« 少数の意見世論のように書く朝日 | トップページ | 産経が朝日を質す正義感 »

自称市民は排除よりまず逮捕

市民排除し工事車両搬入 辺野古新基地建設 沿岸では石を詰める作業
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で2日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前には市民ら約60人が座り込み、抗議の声を上げ続けた。午前8時52分から機動隊がゲート前を規制し、約40人の市民を排除した。砕石などを積んだトラック16台がゲートから進入した。午前11時55分、機動隊が再び市民を排除し、荷台が空になった工事車両が基地外に出た。
 海上ではシュワブ沿岸を埋め立てるK9護岸工事現場で砂浜に積んだ砕石の間に細かい石を詰める作業が確認された。網で下ろした石をパワーショベルでならした。積み上げた砕石を固める作業とみられる。海上では抗議船2隻とカヌー8艇が抗議行動を繰り広げた。
 ゲート前の抗議に参加した70代の女性=宜野湾市=は「『基地建設はどうせ国がすること』と諦めないで、少しでも工事が長引いて止められるようにしたい」と力を込めた。長く県外に住み、19年前に沖縄に帰ってきたため「故郷に戻ってきて、基地のうるささをより強く感じる。海のきれいさもより強く感じる。豊かな自然を知らない人たちが壊すのは許せない」と憤った。
 福島皎裕(こうゆう)さん(67)=那覇市=は「海は生きている。取り返しがつかなくなる前に知事は埋め立て承認の撤回をしてほしい」と要望した。【琉球新報電子版】(以上(琉球新報2017年5月2日12:35)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-488993.html

 偏向新聞・琉球新報が、辺野古で機動隊が40匹の自称市民を排除したとほざいたが、なぜ、機動隊は全員公務執行妨害で逮捕しないのか?
 辺野古の埋め立ては、国が翁長雄志に勝った最高裁判決で認められているのだから、偏向新聞・琉球新報などにお伺いを立てなくても、工事が進むのは明らかだ。それよりも、毎度邪魔する自称市民を機動隊は、なぜ逮捕しないのだろうか?また、那覇市のバカたれが、「海は生きている。取り返しがつかなくなる前に知事は埋め立て承認の撤回をしてほしい」とほざいているが、それならば、那覇空港第二滑走路で辺野古よりも広い面積を埋め立てていることはどう考えているのだろうか?
 機動隊はテロ等準備罪の成立を待って、社民、共産党まで逮捕する気なら良いが!(No.5144-3)

|

« 少数の意見世論のように書く朝日 | トップページ | 産経が朝日を質す正義感 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/65225709

この記事へのトラックバック一覧です: 自称市民は排除よりまず逮捕:

« 少数の意見世論のように書く朝日 | トップページ | 産経が朝日を質す正義感 »