安庁が違法操業だと認定すれば、証拠など確保しなくても、即刻、銃撃して撃沈するように、南朝鮮政府に通告した後に、違法操業があれば、遠慮無く撃沈すれば良いのだ。そもそも、反日の文在寅を選んだ朝鮮人に食わせる日本EEZ内の魚など無いのだ。(No.5186-2)

|

« 不都合は割愛してる偏向紙 | トップページ | 裁判は自腹でしろという政府 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65426743

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国に食わす魚は飼ってない:

« 不都合は割愛してる偏向紙 | トップページ | 裁判は自腹でしろという政府 »